大学中退は履歴書に書くべき?就職で不利を避けるポイントを解説

大学中退は履歴書に書くべき?就職で不利を避けるポイントを解説

卒業をしないまま大学を中退してしまった人は、ネガティブな印象を与えないために、中退した事実を書かない人もいるようです。

履歴書では高卒にしておいても問題なさそうに思えますが、実際には学歴詐称になる行為ですので注意しなくてはいけません。

中退はマイナスに捉えられがちですが、言い方と書き方次第ではポジティブに変換することが可能です。

ここでは、嘘をつかずに就職に有利になる「中退の伝え方」について触れていきたいと思います。

履歴書に中退と書いても最終学歴は高卒

高校を卒業した後に大学に入学した経歴があるため、最終学歴は「大学」と捉える人もいますが、「高卒」が正しい最終学歴になります。

つまり就活では、応募条件に「高卒以上」「学歴不問」「未経験可」と書かれたいずれかを選ばなくてはなりません。

最終学歴は最後に卒業した学校の種類を指す

最終学歴の「最終」とは、最後という意味ではなく、「最も高い」学歴という意味です。

あなたの学歴の中で最も高い教育機関を卒業した履歴を指すため、大学を中退した場合は「高等学校」が最終学歴に値します。

大学中退は履歴書に記載しないと学歴詐称になる

正直に「中退」と書くと、選考で不利になるというイメージがあるため事実を隠そうとする人もいます。

しかし、その行為は学歴詐称となり、企業にバレると解雇される可能性があることをご存知でしょうか?

「絶対バレない」と思っていても、大学の知人が入社してくる可能性もあるわけですので、嘘は書かないよう注意しましょう。

中退理由までは書く必要はない

履歴書には学校名と中退した年月を書けばOKですが、体調や親の都合、経済的理由の場合は書いても問題ありません。

また留学や目標達成のための中退も、正直に書くことで好印象を与えます。

ただし「学業についていけなかった」「友だちに馴染めなかった」「学校に行くのが面倒になった」などの、ネガティブな理由は記載しないよう注意しましょう。

学生時代の性格が社会人になって変わるわけではありませんので、大学時代のだらしなさや学力不足はマイナスイメージになってしまいます。

大学中退後の最終学歴はどうなるの?履歴書への書き方と注意点

履歴書に大学中退を書くと就職活動に影響はある?

大学を中退したからといって、採用されないわけではありません。

面接で上手に自分をアピールして、魅力的な人間だと思ってもらえれば採用されます。

しかし面接官は「どうして中退したの?」という疑問を持っているため、そのことに触れられるのは覚悟しておきましょう。

採用担当者から中退理由を必ず聞かれる

面接では、必ずといっていいほど中退した理由を聞かれます。

それは、「受験勉強をして高い入学金や授業料を払ったにもかかわらず、どうして中退してしまったのか」という理由を、面接官が知りたいからです。

ここでつまずいてしまうと後々の面接も悲惨な結果になってしまうので、面接官を納得させる中退理由を事前に考えておきましょう。

中退が悪影響になるかは理由の説明次第

中退した理由の説明次第では、ネガティブなイメージをプラスに変換することも可能です。

そのためには、聞かれる前に自分から中退したことを告げて、その理由を端的に説明するのが良いかもしれません。

面接の後半で話すと、なんとなく後味が悪く終わってしまう可能性があるため、前半にサクッと伝えてしまうと後半で挽回できます。

大学中退の理由を就職でどう活かす?印象を良くするための方法を教えます

履歴書に大学中退を記入するときの記入例

大学を中退した場合の履歴書の書き方は、以下のように学校名、学部、学科を記載した最後に記入します。

入学を書いた欄にまとめて書いたり、「中退」などの略称を使ったりしないように気を付けましょう。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学」

また退学した月は、大学が退学届を受理した月になりますので、あいまいな場合は調べて記入するようにしましょう。

履歴書に中退理由を記入するときはポジティブな言い回しに

中退の理由が親の介護や留学、経済的な理由の場合は、履歴書に中退理由を書いておくのがオススメです。

書いておくことでマイナスの印象がつくこともなく、面接でも触れられない可能性があります。

どのように記入すると印象を悪くしないか、記入例を使って詳しく説明していきます。

目的をもって中退した場合の記入例

目的があっての退学は、あまり悪いイメージは持たれませんが、「就職しても、また他にやりたいことが見つかって辞めてしまうのではないか?」という不安材料にもなります。

そのため面接ではしっかりと話して、イメージを挽回する必要がありますが、履歴書においては簡潔に述べる程度で大丈夫です。

やりたい仕事がみつかったケース

大学に入った途端に進路が変わったり、アルバイトを通して自分のやりがいを見つけたりする人もいます。

そのような理由で退学した場合は、「中途退学」と書いた後にカッコ書きで理由を簡潔に添えましょう。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学(社会人として就業するため)」

アルバイトに専念しすぎて単位を落として中退となった場合でも、履歴書ではそのことに触れず、ポジティブな印象を与える方を選ぶのが得策です。

嘘ではありませんので、安心して記入して下さい。

学びたいことが見つかったケース

外国や英語に興味があった人は、海外の大学への編入を目指して退学を決意するケースもあります。

留学は自分の将来のため、語学力を磨くためでもあるので、正直に書いても問題ありません。

留学の場合は以下のように書きます。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学(イギリスへ語学留学するため)」

仕方ない理由で中退した場合の記入例

中退した人の中には、親の介護や経済的理由、持病やけがなどが原因という人も多いでしょう。

健康上の理由の場合は、病名などには触れる必要はありません。

しかし採用する方は現状が気になってしまうので、今はどんな状態なのかをきちんと記入することが大切です。

経済的理由のケース

経済的な理由の場合は、採用担当者も仕方がないと思ってくれますし、選考で不利になることはありません。

あなたの心情を察して、面接でも触れられない可能性があります。

履歴書の「中途退学」のあとに、一言だけ添える程度で問題ありません。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学(経済的事情により)」

病気やけがのケース

病気やけがが理由で退学した場合、採用側が心配するのは、「入社しても問題なく働けるだろうか?」「再発の恐れは?」といったことでしょう。

健康上問題がなければ、その旨を書くようにして下さい。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学(健康上の理由により。現在は完治しフルタイム勤務可能です)」

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学(病気療養のため。現在は完治しています)」

自己都合で中退したならそもそも書かない

中退の理由が、「学業についていけない」「人間関係がうまくいかなかった」「大学へ行く意味が分からなくなった」という後ろ向きな理由の場合は、書かない方が無難です。

正直に書いたところで良い印象を与えないため、採用されない可能性の方が高くなります。

この場合は、以下のように理由なしで記載するようにしましょう。

例:「平成28年 9月 〇〇大学 〇〇学部〇〇学科 中途退学」

この場合は面接で確実に中退理由を聞かれますので、しっかりと受け答えできるような回答を用意していくことを忘れずに。

履歴書の書き方で悩んだら就職サイトを利用しよう

「私の場合はどう書いたらいいんだろう?」「こんなことを書いて悪い印象を与えないかな?」と不安がある人は、履歴書の添削をプロが無料で行ってくれる就職サイトを活用する方法があります。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

大学中退者・フリーターの就職を全面的にバックアップする「ハタラクティブ」。

専任のキャリアアドバイザーが時間をかけてサポートしてくれるので、大学中退のリスクがあっても高い確率で正社員への道がひらけます。

ハタラクティブの求人は、「学歴よりも人柄を重視したい」「若手を採用して長期的に育てていきたい」という企業が多いのも特徴のひとつ。

取材した企業のみを紹介するので、ブラック企業に入社してしまうリスクも低く、安定した定着率を保つことができます。

ハタラクティブの3つの特徴

  • 未経験OKの求人が常時2,300件以上
  • 書類審査通過率が91.4%!内定率80.4%!
  • 対応拠点は東京・大阪・名古屋・福岡の主要都市

ハタラクティブ詳細ページ

ハタラクティブ公式サイト

DYM就職

DYM就職

大学中退者・フリーター・第二新卒に強い就活サイトで、「書類選考が不要」というのが大きな特徴です。

履歴書なしで面接ができるため、あなた自身の人柄や仕事に対する姿勢を見てくれます。

また面接前には、服装の指導や模擬面接までトータルで支援してくれるのも嬉しいポイントです。

ただしアドバイザーが若く同年代に近いため、頼りなさを感じてしまう側面も。

その反面で、より親身になってくれて、「自分の気持ちが明確になった」といった転職成功者もいます。

おすすめのポイント

  • 就職率が96%!
  • 利用者のほとんどが20代前半で、就職成功者が5,000人超え
  • 2,000社以上の優良企業から自分にあった企業を選べる

DYM就職詳細ページ

中退でも履歴書に正直に記入しておこう

日本では新卒を一斉に採用する就職システムがあるため、中退での就活は不利だと捉えられがちです。

だからといって履歴書には嘘を書くのではなく、中退した理由をポジティブに伝えて内定を目指しましょう。

面接官が中退した理由を聞くのは、あなたがどんな人なのかを知りたいためであり、採用したい人材なのかを見極めたいからです。

欠点を探して不採用にするのが目的ではありませんので、あまり心配せず前向きに就活に挑みましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件