大企業への転職を成功させる方法と後悔しないために知るべきリスクを解説

大企業への転職を成功させる方法と後悔しないために知るべきリスクを解説

現在転職活動を考えている皆さんの中には、大企業への転職を夢見ている方も居るのではないでしょうか。

大企業は非常にネームバリューがあり、働いているというだけでも十分に社会人として箔がつきます。

就職活動で諦めてしまった企業でも働けるチャンスが転職活動にはありますので、これを機に大企業で働くべく動いてみたいですよね。

しかし大企業は転職市場でも非常に人気があり、他の転職者を押しのけて勝ち抜いていくには、きちんと大企業について知り対策を講じることが大切です。

そこで今回は大手企業への転職が難しい理由から、成功させるためのポイントについて、徹底的に解説していきます。

大企業への転職活動は厳しい道!2つの理由とは

冒頭でも紹介した通り、大企業への転職活動は厳しい道のりです。

その理由を以下で解説していきます。

大企業は転職希望者が多いから

大企業は転職においても求人の人気が高いことで知られています。

皆さんが考えているように、転職活動を利用して自分が就職活動であきらめた企業に入りたい!と行動を起こしている転職者は多いんです。

また大企業は労働環境が優れていることもあり、伸び伸びと働きたい!と考えている方には持ってこいの求人が揃っているんです。

勿論大企業で自分のスキルを活かしたい!と入社してくる人もいますから、勝ち抜くのは至難の業です。

専門的なスキルや知識が求められることもある

大企業が求人を出す背景には、新しい事業を始めるにあたって、専門の知識を持っている人材を求めていることもあります。

そのため企業の求めている専門的なスキルや知識を身に着けていないと、選考で落とされてしまう可能性もあるのです。

他の転職者よりも光る何かを持っていることが求められるので、自分をどれだけ売り込めるかが勝負になります。

大企業に転職するメリット・デメリット

大企業にただ転職を目指すのではなく、きちんと大企業に転職するメリット・デメリットについても把握しておきましょう。

大企業に転職するメリット

大企業に転職するメリットは、以下の3つです。

  • 給料が高く設定されている
  • 福利厚生が充実している
  • 大企業のネームバリューで転職しやすくなる

以下で詳しく解説していきます。

給料が高く設定されている

大企業はその他の企業に比べて、給料が高く設定されている傾向にあります。

中小企業は基本給が低く設定されていたり、年間の賞与も支払わられないところもあります。

一方で大企業の場合、給料や賞与の金額が高く設定されており、年齢を重ねるごとに高くなっていきます。

福利厚生が充実している

大企業はその他の企業に比べて、福利厚生が充実しているというメリットもあります。

通常の企業では交通費の支給あるいは多少の住宅手当が支給されるケースも多いです。

その点大企業の場合、社宅が用意されていたり、食事の手当ても付くなど快適に労働できる環境を整備しています。

自腹を切らなくても一定レベルの衣食住が保証されているので、自分に使える給料が多くなります。

大企業のネームバリューで転職しやすくなる

一旦大企業に勤めることで、大企業のネームバリューを活用して転職しやすくなるメリットもあります。

大企業に勤めていた経験がある=大企業で働くことを認められるだけの能力があると判断されます。

実際に大企業から大企業へと転職する人がいることからもわかる通り、大企業のネームバリューはその後の転職活動にも生きてくるのです。

大企業に転職するデメリット

大企業に転職するデメリットは、以下の3つです。

  • 一人一人の裁量がないので意見の風通しが悪い
  • 年功序列制が残っている
  • 学歴主義が残っているところもある

以下で詳しく解説していきます。

一人一人の裁量がないので意見の風通しが悪い

大企業は役職者が多い分、意思決定を完了させるまでにかなりの時間がかかります。

つまり一人一人の裁量が少ないので、意見の風通しが悪くなってしまいます。

せっかく提案した内容でも、上司を通してその上司まで…と上にまで連絡が行くまでに話が消失してしまうこともよくあることです。

また社員に割り振られる仕事も自主的に行うよりかは、指示に従うものが多いのためやりがいを感じづらくなってしまうかもしれません。

年功序列制が残っている

大企業の中には江戸、明治、大正から続いている老舗の企業もあります。

中には年功序列制度が色濃く残っているところもありますので、若くして活躍しても給与に直接反映されないこともあります。

年齢が上がらないと給料UPにつながらないこともありますので、注意が必要です。

学歴主義が残っているところもある

大企業によっては学歴主義がまだ残っているところもあります。

大企業は就職活動の際に、一定レベルの学歴のある学生を採用する傾向にあります。

学歴主義が転職者にも適用されてしまったり、転職後に企業内の学閥が分かれているなんてこともあります。

大企業への転職前に要チェック!ヤバい企業の特徴

大企業といっても、すべての会社が必ずホワイト企業であるとは限りません。

大企業でも転職を控えたほうがいい企業の特徴は、以下の3つです。

  • いつみても求人を出している
  • 年齢層が偏りすぎている
  • 求めるスキルと収入が見合っていない

以下で詳しく解説していきます。

いつみても求人を出している

たとえ大企業でも、いつみても求人を出している企業は、離職率が高い傾向にありますので、注意が必要です。

本来大企業は社員の満足度が高い、給与が高いなどの理由で、離職者が少ない傾向にあります。

にもかかわらず定期的に社員が退職してしまう環境は、労働環境が悪い可能性があります。

年齢層が偏りすぎている

年齢層が偏りすぎているのも、注意が必要です。

特に中堅層である30代が少ない場合、企業内の考え方が偏っている可能性があります。

年齢層がまんべんなく分布していないと、若手層の意見が吸い上げられないケースもあります。

せっかく転職しても、転職先でうまく立ち回れなくなってしまう可能性があります。

求めるスキルと収入が見合っていない

提示している給与が高いのに求めているスキルが明らかに見合っていない求人も、注意が必要です。

それだけ求人の金額を吊り上げないと人が来ない求人の可能性があるためです。

ウマい話には裏があるといわれるように、あまりにも好条件を提示された場合は、まず疑ってかかるようにしましょう。

大企業の転職活動に失敗してしまう人の特徴

大企業へに転職活動を成功させるには、逆張りも必要です。

以下では実際にあった大企業の転職活動に失敗してしまた人の例を紹介していきます。

良く調べもせずにネームバリューだけで転職先を選んでしまう

大企業へ転職しようとして、よく調べもせずにネームバリューだけで転職先を選んでしまう方は、失敗する傾向にあります。

大企業といえど、自分のスキルと企業側がが求めているスキルが必ずしも一致するわけではありません。

ネームバリューがあるからと転職先を決めてしまうと、企業分析が追い付かずにミスマッチを理由にお祈りメールが届くことになります。

自分の能力に見合わない企業を選ぶ

大企業への転職活動に失敗してしまう方の特徴として、自分の力を過信しすぎてしまい、能力に見合わない企業を選んでしまうことが挙げられます。

大企業は一定レベルの業務能力が求められますから、ある程度スキルがないと仕事をこなしていけません。

自分の実際の能力を過信しすぎて、応募してしまいお祈りメールの嵐になることもよくあることです。

転職理由を明確にしておく

転職理由があいまいで、面接でうまく説明できないことも、大企業の転職活動で失敗する人の特徴です。

大企業に転職したいから、転職活動のとっかかりは簡単な理由でもいいですが、その企業で何をしたいかどんな貢献ができるかを明確にしておかないと、採用担当者に転職したいという熱意が伝わりません。

企業としても適当な転職理由を元に応募されても、採用する気にはなりませんよね。

大企業への転職を成功させる4つの方法

大企業への転職を成功させるには、下記の4つの方法を参考にしてみてください。

  • 第二新卒のうちに転職活動を始める
  • 持っているスキルを最大限に活かせる企業を探す
  • 大企業の関連会社に転職する
  • 転職エージェントを活用する

以下で詳しく解説していきます。

第二新卒のうちに転職活動を始める

大企業に転職したいのであれば第二新卒のうちに転職活動を始める事をおすすめします。

第二新卒とは新卒から約2~3年程度の学歴を持っている人材を指し、人材をを獲得したい企業からしたらオイシイ人材なのです。

第二新卒は入社した企業で一般的なビジネススキルを身に着けているほか、覚えるスピードも速いです。

早い段階で確保しておいて自社のカラーに染めたほうが、長期的に見て企業としてはコスパが良いのです。

そのため出来るだけ若い段階で転職活動を進めることをおすすめします。

持っているスキルを最大限に活かせる企業を探す

持っているスキルを最大限に活かせる企業を探すことも重要です。

上述した通り、大企業の中には専門的なスキルを求めて求人を出しているところも多いです。

企業の求人をよく確認しておいて、スキルとマッチングできる企業を探してみてください。

大企業の関連会社に転職する

直接大企業に転職するのは難しいですが、大企業の関連会社に転職するのは難しいことではありません。

規模の大きい企業になればなるほど、関連会社の数は多くなります。

事業を手広く広げていればいるほど、関連会社の専門性は上がっていきます。

大企業の関連会社を調べてみて、自分でも転職できる企業はないか、確認してみてください。

転職エージェントを活用する

大企業へ転職するのに、自分でいちいち企業を検索していては、効率が非常に悪いですよね。

転職エージェントを活用することで、効率的に転職先を探したい!という方は、是非活用してみてください。

大企業への転職成功のコツをつかんで新しい職場を見つけよう

いかがでしたか?

大企業への転職活動をするときには、大企業ならではの転職のコツをつかんで行動していくことが重要です。

転職成功のコツをつかんで新しい職場を見つけられるように、アクションしていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件