キャリトレの料金はどれくらいかかる?利用者は費用が発生する?

キャリトレの料金はどれくらいかかる?利用者は費用が発生する?

キャリトレとはビズリーチの運営する、20代向けの若手優秀人材を豊富に有した転職サイトのことです。

優秀な若手人材を豊富なデータベースとして有しており、転職者も採用する企業からも人気の転職サイトです。

今回はキャリトレの料金について詳しくお話していこうと思います。

キャリトレは企業側に料金が発生する

キャリトレは、転職希望者は無料でサービスを受けることができます。

ではどうやって収益を上げているのか?と思う人もいるのではないでしょうか。

キャリトレは、企業側に料金が発生します。

企業側は、求人を掲載するのに月額5万円と転職成功者の年収の20%を支払うことになっており、そこから利益を得ています。

企業側に費用がかかることで、費用をかけてでも採用したいという本気の企業が多く掲載されていると言えるのではないでしょうか。

求人を掲載するのに月額5万円

キャリトレでは、求人を掲載するのに月額5万円かかります。

この5万円という金額は、データベースを利用するために料金のようです。

キャリトレには若手の優秀な人材のデータベースがあり、登録人数は48万人と豊富な人材のなかから転職希望者を探すことが可能です。

また転職者を、登録日付順や出身大学ランク順に並び変えて表示することも可能なようです。

転職が成功したら転職者の年収20%を支払う

キャリトレに登録している転職希望者が、キャリトレに載せている企業に転職した場合に、企業側は転職者の年収の20%を支払う、成功報酬も支払う必要があります。

しかし、企業にとっては優秀な若手人材を採用する機会なので、必要投資と言えるでしょう。

転職者は費用がかからない

企業側は費用がかかることをお話しましたが、転職希望者は費用がかかることはありません。

「無料だからそんなにサービスを受けられなかったり、求人を紹介してもらえないのでは?」と心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。

キャリトレは手厚いサポートの転職サイトとは違い、履歴書の添削やサポートなどは受けることができません。

しかし、サイト自体が非常にすぐれており、検索のしやすいサイト工夫がされています。

また20代向けの転職サイトですので、転職初心者という若い人は、何気なくサイトをみることができる転職サイトです。

費用がかからないことで、転職始めてみようかなという気軽な気持ちで登録できるのが嬉しいですね。

キャリトレ(キャリアトレック)の使い方!プラチナスカウトを活用して内定を勝ち取ろう!

ビズリーチは利用者にも月額料金がかかる

キャリトレはビズリーチが運営しているサービスというお話はしました。

そのビズリーチはキャリトレの若者向けとは違い、キャリアが豊富な即戦力を対象とした転職エージェントです。

豊富な経験とスキルを生かして、高収入を目指したいという人におすすめです。

ハイクラスの転職サイトなので40代から50代の利用が多いのも特徴の一つです。

ビズリーチもキャリトレと同じく、自分で検索条件を設定して求人を検索することもできますが、ビズリーチの売りはスカウトです。

一流企業からのヘッドハンティングにより面接まで確約されていることもあるので、内定までスムーズに進むことも多いようです。

好条件への転職が期待できるビズリーチですので、キャリトレと違い月額がかかります。

もちろん無料で利用できる部分もありますが、プレミアムステージという有料コースに登録することで、さらに転職の幅が広がるようです。

プレミアムステージには、審査によって「タレント会員」と「ハイクラス会員」のどちらかが決定されます。

タレント会員の月額は30日間で3278円、ハイクラス会員は30日間で5478円の利用料金がかかります。

決してやすくはない金額ですが、満足している人も多いようです。

キャリトレとビズリーチの違いとは?どちらの転職エージェントを利用すべき?

料金が発生する分、本気で採用したい企業しか紹介されていない

キャリトレは企業側に、費用が発生するお話をしました。企業が採用を考えた場合に、コストを押さえながら採用をすることももちろん可能です。

しかしあえて費用のかかるキャリトレに登録をして採用を進めようとする企業は、採用に対して本気で力を入れていると考えられます。

より良い若手人材を採用したい、少しスキルの身についた中堅社員を採用したいなど、その目的は様々かもしれませんが、採用したいという本気度は高い企業が集まっています。

お金をかけて採用しようとしているため、少しでも良い条件で転職したいなと考えている人にとっては、優良企業と出会えるチャンスが多いでしょう。

お金が掛かるからキャリトレ経由だと不利になる?

キャリトレは、企業側がデータベースを利用するための月額5万円と、採用した際に年収の20%を支払うことになっているお話はしました。

「採用すると20%取られるなら、キャリトレで応募しても採用されないのでは?」と考える転職希望者もいるかもしれません。

しかしキャリトレを導入している企業は、導入する時点で料金が発生することは理解しています。

費用がかかってもより優秀な人材とマッチングできるならと考えている企業も多いので、キャリトレを利用しての転職活動が不利になってしまうということは少ないです。

費用がかかるからこそ、採用する企業の目は真剣で厳しくなってしまうかもしれませんが、それだけ本気で採用に取り組んでいる企業が多いので、空求人がないのもメリットです。

スピーディに人材が欲しい企業の求人が多い

キャリトレを利用する時点で、企業側は費用が発生することが織り込み済みです。

逆に言えば、費用をかけてでも、優秀な若手人材を採用したいという企業しか掲載されていないため、安心して転職活動を進めることができます。

また求人を掲載する期間が長ければ長いほど費用がかさんでしまうので、短期間でスピーディーに採用したいという企業も多いのが特徴です。

費用がかかるから、採用が不利ということはなく、むしろ積極的にキャリトレを活用して採用している企業が多いと考えられます。

エージェント経由はマッチング率も高いから、採用で不利にはならない

エージェントを経由して採用活動を進めることで、転職希望者とのマッチング率も上がります。

転職希望者は、最初に職歴や学歴、スキルなどを細かく入力する必要がありますよね。

その入力された情報をもとに、ランク付けされた情報を企業側は検索することができます。

これにより、企業が必要としている人材に近い人とマッチングできる可能性が高くなります。

この機能を使い、企業側は優秀な若手人材を確保しようと、スカウトメールなどを来ることで面接や採用に繋げて行くことが多いようです。

このようにキャリトレを利用した転職は、企業側に多くのメリットがあり、採用をスムーズに進めるためには必要な経費と捉えている企業も多くあるのではないでしょうか。

キャリトレを利用した転職活動が、自分で見つけて応募する転職活動より不利ということは少ないと考えられます。

キャリトレは、35才までの若手メインの転職エージェントです。

より優秀な人材を必要としている会社が多いので、転職を希望している人は一度登録してみてはいかがでしょうか。

キャリトレ(キャリアトレック)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件