大学中退した女性が就職するための対策とおすすめ職種を紹介!

大学中退した女性が就職するための対策とおすすめ職種を紹介!

大学を中退してしまった場合、多くの人が「人生終わった……」と思っているかもしれません。

求人票をみても、入りたい企業は「大卒以上」が条件だったりすると、就活する気力もなくしてしまいますよね。

そんな女性に向けて、この記事では大学中退でも活躍できる仕事を紹介しています。

また狙うべき会社や転職対策にも触れていますので、「仕事探しで悩んでいる人」「書類選考が通らない人」「中退が原因で採用されない人」は参考にして下さい。

大学中退した女性が就職では不利になるってホント?

そもそも、大学中退がどうして就活で不利になるのでしょうか?

実際に就活を始めている人は気づいているかもしれませんが、以下の2点がネックになります。

最終学歴が高卒を募集する求人が少ない

大学を中退してしまうと、最終学歴が「高卒」になってしまいます。

大手企業やネームパリューがある人気企業では、ほとんどが「大学卒業以上」の学歴が必要です。

高卒以上の求人が対象になってしまうと、年収も期待できず、会社規模も小さいものばかり。

せっかく大学受験をして受かったというのに、高卒の人と同じ扱いを受けることも悔しさの原因かもしれません。

中退したことに対するイメージの悪さ

面接では必ずと言っていいほど、中退した理由を聞かれます。

なぜなら、「せっかく受験して入学できた大学をなぜ辞めたんだ」という理由を、面接官は何よりも知りたいのです。

何事も途中で投げ出してしまうことは、日本ではNG行為とみなされ、書類選考でも面接でもマイナスに捉えられてしまいます。

どんなに性格がよくても、前向きでも、「中退」というワードのせいであなたのいい一面も打ち消されてしまうのです。

しかし世の中に大学を中退した女性は五万といて、きちんと就職できている人も大勢います。

中退したことがマイナスにならない、オススメの職業とはどんなものがあるのでしょうか?

大学中退したら就職はどうなる?就活の不安を解消

大学中退した女性におすすめの職種を紹介

大学中退者でも活躍できるお仕事を6つ、厳選して紹介していきます。

アパレルショップ店員

オシャレが好きな女性は大勢いると思いますが、アパレルの店員は高卒以上で募集している求人が多いです。

仕事内容は、接客・販売・ディスプレイ・レジ打ちなど。

月末や年末には棚卸しやストック整理などもあります。

経験を積むと店長に抜擢されることもあり、そこから本社のマーケティング担当などにキャリアアップできる可能性も。

大手のアパレル会社であれば福利厚生も悪くありませんし、基本的に営業時間も決まっているので残業もありません。

企業の事務職

事務職は基本的にデスクワークで、1日中社内にいることが多い仕事です。

会社によっては営業に同行して客先に行くこともありますが、ほとんどは資料作成や事務処理がメイン業務になります。

精神的にも体力的にもキツくないので、幅広い年代の女性に人気がある職種です。

そのため大企業などでは、事務職でも大卒レベルの学歴が求められています。

大学中退であれば、中小企業の事務を狙いましょう。

BtoBの企業はネームバリューが低いため求人が集まらず困っている会社も多いです。

しかし福利厚生がしっかりしていて、社内の雰囲気もいいホワイト企業はたくさんあります。

事務職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

企業の営業職

営業職はノルマがあるため、敬遠してしまう女性が多いようです。

しかし「中退だけど大企業に入りたい」「高い収入を目指したい」という人には営業職が向いています。

営業は「学歴不問」「経験不問」で募集されていることが多く、企業の選択肢が多いのもメリットです。

ただし応募する企業を間違えると、ノルマが厳しすぎたり、パワハラがあったりという大惨事を招いてしまう可能性もあります。

情報収集は念入りに行いましょう。

営業は会社の顔であり、会社の利益につながる仕事です。

若いうちに営業職を経験しておくと、「コミュニケーション能力が高い」「会社の数字について意識が高い」とみなされ、その後の転職活動でも優位に働くケースが多いです。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

IT・Webエンジニア

求人数が格段に多いというのもあり、IT系やWEB会社に就職するためプログラミングスクールなどに通う人も多いようです。

このようなスクールは、修業期間が1年、2年などの年単位ではなく、3ヶ月〜半年など早期でカリキュラムが終わるように設定されています。

そのため、中退してからのブランク期間を短く抑えられるので、就職しやすいというメリットがあります。

学校によっては就職支援を行っているところもあり、中には就職保証があるスクールもあるようです。

ただし、そのようなサービスを付けているところは学費が高額になるので要注意。

それよりも短期間で幅広い知識が習得できる、質の高い学校を探す方が賢明です。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

介護スタッフ

3Kと言われる介護職ですが、実はやりがいや楽しさも多い仕事です。

実際に介護スタッフとして働いている人の中には、「介護の仕事にずっと携わっていたい」「自分の天職を見つけた」という女性も少なくありません。

また介護業界はこれからますます発展していくため、何歳になっても活躍することができます。

女性は結婚・出産・育児など、女性ならではのライフイベントがあり、一度家庭に入ると社会復帰が難しいとも言われています。

しかし介護業界では、主婦から社会復帰した女性が大勢働いています。

夫の転勤などで地方に引っ越したとしても、今は介護施設が至るところにあり、就職先に困ることはありません。

介護職におすすめ転職サイト・エージェントランキング!【2020年】

飲食店のスタッフ

学生時代にレストランや居酒屋でアルバイトを経験した人もいるので、比較的入りやすい業界だと思います。

ただしアルバイト時代とは違って、店長や責任者、フロアマネージャーなどを目指して働いてみてはいかがでしょうか?

日本食ブームに伴って、海外に出店する会社もたくさんありますので、「英語力を活かしたい」「海外に住んでみたい」という女性にもピッタリです。

大学中退した女性が就職するための転職対策

次に、なるべく短い期間で採用を勝ち取るための、転職対策を紹介します。

おそらく皆さんが「どんな会社でも正社員になれればいい」と思ってはいないでしょう。

少しでも条件がいい会社に入社できるための「5つのポイント」を掴んでおきましょう。

若手を積極募集している企業を狙う

大学中退の場合は、「新卒」でも「第二新卒」でもなく、「既卒」になります。

そのため「中途採用枠」で応募することになりますが、就活においては社会経験を積んだ人たちがライバルです。

そうすると面接でどうしても不利になり、なかなか採用に結びつきません。

社会経験がない大学中退の女性の武器は「若さ」です。

若さがあればポテンシャル採用といって、潜在能力や将来性を重視した採用が行われます。

20代を積極的に採用している会社を狙って応募しましょう。

そのような会社は、履歴書よりも中身を見てくれる可能性が高いので、採用される確率も上がります。

時間を有効活用して資格を取得する

就活と並行させながら資格取得を目指しましょう。

入りたい業種ややりたい仕事によって、取りたい資格は異なりますが、面接で有利になりそうなものを選んで下さい。

「私はこんな資格を持っています」というのは、ぜひ履歴書の資格欄に書きたいので、理想は3ヶ月〜半年で取得できるものがいいです。

税理士や会計士などの難しい資格であれば、面接で資格の勉強をしていることがアピールポイントになります。

中退後の期間を開けないように早く行動する

就職成功のカギを握るのは、空白期間の長さです。

ニートの期間が長ければ長いほど、面接官にマイナスイメージを与えてしまいます。

2年以内であれば、中退した理由、空白期間の行動などをしっかり説明することで、正社員になれる道は閉ざされません。

しかし3年、5年となっていくと、正社員として就職することは難しくなってしまうでしょう。

女性が活躍している職種を狙う

女性が活躍できる仕事といえば、エステティシャンのような美容系、保育士や看護師、受付や秘書、ブライダルコーディネーターなどが挙げられます。

男性の応募者が少ないという時点で、大学中退でも有利に働きます。

どれも手に職といった仕事で、大学中退がキャリアに影響するということもありません。

無料の就職支援サービスを利用する

現在、1人で就活に臨んでいるのであれば、就職支援サービスを利用して転職活動を続けることをオススメします。

就職支援サービスとは、無料でプロによるアドバイスや支援が受けられる転職サービスで、ハローワークや求人サイトにはない非公開の求人を紹介してもらえます。

さらに履歴書の添削や面接対策、会社によっては職業診断なども可能です。

ただし無料とはいえ、どんな就職支援サービスでもいいというワケではありません。

次の章では、大学中退者にオススメの就職支援サービス3社を紹介します。

大学中退した女性におすすめの就職支援サービス

DYM就職

DYM就職

大学中退者や第二新卒、フリータの就職支援を行っている人材サービス会社です。

書類選考なしで面接が受けられるというのが特徴で、大学中退者にとっては嬉しいポイントではないでしょうか?

また優良企業を常時2,000社以上用意しており、企業の情報に精通したアドバイザーがいるため、ミスマッチのない就職が実現できます。

「就職率96%」というのは、企業側が応募者の学歴ではなく、人間性を見てくれているということの結果です。

DYM就職詳細ページ

就職Shop

就職shop

就職Shopは20代を対象に、仕事探しのお手伝いをしてくれる人材会社です。

最初の面談で、10社くらいの企業を惜しみなく紹介してくれます。

また希望職種だけではなく、自分の性格に合いそうな求人を考えてくれるのもメリットです。

他社と違うところは、「紹介する企業が100%訪問取材した企業のみ」というところ。

つまり就職Shopの社員が企業に訪問し、どんな人が働いているのか、どんな雰囲気なのか、設備は整っているのか、などを詳しく把握しているということです。

就職Shop詳細ページ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のフリーターや大学中退者向けに、正社員の仕事を紹介しているハタラクティブ。

これまでに6万人のカウンセリング実績を持っていて、内定率は80%を超えています。

就活が初めてという人にも、就活の基本や自己アピールのやり方などを丁寧に教えてくれるので安心。

また中退というネガティブなイメージが、ハタラクティブのおかげで払拭したというのも評判です。

面接の日程調整や書類の送付なども、全て就活アドバイザーが手配してくれるので、大船に乗った気持ちで就活ができます。

ハタラクティブ詳細ページ

大学中退でも若さとポテンシャルを活かして就職しよう!

大学を中退していても、人生が終わるわけではありません。

仕事をして生活をし、自分を磨いていくことで、「あのとき大学を辞めて良かったな」と思えることだってあります。

そのためには、早い段階でいい仕事に巡り合うことです。

高卒でも活躍できる職場はたくさんありますので、自分に向いているかもと思う仕事に応募してみましょう。

1人での就活が辛くなったら、就活を辞めてしまう前に就職支援サービスを利用してみて下さい。

きっとあなたの力になってくれますよ。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件