広報の仕事内容とは?広報で求められるスキルと転職する方法をご紹介

広報の仕事内容とは?広報で求められるスキルと転職する方法をご紹介

広報は、自社と社会の人々の関係性を構築する役割を担っている仕事で、男性からも女性からも人気があります。

そんな広報の「具体的な仕事内容がわからない」「仕事内容が気になる」と考えている方は多いのではないでしょうか?

この記事では広報の具体的な仕事内容について解説します。

広報で求められるスキルや、広報に転職する方法などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも広報とは?

そもそも広報とは、自社と社会の人々の関係性を構築する役割を担っていて、組織を宣伝して自社の認知度を高めることが主な仕事です。

自社の認知度を高めるために、メディアや自治体などさまざまな場所で活躍して、企業や自社商品・サービスのPRを行います。

また、社会の人々を対象にするのではなく、社内の人々を対象に仕事を行うこともあります。

そして広報は、「広告宣伝」と勘違いして認識されることが多いです。広告宣伝との違いを詳しくご紹介します。

広告宣伝との違い

広報と広告宣伝の違いは、金銭が発生するのかどうかということです。

広報ではメディアなどに自社商品・サービスについての情報を提供して、メディア側の意志で宣伝してもらえるように働きかけます。

一方、広告宣伝は料金を支払った分、宣伝したい情報を流通させられて、確実に情報を発信できることがメリットです。

また、宣伝方法も異なります。

広報では情報を提供したメディア側によって宣伝方法が決められますが、広告宣伝では自社の希望通りに宣伝することが可能です。

「宣伝する」という仕事内容が似ていることから勘違いされやすいですが、別の職業になります。

広報の仕事内容は大きく2つに分けられる

広報の仕事内容は「社外広報」「社内広報」の大きく2つに分けられます。

言葉の通り、会社の外に情報を発信するのか、会社の中に情報を発信するのかということです。

社外広報と社内広報について詳しくご紹介します。

社外広報

社外広報の目的は、企業・自社商品・自社サービスなどに関する情報を発信することで、社会の人々に対する認知度を向上されることです。

認知度を向上させることで、企業イメージの確立ができたり、売り上げアップにつながります。

また、新商品・新サービスに関するイベントを開催したり、新しい情報をメディアに流したりします。

社外広報は、「宣伝」のイメージが強い仕事です。

近年では、SNSが普及されたことから、TwitterやFacebookなどを活用した宣伝方法も用いられています。

社内広報

社内広報の目的は、自社の新商品・新サービスを「社内報」として資料にまとめて、社内で情報共有することです。

企業によって社内報のフォーマットはさまざまで、紙・メール・WEBなどが用いられます。

大切な社内報では、専門知識を有しているライターやデザイナーに制作を依頼することもあります。

そして社内報の1つとして、「IR」があります。

IRとは、株主や投資家へ情報を共有する仕事で、投資家に向けた宣伝です。I

Rは経理部や財務部などが担うこともありますが、企業によっては広報の仕事として区別していることがあります。

具体的な広報の仕事内容とは?

広報の仕事は多岐に渡るため、最低限抑えておきたい仕事内容を中心にご紹介します。

社外広報と社内広報の両方をご紹介するので、参考にしてみてください。

プレスリリースの作成・配信

社外広報の仕事内容として、プレスリリースの作成・配信があります。

プレスリリースとは、企業がメディアに向けて発信する新商品・新サービスなどに関する公式発表のことです。

プレスリリースの内容によって、メディアが取り上げるのかが決まるため、広報にとっては重要な仕事の1つです。

また、日頃からメディア関係者とコミュニケーションを築き、適度な情報交換をしておく必要があります。

報道対応

社外広報の仕事内容として、報道対応があります。

「広報が報道対応?」と思われるかもしれませんが、社長のインタビューや商品・サービスに関する取材には広報が担当します。

取材や報道依頼は、プレスリリースで発信した情報をきっかけに依頼されることが多いので、「プレスリリース配信→報道対応」という流れで仕事を行います。

そして、取材や報道では情報の鮮度が重要視されるため、スピーディな対応が求められます。

自社のSNS・ブログでの情報発信

社外広報の仕事内容として、自社のSNS・ブログでの情報発信があります。

上記でもお伝えしたように、近年はSNSが普及したことで、企業もSNSやブログでの情報発信を求められる時代になっています。

SNSやブログは自社から発信できるので、始めるハードルは低いですが、大きく認知度を向上させることは難しいです。

すぐにPV数やフォロワーを増やすことは難しいので、SNSやブログでの情報発信には地道な作業が求められます。

社内での情報収集

社内広報の仕事内容として、社内での情報集取があります。

社外に発信する情報が新商品・新サービスに関することだけでは、すぐにネタが尽きます。

そのため社内の人間だからこそ、収集できる情報を発信しなければいけません。

また、メディア関係者もプレスリリースで発信されるような情報だけではなく、話題性のある興味深い情報を求めるようになります。

広報は社員の活躍・社内の動向などに目を向けることが大切で、時には社員と一緒にランチに出かけたりもします。

社内報の制作

社内広報の仕事内容として、社内報の制作があります。

社内報とは、自社の社員に向けて行う広報活動です。

上記でもお伝えしたように、社員の情報共有を目的としていて、経営情報や新商品の共有などが挙げられます。

また、メディアに掲載された内容や開催されるイベント情報なども社内報として発信されます。

近年では、WEBで社内報が発信されることが多く、いつどこからでも確認できるように作られています。

広報で求められるスキル

広報の仕事内容は多岐に渡るため、求められるスキルもさまざまです。

その中でも必要になることが多いスキルをいくつかご紹介します。

広報への転職を考えている方は、参考にしてみてください。

コミュニケーション能力

広報ではコミュニケーション能力が求められます。

何度もお伝えしているように、メディア関係者との関係性を築く必要があるため、広報にとってコミュニケーション能力は必要不可欠です。

また、メディア関係者だけではなく、顧客企業や一般のお客様に対しても宣伝することがあります。

そして広報では、物事を的確に伝えるコミュニケーション能力が求められます。

誤った情報を伝えてしまうと、広報が目的としている認知度向上にはつながりません。

コミュニケーション能力は高ければ高いほど、良いでしょう。

文章力

広報では、文章力が求められます。

正しい情報を的確に伝えられるプレスリリースを作成したり、メディアからの取材に対する原稿を用意したりと、文章力が必要になる機会が多いです。

また、広報では新商品・新サービスの魅力を言語化する力も必要になります。

広報の文章力・言語化する力がなければ、企業の認知度向上は図れません。

ビジネスマナー

広報では、ビジネスマナーが求められます。

「社会人にとっては当たり前」と思われるかもしれませんが、広報は社外の方と会う機会が非常に多いため、普通のサラリーマンよりもビジネスマナーは重要視する必要があります。

時間厳守や言葉使いなどは基本として、勤めている企業の雰囲気によって身なりなども意識しなければいけません。

社会人にとっては当たり前かもしれませんが、広報は「企業の顔」になる機会が多いため、より意識することが大切です。

社会人の基本となるビジネスマナーとは?ビジネスマナーを習得する方法

広報に転職するためには?

広報の仕事内容についてお伝えしましたが、広報は未経験でも転職することが可能です。

特別な資格などは必要としないため、未経験でも転職可能なのですが、いきなり大手企業へ転職することは難しいでしょう。

未経験の場合は、中小企業で広報としての経験を積むことをおすすめします。

そして、広報への転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、求人紹介から面接対策まで幅広くサポートしてくれます。

また、転職サイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるようになるため、選択肢の幅を広げられます。

ただし、国内に転職エージェントは数多くあるので、広報におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職エージェントで、登録者数は600万人を超えています。

全体で10万件以上の求人を取り扱っていて、広報の取り扱い求人数は約1,500件です。

大手企業・中小企業・ベンチャー企業の求人を幅広く取り扱っていて、全国各地対応しています。

そんなdodaはサポート体制が充実しています。「まずは大手から…」ということで、転職未経験社の支援をすることが多く、サポート体制が徹底されています。

サポート内容は、実際に利用した方からも定評があります。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材会社「マイナビグループ」が運営している転職エージェントです。

全体で4万件以上の求人を取り扱っていて、広報の取り扱い求人数は約500件です。

そんなマイナビエージェントは、20代から圧倒的な人気を獲得しています。

登録者の80%を34歳までが占めていて、若者向けの求人が多いです。

また、求人を掲載している企業も若者を求めていることが多いため、20代にはぴったりな転職エージェントでしょう。

マイナビエージェント詳細ページ

広報におすすめ転職サイト・エージェントランキング

広報は自社と社会をつなぐ役割を担っている

この記事では広報の仕事内容についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

広報は自社と社会の人々をつなぐ役割を担っていて、プレスリリースの配信から社内報の作成まで仕事内容は多岐に渡ります。

そのことから求められるスキルもさまざまです。

そして広報は、未経験でも転職することが可能で、転職エージェントを活用することが大切です。

上記でお伝えした転職エージェントを活用して、広報への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件