広報は転職理由を聞かれることが多い?好印象を与える転職理由の答え方とは?

広報は転職理由を聞かれることが多い?好印象を与える転職理由の答え方とは?

広報は自社と社会の人々の関係を築く役割を担っていて、男性からも女性からも人気がある仕事です。

そんな広報から転職するときに、「転職理由は聞かれるのかな…」と不安になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事では広報から転職するときの「転職理由」について詳しく解説します。

広報からの転職におすすめの仕事もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

広報は転職理由を聞かれることが多い?

広報からの転職では、転職理由を聞かれることが多いです。

基本的に採用担当者からは「志望動機」を聞かれることが多く、具体的な転職理由を聞かれる機会は少ないですが、広報では高確率で聞かれます。

その転職理由によっては、不採用になることもあるので、広報からの転職を成功させるために転職理由は非常に肝心です。

もし、好印象を与える転職理由を答えることができれば、転職成功率はグンと高まります。

採用担当者に転職理由を聞かれる理由

広報からの転職で転職理由を聞かれることが多い理由は、広報が人気な仕事だからです。

「企業の顔」と言われることもある広報は、新卒からも転職者からも高い人気を誇っています。

そのため「人気のある広報から、なぜ転職するの?」という疑問から聞かれることが多いです。

ただし、疑問から聞いているだけではなく、転職理由から自社にマッチする人材なのかを判断しています。

もし、「人間関係が上手くいかずに転職を希望しました」と答えると、「採用してもすぐに辞められる可能性が高い」と判断されます。

転職理由は採用・不採用を決める判断材料として聞かれていることを認識しておくことが大切です。

広報の転職理由として考えられるもの

新卒からも転職者からも人気のある広報ですが、転職理由になるものはさまざまあります。

中でもよくある転職理由をいくつかご紹介します。

メディアとの付き合いにストレスを感じる

広報は社外への宣伝活動が業務の1つで、メディア関係者と関わることが多いです。

新商品・新サービスに関するプレスリリースをメディアに発信して、取り上げてもらうように働きかけるのですが、メディア関係者との付き合いにストレスを感じることがあります。

そのストレスが広報の転職理由になります。

あくまで情報を発信するのはメディア側になるため、広報が理想としている取り上げ方はされない可能性があり、全く取り上げてくれないこともあります。

そのようなことからストレスを感じやすく、転職を考えるきっかけになるのでしょう。

評価されにくい

広報は企業の認知度を向上させることが主な仕事内容です。

認知度を向上させるためにSNSで情報を発信したり、メディア関係者に対してプレスリリースを発信します。

しかし、世間の認知度を明確にすることは難しく、広報は評価されにくい傾向があります。

広報の評価されにくい環境が、転職理由になります。

一生懸命仕事をしても、評価されなかったり、昇進することがなければ、転職したくなる気持ちは大きくなるでしょう。

やりがいを感じない

上記でもお伝えしたように、広報は明確な成果というものがないため、やりがいを感じにくいです。

認知度が向上していたとしても気付きにくいですし、直接的な達成感ややりがいは感じないことが多いでしょう。

広報では仕事に対してやりがいを感じにくいことが、転職理由になります。

人によっては「広報はやりがいを感じる」と思われるかもしれませんが、やりがいを求めて広報から転職された方は多いです。

年収が低い

広報はインセンティブ制度などが設けられていないため、年収が高くありません。

決して低くはないのですが、年収に対する不満は転職理由になります。

広報の平均年収は400万円〜450万円と言われていて、日本の平均と大きく変わりません。

「平均と同じぐらいなら良い」と思われるかもしれませんが、大切なことは仕事内容に見合った給料が支払われているかということです。

もし、自分の中で「仕事内容に見合った給料が支払われていない」と思うことがあれば、転職に一歩踏み出すきっかけになるでしょう。

また、400万円〜450万円は平均年収になるため、企業によっては平均を大きく下回ることもあります。

広報の仕事内容とは?広報で求められるスキルと転職する方法をご紹介

好印象を与える転職理由の答え方

広報からの転職を成功させるためには、転職理由で好印象を与えることが大切です。

そこで好印象を与える転職理由の答え方をいくつかご紹介します。

嘘をつかない

転職理由で好印象を与えるためには、嘘をつかないことが大切です。

嘘を突き通すことができれば、悪印象を与えることはないのですが、もし採用担当者に勘付かれた場合には、高確率で不採用になるでしょう。

採用担当者は数多くの転職者を見てきているため、嘘を見抜く力が長けています。

そのため転職理由は、嘘をつかずに答えることが大切です。

ただし、全てを赤裸々に答える必要はありません。

面接の前に「絶対に言わない」ということを決めて、それ以外で転職理由を答えるようにすると、嘘をつくことなく好印象を与えられます。

企業に対する想いを伝える

転職理由で好印象を与えるためには、企業に対する想いを伝えることが大切です。

転職理由では「転職する理由を答えれば良い」と思われるかもしれませんが、企業に対する想いを伝えることで好印象を与えやすくなります。

例えば、「広報として新しい職種に挑戦したいと思い、転職を希望しました」と答えるか、「新しい職種への転職を考えているときに、貴社を経営理念を知り、働きたいと思い転職を踏み切りました」と答えるか、おそらく後者の方が好印象を与えられるでしょう。

企業に対する想いを伝えすぎると、「志望動機と勘違いしている?」と思われるかもしれないので、転職理由に添えて伝えるようにしてください。

ポジティブな転職理由を伝える

転職理由で好印象を与えるためには、ポジティブな転職理由を伝えることが大切です。

中途採用では仕事に対して前向きな人材が好まれるため、ネガティブな転職理由を伝えると悪印象を与えてしまいます。

さらにポジティブな転職理由を伝えるだけで、「仕事に対して前向きな人」と判断してもらいやすく、転職成功率が高まります。

しかし、素直に転職理由を伝えると、ネガティブな内容になってしまう場合があります。

その場合に嘘をつくことは良くないので、ポジティブに聞こえる「伝え方」を意識してみてください。

広報からの転職におすすめの仕事

広報からの転職を考えると、「転職先はどこが良いんだろう?」と悩まれることがあると思います。

そこで広報からの転職におすすめの仕事を3つご紹介します。

比較的転職しやすい仕事を3つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職

広報からの転職先に、営業職がおすすめです。

営業職ではコミュニケーション能力を重要視されるのですが、広報で働いていた方は高いコミュニケーション能力を身に付けていることが多いです。

広報では社外の方と関わる機会が多いため、自然と高いコミュニケーション能力を身に付けています。

そのため広報から営業職は転職しやすく、転職してからも成果を挙げやすいです。

そして転職市場において、最も多い求人は営業職になります。

未経験でも歓迎してくれる求人が多数あるため、希望通りに転職できる可能性が高いです。

未経験でも営業に転職できる?営業職への転職のポイント!

IT関連の仕事

広報からの転職先に、IT関連の仕事がおすすめです。

IT関連の仕事とは、システムエンジニア・インフラエンジニア・プログラマーなどを指します。

「専門的な知識がないから転職できない」と思われるかもしれませんが、未経験でも転職できる可能性は大いにあります。

その理由は、IT業界が人手不足を抱えているからです。

IT業界の市場が急速に拡大したことで、多くの企業が人手不足を抱えています。

そのため未経験でも転職することが可能で、広報で培ったコミュニケーション能力も活かせます。

PCと向き合っていることが多いイメージがあるかもしれませんが、意外にもコミュニケーション能力が大切です。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

事務職

広報からの転職先に、事務職がおすすめです。

事務職では書類の作成・整理、データ入力、電話対応、郵便物の仕分けなどが主な仕事内容になるのですが、とにかくストレスを感じにくい仕事です。

社内で関わる人も限られていることから、ストレスを感じにくく、基本的に残業も少ないです。

また、広報でプレスリリースなどを作成していたPCスキルがあれば、ある程度の業務はこなせます。

基本的に未経験で転職される方が多い仕事になっているため、広報からの転職先におすすめです。

事務職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

転職を成功させるには「転職エージェント」の活用が大切

広報からの転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的には「求人紹介・面接対策・書類添削・日程調整」などで、転職理由についてもアドバイスしてくれます。

さらに、担当のキャリアアドバイザーが1人付くため、転職経験がない方でもスムーズに安心して転職活動を進められます。

また、サイトには公開されない「非公開求人」にも応募できるようになるため、転職先の選択肢が広がります。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してみてください。

広報におすすめ転職サイト・エージェントランキング

転職理由で好印象を与えることで成功率が高まる

この記事では広報から転職するときの転職理由についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

広報からの転職では、転職理由を聞かれることが多く、その内容によっては不採用になることがあります。

転職理由は採用・不採用を決める判断材料として認識しておくことが大切です。

そして、転職理由で好印象を与えることができれば、成功率はグンと高まります。

転職エージェントを活用して、広報からの転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件