ビズリーチの悪い評判をまとめてみました!SNSも徹底調査!

ビズリーチの悪い評判まとめ

ビズリーチは無料でも利用できますが、有料会員になって利用するのであれば、「本当にお金を払ってまで利用する価値があるのか?」、「ビズリーチの評判はどうなのか?」が気になりますよね。

ネット上ではビズリーチに関する良い評判も悪い評判もありますが、この記事では悪い評判についてまとめました。

主にTwitterに投稿されていたビズリーチの悪い評判と悪い評判に対する対応策をご紹介します。

ビズリーチの有料会員を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビズリーチの悪い評判①一斉メールなどのスパムメールが多い

ビズリーチに登録すると職務経歴書を見て関心を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

ビズリーチでは一般的な「スカウト」と面談や面接が確約されている「プラチナスカウト」が存在します。

スカウトは基本的に企業やヘッドハンターが募集している求人の条件と会う人に送信されるのですが、中には「職務経歴書を見てないのでは?」と思うような的外れなスカウトが届いたり、確実にたくさんの人に同じ内容のスカウトを送っていると思われるようなスパムメールのようなスカウトが届くこともあるようです。

スパムメールに関する実際の悪い評判

Twitterではスパムメールのようなスカウトに関する以下のような悪い評判がありました。

ヘッドハンターによって対応にバラツキがあるので、対応が悪いヘッドハンターはブロックするといいですね。

スパムメールのようなスカウトへの対応策

「明らかに職務経歴書を確認していないな」と感じるようなスカウトや「一斉に同じ内容のスカウトを送っているんだろうな」と感じるスカウトが同じヘッドハンターから複数回届いているとしたら、そのヘッドハンターをブロックしましょう。

ブロックしてしまえば職務経歴書が公開されないので、スカウトも届かなくなります。

ヘッドハンター詳細ページの「このヘッドハンターをブロックする」を押すと特定のヘッドハンターをブロックすることができます。

ビズリーチには質の良いヘッドハンターが集まっているとされていますが、中には対応が悪いヘッドハンターや相性が悪いヘッドハンターも存在します。

そういったときには遠慮せずブロックして、ストレスなく転職活動を行いましょう。

企業からスパムメールのようなスカウトが届くことはほとんどないとは思いますが、特定の企業をブロックすることもできます。

特定の企業に職務経歴書を非公開にすればスカウトは届かなくなるので、「設定」メニューの「企業ブロック設定」からブロック設定をしましょう。

ビズリーチの悪い評判②登録できない

ビズリーチでは登録に審査があり、独自の審査基準に達していない場合は、登録手続きを行っても登録を断られてしまう場合もあります。

具体的な審査基準は公開されていないので、特定の大学を卒業していないと登録できない、年収はいくら以上でないと登録できないということは分かっていません。

ただ、ビズリーチはエグゼクティブ向けの求人が集まるので、そういった求人が求める条件に達しない経歴や年収の人は登録を断られる傾向にあるようです。

年収が低すぎる人、社会人経験がない人、転職回数が多すぎる人は登録を断られる可能性が高くなるようです。

「登録ができない」ことに関する実際の悪い評判

Twitterでは、ビズリーチに登録ができないことに関する以下のような悪い評判がありました。

この口コミでは、「特定の大学を卒業していないとビズリーチに登録ができない」という不満が書かれていますが、実際のところ大学名で登録を断るかどうかはわかっていません。

「ビズリーチに登録ができない」時の対処法

「こういった経歴、年収であれば登録ができる」という目安がないため、ビズリーチに登録を断られてしまった場合にはビズリーチへの利用を諦めるのがおすすめです。

ビズリーチ以外にもリクルートが運営するキャリアカーバーなどヘッドハンティングサービスを提供する転職サイトはあります。

特にキャリアカーバーは登録時に審査がなく、すべてのサービスを無料で利用できるので、ビズリーチの登録審査に落ちてしまった場合にはキャリアカーバーに登録してみましょう。

「登録を断られたけれど、どうしてもビズリーチを利用したい」場合は、一定期間キャリアを積んでから再度登録してみることもできます。

キャリアを積んで、年収が上がったり、昇給した後に再度登録をしてみましょう。

ただし、キャリアを積んだからといって必ずしも登録できるとは限らないので、「転職を急いでいない」、「どうしてもビズリーチを利用したい」という人以外は他の転職サイトを使って転職を進める方がスムーズです。

ビズリーチの面談を断られたときの対処法!利用条件は厳しい?

ビズリーチの悪い評判③スカウトメールがこない

ビズリーチでは職務経歴書に興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトが届くようになっていますが、職務経歴書を登録したからといってすべての人にスカウトが届くわけではありません。

「スカウトメールがこない」ことに関する実際の悪い評判

Twitterでは、スカウトメールが来ないことに関する以下のような悪い評判がありました。

ビズリーチでは有料会員にならないとスカウトへの返信や求人への応募ができませんが、有料会員になったからといって必ずしもスカウトがくるとは限りません。

また年齢が原因でスカウトメールがこないということもないので、スカウトメールが来るように職務経歴書を見なおして充実させると、スカウトメールが来るようになるかもしれません。

「スカウトメールがこない」時の対処法

企業やヘッドハンターが人材を探す際に、検索に引っかからなければスカウトを送る対象にはなりません。

まずは、職務経歴書の業種や職種、経験年数、語学力などが正しく入力できているか確認しましょう。

また、職務経歴書を充実させることも重要です。企業やヘッドハンターに「合ってみたい」、「興味がある」と思ってもらえなければスカウトはこないので、数字を交えて仕事での実績を説明したり、どのようなプロジェクトにかかわってきたかを詳しく書くようにするとスカウトが増えるかもしれません。

また、企業やヘッドハンターが職務経歴書を検索したときに、最終ログイン日時が新しい職務経歴書が上に来るようになっているので、こまめにログインをして意欲が高いことをアピールすることも効果的です。

もし、職務経歴書を見なおしてもスカウトメールがこない場合は、自分で求人検索をして応募したり、ヘッドハンターに相談をしてみましょう。

メリットもデメリットもあるので、実際に利用してみるのがおすすめ

ビズリーチの悪い評判をご紹介しましたが、どんな転職サイトでもメリットとデメリットがあります。

利用する人によってメリットと感じたり、デメリットと感じることも多いので、ビズリーチが気になっているのであれば登録して実際に利用してみるのがおすすめです。

対応するヘッドハンターによって対応も違うので、複数のヘッドハンターとコンタクトを取り、相性が合わないヘッドハンターとはやり取りを辞めて、対応がいいヘッドハンターと転職を進めるのがビズリーチで転職をスムーズに進めるコツです。

実際に利用してみて、「自分には合わない」、「デメリットが多い」と感じれば退会しましょう。

またビズリーチを使って実際に転職した人たちの口コミなどは、こちらの記事に詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

ビズリーチの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件