大企業への転職でよくある後悔と働きやすくなるポイント

大企業への転職でよくある後悔と働きやすくなるポイント

「大企業へ転職できたら一生安泰だ!」
「転職するなら大企業の一択!」
「憧れのあの企業の名刺を持ちたい!」

そんなことを考えて大企業への転職を狙っている人も多いようです。

確かに大企業は資本や仕事の規模も大きく、年収や福利厚生もいい、そんなメリットだらけの転職に不安を感じる人は少ないでしょう。

しかし中には、大企業へ転職したことを後悔している人もいるようで、元の会社に戻る出戻り転職というパターンもあるようです。

「せっかく大企業に転職できたのに。なんで?どうして?」という疑問に答えながら、大企業への転職で後悔しないコツを紹介していきたいと思います。

大企業の転職でよくある後悔

大企業に転職したにも関わらず、後悔するのはどんなことが理由なのでしょうか?主に考えられる後悔ポイントを紹介します。

周囲の社員のレベルが高い

中小企業から転職した人が驚くのが、同僚のレベルの高さです。

以前の会社ではトップクラスだった人や、高い評価を得られていた人は、大企業でバリバリ活躍する自分を想像して転職したかもしれません。

しかし大企業にはたくさんいるんです。効率よく仕事をこなし、専門的な知識も豊富、コミュニケーション能力も高い逸材が。

これまでは会社の中でも目立っていた人でも、大企業ではその他大勢の一人になりかねません。

結果、仕事への意欲が絶たれてしまい、活躍できないまま会社に依存し続けるという結果になってしまいます。

さらに大企業ではサービス残業という概念もありませんので、制限された残業時間内にすべての仕事をこなす必要があります。

スピード感についていけない人は、上司や先輩から仕事のやり方を指摘されてしまうでしょう。

中途採用では出世が望めない

大企業はプロパー至上主義という側面があり、新卒入社と中途入社では会社からの評価が異なります。

出世しながらトップに登るのは、新卒で入社した生え抜き社員ということが多く、中途入社では出世が望めません。

しかしプロパー至上主義の考えは、大企業の終身雇用の崩壊とともに変わりつつあります。

転職先次第では、出世レースに乗れる可能性もあるのです。

一方で社歴が長い会社は考え方が古く、大企業ならではのおかしな文化が残っている会社も多く存在します。

現在、大企業で役員や取締役を務める人も多くが生え抜き社員であり、いくら優秀な社員であっても中途入社というだけで出世が遅くなってしまう傾向があるようです。

社内ルールが多い

従業員が何千人、何万人の単位になると、中小企業に比べてルールが細かく設定されています。

会社の規則を守ることを何よりも大切にしているため、ルールが邪魔をして目的を達成できないことも少なくありません。

代表的なのが決裁ルール。筆者が勤務していた企業でも、納品先を変えるだけで部長クラス以上の承認がいる、仕入れ先を違うルートにすると関連部署の承認まで必要になるなど、社内ルール改定が何度も行われていました。

上司が不在の場合は執行されず、納期が間に合わなかったということも日常茶飯事です。

結果主義の中小企業からすると考えられないかもしれませんが、大企業は人数が多い分、不正などが行われないよう徹底した管理がされています。

たとえお客様の要望に応えられなくても、社内ルールを守ることを優先しなくてはならないのです。

考え方が古い

大企業は数年前に設立されたということはなく、多くが50年以上の歴史を誇る会社です。

そのため設立当初のままの文化が残っていることが多く見受けられます。

有給を消化することは、最近の働き方改革で改善されてきましたが、「有給は体調が悪いときに使うものだ」という時代錯誤な発言をする役員も実際に存在しました。

仕事をサボっている社員が多い

大企業では仕事に一生懸命な人と、そうでない人が一定数存在します。

上司も一人ひとりの行動を把握できていないため、仕事をサボっていてもバレづらいです。

たとえば取引先と飲み会があって「今日は帰りが遅くなりそうだな」と思うと、会社のスマホから「明日は〇〇会社に直行、12時帰社」と課内のスケージュール表を更新する人もいます。

このように要領が良い人は上司からのウケも良く、いち早く課長に抜擢されることも珍しくありません。

一方で要領が悪い人は、頑張っても適正に評価されず不公平さを感じてしまいます。

予想以上に仕事が多い

「大企業は働いている人も多いから仕事の量は少ないだろう」と踏んでいたら間違いです。

やはり売上が高いということはそれだけ仕事の量も多く、さらに一つの案件に関わる社内の人数も多いため社内調整に時間がかかります。

また「見込み数字を毎日報告しなくてはならない」「役員クラスにまで決済をもらう必要がある」などの社内ルールによって激務になっていることも多いです。

そのため「毎日これだけ忙しいのにスキルが上がっていない」と感じてしまうこともあるでしょう。

人が多くて仕事が回ってこない

大企業は部署によって仕事のやり方が異なるため、忙しすぎる部署もあれば、仕事が少ない部署もあります。

とくに近年は残業時間に厳しくなっているので、人を多めに雇って残業時間を削らせている会社も少なくありません。

さほど忙しくない部署に多くの人員を配置したり、人が足りていないのに予算の都合で人が補充できなかったりと、バランスの悪さも大企業ならでは。

またそれが同部署内で起こることもあります。

大企業には「社内ニート」と呼ばれる、仕事がない社員が多く存在しているのも事実です。

1時間で終わる仕事を1日かけてやるような社員もいて、忙しい社員と暇な社員が共存する異様な空間でもあります。

大企業でも働きやすくなるポイント

ここまで聞いて、「大企業はめんどくさそうだな」「自分には合わないかもしれないな」と思った人も多いのではないでしょうか?

大企業で働き続けるためには、応募する前の段階で、大企業で働くときの心構えをしておくのが有効です。

出世するには時間がかかることを覚悟する

大企業においては、中小企業のように成果を出すとすぐに評価されるということはありません。

課長職や部長職につくための道のりは長く、仕事の成果を継続して出し続け、上司からの評価を得て、役職試験に合格したのちに、ようやくポストにつけるのです。

あなたが優秀で上司とも良い関係を築いていたとしても、出世への道のりは長いということを覚悟して下さい。

研修制度や勉強会は積極的に活用する

中小企業からの転職で驚くことの一つに、研修制度の充実があります。

とくに20代の若手に向けた研修は月に数回も実施されており、外部から講師を招いた講習やメーカー研修、人事部主催の社内研修が目白押しです。

異業種からの転職であっても、1年もあれば十分な知識やスキルを身につけることができます。

強制的な研修もありますが、自由参加のものもあり、仕事とのバランスをとりながら研修を受けることになるでしょう。

研修や勉強会は積極的に参加し、企業に馴染む努力をして下さい。

普段あまり接することのない部署のメンバーが参加することもあります。

大企業は部署によってやっていることが全く異なり、違う部署との関わりが少ないため、研修を通した交流は大切です。

会社の文化に馴染む努力をする

「大企業への転職で嫌だと感じるところはなんですか?」というアンケートに関して、以下のような回答結果がでています。

順位 嫌だと感じるところ 割合
1位 人間関係 35%
2位 社会・企業文化 28%
3位 人事制度(評価・昇進・研修など) 19%
4位 ネームバリューや社会的信用 18%
5位 業務量 18%
6位 スピード感 17%
7位 給与(ボーナス・昇給含む) 16%
8位 仕事内容 16%
9位 会社の将来性や安定感 13%
10位 転勤 13%

1位の「人間関係」はどんな世界においても起こりうることですので、中小企業であっても同じでしょう。

しかし2位の「社風、企業文化」は意外と思われる人も多いかもしれません。

大企業は歴史が古いということもあり、独特の社風や文化を持っています。

規模が大きいので事例のないことには消極的で、これまで継続されていたことに反する意見を受け入れてくれないこともあります。

仕事をしていく上で、このような大企業ならではのしがらみに嫌気が差す人も多いのではないでしょうか。

前の職場と比較をしない

中小企業から大企業への転職に限りませんが、前職と比較することはあなた自身を苦しめることになります。

どんな企業であっても、実際に入社すると隣の芝生が青くみえるものです。

比較したところで何もいいことはありません。

今の職場に身を置くことを決めたわけですから、比較をやめて現実を受け入れて下さい。

そのほうが圧倒的に働きやすくなりますし、後悔しながら働いても出世や評価を得ることはできないでしょう。

期待度を高く持たない

大企業に入社すると親や親戚も喜び、あなた自身もステータスを感じるようになります。

友人にも自慢でき、合コンでも今までより人気者になるかもしれません。

しかし周囲から羨ましがられても、実際に働いてみると「あれ?大企業ってこんなもん?」と思う場面にたくさん出会うでしょう。

大企業も中に入ってみると、小さな商店の集まりでしかないことが分かると思います。

もちろん仕事の規模は大きくなりますが、自分の裁量が大きくなるわけではありません。

数百億の仕事をしたからといって、それがあなたの実力ではないことを理解しておいて下さい。

大企業への転職にオススメの転職サービス

大企業へ転職するなら、一人で頑張るよりも転職サービスを活用する方が効率がいいです。

「自分の武器を知る」「さらなる発展が見込める企業を読む」「長く勤める企業を選ぶ」、そんなサポートをしてもらいながら転職を成功させましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

業界未経験からのチャレンジにも、徹底したサポートとアドバイスを行なっているマイナビエージェント。

希望条件はもちろん、あなたの目的に沿うような求人を紹介してくれる転職エージェントです。

その人のベストな生き方を尊重しているので、転職をしないという選択肢も用意しています。

またサポート体制にも力を入れており、求職者が適職に出会えるまで何度も模擬面接を行ってくれるのも魅力です。

東京・横浜・名古屋・大阪・福岡・北海道に拠点をもっているため、全国の転職に利用できます。

マイナビエージェント詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナと言えば、丁寧なヒアリングと優良企業が豊富な人材派遣業で有名ですよね。

そんなパソナが運営している転職エージェントがパソナキャリアです。

利用者によるアンケートでは満足度ナンバーワンで、派遣業と同様にサポート力に定評があります。

求人数は5万件ほどで、ベンチャー企業からネームバリューがすごい大手企業まで豊富に取り扱っています。

東京周辺エリアや大阪、名古屋の企業とは派遣業を通して太いパイプがあり、対象年齢も20代〜40代まで幅広いのが特徴です。

パソナキャリア詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

大企業を狙うなら絶対に登録しておきたい、国内最大手の転職エージェントであるリクルートエージェント。

登録しなければ紹介してもらえない非公開求人を、20万件以上も取り揃えています。

土日も面談OKですので、仕事をしながらでも転職しやすい環境です。

「面接力向上セミナー」に参加して、採用担当者のハートをグッと掴むコツを学びましょう。

リクルートエージェント詳細ページ

大企業への転職で後悔しないためにはイメージだけで決めないことが大切!

大企業は「安定・ネームバリュー・仕事の規模」といった魅力がたっぷりありますが、その分しがらみや面倒な社内ルールが存在するのも事実です。

大企業へ転職して後悔しないために、徹底した企業リサーチとあなたの固定概念を覆すところからはじめてみましょう。

転職には予想外なことやイメージしなかったことが起こりやすいもの。

転職してみると、仕事のやり方が自分の性格に合わなかったという人がいるのも事実です。

転職回数を増やさないためにも、大企業で働くということがどんなことなのかを考え、転職に挑んで下さい。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件