30代は転職サイトを使うな!30代以降の転職にはエージェントをおすすめする理由

30代は転職サイトを使うな!30代以降の転職にはエージェントをおすすめする理由

転職を考えている方は、まず転職サイトに登録して応募したい企業を探すのが一般的です。

転職サイトには何万件にも及ぶ求人があり、自分に合った企業を2、3社探すのは容易、そう考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし30代に入ると、20代よりも転職決定者の割合は下がるというデータがあります。

さらに書類選考を通過する確率は30%、そこから一次面接を通るのはさらに30%ほどです。

30代は高条件で転職できるラストチャンスかもしれません。

そんなチャンスを無駄にしないためにも、30代の転職には求人検索型の転職サイトではなく、コンサルタントのいる転職エージェントの利用をおすすめします。

30代以降の転職では転職サイトを使うべきではない

  • 転職サイトの求人は基本的に若者向けか未経験向けが多い
  • 30代からの転職は実績や経験をアピールしなければならない
  • 働きながらの転職を自力で進めるのは大変

転職サイトの求人は基本的に若者向けか未経験向けが多い

基本的にマイナビ転職やリクナビNEXTなどの公開型の求人サイトは、若者や未経験者向けの求人が多くなります。

企業側としても、広く求人を掲載して、とにかく多くの人に応募してほしいときに、転職サイトを利用するのが一般的です。

いくら実績のある30代でも、書類選考で落ちてしまったり、年齢条件ではじかれたりするケースが多いのです。

また30代から異業種で一からキャリアを積んでいくのは、相当の努力が必要なだけでなく、今後の生涯年収にも大きな影響を及ぼします。

そのため転職エージェントを利用して、実績や経験のある業界・職種の企業を紹介してもらうことをおすすめします。

30代からの転職は実績や経験をアピールしなければならない

30代の人材を採用する場合、今後の将来性などは見られず、これまでの実績や経験が重要となります。

基本的に将来性の部分やマネジメントのしやすさでいうと、20代前半や第二新卒の人材のほうが企業としてはやりやすいからです。

しかし転職サイトに掲載されている求人の場合、幅広い年齢層のライバルと競争しなければなりません。

またアピールの場も、最初は書類がメインとなるので、具体的に数字で示せる実績のない人には難しくなります。

転職エージェントであれば、コンサルタントが面談にたどり着くまで、企業側にアピールや交渉をしてくれるので、数字に見えない実績や経験までアピールすることができます。

働きながらの転職を自力で進めるのは大変

30代となれば、今の仕事でも責任のある業務を任されることが多くなり、20代のころよりも公私ともに忙しい人が多いと思います。

土日に転職活動を進めようと思っても、家庭のある人ではなかなか一人の時間を作ることもできません。

転職エージェントであれば、初回の面談で要望を伝えれば、求人探しから面接の日程調整まで、すべてコンサルタントが進めてくれます。

働き盛りの30代の方で、働きながら転職先を探したいという方には転職エージェントがおすすめです。

30代が転職サイトを使うデメリット

全国に対応した転職サイトから地方に特化したサイトまで、国内の転職者をターゲットにしたサービスは優に100を超えます。

「転職」と検索するだけでオススメのサイトが豊富にヒットするため、「転職=転職サイトを利用する」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし30代の転職に転職サイトを使用することはオススメできません。

ここではその理由を深く掘り下げていきたいと思います。

人気の求人には応募が殺到する

転職サイトに登録するだけで、非公開求人のような滅多に市場にでまわらない人気の企業を見つけることができます。

しかし誰でも簡単にみられるということは、それだけ閲覧者が多く、ライバルも多いということを意識しなくてはなりません。

30代は20代のように若手でもなく、40代のように専門性が高いわけでもないため、書類選考に通過することさえ困難です。

他人と比較されたときに、職歴がすごい、TOEICのスコアが高い、豊富な実績があるなどの目立った要素が必要です。

サイト内の情報だけでは企業の詳細が分からない

転職経験者でありがちなのが、サイトの情報を鵜呑みにして転職してしまうことです。

事実を公表することがデメリットになる企業も多いため、メリットのみを大きく打ち出し希望者を獲得しようという狙いがあります。

企業の口コミサイトなどから内情を知ることはできますが、ほとんどが退職者で構成されているため、転職者が知りたい情報を入手するのは困難かもしれません。

求人数が多すぎて選べない

たとえば、リクナビNEXTで「ITエンジニア」「東京23区」というキーワードで検索すると5,500件ほどの求人がヒットします(2021年4月)。

この中から年収やこだわり条件を入れていったとしても、数百件あるなかから自分のいきたい企業にたどり着くのは容易ではありません。

30代であれば転職先の候補が明確にあったり、企業側から声が掛かったりすることが理想です。

しかし業種や職種があいまいだった場合、大勢の求職者をターゲットにした転職サイトで、あなたに合った1社を見つけることは難しいでしょう。

30代での転職は転職エージェントを活用する

30代での転職は、転職サイトよりも転職エージェントを利用することがおすすめです。

転職エージェントは、求職者が入社することで利益が得られるため、転職を成功させようと必死に力を注いでくれます。

面接対策や書類の添削はもちろん、年収交渉などの手厚いサポートが魅力です。

転職エージェントが紹介する仕事はほとんどが未公開で、企業側の要望に近い人材をエージェントが紹介するため、応募者が絞られ内定率もアップします。

転職エージェントを利用する企業は即戦力を求めている

企業側の視点として、即戦力を求めているシーンでは、転職エージェントを利用するケースが多くなります。

転職エージェントに求める人物像を伝えておけば、ある程度エージェント側で人材を絞り込んでもらえるので、採用にかかる時間を大きく短縮できるからです。

30代の転職でキャリアアップを目指すのであれば、即戦力を求めている企業を狙うのが一番です。

今後の伸びしろや成長性ある人材を採用したい企業では、30代の時点でかなり転職は不利になってしまうからです。

そのため転職エージェントから、即戦力を求めている企業を紹介してもらうことが大切です。

優良企業ほど転職エージェントを利用する

また優良企業や条件のいい求人で人材を募集している企業ほど、転職サイトではなく転職エージェントを利用する傾向があります。

転職サイトで求人を公開した場合、応募が殺到して採用が回らなくなってしまうからです。

大手企業でも新卒採用にはリソースを割いていますが、中途採用となると人事のリソースを割くことはできません。

そのため退職者が出て人材が必要になったときなど、転職エージェントを利用するケースが多いです。

今よりも働きやすく優良企業を探しているのであれば、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職するなら真っ先に登録したい転職エージェント3選

30代の転職は、20代や40代と比較されない、30代に特化した転職エージェントを選びましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数が業界1位で、人気企業や大手企業などの非公開求人が満載

非公開求人数が20万件以上のリクルートエージェントは、年齢層や職種を幅広くカバーしているため多くの求職者に利用されているサービスです。

キャリアドバイザーによる的確なアドバイスに定評があり、相談に行くだけでも価値があると言われています。

転職を成功させるには、転職者のスキルや面接対策も必要不可欠ですが、エージェントの質や経験の豊富さも重要です。

これまで30万人の転職を成功に導いてきた実績からも、優秀なスタッフが多いことが分かります。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

国内最大級のエージェントで、転職者満足度No. 1に輝く

リクルートと並ぶ実績の豊富さで、10万件を超える求人から厳選した企業を紹介してくれる転職エージェントです。

サポート力に定評があり、選考に通過しやすくなるテクニックを具体的に教えてくれます。

求人数が多いため、滅多にお目にかかれない希少な業界へ踏み込むことも可能です。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

若手を採用したい企業とのコネクションが豊富

20代・30代をターゲットにした転職エージェントで、紹介される仕事の約8割は独占求人です。

キャリアアドバイザーの質が良く、サポートも手厚いと利用者から高い評価を得ています。

マイナビエージェントでは企業側の求める人材や業務内容をこまめにリサーチしているため、マッチングミスが起こりにくいのが特徴です。

大手よりも優良な中小やベンチャー企業が多く、IT業界を希望の方にはエンジニアの転職に特化した「マイナビエージェント×IT」も展開しています。

マイナビエージェント詳細ページ

年収500万円以上のハイクラスの転職エージェント

30代でマネージャー経験者や専門的なスキルを持っている方にオススメの転職エージェントを紹介します。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

高年収求人では国内No. 1!管理職や専門職に特化した転職エージェント

JACリクルートメントは、外資系企業や海外進出企業への転職が強みの、ロンドン発祥の日系転職エージェントです。

管理職やエグゼクティブクラスの転職者をターゲットにしているため、転職決定者は30代〜40代がほとんど。

総勢750名ほどのコンサルタントが在籍しており、ハイキャリア案件に特化しているため優秀で提案力も高いと評判です。

JACリクルートメント詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

年収600〜1500万円の優良企業を多数掲載!ヘッドハンターからのスカウトも魅力。

C Mでもお馴染みのビズリーチは、登録するだけで企業の採用担当者から声が掛かったり、ヘッドハンティングされたりというスカウト機能が便利。

ご自身の市場価値を知るうえでも役に立ちます。

ビズリーチが他の転職エージェントと大きく異なる点は、利用者側も有料というところです。

求職者をお客様として扱うため、質の高いサービスを受けることができます。

ビズリーチ詳細ページ

spring転職エージェント

Spring転職エージェント

spring転職エージェントとは、スイスに本社を構える総合人材サービス企業のアデコグループが運営する転職支援サービスです。

取り扱っている求人は外資系などのグローバル企業が多く、全国に拠点があるため地方の求人にも太いパイプがあります。

特徴は360度式の一気通貫型コンサルティングで、コンサルタントは企業型と求職者の両方を担当するためミスマッチが起こりにくいと評判です。

spring転職エージェント詳細ページ

女性に特化した転職エージェント

男性と比べると、人生の選択肢が多い女性は、女性に特化した転職エージェントを利用するのがオススメ。

女性としてのキャリアを大切にしながら、働きやすい職場を選ぶことが長く働けるコツです。

リブズキャリア

リブズキャリア

生涯にわたり女性が働きやすい職場を提供するリブズキャリア。

女性のアドバイザーだけではなく、さまざまな業界に特化したシニアコンサルタントなど約500名のコンサルタント が在籍しています。

未経験・異業種へチャレンジしたい方から、上昇志向が強いハイクラス向けの求人まで幅広く対応しているのが特徴です。

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

女性アドバイザーによるきめ細やかなサポートが受けられる

type女性の転職エージェントは2017年にリリースされた女性専用のサービスで、年間5,000人以上のカウンセリングと数百名の転職実績を誇ります。

利用者の満足度も高く、結婚しても長く働ける、産休・育休がとりやすいなど、女性目線を大切にした転職エージェントです。

type女性の転職エージェント詳細ページ

30代で未経験へチャレンジできる転職エージェント

30代で未経験の業種へのチャレンジは勇気がいります。さらに経験者と比較するとどうしても書類で落とされてしまいやすいため、未経験を積極的に採用してくれる企業を選ぶことが大切です。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

フリーター・既卒・未経験から正社員になれる求人が多数!

正社員としての経験がない若手をサポートするハタラクティブでは、未経験OKの企業が2,300件以上、経歴よりも人柄を重視する企業が多いのが特徴です。支援実績も15万人以上で、独自のカウンセリングが無料で受けられます。

ハタラクティブ詳細ページ

就職shop

就職shop

履歴書に自信がない方も安心!書類選考なしで早期就職ができる

就職shopは、フリーターや既卒者、第二新卒の転職をサポートする転職エージェントです。

紹介する企業は、1件1件訪問取材した企業だけなので、アドバイザー自信が企業の雰囲気や仕事のやりがい、待遇などをきめ細かく理解して紹介します。

また求職者の人間性を見てもらうために、書類選考はなく面接からスタートするのが特徴です。

就職shopでは4人に3人が正社員未経験者で、就職を成功させた実績を持っています。

就職shop詳細ページ

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントを利用しなくても、個人で転職活動を行うことも十分に可能です。

しかし個人で動くにはデメリットの方が多いことも確か。

ここでは、転職エージェントを利用した方がいい理由を4つ紹介していきます。

求人のタイミングを逃さない

仕事をしながらの転職活動の場合、仕事が忙しいときはサイトをこまめにチェックできないこともありますよね。

あなたの希望にぴったりの求人を逃してしまうことだって考えられます。

転職エージェントは毎日進捗をチェックしているため、タイミングを逃してしまうことがありません。

忙しいビジネスパーソンこそ、自分に変わって転職先を探してくれるサービスを利用するべきです。

非公開求人で求人の幅を広げる

転職サイトで紹介されている求人は一部で、企業が公にしていない求人は山ほどあります。

非公開の理由は企業によりけりですが、社外秘で勧められているプロジェクトのための増員や、新しい部門の立ち上げによるマネージャー候補を募集するケースなどです。

いい条件の求人こそ非公開なものが多いため、転職エージェントを利用する価値は十分にあります。

転職のプロによる充実のサポート

転職では自分で自分を売り込んで行かなくてはならないため、客観的な自己評価が大切です。

転職エージェントはあなた自身が気づかなかったプラス面やアピールポイントを見出してくれることもあります。

また自分では交渉しづらい収入面に関しても、企業側に掛け合ってくれるため要求が通りやすく、スムーズな転職が期待できます。

面接での失敗をフォローしてくれる

転職エージェントでは、担当のコンサルタントが面接に同席することもあります。

同席してもらうことで、緊張などでうまくアピールできなかったことや、企業側の評価がよくなかった場合でも、後から面接官にフォローを入れてくれます。

もちろん同席されるのが嫌であれば、事前に断ることも可能です。

30代が知っておくべき転職エージェントの選び方!

30代の転職を成功させるには?

転職活動においては、転職サイトに登録して活動する方が圧倒的に手軽にスタートできます。

転職エージェントでは直接の面談もあるため、忙しい方は億劫に感じてしまうかもしれません。

しかし転職の成功というのは内定をもらうことではなく、入社してから退職するまでにスポットを当てて考えなくてはなりません。

いい企業に出会うためにも間口を広くして、転職のプロにアドバイスをもらいながら進めていくことが大切です。

30代は実績や経験もあるため、その価値を十分に活かすことが転職成功へのカギ。

今まで入社は無理だと諦めていた企業が、転職エージェントによってあなたのスキルで十分に挑戦が可能ということを判断されるケースもあります。

30代からの転職が難しくなる理由と成功するコツをまとめました

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件