営業職から転職したい!おすすめの転職先と転職を勝ち抜くポイントを解説します

営業職から転職したい!おすすめの転職先と転職を勝ち抜くポイントを解説します

「毎日仕事のせいで残業ばかり」「営業そもそもやめてやりたい」と思っている営業職のみなさん。

営業職は確かに外部のの人と関わることが多く、一番成長できる職種であるといわれています。

しかし辛いものはつらい、だれしもそう思いますよね。

営業職からどうせ転職するなら、全く関連性のない異業種の職種に転職したいと思いますよね。

そこで今回は営業職から離れて、他の職種に転職したい方に向けて、転職におすすめの職種から転職を成功させる方法まで徹底的に解説していきます。

営業職から転職したい人によくある理由

「営業職から転職したいけど、逃げかな…」と不安になっているそこのあなた。

はっきりいって営業職から転職したいと考えている人は、言葉に出していないだけで一定数いるんです。

以下では実際に営業職から転職した人の転職した理由を、紹介していきます。

人と話すのが苦手

営業職から転職をする人の中には、人と話すのが苦手なことを理由に転職活動をする傾向にあります。

営業職は基本的に、企業や個人のお客さんに対して営業活動を行っていきます。

ただ商品を紹介するのではなく、相手の反応を見ながら言葉を選んで、事実に基づいて刺さる言葉を探していくことになります。

つまりテンプレートの話し方というものがなく、その場その場で臨機応変に対応していくことが求められます。

人と話すのが苦手、特に相手に合わせて話すのが苦手という方は、他の職種に転職しようとする傾向もあります。

ノルマに追われる生活が嫌

営業では職種によってはノルマが設定されていることもあります。

各個人に与えられているノルマを達成しなければ、上司からのお小言をうけたり給料が減ったりとメンタル的にも経済的にもダメージが強くなってしまいます。

毎月自分の成績とにらめっこしながらプレッシャーと戦うことになりますので、精神的に追い詰められてしまう人もいます。

ノルマに追われる生活にたえられなくなって、転職活動を始める営業職も少なくないのです。

お客様優先でプライベートが確保できない

営業職はお客様の都合を優先しなければ、契約が獲得できないこともあります。

都合の時間帯に合わせて訪問したり、お客様の要望に合わせて連絡したりと、何かと時間を問わず業務に触れる時間が多くなるのです。

中には土日祝日など、休日のプライベートな時間にまで食い込むことがあり、ゆっくり休めないことも多々あるのです。

ワークライフバランスを考慮した結果、営業職をやめて他の職種にジョブチェンジする営業職もいます。

相手に売りつける感覚が嫌

営業職では相手に商品を買ってもらうことが目的ですから、相手のニーズを細かく読み取って商品を販売することになります。

相手に売りつける感覚を覚えてしまう人もおり、申し訳なさからストレスを感じてしまう営業職もいます。

中には事実を脚色した内容を言わなければならない企業もある様で、両親が痛むことを理由に転職活動を決める方も居るんです。

成績が上手くいかなくてつらい

営業職の中にはノルマが設定されていなくとも、同期と競争を強いられることもあります。

成績が上手くいかずに同期に置いて行かれる気分を感じてしまい、段々と自己嫌悪に陥ってしまうこともあるのです。

もちろんうまくいかないこともあるのは仕方のないことですが、続いてくるとメンタルに来るものです。

残業が多く働くのが辛い

営業職は外出することが多いですが、会社に戻って顧客情報の入力から、新規顧客の開拓のために事務作業を行うこともあります。

中には残業をしなければ仕事が進まないこともあり、働くことに対して苦痛を感じてしまう方もいるのです。

残業が連続してしまうことで、段々と自分の時間が取れなくなってしまい、体調を崩す原因にもなってしまいます。

断られる・怒られることが辛い

営業職は成功するだけではなく、クライアントから怒られてしまうことも多々あります。

相手の腹の虫の居所が悪かったりと、理不尽な理由で起こられてしまうことも。

数回で済めば問題ないのですが、何回も続くとメンタル的に支障が出てしまいます。

断られる・怒られるのに体制がない方は、営業職を退職してしまう傾向にあります。

営業から転職するのにおすすめな職種

「営業から転職したいけれど、実際どんな職種に転職すればいいかわからない…」という方も多いですよね。

営業から転職する野におすすめな職種を、以下で解説していきます。

人事

企業の人事担当は、営業職のスキルを活かしやすい職種です。

社内の人事に関わることが多く、社内の人とコミュニケーションをとれるので、営業とは異なり緊張感は緩和されます。

また、外部の人と関わるといっても、自社に入社を希望している転職者や就活中の学生がほとんど。

もちろん採用人数の数字は気にすることにはなりますが、売り上げとは別の基準で進めることになるので、新鮮な気持ちで仕事に取り組めるようになるでしょう。

企画

営業職から、営業職が販売する商品の企画・マーケティング職に転職する人も多いです。

市場の数字を読み取って、ニーズに沿った商品を開発していくことがミッションの職業で、クリエイティブな思考力を持っているかたにおすすめの職種であるといえるでしょう。

実際に現場に出ていたことにある営業職なら、顧客がどんな商品を求めているかのニーズを拾う機会が、他の職種よりも多いですよね。

今まで営業職で得た経験を活かし、会社の商品をヒットさせる過程に携われるので、新しいステージで活躍したいと考えている方におすすめです。

エンジニア

営業職からの転職先として、エンジニアもおすすめの職種です。

皆さんもご存じ通り、エンジニアが所属するIT業界は、近年業界が急拡大している状況です。

未経験でも働ける求人も掲載されており、営業職から専門職への転職がかないやすい職種であるといえます。

エンジニアに転職することで、スキルや経験を積むことで今後のキャリアアップにもつながっていきます。

事務職

事務職は皆さんもご存じの通り、企業内で事務作業を中心に行う仕事です。

PCスキルがあれば活躍できる場所は多数ありますし、ワークライフバランスを最も実現しやすい職種であるといえるでしょう。

業務内容もノルマが課せられていることは少ないので、ストレスが少なく働ける職場であるといえます。

営業職が異業種に転職するときの注意点

営業職はストレスも多く、業務量も多い職業として知られています。

確かに営業職から離れて別の職種に転職するのは、メリットも大きいですがその分、異業種に転職するでメリットもあります。

営業職が異業種へ転職するデメリットは、以下の3つです。

  • 歩合がないので年収が下がる
  • 年齢が高いと転職できない可能性がある
  • ブラック企業が紛れていることもある

以下で詳しく解説していきます。

歩合がないので年収が下がる

営業職は契約件数に応じて歩合が発生する企業が多いですが、そのほかの職種では歩合が発生しないので年収が下がる可能性が非常に高いです。

そのため営業職から異業種に転職するときには、年収が下がってしまう可能性があることを覚えておきましょう。

今までは頑張った分が結果に出れば数字として反映されていましたが、他の職種となるとそうもいきません。

モチベーションの維持が上手くいかないことも多いので、自分が何をモチベーションに仕事をしているのかを把握してから、転職すべきかを判断したほうがいいでしょう。

年齢が高いと転職できない可能性がある

どの職種にも言えることですが、年齢が高いと転職先が見つからない可能性があります。

企業としては優秀で若い社員を採用して、今後の自社を牽引していく人材を教育していくことを求めています。

そのため年齢が高い営業職がいきなり異業種に転職しようとしても、企業とのニーズが合わずに転職できないこともあるんです。

また異業種に転職するということは、未経験の状態から転職活動をするということと同義。

企業としても未経験の状態で来られても、年齢が高いと一定のレベルになるまで習得するのに時間がかかってしまいますから、採用を見送ることもあります。

ブラック企業が紛れていることもある

営業職から異業種に転職するときには、上述した通り未経験の状態から転職することになります。

求人を掲載している媒体は、基本的にはブラック企業を掲載しないように品質の管理は行っています。

しかし中には未経験の状態の人材を雇って、悪い環境で就労させるいわゆるブラック企業も紛れています。

未経験でも条件がいいからと安易に転職してしまうと、再度転職する羽目になってしまいますので、注意が必要です。

営業職で異業種への転職を成功させるためのポイント

営業職で異業種への転職を成功させるためのポイントは、以下の通りです。

  • 営業職を通して自分で獲得したスキルを整理する
  • 今の仕事の何が合わなかったのかを検討する
  • 転職で譲れない条件を整理しておく
  • 転職活動をすることを同僚にも内緒にしておく
  • 企業の退職規則を確認しておく
  • 転職活動と並行して引継ぎ準備も進める
  • 転職エージェントを活用する

営業職を通して自分で獲得したスキルを整理する

営業職から異業種に転職するときには、営業職を通して自分で獲得したスキルを整理しておくことをおすすめします。

営業職はビジネスの基本をすべて叩き込まれることが多く、自分でも知らないうちに様々なスキルを身に着けていることも多いです。

自分で自覚していないスキルを身に着けて、転職活動で何がアピールできるかを自分で整理しておくことで、採用担当者に魅力を伝えやすくなります。

今の仕事の何が合わなかったのかを検討する

実は異業種からの転職活動では、決まって何で前職を辞めて異業種に転職しようと思ったのかを確認されることがあります。

なんとなくでは担当者に不信感をいだかせてしまいますから、きちんと現状を分析して何が問題で今の仕事を辞めようとしているのかを把握しておきましょう。

転職で譲れない条件を整理しておく

営業職から転職活動をするときには、転職で譲れない条件を整理しておくことをおすすめします。

上述した通り、営業職から異業種に転職する際には、現在の生活から水準を下げる必要が出てきます。

転職活動で譲れない条件を決めておくことで、何を基準に転職活動を進めるべきかが明確になっていきます。

ただしすべてを叶えることは難しいですから、条件に優先度をつけておくとより方向性が定まりやすくなります。

転職活動をすることを同僚にも内緒にしておく

営業職に限った話ではありませんが、転職活動をすることを同僚にも内緒にしておくことを強くすすめます。

転職するということは、部署内で人員が減ってしまうことと同じですから、上司としてはできればやめてほしくないものです。

信頼している同僚でも、ついうっかりと口を滑らせてしまい、上司にチクられてしまう可能性もあるのです。

インスタなどのSNSに匂わせる投稿をしてしまうだけでもバレてしまう可能性があるので、注意が必要です。

企業の退職規則を確認しておく

務めている企業の退職規則を確認しておきましょう。

企業によって退職を申告する期間を定めていることもあり、スケジュールをきちんと把握していないと、退職のタイミングと転職のタイミングが合わなくなってしまう可能性があるのです。

また企業によっては期間内でないと退職届を受け取らないというところも…。

事前に書類等で退職規則をチェックしておくと、トラブルがすくないでしょう。

転職活動と並行して引継ぎ準備も進める

転職活動と並行して引継ぎの準備も進めることで、より転職をスムーズに進められるようになります。

転職後には現在皆さんが担当している業務を、他の人が引き継ぐことになります。

引きつぎの内容を事前に作っておかないと、退職の準備と入職の準備と重なってしまい、多忙になります。

転職エージェントを活用する

営業職から異業種に転職するときには、転職エージェントを活用してプロのアドバイスを受けることをおすすめします。

転職エージェントでは皆さんの要望をきちんと踏まえたうえで、転職先を紹介してくれます。

また書類の添削や面接の練習にも付き合ってくれるので、初めての転職活動でも安心して活用できるでしょう。

20代におすすめ転職サイト ・エージェント比較ランキング! 【2022年版】

営業職ならではの強みを生かして理想の職場を見つけよう

いかがでしたか?

営業職はやりがいもありますが、精神的にもダメージの大きい職種です。

そのため他の業種に転職したいと考えるのは、よくあることです。

営業職ならではの強みを生かして、転職できるように時間を見つけて様々な対策を取っていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件