アメリカンファミリー生命保険に転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

アメリカンファミリー生命保険に転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

アヒルの生命保険のCMでお馴染みのアフラック。

そんなアフラックは外資系生命保険会社の大手ということもあってかなり人気が高いです。

そこでアフラックに転職することを考えている場合はアフラックがどんな会社なのかを知っておくべきでしょう。

この記事ではアフラックの企業概要に加えて年収や転職難易度などについて解説します。

一目で分かるアメリカンファミリー生命保険の評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生はどのくらい充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップやレベルアップにつながる?
職場の雰囲気は良い?
中途入社はしやすい?

アメリカンファミリー生命保険はどんな会社?

会社名 アフラック生命保険株式会社
設立 1974年
資本金 8,132億円(2019年3月末)
従業員数 5,113人(2019年3月末)
本社所在地 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル
代表者 チャールズ・レイク、古出眞敏
事業内容 生命保険業

事業方針・経営理念

  • 新たな価値の創造
  • お客様第一
  • 人間尊重
  • 法令等の遵守(コンプライアンス)

アフラックは日本で初めてのがん保険に特化したサービスを提供した企業です。

それ以降、日本の保険におけるリーディングカンパニーとして、お客様からの需要を早く把握し、必要とされるサービスを提供しています。

また、アフラックはお客様だけでなく社員などアフラックに関わる全ての人を尊重し、お客様と企業の成長が共に成長できる企業を目指しています。

それを実現するにあたって日本だけでなく、本部があるアメリカのルールや行動倫理憲章などといった社会的なルールを守ったうえで企業の運営を行っています。

事業内容

アフラックではがん保険をはじめとする様々な生命保険の販売を行っています。

特にテレビCMなどで知名度が高い「生きるためのがん保険」シリーズは既にがんと診断されたり、過去にがん治療を受けたりした経験がある人でも加入できるうえに、幅広いがん治療に対応していることから2017年の段階で1000万人以上の人が加入しています。

それ以外にも健康でも病気にかかってしまった人でも加入できる医療保険や介護に備えた医療保険、万が一病気で働けなくなってしまった時に備えた給与サポート保険など安心して毎日を過ごすための保険が多数用意されています。

今まで必要とされていたけれども存在しなかった保険サービスを提供している企業と言えるでしょう。

売上

アフラック株式会社は毎年保険料等の収入で1兆円以上の売り上げを確保しており、総資産も2019年3月末で12兆1,339億円とかなり安定した運営が行われている企業と言えるでしょう。

保険会社を選ぶ指標となる格付けにおいても、スタンダード&プアーズ(S&P)の保険財務力格付けでは上から3番目にあたるA+、ムーディーズの保険財務格付けでは上から4番目に当たるAa3を獲得しています。

このように世界的に見ても安定した運営が行われている企業であり、社員も安心して働けるでしょう。

従業員数

2019年3月末の段階でのアフラックの社員数は5,113人です。うち男性社員が2,528人、女性社員が2,585人と男女比が同じ程度なので、性別に関係なく平等に働ける企業と言えるでしょう。

実際にアフラックでは乳がんなど女性にターゲットを絞った保険も多数取り扱っています。女性の意見も重宝される企業なので、アフラックへの転職を考えている女性でも「女性だから男性より不利」という考えを持たずに目指せるでしょう。

また、日本全国に展開している企業であり、ポジションも様々なものが用意されていることから、活躍の場もかなり広いうえに万が一家族の転勤などで引っ越す必要が出た場合も安心です。

アメリカンファミリー生命保険の転職難易度

アフラックは知名度が高いうえに外資系企業なので転職するのはかなり難しいと言えるでしょう。

ただ、アフラックでは5,000人以上の社員が働いています。このように社員数が多いことから転職希望者に対する門戸は広いと言えます。

したがって、アフラックへの転職を考えている場合、一切スキル・実績を積まないままで転職活動をすれば採用してもらえない可能性が高いですが、既に高いスキルを身につけたうえで転職活動に臨めば不可能ではないでしょう。

アメリカンファミリー生命保険の年収は平均968万円程度

“アフラックの平均年収は968万円と言われています。

外資系企業は実力主義の面が強く、結果を出せばその分給与に反映されるということがこの平均年収に大きく影響していると言えるでしょう。

特にマネジメント職を任されるようになれば年収1,000万円以上も狙えます。

ちなみにアフラックは保険業界でも最も平均年収が高い企業と言われています。国内でサービスを展開している保険企業の大半は国内企業であり、外資系企業が少ないです。

したがって、保険会社は年功序列制の企業が圧倒的に多く、実力主義のアフラックは保険業界の中でも勤務年数に関係なく稼げる企業と言えるでしょう。

ただ、外資系なので日本の年功序列主義の会社のように、勤務年数に着実に年収が上がっていくわけではありません。

結果を出すことができなければ部下に抜かれたり、年収が下がったりすることもあるということを理解したうえで目指すべきでしょう。

転職後の昇給はしやすい?

先ほど解説した通りアフラックは外資系企業なので、年齢に関係なく結果を出すことができれば年収が上がります。

そのため、若くても頑張り次第で周りの同世代の人たちより高い年収を稼ぐことが可能です。

それにアフラックは元から給与水準が高めの企業なので、転職して間もない段階でも前の職場より給与が高くなることが多いです。

万が一転職時の給与が前職より低かったとしても昇給ペースが速い企業なので、転職してからすぐに転職前の給与より稼げる金額が高くなる可能性が高いでしょう。

ボーナス・賞与は貰える?

“アフラックは年に3回ボーナスが支給されます。

国内にある企業の中でもボーナスが3回支給される企業はかなり限られており、ボーナスにおいては保険業界どころか国内にある企業の中でもトップクラスと言えるでしょう。

また、アフラックのボーナスは大体給与4~5ヶ月分と言われています。

そのため、新卒でもボーナスが100万円を超えることが多いです。中途採用の場合は新卒よりも給与が高めに設定されていることから、ほぼ確実に100万円以上のボーナスを受け取れるでしょう。

そような理由からアフラックで働いている人で給与・ボーナスの面で不満を言う人は少なく、給与・ボーナスが充実している企業で働きたい人におすすめの企業と言えます。

アメリカンファミリー生命保険の福利厚生は充実している?

  • 社会保険制度
  • Aflac Cafe
  • 財形貯蓄
  • えらべる倶楽部
  • フレックスタイム制
  • テレワーク制

アフラックは保険会社ということもあって社員の健康に関連する福利厚生制度が充実しています。

常務以上の役員で構成された人事政策委員会をトップに、産業医や健康保険組合、人事部などが連携することで社員が健康に働ける環境づくりに力を入れています。

実際に経済産業省が指定する健康経営優良法人にも選ばれており、健康に長く働ける企業と言えるでしょう。

また、福利厚生サービスであるえらべる倶楽部も導入しているので、ホテルやレジャー施設を割引料金で利用することができます。

それ以外にもえらべる倶楽部ではスキルアップのための学習サポートなどたくさんの使い道が用意されているので、福利厚生に関しても社員からの満足度が高いです。

それに加え、アフラックではフレックスタイム制やテレワークも職種によっては導入しています。

そのため、介護や子育てをしながらでも働きやすい企業と言えるでしょう。

アメリカンファミリー生命保険の休日・休暇制度は整っている?

アフラックの休日は土日の完全週休2日制となっています。

それ以外にも祝日やクリスマス、年末年始が会社全体の休日に指定されています。

また、休暇制度には年次有給休暇制度・リフレッシュ休暇制度・育児休暇・介護休暇、ボランティア休暇が用意されています。

アフラックの年次有給休暇制度は勤務年数に応じて12~20日分支給されます。

社員1人当たりの平均年間有給消化日数は15.5日、消化率は82%となっており、有給が取りやすい企業と言えるでしょう。

万が一その年の有給休暇をすべて消化できなくても、リフレッシュ休暇と言って勤務年数に応じて積み立てた有給休暇をまとめて消化する制度が用意されています。

勤務年数5年で5日、10年で10日分取得できるので、リフレッシュ休暇を活用して海外に出かける人も多いです。

アメリカンファミリー生命保険の残業時間は多い?

“アフラックではテレワーク制・フレックスタイム制を導入しているので、勤務時間を自由に調節することができます。

そのため、残業時間は個人の裁量によると言えるでしょう。

また、実際にアフラックで働いている人の平均残業時間は時期に寄りますが、繁忙期だと1日2~3時間程度と言われています。

基本的に36協定によって1ヶ月あたり60時間以上の残業は禁止されており、アフラックもしっかりこれを遵守したうえで企業を運営しているので、残業時間が1ヶ月あたり60時間以上になることはありません。

ただ、アフラックは実力主義の面が強い企業なので、残業をしないとなかなか結果を出せないという声も多いです。

したがって、アフラックで働く場合は効率よく業務を進めて、自分で業務時間を減らす努力をする必要があると言えるでしょう。

アメリカンファミリー生命保険へ転職するまでの流れ

  1. エントリー
  2. 書類選考
  3. 筆記試験(web)
  4. 面接
  5. 内定

アフラックへ転職するまでの流れは上記の通りです。

エントリーに関してはアフラックの採用サイトに加えて転職サイトや転職エージェントなどでもできます。

エントリー方法が採用結果に影響することはないので、自分に合った方法でエントリーをしましょう。

そして書類選考に通ったらwebで筆記試験を受けることとなります。筆記試験に合格したら面接が行われますが、アフラックの場合面接は2~3回程度行われるのが一般的です。

ただ、応募者数が多いなどといった時にはこれ以上の回数になることもあるので注意しましょう。

そして内定を獲得できたら入職日を調整し、実際に勤務することになります。

アメリカンファミリー生命保険へ転職した人たちの口コミ・評判

元々別の保険会社でマーケティングを担当していましたが、仕事に物足りなさを感じ、保険業界最大手であるアフラックへの転職活動を始めました。アフラックだと英語力が求められますが、幼少期にアメリカに住んでおり、TOEICのスコアも920だったので英語力の面では問題ありませんでした。やはり自分が考えた商品の広告をテレビで見たり、お客様に契約してもらったりするとやりがいを感じます。
前の会社と忙しさは変わらないうえに、給与待遇も良く、転職して良かったと思います。
32歳 女性 マーケティング
新卒でSIerに入社し、15年以上システムエンジニアとして働いてきましたが、給与面に不満があったことやボーナスが下がったことを考え、安定した環境で働ける職場を探した結果アフラックに転職することに決めました。元々SIerで働いていたので保険関連の案件も多く経験しており、その経験をアピールしたら採用に繋がりました。
現在はアフラックのシステムエンジニアとして業務で使用するシステム開発を担当しています。前と比べて残業時間が減っただけでなく、待遇も良くなったので転職して良かったです。
40歳 男性 エンジニア

アメリカンファミリー生命保険への転職におすすめ転職サイト

それではアフラックへ転職することを考えている場合、どの転職サイトを利用するのが良いのでしょうか。

そこでアフラックに転職することを希望する人におすすめの転職サイトをチェックしましょう。

エン転職

エン転職

エン転職は常時5,000件近い案件を取り扱っている国内の転職サイトでも大手にあたるサービスです。

アフラックをはじめとする外資系大手企業の求人も多数取り扱っており、外資系大手への転職を考えているなら登録しておきたいサイトと言えるでしょう。

また、エン転職では、登録した経歴をチェックした企業から声をかけてもらえるスカウトサービスや、転職希望者の転職活動をサポートするエージェントサービスも行っています。

アフラックに転職するにあたって転職活動が上手く進むようにアドバイスを貰うことができるので、転職活動に不安な点がある方でも安心して利用できるでしょう。

エン転職詳細ページ

doda

doda

dodaも国内最大手の転職サイトであり、アフラックだけでなく多数の外資系企業の求人を取り扱っています。

dodaのエージェントサービスは複数の天書ぅエージェントサービスと提携し、利用者が希望する条件とマッチするエージェントから声がかかるシステムとなっているので、アフラックのような外資系大手企業を目指す場合、外資系や大手企業に特化したエージェントに声をかけてもらえることもあります。

外資系・大手に特化した転職対策をしたうえで転職活動に臨めるのでかなり心強いでしょう。

doda詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件