30代が知っておくべき転職エージェントの選び方!

30代が知っておくべき転職エージェントの選び方!

年齢を重ねれば、必然的に転職のスタイルも変わってきます。

たとえば20代の若いうちは、未経験の職種に挑戦したり、経験が浅くても意欲を買って採用されたり。

そして30代になると、経験やスキルを活かして次のキャリアに挑戦していくような転職が多くなってきます。

転職のスタイルが変われば、利用する転職支援サービスが変わるのも当然のこと。そこで今回は、30代の転職にこそオススメな転職サービスをご紹介します。

30代の転職には転職エージェントがおすすめ

30代の転職には、転職サイトではなく『転職エージェント』がおすすめです。

利用したことが無い方もいらっしゃるかと思いますので、ここでは少しだけサービスの概要を解説します。

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職エージェントとは、キャリアコンサルタントが企業と転職者の間に立って転職活動をサポートしてくれるサービスです。

転職サイトは基本的に自主応募、つまり自分で求人を探して自分で応募します。

これに対して転職エージェントは、キャリアコンサルタントに転職先に関する要望を伝えた上で求人を紹介してもらい、応募・選考へと進んでいきます。

自分で探すよりも適性に合ったものを紹介してもらえたり、自分では気づけなかった職種への可能性が広がったりとメリットは多々あります。

他サイトには掲載されていない非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントはそれぞれ非公開求人を保有しています。

応募が集まり過ぎることが予見される求人や、経営戦略上外部に公開できない求人などがこれに該当します。

非公開求人には魅力的なものが多いため、それらを紹介してもらえるのもメリットです。

ハイクラス向け求人はエージェント経由の紹介が多い

転職サイトは未経験募集の求人が多いですが、転職エージェントは経験やスキルを活かせるハイクラス求人がほとんど。

転職サイトでは見られないような、年収800万円以上の募集や、管理職・役員の募集なども多数見られます。

こうしたハイクラス求人であれば、キャリアアップや年収アップも充分見込めるでしょう。

転職サポートが充実しているから働きながら転職活動ができる

自主応募の転職サイトとは違い、転職エージェントの場合は企業とのやり取りを全てキャリアコンサルタントが代行してくれます。

面倒な面接日程交渉はもちろん、自分では言いづらい年収アップの交渉なども全て任せられます。

仕事をしながら転職活動をしている方などは、忙しくて企業への連絡などが遅くなってしまいがち。

そこでキャリアコンサルタントにサポートしてもらうことで、より効率的に転職活動を進めることができます。

30代の転職エージェントの選び方

では30代の方が転職を考えたとき、どんな風に転職エージェントを選んでいけばよいのでしょうか。

ここでは4つのポイントをご紹介します!

自分が希望する業界に特化した転職エージェントを探す

転職エージェントは職種や業界に特化したものも多く、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

特化型のエージェントは所属するキャリアコンサルタントもその業界・職種に詳しいため、転職のことだけでなく、キャリアの相談などもしやすいといえます。

求人数・非公開求人数の多い転職エージェントを選ぶ

求人数の多さも、サービス選びの一つの指標です。

職種・業界特化型の転職エージェントを選ぶのであれば求人数はそこまで重視する必要はないかもしれませんが、幅広い職種・業界から選びたい場合は重要でしょう。

保有求人数はそれぞれのサイトのトップページで明示されていますので、そちらを確認してみましょう。

また非公開求人数については、明確な求人数が記載されていないこともあります。

非公開求人が多いということは、それだけ魅力的な求人を多数保有しているということ。記載がなければ、キャリアコンサルタントに聞いてみてもいいかもしれません。

転職エージェントだけでなく担当者選びにも力を入れる

転職エージェントのサービスそのものに加えて、担当してくれるキャリアコンサルタントとの相性も重要です。

キャリアコンサルタントは、転職活動におけるパートナーとも言えるでしょう。仕事は人生の一部。その仕事探しを任せる相手は、信頼できる人であって然るべき。ゆえにパートナー選びは慎重に行っていきましょう。

担当に付いてくれたキャリアコンサルタントとの相性が悪いと感じたら、遠慮なく改善要望を伝えても構いません。例えば「もっと連絡は頻繁に入れてほしい」「〇〇は自分のキャリアプランと違うので、もう一度キャリアについて伝える機会がほしい」など。要望を伝えても改善されない場合などは、思い切って担当変更を申し出てもいいと思います。

大手を目指すなら大手転職エージェントに登録する

大手企業への転職を考えているなら、大手が運営する転職エージェントを利用しましょう。大手企業は信頼性やユーザー数の多さを踏まえ、基本的には大手転職エージェントに依頼をすることがほとんど。有名どころだと、リクルートエージェントやマイナビエージェント、DODAなどがオススメでしょう。

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2019年版】

信頼できない転職エージェントの特徴

信用できるキャリアコンサルタントを見極めるためには、反対に信頼できないキャリアコンサルタントがどんな対応をするかも知っておく必要があります。

ここでは「こういうコンサルタントは信頼できない」と思われる代表的な振る舞い・対応を紹介します。

無理に転職を勧めてくる

転職は人生を左右するもの。無理に転職を勧めてくるのは言語道断です。

転職エージェントは転職者を企業に入社させて初めて報酬を得ることができます。ゆえに何としてでも入社させたいと思うのは、ある種仕方のないこと。しかし売上ばかりに目が向いて、転職者の気持ちを考えずに無理やり勧めるのは最低です。

もしこちらの気持ちを無視して転職を勧めてくるコンサルタントに当たったら、遠慮なくサービスを解約しましょう。

何かと理由をつけて希望条件に沿わない求人を紹介してくる

普通のキャリアコンサルタントであれば、当然希望に沿った求人を紹介してきます。しかし何とか可能性を広げようとして、希望条件に沿わない求人を紹介してくることもあります。

「〇〇さんのスキルなら、こっちの職種の可能性もあります」
「現在希望職種の求人がないので、とりあえずこちらに応募してみてはいかがですか」
「経験が不足しているので、少し年収は低いのですがこの求人に応募しましょう」

何かとそれっぽい理由を付けて応募させようとしてくることもあると思いますが、基本的には希望条件に沿わない求人は断っても構いません。きちんとあなたの希望を尊重してくれるキャリアコンサルタントを選びましょう。

志望する業界の専門知識が乏しい

キャリアコンサルタントの知識不足も注意が必要です。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、様々な職種・業界の転職者と接するため、幅広い知識が求められます。その知識を付けるために勉強するのは当然ですが、中には知識に乏しいと感じるコンサルタントもいるでしょう。

職種・業界の知識が乏しいということは、転職者のキャリアをきちんと考えられないということ。また企業に対しても適切な提案はできません。知識不足を感じた場合は、その業界の知識に明るいコンサルタントに変更してもらうよう依頼しましょう。

連絡回数が少ない

転職エージェントから求人を紹介される場合は、電話かメールで連絡が入ります。求人が見つかり次第連絡が来ることになりますが、あまりにも連絡が少ない場合も注意が必要です。

もちろん希望する職種が希少な場合などは、なかなか求人が見つからないこともあるでしょう。しかしそれならそれで、希望職種を広げる提案をしてきたり、他業界での可能性を探ってみたりと、何かしらの連絡があって然るべき。全く連絡が無いということは、ある意味放置されているような状態です。

企業へ渡す推薦文を見せてくれない

キャリアコンサルタントが転職者を企業に推薦する場合、履歴書や職務経歴書だけでなくキャリアコンサルタントからの『推薦文』も添えます。この推薦文、実は履歴書や職務経歴書よりも重要な書類と言っても過言ではありません。

推薦文にはキャリアコンサルタント目線で、転職者をオススメしたい理由や特筆すべき経験、その企業で活躍できる理由などが事細かに書かれています。主観で書かれた履歴書や職務経歴書よりも、第三者目線で書かれた推薦文のほうが信頼できるのも、ある意味当然といえるでしょう。

そして推薦文は、キャリアコンサルタントにお願いすれば共有してもらえます。自分を客観的にどう評価してくれているのかが分かるのでぜひ共有してもらいたいところですが、中には共有してくれないケースも。本人に見られたくない何かが書かれている可能性もありますので、共有されない場合は注意が必要です。

30代がやっておくべき転職エージェントの活用法

上手に転職活動を進めるためには、上手にサービスを活用することも大切。そこで、転職エージェントのオススメの活用方法を3つご紹介します。

業界特化型と大手転職エージェントを複数利用する

転職エージェントは複数の併用利用がオススメです。もちろん一つのエージェントだけでも転職活動は充分にできますが、自分に合った転職エージェントをいきなり見極めるのは至難の業。そこで、まずはいくつかのエージェントに登録し、その中から自分に合ったものを消去法で残していくのが良いかと思います。最終的に利用する転職エージェントは、2つくらいに絞っておいたほうが、確認の煩雑さもなくなるでしょう。

なお併用するなら、業界特化型の転職エージェントと、大手転職エージェントの両方を利用するようにしましょう。

特化型のエージェントは当然その職種・業界に特化しているので、キャリアコンサルタントの知識も豊富ですし、推薦の精度も高くなります。キャリアの相談もしやすいでしょう。

そして大手エージェントの魅力は何と言っても求人数の多さ。数万、数十万という求人を保有していることもあり、転職の幅が広がります。

自分の市場価値を正確に教えてもらう

市場価値とは、転職市場における自分自身の価値。自分の経験やスキル、そして人柄などを含め、企業がどの程度の評価をしてくれているのかを、おおよその年収などで数値化することができます。

市場価値を自分で調べるのは難しいですが、たくさんの転職者の転職をサポートし、企業側ともやり取りをしてきたキャリアコンサルタントであれば、ある程度正確な市場価値を判断してくれます。

自分の価値を知るのは怖い部分もありますが、ビジネスパーソンとしての評価を知ることで、現実的な転職先のラインが見えてきたり、次の仕事で努力すべきことが分かってきたりというメリットもあります。ぜひキャリアコンサルタントに教えてもらいましょう。

希望をしっかり伝えて企業側と交渉をしてもらう

転職に関する希望は、遠慮せずにきちんと伝えるようにしましょう。もちろん市場価値に見合わない条件などもあると思いますが、それはキャリアコンサルタントが正直に調整するように言ってくれます。

遠慮して希望を伝えなければ、本当に転職したいと思える求人にも出会えないかもしれません。

30代からの転職が難しくなる理由と成功するコツをまとめました

30代が登録しておくべき転職エージェント

最後に、30代の方にこそオススメの転職エージェントを2つご紹介します!今回紹介するのはいずれも大手転職エージェントです。ぜひこのどちらかに登録した上で、プラスしてあなたの職種・業界に合った特化型転職エージェントも探してみてください。

doda

DODA

テレビCMでもおなじみの『doda』は、パーソルキャリアが運営するサービス。この業界で30年もの長い間実績を積み重ねており、企業・サービスへの信頼性は充分です。

dodaの特徴

doda最大の特徴は、転職サイトと転職エージェントの両方の機能を持っている点でしょう。自主応募もできますし、キャリアコンサルタントによる支援を受けることもできます。

どっちのサービスが自分に合っているか分からないという方にとっては、両方使えるサービスはありがたいもの。使っていくなかで自分に合っている方を選んでいきましょう。

なぜdodaが30代にオススメなのか

基本的に大手転職エージェントは、職種や年齢、業界など幅広く取り扱っています。その中でもdodaは中堅キャリア層の転職に強いことと、スカウトメールが多いことが特徴です。

たとえばマイナビエージェントなどは20代など若手の転職に特化していますが、doda利用者の口コミを見てみると30代など中堅層の転職者からの高い評価が多く見られます。

そしてdoda本体のキャリアコンサルタントだけでなく、300以上の提携転職エージェントのコンサルタントからもスカウトが届くため、膨大な数の求人と出会える可能性があります。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ここ数年でCMを目にする機会が多くなったビズリーチ。転職エージェント業界においては後発ですが、サービスの規模としては業界最大級です。

ビズリーチの特徴

ビズリーチは、転職エージェントの中でも特にハイクラス求人を扱うサービスです。『求めているのは即戦力』というコピーが表すように、レベルの高い求人が目立ちます。ゆえにキャリアアップや年収アップを目指す方からの人気が高いようです。

なぜビズリーチが30代にオススメなのか

理由は大きく2つ。1つはキャリアアップを実現しやすいことと、もう1つは選考通過率が高いことです。

キャリアアップを実現しやすいことに関しては前述もしましたが、ビズリーチはハイクラス求人専門のサービスです。他の転職エージェントと比較すると平均年収額も高く、経験を活かせる役職者の募集なども目立ちます。

そして選考通過率が高い理由は、ビズリーチが『有料』であることが関係しています。ビズリーチは無料でも利用できますが、膨大な数の非公開求人を閲覧したり、プラチナスカウトの閲覧・返信を行ったり、ヘッドハンターが保有する求人に応募したりといったサービスを利用するためには、有料会員になる必要があります。

会員側が料金を支払うサービスは日本には珍しいのですが、お金を払ってでも転職したいユーザーは本気度が高いとも言えます。企業側もそれを分かっているため、他の転職サイトや転職エージェントと比べると選考の通過率が高くなっています。

30代の方は、現在の仕事も忙しいでしょうし、家族がいる方もいると思います。転職活動をスムーズに進めるという意味でも、ビズリーチはオススメできます。

ビズリーチ詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件