レバテックフリーランスは副業にもおすすめ!会社を辞めなくても大丈夫?

レバテックフリーランスは副業にもおすすめ!

「会社員でもフリーランスの副業はできるの?」、「会社を辞めなくても、フリーランスの副業はやってもいいの?」と悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

会社員でも就業規則や雇用契約書で副業を禁止していたり、控えるように規定していなければフリーランスとして副業をすることは可能です。

この記事では、会社員がフリーランスの副業をする時の注意点、レバテックフリーランスでの副業がおすすめの人の特徴などをご紹介します。

レバテックフリーランスは副業にも活用できる

レバテックフリーランスは会社員の副業でも利用できるのでしょうか?

実はレバテックフリーランスでは会社員でも応募できるフリーランス案件があります。

週3日からの案件も多い

会社員として働きながらフリーランスの副業をする場合、副業にあまり時間を割くのは難しいですよね。

レバテックフリーランスでは週3日からの案件も豊富にあるので、会社員の副業として可能な案件も見つけらえるはずです。

また、長期で副業を行いたい場合は「長期案件」を紹介してもらえれば、長期間続けられる副業を見つけることもできます。

レバテックフリーランスに会員登録後にテクニカルカウンセラーと面談があるので、その面談の際に「副業として働きたい」と伝えれば、希望に合った案件を紹介してもらえるでしょう。

気になる案件のみ応募すればOK

レバテックフリーランスでは会員登録する前でもサイト上で案件を検索することができます。

自分の希望条件に合った気になる案件だけに応募ができるのが魅力です。

また会員登録するとサイトには公開されていない好条件の非公開求人も多く保有しているので、より条件のいい副業案件を見つけたい場合には、会員登録してテクニカルカウンセラーとカウンセリングを行いましょう。

レバテックフリーランスで副業するときの注意点

会社員でもフリーランスとして副業を行うことはできますが、注意点もあります。

こちらでは、レバテックフリーランスで副業するときの注意点をご紹介します。

勤務先の就業規則を確認しておく

法律上、会社員が副業をすることは禁止されていませんが、会社の就業規則に副業禁止が記載されていることも多くあります。

ただ、「働き方改革実行計画」が決定されたことで、副業OKとする企業も増えてきました。

フリーランスの副業を始める前には、働いている会社で副業ができるかどうかを確認しましょう。

副業を禁止している理由の多くは、業務に支障が出たり、会社の重要な情報が漏洩してしまうことを防止するためのようです。

本業に支障が出ない範囲で案件を探す

働いている会社で副業が可能であっても、副業の仕事を多く抱えてしまうのは避けましょう。

特に副業をやり始めたころは、本業とは別で副業をどのくらいこなせるかが分からない物です。

副業の作業時間が多くなると、本業との両立がつらくなったり、体調不良になってしまうこともあります。

最初は、本業に支障が出ない範囲の案件を探すようにしましょう。

また、短期的に副業をするか、長期的に副業をするかで選ぶ副業も変わっていきます。

一時的に収入を増やすために副業をする場合は、短期間で集中して収入を増やせるような案件を探しましょう。

反対に、長く副業を続けたい場合は、本業と両立でき、無理なくできるような副業を探すのが副業を続けるコツです。

確定申告を行う

フリーランスとして副業を行う場合、報酬額が一定額以上になると自分で確定申告を行う必要があります。

フリーランスとして受け取った報酬は「雑所得」として申告します。

ただ、アルバイトやパートなど時間給で副業する場合は「給与所得」の扱いになるので確定申告の必要はありません。

レバテックフリーランスでの副業がおすすめの人

収入を増やしたい、独立の準備をしたいなど会社員がフリーランスの副業を始める理由はそれぞれだと思います。

では、レバテックフリーランスでの副業がおすすめなのはどんな人なのでしょうか?

こちらでは、レバテックフリーランスでの副業がおすすめの日との特徴をご紹介します。

今の会社では経験できない業務に携わりたい

会社員として働くと、必ずしも「やりたい業務」に携われるわけではないものです。

会社員としてできない業務も、フリーランスの副業でなら携わることもできます。

興味のある業務、スキルアップするための業務など今の会社では経験できない業務は、フリーランスの副業で行いましょう。

将来的に起業・独立するための準備をしておきたい

何の準備もなく、急に起業した、フリーランスになるのはリスクが高くなってしまいます。

そのため、起業したり、フリーランスとして独立する前に会社員として働きながら、フリーランスの副業をして起業や独立の準備をしましょう。

副業として行い、軌道に乗ってきたら独立するほうがリスクも少なく、スムーズに独立ができます。

手っ取り早く収入を増やしたい

フリーランスの副業をすれば収入を増やすことができます。現在の会社の収入では足りない人、短期的に収入を増やしたい人にはぴったりの働き方です。

ただ副業の仕事を抱え込みすぎて本業との両立が難しくなったり、体調を崩してしまっては収入を増やすことが難しくなるので、副業をやり始めるときには様子を見ながら少しずつ副業の仕事量を増やしていきましょう。

副業で効率よく収入を増やすためには、得意なスキルを活かせる案件を選ぶことが重要です。

慣れない業務内容や苦手な分野の案件を副業にするとストレスがたまり、効率よく副業を進めることができないので注意しましょう。

空いた時間を有効に使いたい人

本業に余裕があり、休憩時間や帰宅後、休日の空いた時間を有効に使いたい場合は、フリーランスの副業がおすすめです。

在宅でできる副業であれば退社後、休日にも副業が可能です。

インターネット上でやり取りができる副業であれば、時間も場所も気にせずに副業を行えますよ。

会社員がフリーランスの副業を続けるコツ

会社員として本業を行いながら副業を続けるのは大変です。こちらでは、会社員がフリーランスの副業を続けるコツをご紹介します。

副業する目標を決める

「なんとなく」という気持ちで副業を始めても、副業を続けるのは難しいかもしれません。

「いつまでに、いくらお金が欲しいから、数カ月頑張る」、「スキルアップしたいから頑張る」など具体的な目標があるとモチベーションを保ちながら副業を続けることができます。

楽しんで行える副業を見つける

苦手な分野での副業はつらいことが多いだけになるので、続きにくくなってしまいます。

長く副業を続けるなら楽しいと思える案件内容であったり、職場であることも重要です。

また、効率的に副業で収入を増やすのであれば、得意な分野の副業をする方が楽しく、無理なく収入を増やせますね。

無理して副業しない

会社員として働きながらフリーランスの副業をするということは、これまで自由時間だった時間を仕事の時間にするということです。

ゆっくりする時間を削りすぎると心身ともに疲れ切って日常生活もできないということになる可能性もあります。

「どのくらいなら副業ができそうか」を考えながら、無理がない範囲で副業を行いましょう。

会社員でもフリーランスの副業ができる

会社の就業規則などで禁止されていなければ、会社員でもフリーランスの副業を行うことはできます。

副業で収入を増やしたい人、副業でスキルアップしたい人、副業で独立や企業の準備をしたい人は会社員として働きながらフリーランスの副業をしてみましょう!