シンアド転職エージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

シンアド転職

シンアド転職エージェントは広告・PR・デジタルの三つの業界を対象としたキャリア支援サイトです。

コミュニケーション業界とも呼ばれるこれらの分野で働きたいと考えている人にとって魅力が大きいと考えられるでしょう。

具体的にどのようなメリットやデメリットがあるのかを口コミや評判から考え、利用するかどうかを検討しましょう。

シンアド転職エージェントはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.25
求人をたくさん見たい
(3.0)
在籍中の転職
(4.0)
第二新卒
(4.0)
自分のペースで転職したい
(4.0)
初めての転職
(4.0)
IT・WEB・エンジニア
(3.0)
大手
(2.0)
地方
(2.0)

シンアド転職エージェントで転職するのに向いているのは広告・PR・デジタルのいずれかの分野で働きたいと考えていて、初めての転職だから不安があるという人です。

シンアド転職エージェントを利用すると豊富な求人を紹介してもらうことができるだけでなく、必要なノウハウも伝授してもらえます。

その他、クリエイティブ職への転職を考えている方には、こちらの記事でおすすめ転職サイトを詳しく紹介しています。

クリエイティブ職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

シンアド転職エージェントの口コミ一覧

年齢 25歳
性別 男性
前職 営業職
転職前の年収 330万円
転職後の年収 410万円
転職理由 違う分野で働きたいと思った

私が転職を決めたのは営業職に向いていないからではなく、業界が自分に合っていないと感じたからでした。食品業界よりももっと商品に興味を持てる業界で働きたいとシンアド転職エージェントで相談し、IT系の企業に転職することができました。自分でも魅力があると納得できる製品を売り込めるようになってとても仕事が楽しくなっています。
年齢 23歳
性別 男性
前職 IT系エンジニア
転職前の年収 300万円
転職後の年収 300万円
転職理由 仕事があまりにもきつい

エンジニアとして働き始めてあまりに仕事がきついと感じました。IT系のスキルを使って他の仕事はないかと考えてシンアド転職エージェントととことん話しをしました。結論としてウェブ系の企業に転職し、ウェブアナリシスの専門員として働いています。残業が一切ない職場でとてもプライベートが充実するようになりました。
年齢 29歳
性別 男性
前職 プログラマー
転職前の年収 480万円
転職後の年収 550万円
転職理由 将来性を心配して転職を考えた

そろそろ次のキャリアを考えなければならないと思い、シンアド転職エージェントを使って転職活動をしました。将来的に安泰なウェブ業界で開発をしたいと希望を伝えたら、とても良い待遇で雇ってくれるベンチャー企業を紹介してくれて満足しています。
年齢 25歳
性別 女性
前職 専業主婦
転職前の年収 0万円
転職後の年収 380万円
転職理由 デザインを学んだので就職したくなった

大学を卒業してすぐに専業主婦になり、一児の母となりました。その間にデザインを学んだので、デザイナーの卵として働きたいと思ってシンアド転職エージェントに相談しました。未経験でもOKという求人を紹介してもらえたお陰でたった一ヶ月で働き始めることができ、とても感謝しています。
年齢 31歳
性別 男性
前職 イラストレイター
転職前の年収 400万円
転職後の年収 450万円
転職理由 もっと実力を発揮できる職場を探したい

ゲーム系の企業でイラストレーターとして働いていたのですが、あまり自分が活躍できていないという印象がありました。3D動画が主流になった影響で、2Dをメインに描いている私には活躍の場が少なかったのです。シンアド転職エージェントにその悩みを相談したら、広告業界でのニーズを紹介してもらえました。いくつか応募してみたらどこからもオファーが来てしまって驚いたのを覚えています。今は転職を終えて、美しい広告を作るのが楽しみになっています。
年齢 26歳
性別 女性
前職 デザイナー
転職前の年収 330万円
転職後の年収 400万円
転職理由 東京に引っ越すことになった

私は夫が転職することになって東京で仕事を探したくなり、シンアド転職エージェントに登録して仕事先を探しました。デザイナーとしてもともと働いていたので、そのスキルを生かせる仕事を紹介して欲しいと伝えたところ、女性を大切にしているという点も重視して企業をリストアップしてくれました、とても仕事とプライベートを両立しやすい環境の職場を、自宅から通いやすい場所に見つけてくれて良かったと思っています。

一目で分かるシンアド転職エージェントの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

シンアド転職エージェントのメリット

  • コミュニケーション業界のネットワークが広い
  • 業界情報に詳しいコンサルタントに相談できる
  • 自分で求人を探して検討する必要はない
  • 都会での仕事を見つけやすい
  • マッチングの精度が良い

コミュニケーション業界のネットワークが広い

シンアド転職エージェントはコミュニケーション業界に特化したサイトです。

他のエージェントに比べてもコミュニケーション業界でのネットワークが十分に広く、求人も豊富にあるのがメリットでしょう。

つながりがしっかりとしているので条件交渉などにも長けています。

納得できる待遇で働けるようにするのは転職に欠かせないことなので、コンサルタントがとても力になってくれるでしょう。

業界情報に詳しいコンサルタントに相談できる

コンサルタントが業界情報に詳しいのもシンアド転職エージェントの魅力です。

コンサルタントはコミュニケーション業界で働いた経歴を持っていて、その業界でのキャリアパスやニーズをよく理解しています。

これからコミュニケーション業界に入りたいと考えている人や、業界内でどんなキャリアパスを描いていったら良いかと悩んでいる人も詳しいアドバイスをもらえるでしょう。

自分で求人を探して検討する必要はない

シンアド転職エージェントでは基本的にはコンサルタントに求人を紹介してもらうというシステムで転職先を探します。

自分で公開求人を比較検討する必要はなく、希望をコンサルタントに伝えるだけで候補をリストアップしてもらうことが可能です。

忙しくて時間があまり取れない、情報収集は苦手という人でも気軽に転職活動を進められるのがメリットです。

都会での仕事を見つけやすい

コミュニケーション業界の仕事は都心部に集中しています。

特に東京都に拠点を持っているシンアド転職エージェントでは東京都内の求人を豊富に抱えているのが特徴です。

都会で働きたいと思っている人には魅力的な転職先が見つかるでしょう。

マッチングの精度が良い

シンアド転職エージェントはマッチングの精度の高さも魅力的でしょう。

コンサルタントが企業に直接出向いてやり取りをしていて、そのコンサルタントが抱えている求人を紹介してもらえます。

企業についてよく理解しているのでミスマッチがほとんど起こりません、それに加えて詳しい企業情報を説明してもらえるため、書類や面接の対策も十分に手伝ってもらえます。

シンアド転職エージェントのデメリット

  • コンサルタントの提案力があまり高くはない
  • 持っている求人が偏っている
  • 担当になったコンサルタントによって紹介される求人が偏る
  • 若手に強いが中高年は苦手
  • 地方での求人は紹介してもらいにくい

コンサルタントの提案力があまり高くはない

コンサルタントは業界に詳しいのは確かですが、どんな仕事が適しているかを察して提案する能力にはあまり長けていません。

業務内容や業界事情には詳しくても、あなたにはこの仕事が適していると思いますと言えるかどうかは別の問題です。

希望に添った仕事を紹介することはできても、それ以上に魅力的な転職先を考えてくれる可能性は低いと考えておきましょう。

持っている求人が偏っている

シンアド転職エージェントではコミュニケーション業界の企業に強いというメリットがある反面、求人に偏りがあるのはデメリットになり得るでしょう。

広告やデザインの仕事はほぼあらゆる業界でニーズがありますが、広告やデザインなどを中心軸に置いている企業としか強いつながりは持っていません。

求人に偏りがある影響で、希望していたような職場が見つからないリスクもあるのです。

担当になったコンサルタントによって紹介される求人が偏る

求人の偏りに関する問題は企業全体としてだけでなく、個々のコンサルタントレベルでも発生します。

基本的にはコンサルタントが自分で出入りしていて、詳しい状況を知っている企業からの求人を紹介するシステムになっているからです。

必然的に自分のキャリアから考えて強みを持っている業界の求人が多くなってしまうでしょう。

若手に強いが中高年は苦手

シンアド転職エージェントは実は対応できる年齢層にも偏りがあります。

転職実績を参照してみるとわかるのが、ほとんどの利用者は20代か30台前半の人なのです。

第二新卒でも転職に成功しているケースは多々あるものの、年齢を重ねてしまうとなかなか良い転職先を見つけられずに悩んでいます。

中高年の人には使いにくいエージェントだと考えておきましょう。

地方での求人は紹介してもらいにくい

都会での求人は多い一方、地方での求人を紹介してもらうのは難しいのもデメリットです。

これはシンアド転職エージェントに問題があるわけではなく、そもそもコミュニケーション業界の企業が地方には少ないのが理由です。

Uターン転職などを考えているときには他のエージェントも併用するのが賢明と言えます。”

シンアド転職エージェントで転職するまでの流れ

  1. 転職支援サービスへの申し込み
  2. コンサルタントとの面談
  3. 求人の案内と推薦
  4. 書類選考と面接
  5. 内定から転職完了へ

転職支援サービスへの申し込み

シンアド転職エージェントで転職活動を始めるときには、まずは登録手続きをする必要があります。

オンラインフォームに簡単なプロフィールを入力するだけで登録は完了です。

その情報に基づいて担当のコンサルタントが決まり、電話やメールで連絡を受けることになります。

コンサルタントとの面談

登録を終えてコンサルタントから連絡が来たら次に行うのが面談です。

基本的には東京にあるシンアド転職エージェントのオフィスで面談を受けることになります。

面談では転職に際して何を希望しているのかを伝え、コミュニケーション業界の中でもどんな仕事なら働くのに満足できるのかを相談します。

求人の案内と推薦

面談を終えるとコンサルタントから求人の案内を受けられます。

登録のときのプロフィールからいくつかの候補を準備してくれているのが通例で、面談のときにも紹介を受けられるでしょう。

面談はそれを叩き台にしてどの点が不満で、どの部分は魅力的かを伝える機会にもなります。

そして、メールや電話によって適宜紹介を受け、この企業に応募したいという求人を見つけられたら応募します。

履歴書や職務経歴書などの必要書類を整え、推薦という形で応募することが可能です。

書類選考と面接

応募後は一般的な求人への応募と同様に書類選考が行われ、合格すれば面接という流れで選考が進められていきます。

推薦という形を取っているので書類選考は通りやすく、面接についてもコンサルタントに対策を教えてもらえるので通りやすいでしょう。

内定から転職完了へ

応募先によって面接の回数は違いますが、1回から3回の面接を経て合否が決定されます。

内定通知をもらえたら条件交渉を行い、入社日を決めるというのが一般的です。

そして、退職と入社の手続きをすれば新しい職場で働き始められます。

シンアド転職エージェントの運営会社はどんな会社?

シンアド転職エージェントの運営会社はHALLHEARTです。

東京都渋谷区に本社を置き、28名の社員によって人材紹介事業を中心にして業務を行なっている企業です。

2008年に設立して以来、広告・ネット業界を中心とした人材紹介サービスを展開し、さらに新卒採用、外国人エンジニア採用のコンサルティング、アウトソーシング、人材紹介を担うようになっています。

ビジネスマッチングやイベント事業、副業紹介サービスも行うようになり、コミュニケーション業界での人材や企業の活動を促進するための事業を展開しているのが特徴です。

交流プラットフォームとしてBUDDYZを運営して業界人の交流や学習の機会を増やす試みも展開しています。