ビズリーチは20代でも利用できる?ステップアップを狙うなら?

ビズリーチは20代でも利用できる?

ビズリーチの利用を考えている人の中には、「ビズリーチは20代でも利用できるの?」と気になっている人も多いかもしれません。

この記事では、ビズリーチが20代でも利用できるのか、どんな20代にビズリーチがおすすめか、20代におすすめのキャリトレについてご紹介します。

ビズリーチは20代でも利用できるの?

ビズリーチの登録に年齢制限はないので、20代でも利用することができます。

サービスの利用に年代は関係なく、登録時の審査に通過したかどうかで決まります。

30代であっても登録審査に通過しなければ利用できませんし、20代であっても審査に通れば利用することができます。

スカウトの数を増やして効率よく転職活動をしよう

ビズリーチに登録すると職務経歴書に関心を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

スカウトは企業やヘッドハンターが経歴を確認した上で送られてくるので、確実に20代でも応募ができる求人です。

スカウトはヘッドハンターとの面談や企業との面接が確約されているので、効率よく転職活動を進めることができますよ。

スカウトを増やすほどいい条件の求人に出会うことができます。

スカウトを増やすためには、職務経歴書を充実させることが重要です。

企業やヘッドハンターから見て魅力的なのは、仕事での成果を数字で記載していたり、どのように企業に貢献できるかをしっかりアピールしている職務経歴書です。

また、仕事での成果や昇進、昇給があったときには職務経歴書を更新することで、より良い条件のスカウトが届くようになります。

どんな20代ならビズリーチがおすすめか

ビズリーチはどんな20代が利用するといいのでしょうか?

ビズリーチの利用をおすすめする20代の特徴をご紹介します。

市場価値を知りたい20代

自分の市場価値を知りたい20代はビズリーチの利用がおすすめです。

ビズリーチに登録後に届くスカウトの数が多ければ多いほど、転職市場での価値が高いことが分かります。

反対に、ビズリーチに登録してもスカウトがあまり届かないようであれば、転職市場での価値が低い経歴であることも分かります。

スカウトの数で市場価値があるかどうかが分かるので、自分の市場価値をはっきり知りたいという20代はぜひビズリーチに登録しましょう。

「はっきりと自分の市場価値を知りたくない」という人は、ビズリーチの利用は向いていないかもしれません。

その場合は、担当のアドバイザーが、キャリアカウンセリングや経歴や希望条件に合った求人紹介をしてくれる転職サイトを利用する方が、スムーズに転職ができるでしょう。

年収アップ・ステップアップしたい20代

ビズリーチが保有する求人のうち3分の1以上が年収1,000万円をこえる求人なので、年収アップを考えているのであれば、ビズリーチは利用価値のある転職サイトです。

また、送られてくるスカウトの中には自分が希望している以上のポジションが提示されていたり、自分が想像していなかったポジションの求人が紹介されることもあり、ステップアップのきっかけになります。

優秀なヘッドハンターに相談したい20代

ビズリーチではヘッドハンターを検索して、気になるヘッドハンターに相談ができるサービスがあります。

ビズリーチに登録しているヘッドハンターはビズリーチ独自のランク付けがされており、全体の2%しかいないSクラスやAクラスのヘッドハンターに直接相談することができます。

優秀なヘッドハンターであれば、向いている職種や希望条件に合う求人などを紹介してもらえる可能性が高くなります。

ヘッドハンター経由で求人に応募するときに重要なのが、ヘッドハンターとの相性です。

できるだけ多くのヘッドハンターと連絡を取って相性のいいヘッドハンターに出会っておくと、転職活動を効果的に進めることができますよ。

ビズリーチの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

断られる可能性もあるので要注意

ビズリーチの利用対象者は年収750万円以上のエグゼクティブ向けの転職サイトです。

エグゼクティブ向けの転職サイトのため、ビズリーチが保有する求人の応募条件を満たすキャリアを持っていないと登録審査を通過することができません。

具体的な審査基準は後悔していませんが、年収が低い人、20代で転職回数が多すぎる人、社会人経験がない人はビズリーチへの登録を断られる可能性が高く、利用自体ができないこともあります。

20代でも年収が高い人、専門スキルを持っている人、社会人経験がある人であればビズリーチの登録審査に通過するでしょう。

ビズリーチの面談を断られたときの対処法!利用条件は厳しい?

20代にはキャリトレもおすすめ

ビズリーチは登録審査に通れば20代でも問題なく利用できますが、20代向けの転職サイト「キャリトレ」もおすすめです。

こちらでは、キャリトレの特徴と利用するメリット・デメリットをご紹介します。

キャリトレの特徴

キャリトレはビズリーチが運営する20代向けの転職サイトです。

ビズリーチはハイキャリア向けの転職サイトですが、キャリトレは本気で転職をしたい20代をターゲットにしている転職サイトです。

キャリトレを利用するメリット

キャリトレを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

具体的なメリットをご紹介します。

無料で利用できる

キャリトレは無料ですべてのサービスを利用することができます。

ビズリーチは無料会員と有料会員で利用できるサービスに違いがありますが、キャリトレは求人への応募、スカウトへの返信などもすべて無料です。

レコメンド機能で求人が探しやすい

キャリトレでは、人工知能が好みを分析し学習してくれるので、自分に合った求人を自動的に紹介してくれます。

人工知能は経歴、資格、キャリア診断テストなどの結果からプログラミングされていて、サイトを利用するほどレコメンド機能の制度が上がるようになっています。

面談確約のスカウトが届く

企業やヘッドハンターが経歴に興味を持ち、「ぜひ会いたい」と思ったときに送られてくるのがプラチナスカウトです。

プラチナスカウトは面談確約のメッセージなので、スカウトの内容に興味があれば早めに連絡を取りましょう。

特定の企業やヘッドハンターからスカウトを受け取りたくない場合は、キャリトレのサイト「設定」の「経歴非公開・スカウトNG企業設定」からスカウトが来ないように設定することができます。

すべてのスカウトを受け取らないように設定することもできるので、求人検索の目的だけでキャリトレを使いたい人は設定をしておきましょう。

スマホで操作しやすい

キャリトレはスマホサイト、iOS、androidアプリが用意されているのでスマホだけで求人検索などの転職活動を進めることができます。

スマホであれば休憩時間やスキマ時間に求人検索をしたり、求人に応募ができるので、忙しい毎日でも効率よく転職活動ができます。

キャリトレを利用するデメリット

キャリトレを利用するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか?

具体的なデメリットをご説明します。

サポートが少ない

キャリトレはエージェント型の転職サイトと異なり、キャリア相談、求人紹介、書類添削、面接対策、面接日調整、条件交渉を行ってくれません。

自分で求人を探して、自分で応募する必要があります。

自分に合った求人を探して、面接日の調整や条件交渉まで行える人にはおすすめの転職サイトですが、担当のアドバイザーに相談してサポートを受けながら転職活動を進めたい人は、エージェント型の転職サイトを利用する方がスムーズに転職を進めることができます。

メールでの求人紹介が多い

キャリトレに登録すると、多いときには1日に8件近く求人紹介のメールが届くことがあります。

メール連絡が多いことがストレスになっているのであれば、不要な連絡がこないように受信設定をしましょう。

キャリアトレックの詳細情報は、こちらの記事でも詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアトレックの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

20代でステップアップを目指すならビズリーチに登録

20代はビズリーチもキャリトレも利用することができますが、ステップアップや年収アップを考えているのであればハイキャリア向けのビズリーチへの登録がおすすめです。

もし、ビズリーチの登録審査に通らなかった場合は、20代向けのキャリトレに登録をしましょう。