転職エージェントとの面談でどこまで本音を話す?本音の基準を紹介!

転職エージェントとの面談でどこまで本音を話す?本音の基準を紹介!

転職エージェントを利用すると、必ずと言ってもいいほど担当者との面談が開催されます。

面談を控えている人の中には、

「どこまで本音で話せばいいんだろう…」
「話す内容で今後の利用に影響出たりしないかな…?」

と不安になっている方もいるのではないでしょうか?

どこまで本音で話していいかのラインを自分で判断するのは、かなり難しいですよね。

しかも転職エージェントに悪い印象を抱かせてしまうと、今後のサポートにも影響してしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、転職エージェントとの面談でどこまで本音を話していいかの基準から、転職エージェントの本音からみえる「面談で悪印象な人の特徴」を紹介します。

転職エージェントの面談前に、ぜひ参考にしてください。

転職エージェントの面談は何を話すの?

転職エージェントの面談ではそもそも何をするか、という疑問がある方もいるのではないでしょうか?

転職エージェントの面談は、その後紹介していく求人の方向性を決める「ヒアリング」が目的です。

そのため面談で担当のエージェントに印象をよくすることが、今後の求人紹介にいい影響を与える可能性があることも覚えておくといいでしょう。

転職エージェントの面談で聞かれる内容は、主に以下の3つです。

前職をやめる理由

前職をやめる理由は必ず聞かれます。

辞めた理由の中には利用者の転職先に求めるニーズが紛れ込んでいますので、エージェントが特に気にする項目です。

ネガティブな内容になりすぎないように、言い換えが必要ですが本音で伝えることおすすめします。

これからの転職先に求めること

これから転職活動を進めていくにあたって、どのような条件を重視して転職活動を進めていきたいかについてヒアリングされます。

これからの転職先に求めることも、求人紹介の方向性を決めるために重要な項目ですので、遠慮せずに言うようにしましょう。

しかし必ずしもすべての条件に合致した求人を、紹介してもらえるわけではありません。

そのため、自分の中でどれを優先するかどれを切り捨てられるかの、優先度付けをおこないましょう。

給与をアップさせたい、勤務地はどこがいいなど事前に求める条件を書き出しておくとスムーズに回答できますよ。

希望する転職時期・職種

希望する転職時期は必ず伝えましょう。

転職活動は当たり前のことですが、人によって進行速度が変わります。

そのため、それぞれの希望する転職時期に合わせて、活動の進行速度をコントロールする必要があります。

希望する転職時期を伝えて、転職活動をスムーズに終えられるようにしましょう。

転職エージェントとは本音で会話できるようにしよう

転職エージェントとは、できるだけ本音で会話できるようにしましょう。

「こんなことをお願いしたら、迷惑に思われてしまうんじゃ…」という遠慮をしていると、自分の求める転職先ばかり紹介されて時間の無駄になってしまうばかりか、転職できたとしてもミスマッチが生じてしまう可能性があります。

ミスマッチが生じた状態で転職してしまうと、再度転職することになってしまうこともありますので注意が必要です。

しかしなんでもオープンに本音を話してしまうと、担当のエージェントからの印象が悪くなってしまうことにもつながりますので気を付けましょう。

注意!転職エージェントとの面談で言わないほうが良い本音

転職エージェントと面談する際は、ミスマッチを防ぐために本音を話すべきであると紹介しましたが、やはりすべてをオープンにしすぎると印象の悪化を招くことにもつながります。

転職エージェントに伝えないほうが良い本音は以下の3つです。

  • 前職の愚痴
  • 話だけとりあえず聞きに来た
  • どこでもいいから転職したい

以下で詳しく解説します。

前職の愚痴

前職の愚痴はできるだけエージェントには言わないほうが良いでしょう。

前職での嫌なことを解消するために転職したいのはわかりますが、転職エージェントはあくまで転職のためにカウンセリングをする場ですので、愚痴は避けたほうが良いでしょう。

特に伝えないほうが良い愚痴は以下の2つです。

職場で同僚ともめた

職場で同僚ともめて居づらくなったことを愚痴として話してしまうと、もし事実と違ったとしても「あれこの人、人間性的に問題があるのでは…」という疑念を抱かせてしまいます。

人間性に問題があると思われてしまうと、転職してもまた同じことが起きてしまうのではないかと判断されてしまう可能性があります。

転職エージェントは転職後短期間で紹介した人材が辞めてしまった場合、利益を一定の割合で採用した企業側に返還しなければなりません。

そのためすぐやめてしまいそうなリスクのある人を避けようとしますので、転職のサポートを満足に受けられない可能性があります。

仕事がつらすぎるので楽をしたい

仕事に対しての姿勢が悪いような愚痴も同様に、短期間で転職してしまう印象を持たれてしまい明日。

仕事の比重もありますが、楽して稼げる仕事はありません。

そのため仕事に対しての姿勢が悪いような愚痴を吐き出す人は、「転職先を紹介しても短期間でやめられたら…」という印象を持たれてしまいます。

話だけとりあえず聞きに来た

転職エージェントを利用している人の中には、「転職を考えている段階で、本格的に始めようとはまだ思っていない」という方もいるのではないでしょうか?

その場合、面談で「話だけ聞きに来たんですけど…」と伝えるのは控えたほうが良いでしょう。

もしもその後転職に対する意欲が強くなった場合、サポートを受けようにも面談の時に転職の意欲が薄いと判断され、対応を後回しにされてしまうことも考えられます。

そのため話だけとりあえず聞きに来たという本音はしまっておくようにしましょう。

どこでもいいから転職したい

「今の職場を離れてとりあえずどこでもいいから転職したい」と考えている人も、中にはいるのではないでしょうか?

どこでもいいから転職したいといわれると、方向性も固まっていなければ自分の軸もないと判断されてしまうので、いい印象を与えられる可能性は低いです。

そのため、ある程度自分の中で事前に希望する転職先の目星をつけておきましょう。

転職エージェントの本音からみる「面談で印象が悪くなる人の特徴」

転職エージェントとの面談で本音を話しすぎると、印象が悪くなるため転職活動に影響が出る可能性があるとお伝えしましたが、本音を話す以外にも印象を下げてしまうNGな人の特徴をご存じですか?

そこで以下では、転職エージェントの本音をもとに「面談で印象が悪くなる人の特徴について紹介します。

理想が高すぎて現実を見ていない

転職エージェントを利用する方の中には、転職先に求める理想が高すぎる人がいます。

目標を高く持つのはいいことなのですが、やはり理想が高すぎると「自分を客観的に見れていない」と判断されてしまうことにもつながります。

自分を客観的に見たうえで目標を設定するように心がけるようにしましょう。

転職回数が多すぎる

あまりにも転職回数が多すぎると、転職エージェントから悪い印象を受けてしまいます。

特に20代や30代前半で3~4回以上転職していると、「この人に転職先を紹介してもすぐに辞められてしまうのでは…?」という疑念を持たせてしまいます。

しかし転職回数をばれないように…と職務経歴書の内容を偽造するのはNGです。

他人に責任を押し付けるような愚痴ばかり話す

多少の愚痴であれば聞き流してくれる転職エージェントも多いですが、あまりにも他人に責任を押し付ける内容だった場合は、印象を悪化させる原因になります。

自分の反省をせずに他人に責任を押し付けているように感じ取られてしまうと、人間性に問題があると判断されてしまいます。

もしも相手の非が大きかったとしても、我慢して自分に非があることを前提にして話すようにしましょう。

親離れできていない

面談中に親に決定権があることをにおわせるのもNGです。

中には、親に転職活動について相談している人もいるでしょう。

しかし成人している以上、自分の意思で決めることが重要です。

もしも親に「こうしなさい」と決められているとしても、それをエージェントに悟られないようにしたほうが得策でしょう。

身だしなみがだらしない

基本中の基本ですが、面談にだらしない身だしなみで来る人は悪印象を持たれてしまいます。

ジーパンにTシャツなどラフな格好はもちろんNG、スーツやシャツを着てきたとしてもしわだらけなど一目見て「だらしない」と判断されるような恰好は避けましょう。

人間は視覚で第一に判断しますから、身だしなみを整えて面談に臨むようにしましょう。

注意!本音を伝えないほうが良い転職エージェントもいる

転職エージェントと面談する際は、本音を伝えるほうが良いとお伝えしましたが、すべての転職エージェントに本音を話していいわけではありません。

本音を話すということは、それだけ相手が信用できるような人間でなければなりません。

信用できないとなると、本音を伝えても対応が雑だったりサポートが不十分だったりという不都合が生じかねません。

以下では、本音を伝えないほうが良い「信用できない可能性のある」転職エージェントの特徴について紹介します。

時間や服装にだらしない

時間や服装にだらしない転職エージェントは注意が必要です。

転職者も身だしなみに気を使う必要がありますが、転職エージェント側もそれ相応に身だしなみを整える必要があります。

時間にも身だしなみにもだらしない担当者は、仕事にも表れてきますので、リスクのある転職活動を任せるには不安が残りますよね。

もしも担当者が時間にも身だしなみにもだらしないようであれば、担当の変更やs-アボスの変更を考えたほうが良いかもしれません。

利用者の話を無視して話を進める

転職エージェントの中には、利用者の話を聞かずに自分の話を進めていく人もいます。

折角こっちが相談しようとしているのに、「最近の転職業界は~」「私の経験上~」と自分の話のペースにすぐに持っていこうとする人も注意が必要です。

利用者のことを本当に考えている担当者であれば、ちゃんと話を聞いたうえで話を進めてくれます。

「なんか私の話聞いてないんじゃ…?」と感じた場合は、疑念の目を向けることが重要です。

本音を話せる転職エージェントを見つけるために複数のサービスに登録しよう

転職エージェントに登録する際、1つのサービスだけに登録せずに複数のサービスを同時並行で利用するようにしましょう。
運が良ければ選んだ転職エージェントで、信用できる担当者に出会える可能性がありますが、全員が全員良い担当者に出会えるわけではありません。

転職エージェントの仲にも実力や性格に差がありますから、ハズレの担当者に出会ってしまう可能性もあるのです。

ハズレの担当者を引いてしまい、次の転職エージェントを利用しようと動き始めるのでは、転職活動が長引く原因になってしまいます。

いくつか同時に登録・利用することで、別のサービスに移行する手間や時間が短縮できますので、無駄を省くことができます。

そのため、転職エージェントを利用する段階で、複数登録しておくことをおすすめします。

また複数登録していることは、それぞれの担当者に正直に伝えておきましょう。

登録の目安としては3~4個がベストです。

併用におすすめの転職エージェントを紹介

以下では、現在利用している転職エージェントに加えて、併用すべき転職エージェントを紹介します。

求人数や支援実績の高い転職エージェント揃いですので、気になるものがあれば利用を検討してみて下さいね!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは就職支援で有名な、「株式会社マイナビ」が運営する纏足エージェントです。

担当のエージェントの対応力やサポート内容の評価も高く、連絡の返信も早いといわれています。

中小企業を中心に多くの求人を保有しているため、多くの求人を紹介してほしい人におすすめです。

メインの利用者は20代~30代と若手層に絞られており、若手社員の転職支援実績が豊富です。

詳細はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、転職業界最大手といわれる「株式会社リクルート」が運営する転職エージェントです。

様々な年代の支援実績が豊富で、マイナビエージェント同様に求人数も豊富です。

幅広い職種に対応可能ですので、自分の希望している職種の求人も見つかるかもしれません。

求人を広く見ていきたいと考えている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

詳細はこちら

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、サポートやフォローが充実しているとの評判が高いです。

会社の方針として、利益よりも社会貢献を掲げているので、サポートを綿密に行ってくれるとの評価が高いです。

利用者満足度も非常に高く、信頼できる担当者を探したいと考えている方は、利用を検討してみてくださいね!

詳細はこちら

転職エージェントは本音を話してうまく活用しよう!

いかがでしたか?

転職エージェントの面談では本音を話すことで、より自分の目的にあった求人を紹介してもらうことにもつながりますので、ミスマッチの少ない転職を実現できます。

しかし本音を話すといっても、話すべき内容と印象を悪化させるような避けたほうが良い内容がありますので、すべてをオープンにしすぎないようにしましょう。

また本音を話せる信用のある転職エージェントかどうかを見極めないと、期待していたサポートが受けられない可能性がありますので、注意が必要です。

いくつかの転職エージェントを併用することで、エージェントの質を比較することができますので、複数登録することをおすすめします。

この本音は話すべきか、相手が信頼できるかを判断して、転職エージェントをフル活用できるようにしていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件