大学中退後に専門学校に入学しても就職できる?リアルと注意点を解説

大学中退後に専門学校に入学しても就職できる?リアルと注意点を解説

大学中退後に専門学校に行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

専門学校では、その分野に特化した知識を身に付けることができるため、通う目的や進路が定まっている人にとってはモチベーションアップもアップします。

卒業後も、専門学校で学んだ知識や取得した資格は、仕事をするうえで活かされることと思います。

一方で、専門学校に通ったからといって必ず就職できるとは限りません。

進路が明確でなく、リスクをきちんと理解していない状態で入学してしまうと、専門学校も中退することになりかねません。

この記事では、大学中退後に専門学校へ行きたいと考えている人に向けて、そのリアルと注意点を解説していきます。

メリットとデメリットを理解したうえでの進路選択は、後々の自分のためにつながっていきます。

専門学校に大学中退後に入学しても問題はない

結論から述べると、専門学校に大学中退後に入学しても問題はありません。

専門学校はその分野に特化した知識が学べるだけでなく、自分の興味に合ったことを学べるため、学習意欲を高めることができます。

専門学校は様々な経歴の人がいる

専門学校には、高校を卒業したばかりの10代から、すでに働いている人、これから転職を考えている社会人まで幅広い年齢層の人たちが集まっています。

専門学校は年齢制限を設けていない学校がほとんどのため、高等学校卒業以上の学力・もしくは同等の学力があれば入学試験を受験することが可能です。

非常に間口の広い学校とも言えます。

なりたい仕事や興味・関心が定まっている人も多いため、共通の目標を持つ者同士良い刺激になる場でもあります。

それぞれの経歴もばらばらなので、そこから得ることが多いのも専門学校のメリットです。

自分の興味に合ったことを学べるので意欲がわく

専門学校では、その名の通り専門的な分野に特化した授業を受けることができます。

自分の興味・関心が定まっており、将来を明確にイメージできている人にとっては非常に整った環境の中で勉強することができます。

資格が必要な仕事を目指しているのであれば、専門学校はかなり有効な場所とも言えます。

専門的な知識を学んでいると行き詰ってしまうことも多いですが、そこに入学している人たちも同じ興味を持っており向かっている方向が一緒なので、お互いの存在が支えにもなります。

何よりも、自分が極めたい分野を専門的に学べる時間は、今後の自分の進路をより明確にするという点においても有意義な時間を過ごすことができます。

大学中退したら人生終わりじゃない!中退後に就職を成功させる方法を解説

大学中退後に専門学校に入学しても就職できる?

いざ専門学校に入学したとしても、その先の就職につながらなければ不安は大きくなるばかりです。

大学を中退しているということがデメリットになるのではないかと心配している人も多いのではないでしょうか。

専門学校に入学したからには、それを自分の将来につなげたいですよね。

ここでは大学中退者の就職面について、詳しく解説していきます。

専門学校で学んだことを活かせるなら就職可能

まず大学中退者が専門学校に入学する前に明確にしておきたいことは、“何のために専門学校に通うのか”という点です。

通う目的がはっきりしていない状態で入学してしまうと、途中で挫折してしまうことにもなりかねません。

周りの人たちとの温度差の違いから、専門学校も中退してしまう場合もあります。

就職が目的で専門学校に通うのであれば、就職に向けてモチベーションアップにもなり、基礎知識を身に付けた状態で仕事を始めることができます。

専門的な分野であれば資格が必要な仕事も多いため、その資格を取得することが就職への一歩になります。

現実的な話をすると、どんな仕事も資格を持っているからといって必ず就職できるとは限りません。

しかし、資格を持っていたり、実務経験がなくても専門学校で基本的な知識を身に付けていたりすることが、採用担当者の目にとまり採用につながる可能性は期待できます。

難易度の高い資格であれば、より就職につながりやすくなることも考えられるでしょう。

将来の仕事に活かすという明確な目的があるのであれば、大学中退者でも専門学校に通い就職することは十分に可能です。

中退した時の年齢が高いと不利になることもある

大学中退者が就職する際に不利になってしまう理由のひとつに、“年齢”が挙げられます。

専門学校はその分野によっても異なりますが、高校を卒業したばかりの人たちが多く集まっています。

大学を中退している場合、専門学校に通い就職活動をする時点での年齢は周りよりも上になります。

若手が欲しい企業の場合は、その年齢が不利になってしまう場合もあります。

企業が若手を求める理由として、年齢の若いうちから経験を積むことで身体に覚えさせたい、これから社会人として様々なことを知ってゆく若手の方が企業にとっては仕事を教えやすい、などが考えられます。

人生経験がある分、周りの人からの意見を素直に受け取れない人もまれにいるため、若手を求める企業もあるということは知っておきましょう。

大卒よりは給料が下がる

学歴によって影響が出るのは就職活動だけではありません。

給料の面でも差が生まれてしまうことがあります。

勤める企業にもよりますが、大卒と高卒では初任給が異なるため平均年収にも差が生まれてしまいます。

同年代の大卒者と比べると、給料が低いと感じることがあるかもしれません。

専門的な仕事であるほど、経験と知識が必要です。

専門学校を卒業していても未経験から始めることには変わらないため、給料も低い金額からのスタートになります。

特に専門的な分野の仕事は、経験やスキルが身に付けば給料アップも期待できます。

自分の実力が上がれば、独立など活躍の幅も広がります。

目先の給料だけにこだわり過ぎないということも大切です。

大学を中退して専門学校に入学するときの注意点

大学を中退してから専門学校に入学するときには、勢いで決めるのではなく、自分の状況を踏まえたうえで冷静に一つ一つの選択をすることが大切です。

入学した後の自分が困らないためにはどのような点に注意する必要があるのか、しっかりと確認し、よく考えてから決断をしましょう。

専門学校での学費の工面方法を考えておく

大学を中退した後に専門学校に行くことは可能ですが、これまでよりも学費がかかるということをしっかりと理解しておく必要があります。

これまでの大学の学費+専門学校でかかる費用(入学金・授業料・教材費など)

これらを考えると、4年制大学を卒業するよりもお金が必要になります。

これは本人だけでなく家族にも負担がかかる問題なので、必要な話し合いをしっかりと行うことが大切です。

また、自分で学費を工面する場合も、教育ローンや奨学金制度について事前に確認しておく必要があります。

学校に通うということは、それだけお金がかかることでもあります。

学費が支払えずに専門学校も中退することになってしまわないように、入学を考える前に必要な学費を工面できるのかということを必ず計算しておきましょう。

入学前に経済的に無理があると考えられる場合には、専門学校以外の選択肢を考える必要もあります。

専門学校に通わなければ本当に希望している進路への道が断ってしまうのか、他に方法はないだろうか、別の策を考えることも大切です。

絶対に中退せずに続けられる学問を選ぶ

専門学校はその専門分野に特化した授業を受けられるため、明確な目的や強い意志がある人にとってはかなり有意義な時間を過ごせる場です。

一方で、専門学校に行きたい理由が曖昧な人や、授業をさぼって単位が足りずに大学を中退したという人にとっては、せっかく専門学校に入学してもまた同じことを繰り返してしまう可能性も考えられます。

将来進みたい分野が明確でそのために専門学校に通う必要がある人、専門学校でしか学べないことがありそこで学ばないと必要な資格が取得できないという人。

そういった人は通う目的がしっかりと定まっているので、卒業後の進路選択でも進む方向性を見失わずに就職活動を行うことができます。

ここで気を付けておきたいことは、専門学校で学ぶ目的が曖昧な状態で入学を考えている場合です。

専門学校はその名の通り、ある分野において専門的に学ぶことができる学校です。

入学してから進路について考えるというよりも、進路が定まっている人がその分野で働くときに必要な基礎知識を身に付ける場所なのです。

通う目的が定まっていない人が専門学校に入学すると、入ってみたらより興味がわいたという人もいれば、思っていたのと違う…と学習意欲が下がっていく人もいます。

大学中退者にとって、学習意欲の低下からの中退は避けたいところです。

加えて自己肯定感も下がってしまう場合もあります。

ある程度の自己肯定感は今後の就職活動でもかなり必要な要素となるため、自分が絶対に続けられる学問を選択することが大切です。

いい大学を中退しても最終学歴は専門学校

どんなに有名な大学に通っていたとしても、中退すれば最終学歴は高卒です。

その後専門学校を卒業すれば最終学歴は専門学校卒となります。

最終学歴は“学歴の中で最も高い教育機関の卒業歴”のことを指します。

自分の学歴の中でどんなに教育水準が高くても、卒業していない中退を最終学歴として認めることはできません。

学歴を大切にしている人にとっては、有名な大学に通っていた経歴があるのにどうして…と思う人もいるかもしれません。

専門学校に通えば、最近まで高校生だった人や社会人として既に仕事をしている人など、それぞれ異なる経歴の人たちと一緒に学ぶことになります。

同じ教室の中で様々な価値観や考え方が集まるため、刺激を受けるだけでなく自分の視野も広がります。

それは他ではなかなか過ごす機会のないとても貴重な時間です。

しかし人によっては自分のプライドと葛藤しなければならないこともあるかもしれません。

最近まで同じ大学に通っていた人たちは、順調に卒業すれば大卒です。

一方で、大学を中退して専門学校で必死に学んでも最終学歴は専門学校です。

学歴は人によってはそれが自分のモチベーションとなることもあるので大切にしていただきたい要素です。

しかし、学歴よりも大切なことは、自分が進んできた道のりの中で学んできたことや今何を考えているのか、これからどうしていきたいのかということです。

社会に出れば、今よりも自分とは違う生き方をしてきた人と出会います。

それを自分と比べるのではなく、お互いの違いから見えてくる新たな発見を楽しむことが、自分の人生を楽しむことにもつながるのではないでしょうか。

奨学金を借りてるなら再手続きが必要

大学を中退して専門学校へ行く場合には、奨学金の再手続きが必要になります。

「日本学生支援機構」では、1年制の専門学校を奨学金の対象としていないため、自分が希望している専門学校が奨学金の対象となるのかを事前に調べておくことも必要です。

専門学校によって就学期間も様々です。自分の状況を踏まえたうえで、必要な手続きは忘れずに行いましょう。

詳しくは「日本学生支援機構」のホームページを参考にしてください。

【日本学生支援機構】
参考URL:https://www.jasso.go.jp/index.html

入試の対策は怠らない

専門学校に入学するためには、当然のことながら試験を受ける必要があります。

間口が広いとはいえ、誰でも入学できるわけではないということを改めて頭に入れて入試対策をする必要があります。

自分が入りたい専門学校ではどのような入試が行われているのか、入試対策にはどのくらいの期間が必要なのかといったことを踏まえて、余裕のある計画を立てましょう。

中退した大学の単位を活かせないこともある

これから中退をする人は特に、中退時期についても考えておきましょう。

大学2年次まで修了しておくことで、今後受験できる大学の範囲も広くなります。

というのも、専門学校に入学した後、もう一度4年制大学の2年次・3年次に編入学できる可能性もあるからです。

今後の進路の選択肢を減らさない工夫も大切です。今できる工夫が、将来の自分を救うこともあります。

自分に合った専門学校を見つけて資格取得を目指そう

いかがでしたでしょうか?

大学中退後に専門学校に入学しても就職は可能です。

しかし、専門学校に通うメリットとデメリットをしっかりと理解したうえで、自分の進路を決めることが大切です。

絶対に希望通りの就職ができるという道はありません。大学を卒業していても、なかなか就職にたどり着けない人もいます。

大切なのは、自分に必要なものを理解し、自分の目的を明確にして進む方向を選択することです。

自分が納得して決めたことは、今後の自分にとって何かしらの役に立ちます。

一人で悩まず周りの人に相談しながら、今の自分ができる最善の選択を考えていきましょう!

大学中退したら就職はどうなる?就活の不安を解消

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件