ポテパンフリーランスの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

ポプテパンフリーランス

フリーランスエンジニアの案件・求人情報サイトのポテパンフリーランス。

ポテパンフリーランスには高単価な案件が多く、魅力的な企業案件が豊富で、技術の分かるエージェントが案件探しをフォローしてくれます。

この記事では、ポテパンフリーランス利用者の口コミ・評判、そしてメリット・デメリットなどを徹底解析していきます。

ポテパンフリーランスはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.50
求人をたくさん見たい
(3.0)
在籍中の転職
(3.0)
第二新卒
(2.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(4.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
大手
(4.0)
地方
(2.0)

ポテパンフリーランスは、フリーエンジニアのための案件・求人情報サイトです。

企業に在職中の方ではなく、フリーランスの方向けのサービスです。

そのためキャリアのない第二新卒の方には不向きです。

一方、フリーランスとして自分のペースで仕事を探したい方には向いています。

初めての転職の場合は、フリーランスになる意志があれば、気軽に相談に乗ってもらえます。

職種としてはエンジニアの仕事がメインで豊富にありますが、IT業界以外の仕事は見つかりません。

エンジニア関連であれば、大手企業や魅力的な企業の案件が多数あります。

しかし、東京圏と大阪圏以外の地方での仕事は、ほとんど見つからないと考えていいでしょう。

またフリーランスを含めて、常勤の求人も比較したいという方には、こちらの記事で紹介しているサイトもおすすめです。

ポテパンフリーランスの口コミ一覧

年齢 26歳
性別 男性
前職 エンジニア
転職前の年収 380万円
転職後の年収 360万円
転職理由 フリーランス志望

某企業でITエンジニアとして働いていましたが、フリーランスとして働くスタイルに魅力を感じたため退社し、ポテパンフリーランスに登録しました。フリーランスになって最初の頃は仕事がないのではと心配していましたが、ポテパンフリーランスに登録することで、豊富な案件に出会えました。実務未経験分野での仕事も募集しているので、幅広く働けるフィールドがあります。
年齢 30歳
性別 女性
前職 エンジニア
転職前の年収 430万円
転職後の年収 450万円
転職理由 独立するため

これからの働き方を考えていく過程で、フリーランスとしての働き方に興味を持ち、キャリアシフトすることにしました。知人から紹介されたポテパンフリーランスに登録したところ、フリーランスとして働く上での強力なサポーターを得ることができました。ポテパンフリーランスには、エンジニアの独立をサポートしてくれるキャリアコンサルタント、税金関係でのフォローをしてくれる税理士などが在籍しています。また、保険や年金面でもファイナンシャルプランナーに相談できるので、独立をする方にとっては手厚い環境が整っています。
年齢 32歳
性別 男性
前職 エンジニア
転職前の年収 450万円
転職後の年収 600万円
転職理由 年収アップ

勤務していたゲーム製作会社の業績不振で、年収が上がらなくなったため、フリーランスとしての働き方を選択しました。会社員を選ばなかった理由は、頑張った分だけ報われるという、フリーランスの報酬体系に魅力を感じたからです。ポテパンフリーランスには、業界で最高レベルの報酬を貰える案件が多く、WEB上では公開していない魅力的な案件も多いです。また、案件参画後も定期的なフォローアップがあり、次々と仕事が決まります。ポテパンフリーランスに登録した結果、会社員時代よりもフリーランスとして独立した後の方が、年収が大幅に上がりました。フリーランスに興味のある方は、ポテパンフリーランスに登録したほうがいいです。
年齢 29歳
性別 女性
前職 デザイナー
転職前の年収 380万円
転職後の年収 350万円
転職理由 家庭の事情

家庭の事情で実家に帰る必要があったため、自分の持っているスキルとキャリアを生かし、フリーランスとして働こうと考えポテパンフリーランスに登録しました。しかし、ポテパンフリーランスの仕事はほとんどが東京になっているので、地方での仕事を探すのは大変でした。幸い、私の実家は大阪の近くだったので、紹介された大阪での仕事に参画しています。東京と大阪以外では、ほぼ案件がありません。
年齢 25歳
性別 男性
前職 エンジニア
転職前の年収 350万円
転職後の年収 300万円
転職理由 職場環境

パワハラの多い職場環境で精神的に疲弊してしまったので、企業の会社員としてではなく、フリーランスとして働きたいと考えてポテパンフリーランスに登録しました。ポテパンフリーランスには案件が豊富にあったため、フリーランスでも安定した暮らしができることが分かりました。注意する点としては、ポテパンフリーランスには実務経験が問われない案件もありますが、その分報酬は少なくなっています。しかし、ポテパンフリーランスではさまざまな仕事を経験できるので、幅広くキャリアを積むことができます。

一目で分かるポテパンフリーランスの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

ポテパンフリーランスのメリット

  • 業界で最高レベルの高収入が期待できる
  • フリーランスでも安定した生活ができる
  • エンジニアの独立をサポートするプロがいる

業界で最高レベルの高収入が期待できる

IT業界には、業界特有の多重下請け構造があります。

そのため、中抜きが多くなり、報酬の悪化が問題となっています。

しかし、ポテパンフリーランスは自らフリーエンジニアを集客して、自ら獲得した企業案件をポテパンフリーランスの登録者に紹介しているので、中抜きを最小限に抑えることができています。

そのため、業界で最高レベルの高収入を実現しています。

また、WEB上では公開していない、質の良い優良非公開求人も多数取り揃えています。

競合他社に開発案件を知られたくないために、非公開を希望する案件が多数存在します。

これらの仕組みによって、会社員時代よりもフリーランスになったほうが年収が上がるというケースが、多く発生しています。

フリーランスでも安定した生活ができる

フリーランスになる上で心配になることの一つに、継続した仕事を獲得できるのかといったことがあります。

継続して仕事が取れなければ、生活は安定しません。

しかし、ポテパンフリーランスを利用していれば、フリーランスでも安定した生活ができます。

ポテパンフリーランスはフリーエンジニアのための案件を豊富に抱えているので、継続的に仕事の紹介が受けられます。

一つの案件に参画した後も、コンサルタントによる定期的なフォローを受けることができて、次を見据えた案件探しを同時並行で行います。

このように動くことで、ブランク期間が発生せずに次々と仕事ができ、フリーランスでも十分に安定した暮らしが実現できるのです。

エンジニアの独立をサポートするプロがいる

フリーランスとして独立する上で、不安になることはたくさんあります。

独立当初は仕事に集中して基盤を作りたいものですが、税金や保険、そしてこの先のキャリアに関してなど、不安は尽きません。

しかし、ポテパンフリーランスに登録すれば安心です。

ポテパンフリーランスには、キャリアコンサルタント、税理士、ファイナンシャルプランナーが在籍しています。

キャリアコンサルタントにはキャリア相談を、税理士には税金関連の相談を、ファイナンシャルプランナーには保険関係の相談をすることができます。

このようなプロフェッショナルがバックアップしてくれるので、安心して独立することができます。

ポテパンフリーランスのデメリット

  • 東京の仕事が中心で東京・大阪以外では仕事が見つからない
  • 実務経験のない仕事は、報酬単価が低い
  • フリーランスとして、積極的に行動する必要がある

東京の仕事が中心で、東京・大阪以外では仕事が見つからない

ほとんどのIT企業が東京や大阪などの大都市に本社を構えてビジネスを展開しているように、ポテパンフリーランスで紹介している案件も、東京・大阪がメインになっています。

そのため、地方での仕事を探している方にとっては、利用するメリットに乏しいかもしれません。

東京近郊や大阪近郊であれば参画できる仕事はありますが、離れたエリアになると難しくなります。

しかし、今後は少し範囲を拡大し、愛知を中心とした東海エリアの案件も増やしていく予定のようです。

実務経験のない仕事は、報酬単価が低い

どの仕事でも言えることですが、キャリアのある仕事は報酬単価が高くなり、キャリアのない仕事に関しては報酬が低くなります。

ポテパンフリーランスでは実務経験のない仕事にも参画できますが、その分、報酬単価が低くなるのはやむを得ません。

逆に考えると、キャリアのない仕事でも参画できるというのは、メリットと言えるかもしれません。

未経験の仕事も一度参画することで、経験者になります。

ポテパンフリーランスではさまざまな仕事に参画できるので、幅広くキャリアを積むことができます。

フリーランスとして、積極的に行動する必要がある

フリーランスは個人事業主であるので、自発的に行動することが必要になります。

サラリーマン時代と同様の感覚ではいけません。ポテパンフリーランスは、フリーランスの方にとって素晴らしい環境が整っています。

豊富な案件が揃っていて、次から次へと仕事の紹介が受けられます。

また、キャリアコンサルタントに税理士、そしてファイナンシャルプランナーまで在籍しているので、あらゆるサポートを受けることができます。

このような環境が整っているのは、フリーランスとして恵まれていると言えます。

しかしながら、これらのサービスが必要であれば自発的に行動し、活用していく姿勢が大切になります。

受け身の姿勢で待っていれば、サポートしてくれる訳ではありません。

マンツーマンでの、きめ細かいサポートが受けられるわけでもありません。

自ら積極的に行動して、使いこなす態度が求められます。

また、新しい知識やスキルを身につけていく姿勢も求められています。

ポテパンフリーランスで転職するまでの流れ

  1. サポート登録
  2. キャリアカウンセリング
  3. 案件紹介
  4. 案件先との面談
  5. 参画

サポート登録

ポテパンフリーランスを利用する場合は、オンライン経由でのサポート登録からスタートします。

サポート登録は無料で、わずか数分で手続きが終わります。

氏名・電話番号・メールアドレス、そして希望する契約形態を選択し、同意して登録するボタンをクリックすれば完了です。

登録が完了すると、ポテパンフリーランスの担当者から連絡が入ります。

キャリアカウンセリング

担当者と決めた日程に、キャリアカウンセリングが行われます。

キャリアカウンセリングは担当者とのマンツーマンで、スキルやキャリア、キャリアプランのヒアリングをします。

登録者にピッタリの案件を見つけるための、丁寧なキャリアカウンセリングを行います。

このタイミングで、他社で参画中の案件に関する相談や、税理士への税金に関する節税相談などもできます。

同様に、ファイナンシャルプランナーと保険の相談をすることもできます。

他にも、案件紹介を希望せずに、独立相談だけをすることもできます。

独立に関して悩んでいる方は、キャリアカウンセリングを無料で受けることをオススメします。

ポテパンフリーランスでは、独立したばかりのエンジニアを積極的に受け入れて支援を行っているので、何でも気軽に相談することができます。

案件紹介

案件獲得まで早ければ1日〜3日間、平均的には2週間ぐらいで案件紹介されます。

業界の中では驚異的とも言えるスピード感なので、早く仕事に参画したい方にも最適です。

仕事を紹介できる期間を明示しているのはあまり他社にはないことなので、ポテパンフリーランスならではの良さです。

案件先との面談

参画した案件が決まり、書類審査に通過すれば、案件先との面談を行います。

面談ではコミュニケーション能力やビジネスマナー、そしてスキルとキャリアの確認、仕事の意思確認が行われます。

参画

面談に通過すれば、コンサルタントを通じて業務委託契約を締結し、契約内容に基づいてプロジェクトに参画します。

ポテパンフリーランスの運営会社はどんな会社?

ポテパンフリーランスの運営会社は、株式会社ポテパンです。

2014年9月に設立された若い会社ですが、登録企業数は1,000社を超え、仕事紹介実績は4,000名を超えています。

東京本社は、東京都渋谷区渋谷、日総第25ビル7階になります。

事業内容は、フリーエンジニア案件サポートをメインに、エンジニア転職サポートやエンジニア就活サポートと、エンジニアサポートが事業の核になっています。

さらに、プログラミングスクール、メディア運営も行っているので、5本柱の多角的な事業構造になっています。

ポテパンフリーランスはまだ新しいベンチャー企業ですが、委託先のIT企業とフリーランスの双方に誠実に向き合うことで、すでに多くの信頼と実績を勝ち取っています。