30代の転職ではどんなスーツを着ていくべき?男女別のコーディネート

30代の転職におすすめの服装とは?

30代の転職ではどんなスーツを着ていくべきなのだろうか?

あまりにも派手な柄はダメだろうし、ストライプのスーツはOKなのだろうか。

それとも地味なスーツで良いのだろうか。

服装で損はしたくないが、一体どのようなスーツが30代の転職の面接では適しているのだろう。

考えれば考えるほど迷ってしまう。

でも、大丈夫です。

この記事を読めば、30代の男女がどのようなスーツを着ていくべきか分かります。

少し長くなりますが、最後までお付き合いくださいね。

中途採用面接でのスーツに特に決まったものはない

30代の面接におけるスーツですが、特に決まったものはありません。

面接時にスーツの印象だけで採否を決定することはありません。

しかしながら、スーツ姿で面接時の印象が大きく左右されてしまうというのも現実です。

出来れば気持ちよく面接に挑みたいのが誰しもの本音なので、30代の男性のスーツ選びのポイントを紹介いたします。

30代男性のスーツ選びのポイント!

スーツのグッド

30代男性のスーツ選びのポイントですが、リクルートスーツを着用することはもう避けましょう。

メーカーなどで技術者をしている男性社員の方に多いですが、滅多にスーツを着ない職種についている方が転職活動を行う際には、特に注意が必要です。

新卒で入社して工場に配属されると技術系の職種の人は、スーツを着るのは1年に1度もないという方が大半です。

そもそも入社式以来スーツなんて買っていないという方も多いのが実情なので、リクルートスーツを引っ張り出してきて面接に来る方もいらっしゃいます。

リクルートスーツを着るのは30代の男性は避けるようにして下さい。

幼い印象がついてしまい得をしません。

堂々とした頼りがいのある印象を面接時に面接官に与えるようにして下さい。

高いスーツでなくても結構ですので、せめて量販店に売っているビジネス向けのスーツを購入するようにして下さい。

無理に専門店で購入しなくても結構です。

イオンなどに入っている格安スーツでも問題ありません。

色と柄が派手でなければ大丈夫です。

ネイビー・グレー・ブルーが一般的

色はネイビーかグレーにするようにしましょう。爽やかな印象を与えたいならばブルーでも構いません。

老け顔であると言われている場合には、ブルーのスーツで爽やかな印象を与えるためにブルーもいいと思います。

間違っても黒のような暗い印象のスーツは避けるようにしましょう。

人事担当者は社員の家族のお葬式に参列したりすることも多いので、不吉な色を見るのはあまり好きではありません。

黒は不吉な色として認識しています。

出来れば面接時には黒のスーツは着ないことが無難です。

黒は威圧感を相手に与えますし、そもそも面接などの場には不向きです。

ストライプのスーツは引き締まった印象を与えてくれますので、無地が無難ですが、少しでも目立ちたい!という場合には良いです。

ネクタイはなるべく明るい色が良い!

ネクタイの色は出来れば明るい印象を与える色にするようにしましょう。

青系のネクタイの色はリクルートスーツの印象を与えてしまう可能性が高いので、出来れば青系のネクタイは避けるようにして下さい。

赤系の方が印象に残ります。

またワイシャツ及びインナーシャツの色ですが、白に統一しておきましょう。

清潔感を特に重視したい場合には白を着用するようにしましょう。

靴は出来れば黒が無難です。

ワイシャツは長袖にするようにしましょう。

長袖と半袖が販売されていますが、半袖のシャツは高校生を連想させます。

長袖を着用するようにして下さい。

30代の女性に適したスーツとは?

30代女性におすすめのスーツ

30代の女性に適したスーツは、男性とも共通点は多いです。

但し、女性の場合にはある程度自由です。

このある程度は自由というところでコーディネイトを迷う方も多いと思います。

まず、スーツの色ですが、ネイビーまたはグレーも良いです。

それ以外の場合には、ベージュでもOKです。

ネイビーやグレーが最もオーソドックスです。ベージュは少し印象が柔らかくなりすぎます。

またスーツを着る必要が無いという職場も、女性の場合には多いですので、わざわざ面接の1回のためにスーツを買うのは嫌だという方は、リクルートスーツをアレンジして使うのも手です。

女性の場合にはそのままリクルートスーツを着用しても問題ないですが、中のシャツを変えてみたり、履く靴を変えてみるなどするだけで印象を変えることは可能です。

ストライプのシャツを着るなど工夫してみましょう。それだけでリクルートスーツを大人な印象にすることは可能です。

パンツでもスカートでもどちらでもOKです!但し、堅い業界ではパンツに!

女性が転職活動を行う際、パンツにするのかスカートにするかで迷う方がいらっしゃいますが、どちらでも大丈夫です。

但し、金融機関や公務員、メーカーでも財閥系の大手メーカーの面接に挑む場合には、スカートよりもパンツの方が無難です。

堅い企業は堅い服装を好む傾向にあります。

あとの業界では特に問われることはありません。

面接を受ける相手方の企業に合わせるスタンスを取るようにしましょう。

面接時の服装は清潔感があるかが大切です!(男女共通)

スーツの色などは最低限のマナーを満たしていれば問題ありません。

スーツ選びに執着するあまりに見落としがちな部分ですが、シャツの首周りの黄ばみなどの方が面接をしているときには気になります!

清潔感がないとそれだけで印象が悪くなってしまいます。

また靴は面接時は少しでも磨くように心がけてください。

足元は面接時に見ることは少ないですが、何となく目線を落としたときに靴があまりにも汚れていると印象は悪くなります。

私服でお越しくださいの意味(男女共通)

私服でお越しくださいと書いてある場合には、本当に私服で行っても問題ありません。

スーツを指定すると、堅苦しい面接になりそうで嫌う企業も最近では増えてきました。

特にIT系ベンチャー企業では私服勤務OKとしている企業も多々あります。

私自身、ベンチャー企業の人事に入社するために受けた面接では、「スーツ暑くないですか?脱いでくださいね」と言われて面接時にスーツは脱ぎましたが内定はしっかり出ました。

私服で来てほしいと案内には書いてありましたが、面倒なのでスーツにしたのです。

面接官が全員ラフな格好で面接に挑んでいるにも関わらず、私はスーツなので面接会場では若干浮いていました。

入社後はスーツで勤務することはほとんどなかったです。

スーツは良くも悪くも印象が統一されがちです。

IT系ベンチャー企業のように、自由なワークスタイルを売りにしている企業では採用活動での服装の指定も、実は企業のイメージ戦略の一つです。

不安定なベンチャー企業では仕事中に息が詰まらないことの方が大切なので、ぜひ、私服でと言われたらスーツではなく私服で面接に行ってあげてください。

企業の社員紹介は事前にチェックしておこう(男女共通)!

企業ホームページに社員紹介などがされている場合には、社員の仕事中の服装を見るようにしておきましょう。

その恰好のまま面接官として面接の場に登場することが多いです。

イメージを大切にする企業ほど服装などは細かく指定されます。
反対に、イメージよりも社員の働きやすさを重視する企業は、ラフな格好で面接官も面接に挑みます。

働きやすい企業かどうかはここで分かります。

未だに夏でもクールビズでの勤務を許さない頭の固い、考え方の古いトップがいる企業もあります。

そうした企業の面接では、夏場でも社員がネクタイにスーツという堅苦しい格好をしています。

よくチェックするようにしてみて下さい。

こんな会社に入社すれば、入社してから浴びるストレスが格段に跳ね上がります。

私は出来ればスーツを着ないで勤務させる企業の方が働きやすいと思います。

思考停止している企業に多いです。

夏場でもクールビズがダメという企業の考え方は、「昔からこうしているから」です。

この考え方で生き残っていけるわけがありません。

服装一つでもその会社のトップの気質が見えます。

企業の体質を見抜きつつ、転職活動を成功できるように服装選びを行いましょう。

新天地でのご活躍をお祈りしております!

30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】