エンエージェントを退会する方法と退会する際の注意点

エンエージェントを退会する方法

エンエージェントは、大手転職サイト運営会社のエン・ジャパンが運営する転職エージェントです。

エン・ジャパンが持つ企業とのパイプや転職市場での経験・ノウハウを活かして作られたサービスで、常時全国に1万5000件の求人を保有。

転職に精通したキャリアパートナーが、あなた自身の強みを見極め、最適な求人を紹介してくれます。

自己分析やキャリア面談なども行ってもらえるので、転職初心者にもオススメなサービスです。

転職に当たっての手続きも全て代行してくれます。

例えば履歴書や職務経歴書の提出、面接や見学などの日程調整、入社前の条件交渉、入社日の調整などなど。

仕事をしながらだと、どうしても時間がなく、面倒になりがちなこうした手続きを代行してくれることで、スムーズに転職活動を進めることができます。

そんなエンエージェントですが、転職が成功した際、また何らかの理由で転職活動をストップする際には、サービスを退会することになります。

今回はその退会時の方法や、退会する際の注意点などについてご紹介していきます。

退会の際は、直接キャリアパートナーへ連絡を

サービスに登録しているということは、すでに担当のキャリアパートナーが付いているはずです。

もし退会を検討しているのであれば、まずは担当キャリアパートナーに直接連絡をしましょう。

連絡は電話でもメールでも、都合のよいほうで構いません。

「退会したい」と伝えれば、必要な手続きを行ってくれます。

エンエージェントで転職先が決まったとき以外は、基本的に退会理由を聞かれることになると思います。

他社サービスから転職先を見つけた場合などは言い出しにくいかもしれませんが、端的かつ正直に伝えて問題ありません。

退会時のメール文例

退会の連絡をする際のメールは、何を書いていいか悩むと思います。

文例を用意しましたので、以下の文章をご自身の状況を踏まえてアレンジしてください。

〇〇さん(担当キャリアパートナーの名前)

お世話になっています。△△(あなたの名前)です。
実はこの度、エンエージェントのサービスを退会させていただきたく連絡しました。

〇〇さんには、たくさんの求人を紹介していただき、
かつ私のキャリアについても親身に考えていただき、
本当にお世話になりました。

ですがこの度、他社のサービスから転職先に出会うことができました。
エンエージェントのサービス経由でなく、申し訳ありません。

今後また転職を検討する際には、ぜひエンエージェントを活用させていただきます。
改めまして、本当にありがとうございました。

上記のように、簡単に理由を伝えればOKです。

その他に、お世話になった旨や、今後転職する際に改めてサービスを利用したい旨などを記載しておくと印象が良くなると思います。

問い合わせフォームからの連絡でもOK

エンエージェントの公式ページには、問い合わせフォームが用意されています。

もし担当のキャリアパートナーがまだ付いていない場合や、キャリアパートナーの連絡先・名前を忘れてしまった場合などは、このフォームから退会したい旨を連絡しても構いません。

『氏名・住所・メールアドレス・問い合わせ内容』を入力すればOKです。

また、あまりあってはいけないことかもしれませんが、担当のキャリアパートナーに連絡したくないという場合もあると思います。

例えばキャリアパートナーと上手く関係性が築けずに、コミュニケーションを取るのもおっくうということも。

そんなときは、電話やメールで連絡するのも気が引けると思いますので、ぜひ問い合わせフォームを活用してください。

退会に際して注意すべきポイントは?

退会の連絡さえすれば問題ない、というわけではありません。

あなた自身の将来のために、ぜひ気を付けていただきたいポイントを2つご紹介したいと思います。

退会時は、丁寧な対応を心掛ける

退会する際も丁寧な対応は大切です。

例えば音信不通になったり、メールを送りっぱなしにしたりは絶対にNG。

すでに応募書類を提出している会社や面接日程を調整している会社もあるかもしれません。

そうした企業へきちんと対応してもらうためにも、退会連絡も丁寧に行いましょう。

また丁寧に退会連絡をすることであなたにとってのメリットもあります。

キャリアアップのための転職が一般的な昨今、次に転職する際にもエンエージェントを利用する可能性はあると思います。

もし雑な対応をしてしまえば、次利用する際に「以前きちんと対応ができなかったユーザーだ」という印象を持たれかねません。

キャリアパートナーも、企業に推薦するからには人間的にも優れた人を推薦したいもの。

雑な対応は、百害あって一利なしです。

社会人として当然のことですが、丁寧に対応するように心がけましょう。

それに、世の中は意外と狭いので、すでに応募中の企業などと転職先が何らかの事情でつながっていて、あなた自身の対応についての悪い評判が伝わらないとも限りません。

万が一のことも考えておいて損はないはずです。

登録情報を残しておくべきかを考えておく

退会すると、登録した情報は全て削除されます。

もちろん削除してしまっても問題はないと思いますが、先々改めてサービスを利用する際にもう一度登録情報を入力しなければならないというデメリットもあります。

入社する会社で定年まで働き続けるのであれば問題はありませんが、将来的にもう一度転職をする際に改めて情報を登録するのは手間もかかります。

もしその手間を考えるのであれば、情報自体は残してもらい、求人紹介などの連絡を控えてもらうようにお願いしても構いません。

エンエージェントの運営会社であるエン・ジャパンは東証一部に上場しており、個人情報に関しては厳しく管理がされています。

プライバシーマークも取得しているので、情報流出などを心配することはないと思われます。

入社後フォローも、エンエージェントの強みのひとつ

もしエンエージェント経由で転職先を決めたのであれば、すぐに退会する必要はないかもしれません。

エンエージェントは入社して終わりではなく、『入社後の活躍』を掲げています。

例えば入社後も定期的に連絡が入り、新しい職場での悩みや仕事における不安点を聞いてくれます。

新しい職場での悩みなどは、なかなか職場の方に相談しにくいものです。

そんなときに、職場外に話を聞いてもらえる人がいるだけで心強いもの。

ぜひとも有効に活用してください。

ちなみに入社後フォローの連絡は、入社後2週間、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月、1年、1.5年、2年、2.5年、3年のタイミングで入ります。

ここまで手厚くフォローをしてくれるサービスは他に聞いたことがありませんし、それだけ転職の成功と入社後の活躍までを本気で考えていることの現れといえるのではないでしょうか。

またエンエージェントのキャリアパートナーは、その職場の事情や仕事内容にも精通しているので、より精度の高いアドバイスがもらえるでしょう。

その会社での仕事だけでなく、将来のキャリアについて悩むことがあったときも頼れると思います。

エンエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件