25歳で転職2回目って多い?成功に導く3つのポイント

25歳で転職2回目って多い?成功に導く3つのポイント

「転職回数が多いと、転職活動で不利になる?」
「どんな転職理由なら、回数が多くてもネックにならない?」
「同年代の人たちって、どのくらい転職しているものなの?」

転職活動をしている方であれば、転職回数のことが気になるもの…。

転職回数の多さとその人の能力・性格などは必ずしも相関性があるとは言えません。ですが、あまりに頻繁に転職を繰り返していると、面接官からの心象が悪くなることも事実です。

今回の記事で焦点を当てたいのは、『25歳』で転職を考えている方。

25歳というと、社会人3年目くらいの年齢です。徐々に社会人としてのふるまい方やビジネス感覚も身についてくる頃ですし、よりキャリアや転職をまじめに考える年齢なのではないでしょうか。

そんな20代も半ばに差し掛かる年齢に、周囲はどのくらい転職をしているのか、そして例えばすでに2回転職していたらネックになってしまうのかなど、気になるポイントについて解説していきます!

20代で転職2回は多いのか

まず前提として、『転職回数が多い=市場価値が低い』ではありません。

もちろん飽きっぽくてすぐに退職してしまう方や、問題を起こして転職を繰り返している方などは、転職市場での価値も当然下がります。

しかし、事業縮小などによるやむを得ない退職や、キャリアアップ・チャレンジのための転職などであれば、転職回数の多さ自体が問題になることはありません。

20代で2回転職をしているということは、1社での経験が2~3年というところでしょうか。人によっては短いと感じるかもしれませんが、昨今はキャリアチェンジに伴って転職することが当たり前にもなりつつあります。必ずしも『転職2回』がネックになるとは限りません。

転職回数への心象は、その企業の社風や採用担当の考え方による

正当な理由があったとしても、また前向きな転職だったとしても、転職回数の多さを懸念事項として捉えられる可能性はあります。それは採用担当者がどんな心象を覚えるか次第ともいえるでしょう。

あくまで一例ですが、例えば平均年齢が高く、歴史のある会社などであれば、理由はどうあれ転職回数が多いこと自体を良しとしないこともあります。

その一方で、ベンチャーやスタートアップなどの新しい会社であれば、転職回数は気にせず、スキルや経験だけを重視して採用されるケースも多々あります。

その企業の社風や採用担当者の考え方までを変えることはできないため、これはどうしてもクリアしにくい問題です。そんな場合は、あくまで前向きな転職活動であることや、やむを得ない転職だったことを伝え、理解してもらうようにしましょう。

20代ではどれくらい転職するのか

では実際に今の20代の方たちは、どのくらい転職しているものなんでしょうか。以下は、あるアンケートの結果です。

0回 38%
1回 40%
2回 12%
3回以上 10%

※20代の転職回数調査

実に3人に2人は転職をしたことがあると回答しています。転職回数1回という方が40%と最も多くなっていますが、2回も12%、3回以上の方も10%という結果です。この数字だけ見てみると、転職活動は身近だということが分かります。

転職回数が2回を超えると、統計的には『多い』ほう

20代の場合、転職回数が2回を超えてしまうと、やはり多いと思われてしまう可能性が高いでしょう。

そして3回以上になってしまうと、忍耐力が無く、長続きしない人だという評価をされかねません。

もちろん事情は色々とあるでしょう。しかし企業側もお金をかけて採用活動をする以上は、長く活躍してくれる人を迎えたいと思うのが当然のこと。リスクを避けるためにも、転職回数が少ない方を欲しがるのは仕方がありません。

25歳で転職経験があると不利になるのか

さて今回の記事で一番焦点を当てたいのは、25歳の方。社会に出て3年ほど。

色々なことに慣れ、ビジネス感覚も身につき、視野も広がって来たころでしょう。ゆえに、次のキャリアへの意識も出てくるころだと思いますし、転職活動に踏み切る方も多くなる時期です。

いざ転職しよう!…と思っても、もしすでに転職の経験があったとしたら…?転職市場では不利になってしまうのでしょうか?

やはり初めての転職がベター

25歳は、いわゆる第二新卒と言われる年齢です。企業も新卒入社の社員に近い受け入れ態勢や教育制度を用意して迎えることになります。つまり、お金や時間、そして手間をかけて育成していくということです。

だからこそ、企業としては退職のリスクが少ない『転職0回』の方を迎えたいと思うのです。

必ずしも転職経験はマイナスにはならない

では25歳で転職経験があると、転職活動において不利になってしまうのでしょうか。これについては、必ずしもそうとは限りません。

転職をしているということは、それだけ経験を積んでいるとも考えられます。また、環境に順応する能力や、人と上手に付き合っていくコミュニケーション力なども評価されるかもしれません。

大切なのは、転職回数の多さによるネックを理解しながら、それを補えるメリットを面接官に伝えることが出来るかどうかといえるでしょう。

では、どのように伝えればポジティブに受け取ってもらえるのでしょうか。事項ではそのポイントについていくつかご紹介します。

25歳の2回目の転職を成功に導く3つのコツ

この項目では、転職経験があったとしても、それを不利にしない伝え方・考え方について解説していきます。大切なのは、転職経験があることによるデメリットを理解しながらも、転職で得られるよい面にきちんと目を向けることです。

1.前向きな転職理由を伝える

転職がいつもポジティブなものとは限りません。人間関係のこじれや業務環境への不満など、いわゆるマイナスな要因で転職を考える方も多いはずです。もちろんそれは悪いことではありません。劣悪な環境で働くくらいなら、改善を目指して転職を考えるのは当たり前のこと。

しかし企業側は、「何か不満があると、またすぐに転職をしてしまうのではないか」と不安に思ってしまうことも事実です。だからこそ、マイナスな要因で転職をした場合でも、少し発想を変えることでポジティブに見せられるようにしましょう。

【伝え方の例】労働環境への不満

≪悪い例≫
残業や休日出勤が多いのが嫌だったので退職しました。

≪改善例≫
残業や休日出勤が多く、結婚や子育てなどの将来のイメージが持てずにいました。せっかく働くなら、この先20年、30年と腰を据えて長く働きたいと思い、より将来を想像できる御社を志望させていただきました。

≪ポイント≫
単に環境への不満を述べるのではなく、何か目的や目標があり、それを達成するために転職したという伝え方がベター。長く働くため、より仕事に打ち込むためなど、前向きな内容にまとめる。

【伝え方の例】人間関係への不満

≪悪い例≫
上司や同僚とうまくいかず、退職しました。

≪改善例≫
私の努力不足も要因のひとつですが、上司や先輩の指導体制がなかったことや、社内で陰口が横行していることもあり、職場の人間関係が良いとはいえませんでした。仕事への支障も出ていたことから、より良い環境で働きたいと転職を決意しました。

≪ポイント≫
単に不満で終えるのではなく、どんな不利益があるのか、具体的な内容に落とし込んで話すことで納得度が高まる。

2.他責にせず、自分自身も改善していくという謙虚さを伝える

人のせいにするだけの転職者は、当然ですが面接官からは評価されません。転職に至るまでには様々な事情があったと思います。しかし、あくまでも自分にも悪い部分はあり、それを転職後は改善していくという意思があることも伝えましょう。

そうすることで、あなた自身の謙虚さや誠実さ、そして努力が出来るという面も伝えることができるでしょう。

企業から嫌われる転職者の傾向として、前職の仕事の仕方に固執したり、素直に指導を受け入れなかったりという点が挙げられます。郷に入っては郷に従えといいますが、謙虚な姿勢で仕事ができるかどうかは、非常に重要なポイントです。

3.前職で得た経験をどう活かせるかを伝える

25歳ということは、社会人としての経験は3年程度。即戦力として活躍できるだけの経験はないかもしれません。ですが、前職での経験の中で得たものは必ずあるはずです。それを転職先でどう活かせるかも、できるだけ伝えるようにしましょう。

【伝え方の例】社会人としての姿勢について

社会人として必要なビジネスマナーや敬語などは、もちろん前職時代に身に付けております。また、メモや復習といった学び取る姿勢や、自己研鑽に励むことなど、ビジネスパーソンとして当然の姿勢も心得ていると自負しています。

20代後半の転職完全攻略!人事のプロが教える3つのポイント

前職を経験しているからこそのメリットを伝えることがポイント

繰り返しになりますが、転職経験があるということは、必ずしもデメリットだけではありません。他の会社での仕事を経験することで得られるスキルや考え方なども、必ずあります。面接や履歴書では、そういったポジティブな面をきちんと伝えることが大切です。

今回、いくつか伝え方の例もご紹介しました。ご自身の状況などによってアレンジを加えて、ぜひ活用してみてください。きちんと伝えることができれば、転職経験はきっと前向きにとらえてもらえるはずです。

20代後半が使うべきおすすめ転職サイト・エージェントランキング【2019年】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件