キャリトレ(キャリアトレック)の使い方!プラチナスカウトを活用して内定を勝ち取ろう!

キャリアトレックのプラチナスカウト

「挑戦する20代の転職サイト」をコンセプトに、人工知能を用いた転職方法が話題の転職サイト、キャリトレ(キャリアトレック)。

最近ではCMも頻繁に放送されているので、気になっている方も多いのではないでしょうか?

そんなキャリトレで注目すべき機能が、プラチナスカウト。

プラチナスカウトは、キャリトレの公式サイトではもちろん、さまざまなサイトでおすすめ機能として紹介されている、キャリトレで転職活動をおこなうなら、ぜひとも活用しておきたい機能の一つです。

そこでこのページでは、キャリトレの数ある機能の中でも特に注目すべきプラチナスカウトに焦点をあてて、詳しく解説していきたいと思います。

キャリトレの基本的な使い方とプラチナスカウトの概要、プラチナスカウトを活用するコツなどについても紹介しているので、転職活動にキャリトレを活用したいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

キャリアトレックの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

キャリトレで転職を有利に進める方法

興味のある企業の求人情報と、そうでない企業の求人情報を振り分けるだけで転職活動を進めることができるキャリトレ(キャリアトレック)。

とはいえ、転職活動は早いもの勝ちといった側面もあるので、もっとスピーディーに、もっと有利に転職を進めていきたいと考えている方も多いはず。

キャリトレでの転職活動をもっと有利に進めるための方法はないのでしょうか?

プラチナスカウトを活用しよう

キャリトレでの転職活動をもっと有利に進めて一日でも早く内定を勝ち取りたいのであれば、キャリトレの機能の一つであるプラチナスカウトを活用するべきです。

プラチナスカウトを活用することで、キャリトレでの転職活動をよりスムーズに進めることができます。

選考をパスできる?プラチナスカウトとは

プラチナスカウトはキャリトレ(キャリトレック)の目玉機能の一つです。

プラチナスカウトは、あなたの職歴や実績などのプロフィール情報を見てあなたに興味を持った企業が届くスカウトで、プラチナスカウトが届いた場合その企業とすぐに面談をおこなうことができるようになるので、書類選考をパスすることができます。

転職サイトを活用した転職活動において最初の関門となってくるのが書類選考で、書類選考でふるいにかけられてなかなか転職活動が思うように進まないということも少なくないので、その書類選考の過程を飛ばしていきなり面談まで進むことができるというのは、とてもありがたいと言えます。

プラチナスカウトの仕組み

プラチナスカウトは、あなたのプロフィールを見てあなたに興味を持った企業の採用担当者が、「この人は書類選考なしで直接あって話をしてみたい!」と思ったときに利用する特別な機能です。

もし企業からあなた宛てにプラチナスカウトが届いた場合、その企業はあなたの経歴や実績に興味を持っている状態なので、話が良い方向に進む確率が非常に高いと言えます。

プラチナスカウトの種類

キャリトレ(キャリアトレック)のプラチナスカウトには2種類のスカウトが存在します。

一つは企業からのスカウトです。

企業からのスカウトについては先ほどから解説しているように、あなたがキャリトレを利用し始めるときに登録したこれまでの職務経歴や実績を見た企業が、あなたに対しておこなうスカウトです。

この場合、面談が決まれば書類選考なしで面談にのぞむことができます。

そしてプラチナスカウトでは、企業以外からもスカウトが届くことがあります。

それが、ヘッドハンターからのスカウトです。

ヘッドハンターというのはあなたのような転職を望んでいる方と人材を確保したいと考えている企業をつなぐ人たちのことで、あなたのプロフィールがこれらのヘッドハンターの目に止まれば、ヘッドハンターたちがあなたの転職をサポートしてくれるようになります。

ヘッドハンターというとちょっと怪しく聞こえるかもしれませんが、要はあなたの転職活動をサポートしてくれるサポート役のようなものだと考えてもらえればいいかと思います。

ヘッドハンターたちは魅力的な職務経歴書の作り方や面接対策など、さまざまなサポートをおこなってくれます。

キャリトレは転職エージェントのように一人ひとりに担当がついて細かくサポートしてくれるようなタイプのサービスではないので、ヘッドハンターによるサポートはとてもありがたいものだと言えますね。

実際にプラチナスカウトが届いたら

もし、企業やヘッドハンターから実際にプラチナスカウトが届いたら、テンプレの文で問題ないので、できるだけ早く返事をおこなうようにしましょう。

というのも、企業やヘッドハンターは、スカウトに対してあなたが興味を持ってくれているのかどうかの返信がほしいだけで、綺麗な文面での返信がほしいわけではありません。

また、あなただけをスカウトしているわけではなく、他の人にもスカウトを送っています。

そのため、できるだけ早い返信が必要になってくるわけです。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、プラチナスカウトが届いたらできるだけ早く返信するようにしましょう。

また、「せっかくプラチナスカウトが届いていたのに気づかなかった!」ということがないよう、定期的にキャリトレ(キャリアトレック)のサイトにアクセスし、プラチナスカウトが届いていないかどうか確認するようにしましょう。

内定を勝ち取るために知っておきたいプラチナスカウトをゲットするコツ

キャリトレ(キャリアトレック)での転職活動を有利に進めるためにぜひ活用していきたいプラチナスカウトですが、ただスカウトされるのを待っているだけでは、いつまで経っても企業やヘッドハンターからのプラチナスカウトをゲットすることはできません。

企業やヘッドハンターからプラチナスカウトをゲットする2つのコツについてみていきましょう。

プロフィールを充実させる

企業やヘッドハンターは、あなたの職務経歴や実績などが記載されているあなたのプロフィールページを見て、あなたにプラチナスカウトを送るかどうかの判断を下します。

つまり、キャリトレ(キャリアトレック)での転職活動において、あなたのプロフィールページが、企業やヘッドハンターとあなたとを結ぶ入り口になるということです。

そのため、あなたがどれだけ魅力的な人材であったとしても、それをプロフィールページで企業やヘッドハンターに上手く伝えることができなければ、企業やヘッドハンターの目にとまることはありません。

なので、プロフィールページを作成するときには時間をかけ、企業やヘッドハンターが「この人ならスカウトしたいな」と思ってもらえるような魅力的なプロフィールページにするように心がけましょう。

より多くの求人情報に目を通す

キャリトレ(キャリアトレック)には、企業の求人情報を見て興味があるかないかを判断し分類することで、よりあなたの好みにあった求人情報を自動で提供してくれるリコメンド機能というものがありますが、その分類作業はプラチナスカウトの入り口にもなっています。

企業の求人情報を閲覧し、「興味がある」のボタンをクリックすると、その企業はあなたのプロフィール情報の一部を閲覧できるようになります。

つまり、キャリトレの人工知能が、「こんな人があなた達の求人情報に興味を持っていますよ」と、企業に対してもリコメンドしてくれるわけです。

そのため、より多くの企業からプラチナスカウトをゲットしたいのであれば、さまざまな求人情報に目を通し、興味のある企業の求人情報に対してどんどん「興味がある」とアピールしていくことが重要になってきます。

「プラチナスカウトを受け取った企業とは必ず面談しないといけない」というような決まりはないので、どんどん求人情報に目を通し、どんどん興味のある企業を見つけてアピールしていくようにしましょう。

まとめ

キャリトレ(キャリアトレック)で転職活動を進めていくのであれば、企業やヘッドハンターからのプラチナスカウトをできるだけ多くゲットできるよう、どんどん求人情報に目を通し、どんどんアピールしていくべきです。

特に書類選考が不要になる企業からのプラチナスカウトはどんどん狙っていきたいところですね。

担当が着くなどの手厚いサポートがあまり期待できないキャリトレでの転職活動では、こういった独自の機能を上手く活用できるかが、転職活動を成功させるための鍵となってきます。

そのため、できるだけ多くのプラチナスカウトをゲットするために、今回紹介した、

  • プロフィールを充実させる
  • より多くの求人情報に目を通す

といった2つのコツをフル活用して転職活動を進めていってください。

また、もしプラチナスカウトが届いた場合には、できるだけ早く返信することを忘れないようにしましょう。