マーケティングの平均年収はどれぐらい?年収を高める方法をご紹介

マーケティングの平均年収はどれぐらい?年収を高める方法をご紹介

マーケティングはIT業界の市場が大きくなったことで、需要が高まっている仕事です。

新卒からも転職者からも人気のある仕事なのですが、「マーケティングの平均年収ってどれぐらいなんだろう?」と気になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではマーケティングの平均年収について解説します。

マーケティングとして年収を高める方法などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

マーケティングの平均年収はいくら?

マーケティングの平均年収は、500万円〜600万円と言われています。

日本の平均年収は約430万円と言われているため、平均を大きく上回っています。

また、マーケティングは性別によって平均年収に差が出ない仕事です。

男性だから年収が高い、女性だから年収が低い、ということはありません。

そのため男性でも女性でも、日本の平均を約100万円上回っています。

さらにマーケティングの平均年収は、外資系企業の方が高いです。

外資系企業の平均年収は700万円〜900万円と言われています。

外資系企業はマーケティングを重要視していることが多いため、平均年収が高くなっていると考えられます。

今後もマーケティングの需要が低くなることは考えにくいため、平均年収が低くなることも考えにくいです。

年齢別の平均年収

マーケティングの平均年収は年齢によって異なります。

年齢別の平均年収は下記の通りです。

20代 380万円〜430万円
30代 470万円〜520万円
40代 650万円〜700万円
50代 800万円〜850万円

40代以降になると役職に就く方が増えるので、平均年収が高くなっていると考えられます。

もし、30代で役職に就くことができれば、平均年収を大きく上回ることになるでしょう。

30代で手取り20万円はやばい?気になる平均年収と収入アップのコツ

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

【2021年最新版】日本の年収の中央値は240~456万円!中央値と平均は何が違う?

マーケティングで年収1,000万円以上目指すことは可能?

マーケティングの平均年収は500万円〜600万円でしたが、年収1,000万円以上を目指すことは可能です。

実際に年収1,000万円以上もらっている方は多く、外資系企業の役職になると年収1,500万円以上もらっていることもあります。

ただし、平均年収からわかるように、年収1,000万円以上もらうことは簡単ではありません。

マーケティングとしての実績も必要になりますし、経験も求められるようになります。

そのため20代で年収1,000万円を目指すことは難しいでしょう。

外資系企業に勤める30代であれば、年収1,000万円も夢ではありません。

マーケティングとして年収を高める方法

マーケティングとして働いていて、「年収低いな…」と感じている方は多いと思います。

そこでマーケティングとして年収を高める方法をいくつかご紹介します。

人それぞれキャリアプランが異なるので、自分にあった方法を参考にしてみてください。

自分のスキルを磨く

マーケティングとして年収を高めるためには、まず自分のスキルを磨く必要があります。

マーケティングとしてのスキルが備わっていなければ、年収を高めることは極めて難しいです。

実践で経験を積んでスキルを磨いても良いですし、資格などを取得して知識を身に付けることも1つの選択肢です。

自分のスキルを磨くことによって、マーケティングとして成果を上げられるようになり、自然と年収も高くなっています。

「年収を高めたい」と考えている方は、まずスキルを徹底的に磨くことが大切です、

経験を積んで役職に就く

上記でもお伝えしたように、マーケティングは役職に就くことで年収が高まります。

そのため1つの企業で経験を積んで役職に就くことができれば、年収を高められます。

役職に就く基準などは企業によって異なりますが、実績を重視する企業であれば、20代でも役職を目指すことは可能でしょう。

反対に40代、50代になっても役職に就けない可能性はあります。

役職に就いて年収を高めるという方法は、将来的に年収を高めたい方におすすめの方法です。

1年〜2年程度で役職に就くことは難しいと思うので、「5年後、10年後に年収1,000万円以上目指したい」という方は参考にしてみてください。

フリーのマーケティングとして働く

企業に勤めないフリーのマーケティングとして働くことで、年収を高められる可能性があります。

企業に勤めてる場合は給料が決められているため、大きな利益を生み出しても年収には反映されません。

しかし、フリーで働くことで、自分の力で生み出した利益がそのまま年収に反映されます。

そのため大幅に年収を高められる可能性があります。

実際にフリーのマーケティングとして働いている方は多く、成功を収めている方もいます。

ただし、フリーで働くことは平均年収を大きく下回ることも考えられるため、おすすめできない方法です。

年収の高い企業へ転職する

年収を高める方法として最もおすすめなのが、年収の高い企業へ転職することです。

年収の高い企業へ転職することで、すぐに年収を高められます。

また、求人情報には年収が記載されているケースが多く、今の会社よりも年収が高い企業に応募するだけで高めることが可能です。

上記でもお伝えしているように、マーケティングは需要が高まっているため、求人は多くあります。

実際に大手転職サイト「doda」では、約8,000件の求人を掲載しています。

「すぐに年収を高めたい」という方には、転職することをおすすめします。

マーケティングの年収が高い企業

マーケティングの年収が高い企業では、平均年収が1,500万円を超えていることもあります。

そこでマーケティングの年収が高い企業をご紹介します。

  1. 1位:三井不動産株式会社「約1,600万円」
  2. 2位:リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社「約1,540万円」
  3. 5位:アメリカンホーム保険会社「約1,500万円
  4. 5位:ユニバーサルミュジック合同会社「約1,500万円」
  5. 5位:ブリストルマイヤーズ・ライオン「約1,500万円

上記のランキングから分かるように、マーケティングの平均年収は外資系企業が高いです。

そのため年収を高めるためには、外資系企業への転職を考えることをおすすめします。

大手企業のマーケティング職に転職することは難しい?転職するコツと注意点をご紹介

年収を高めるための転職で有利に働く資格3選

転職することで年収を高めることが可能なのですが、決して簡単なことではありません。

そこで年収を高めるための転職で有利に働く資格を3つご紹介します。

転職において資格は有利に働くことが多いので、成功率を高めるためにも取得することをおすすめします。

マーケティング・ビジネス実務検定

マーケティング・ビジネス実務検定とは、マーケティング実務の知識を総合的に判定するための資格です。

取得していることで、マーケティング全般の知識が身に付いていることを証明できます。

マーケティング・ビジネス実務検定に受験資格はなく、誰でも受けられます。

そして、年に4回試験が実施されているため、比較的取得しやすい資格になっています。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定とは、インターネットマーケティング全般の基本知識や方法論の知識を認定する唯一の資格です。

資格の名前にもあるように、ネットマーケティングへの転職を考えている方にはおすすめの資格になります。

合格率は約70%で、ネットマーケティングとして働いている方ですと、多少の勉強で取得できるでしょう。

ネットマーケティング検定の受験資格はなく、年に2回実施されているため、取得しやすいです。

Google広告認定資格

Google広告認定資格とは、Google広告に関する基礎知識・応用力・実務能力に優れた人をGoogleが公式に認定する資格です。

「Google広告の基礎・検索広告・ディスプレイ広告・モバイル広告・動画広告・ショッピング広告」の6つのうち、google広告の基礎を含めた2項目に合格することで、資格が認定されます。

試験などは実施されておらず、インターネットからいつでも受験できます。

Google広告を用いる企業への転職を考えている方におすすめです。

年収を高める転職を成功させるコツ

年収を高める転職を成功させるコツをいくつかご紹介します。

少しでも多く年収を高められるように、下記のコツを参考にして転職活動を行ってみてください。

1日でも早く転職活動を始める

年収を高める転職を成功させるためには、1日でも早く転職活動を始めることが大切です。

マーケティングに限らず、転職市場では年齢が低い人材が好まれて、特に20代の転職希望者は需要が高く、転職を成功させられる可能性が高いです。

その理由は、1年でも長く働いて欲しいという企業の思いが関係しています。

40代以上を採用しても定年までの期間が短く、何度も何度も中途採用を行う必要があります。

反対に20代を採用すると、定年まで30年以上あり、長い期間働いてもらうことができます。

そのようなことから、1日でも早く転職活動を始めることが大切です。

転職エージェントを活用する

年収を高める転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

求人紹介から面接対策まで幅広くサポートしてくれて、転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるようになります。

非公開求人は給料が高い求人が多い傾向があるため、年収を高めるためには、「転職エージェントの活用が必須」と言っても過言ではないでしょう。

そして転職先が決まっても決まらなくても料金が発生することはないので、転職エージェントを活用して損をすることはありません。

気になるものがあれば、ぜひ登録してみてください。

マーケティング職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

マーケティングの平均年収は500万円〜600万円

この記事ではマーケティングの平均年収についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

マーケティングの平均年収は500万円〜600万円と言われていて、外資系企業の場合は700万円〜900万円と言われています。

また、役職に就くことができれば、年収1,000万円以上を目指すことも可能です。

そしてマーケティングとして年収を高めるためには、年収の高い企業へ転職することをおすすめします。

上記でお伝えした資格・コツを参考にして、年収の高い企業への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件