Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システム!時給はいくらで給料日はいつ?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システム!時給はいくらで給料日はいつ?

「最近よく聞くウーバーイーツって、普通のバイトより稼げるの?」
「週3で入っているけど、思ったより稼げないな。効率よい方法ってないのかな?」

近年、日本でもかなり普及しており、稼ぐ人は月に20万円も稼ぐと噂のUber Eats(ウーバーイーツ)。

勤務中のバイトに飽きてきた方は、流行に乗ってUber Eats(ウーバーイーツ)で働くべきか迷いますよね。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員として働いている方は、もっと効率よく稼ぐ方法がないか気になると思います。

そこでこの記事では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システムや、働き方・エリアによって変わる給料の目安を解説しています。

また、効率よく稼ぐための5つの方法も紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システム

デザイナーとはどんな仕事?種類と仕事内容、デザイナーに必要なスキルをご紹介します!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システムは、通常のバイトと違う部分がいくつかあります。

理由は「職業形態が個人事業主という扱いになる」ため。

この形式の良いところは働いた分だけお金が貰えることで、通常のバイトでは難しい月給20万円の達成も可能です!

では、Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システムの何が通常と違うのか、以下の3点に分けて解説します。

  • 給料の仕組みは報酬制
  • 時給の目安は約1500円
  • 報酬の計算方法

給料の仕組みは報酬制

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料システムは、給料制ではなく報酬制です。

簡単に言えば、頑張った分だけお金が貰える成果報酬型。従来のバイトではありえなかった高収入を実現できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を細かく分けると、以下の4つに分けられます。

  • 基本料金
  • ブースト
  • 特別クエスト
  • ピーク料金

それぞれの仕組みについて、詳しく解説します。

基本料金システム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の基本料金システムは、以下の4つで構成されています。

受け取り料金 注文先から商品を受け取る際の料金
受け渡し料金 商品を注文者に届ける料金
距離料金 配達の距離に応じた料金
手数料 Uber Eatsから引かれる料金

以上4つの料金を合算したうえでUber Eats(ウーバーイーツ)配達員の給料は決定し、配達回数を重ねるほど給料が多くなる仕組み。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)の基本料金はエリアごとに違い、以下のようになります。

東京・千葉・埼玉 横浜・川崎 名古屋・京都・大阪・神戸・福岡
受け取り料金 265円 250円 215円
受け渡し料金 125円 120円 105円
距離料金 60円/km 60/km 60/km
手数料 10% 10% 10%

全体的に首都圏が一番稼げる環境であり、人口から見ても東京はひとつ抜けていると言えますね。

しかし実際には、後述するブーストシステムによって1件当たりの報酬も変動するので、東京とそれ以外で大した差は出ないでしょう。

ブーストで報酬アップ

Uber Eats(ウーバーイーツ)のブーストシステムとは、注文の多い時間帯・エリアの配達報酬がアップするシステムのこと。

ブーストされているエリアはアプリ上から確認でき、1.1倍、1.2倍という形で表示されています。

基本的に、ブーストエリアは毎日表示されていますが、ランチ・ディナータイムや土日祝日などはブースト倍率が更に上昇。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐなら、時間帯とエリアにこだわって配達するのがオススメですね。

特別クエストで追加報酬

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエストシステムとは、配達回数に応じて追加報酬が支払われるシステムのこと。

アプリ内で提示されている時間内に、決められた配達回数を達成すると、報酬が発生します。

具体的なクエストは、5時間以内に4回の配達達成で追加報酬480円や、2日以内に20回の配達達成で2500円など、時間も料金もバラバラ。

ブーストを効率よく利用するなら、短時間の配達をたくさんこなすのがオススメ。配達回数は距離に関係ないので、どんどん数を稼ぎましょう。

距離が短いと基本料金は減りますが、総合的な給料は多くなる傾向があるため、目的に合わせて効率よく活用してくださいね。

ピーク料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピーク料金システムとは、時間帯・天候に応じて報酬をアップさせるシステムのこと。

注文が殺到しやすいランチ・ディナータイムや悪天候時の報酬は100~300円アップする傾向があり、特に雨の日は稼ぎ時です。

ピーク料金の対象エリアはアプリ上で確認できるので、悪天候が予想される日には、事前に対象エリアに移動しておくのがオススメ。

基本料金に惑わされず、ブースト・クエスト・ピーク料金の3つのインセンティブを重視できると、月給20万円越えも見えてきますね。

時給の目安は約1500円

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を時給換算すると、目安はだいたい1500円です。

とはいっても配達経験に応じてかなり上下するので、以下の表を参考にすると良いでしょう。

配達初心者 時給500~1000円くらい
配達中級者 時給1000~1500円くらい
配達上級者 時給2000円オーバー

前述したインセンティブを効率よく達成できたり配達エリアの道を熟知していたりすると、時給2000円オーバーになります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として働き始めたばかりなら、時給は良いとこ1000円程度。普通のバイトと変わりません。

中級者以上になれるとしたら、少なくとも3か月程度の勤務は必須ですね。

給料のいい仕事とは?2020年版高収入な業界や職業について解説!

報酬の計算方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬計算方法は、以下のようになります。

「報酬」=「基本料金」―「手数料(10%)」+「インセンティブ」

例えば、東京で配達距離3kmの配達を完了すると、

265円(受け取り料金)+125円(受け渡し料金)+60円×3km(距離料金)-10%(手数料)
=570円―10%(570×0.1=57円)
=513円

中でもインセンティブの割合が大きいので「どれだけ効率の良い配達をできるか」が大事になりますね。

具体的な収入が気になる方は、後述する「働き方ごとの給料の目安」を確認してくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料の目安

30代フリーターでも転職して正社員になれる?就職するためのコツと挑戦しやすいおすすめの職種をご紹介!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬を時給換算するとだいたい1500円くらいですが、実際に月にいくらも貰えるのか気になりますよね。

働き方ごとの月給の例と、エリア別の日給平均について、解説します。

20代で手取り15万~20万円って普通?平均年収と今より収入を上げるコツ!

働き方ごとの月給の例

Uber Eats(ウーバーイーツ)は成果報酬型のため、働き方によって報酬はかなり上下します。

以下に3つの例を出すので、自分に合った働き方を検討しましょう。

  • 平日週5で2~3時間ずつ働く
  • 平日週5でフルタイム働く
  • 土日に5~6時間働く

平日週5で2~3時間ずつ働く

平日に週5日間、2~3時間ずつ働いた場合は、月8万円が目安です。

イメージは大学の授業の空きコマや、副業として勤務後に2時間ほど働く方。

もちろん配達距離・インセンティブなど様々な要因で変動しますが、だいたい8万円ぐらいに収まるでしょう。

平日週5でフルタイム働く

平日に週5日間、朝から晩まで働く方は、月25万円が目安です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員を本業として働いているか、平日フルタイムで働ける暇な学生などがイメージ。

よく聞く「Uber Eats(ウーバーイーツ)で月20万稼いだぜ!」と言う人は、この例に当たるでしょう。

また、これは土日祝日を省いているので、インセンティブの上がりやすい休日を狙えば、さらに稼げるかもしれませんね。

土日に5~6時間働く

土日の2日間、5~6時間ずつ働く方は、月8万円が目安です。

平日は学校で忙しい学生や、平日に本業・休日に副業というスタイルを確立している方がイメージ。

週末はインセンティブが大幅に上昇するので、もっとも効率的な稼ぎ方と言えますね。

ただ、本業とのバランスを考えなければ、週末の忙しさで体調を崩す恐れもあるので、無理のない配達を目指しましょう。

エリア別の日給平均

Uber Eats(ウーバーイーツ)のエリア別の日給平均をまとめると、以下のようになります。

東京 10000円~20000円
神奈川 8000円~15000円
埼玉 8000円~14000円
千葉 8000円~14000円
大阪 10000円~18000円
京都 7000円~13000円
神戸 7000円~13000円
名古屋 8000円~14000円
福岡 8000円~13000円
広島 7000円~13000円
岡山 7000円~12000円
松山 7000円~11000円
高松 7000円~10000円
仙台 7000円~13000円
金沢 7000円~11000円
富山 7000円~10000円

やはり東京が高いのは一目瞭然ですが、そこまで大きな差もないので、結局どれだけ効率の良い配達をできるかによって左右されるでしょう。

こんな仕事あるの?実在する変わった仕事12種

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日と明細について

副業でブログはまだ儲かる?実際に稼いでいるのはどんな人?

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料はいくらなのかを解説してきましたが、ここからは給料日や明細に関しての情報を解説します。

具体的には以下の3つです。

  • 給料日
  • 給料明細の確認方法
  • 給料振込先の口座登録方法

それぞれについて、詳しく解説します。

給料日(報酬支払い日)は毎週水曜日

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日は毎週水曜日の週給制です。

指定した口座に前週の分の報酬が振り込まれる形式で、通常のバイトより早く給料を獲得できます

例えば、10月1日(月)~7日(日)で働いた分の報酬は、10月10日(水)に振り込まれます。

従来のバイトでは月単位で給料が支払われるため、「やばい!今月おサイフがピンチ!」なんてざらにあったはずですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)ならその恐れはありません。

ただし、週単位で支払われる報酬を過度に使えば、週単位で金欠になるので気を付けましょう。

水曜日に振り込まれないこともある

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料日は毎週水曜日と設定されておりますが、実際には必ず水曜日に振り込まれるわけではありません

これは登録している金融機関によって変わりますが、たいていの機関では振り込み処理に2~3営業日かかり、支払いが遅れます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は海外送金で振り込まれるため、振り込みの処理に時間がかかるのも要因の1つ。

もちろん毎週水曜日に振り込まれる金融機関もありますが、「自分の口座には毎週何曜日に振り込まれるのか」を確認しておきましょう。

給料明細の確認・ダウンロード方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料明細の確認方法は、以下のようになります。Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリレストランマネージャを使うので注意。

現在の週の明細確認 ・レストランマネージャーを開く
・ログイン情報を入力してログイン
・メニュー→「お支払い」を選択
・最新の週の明細が表示される
過去の週の明細確認 ・レストランマネージャーを開く
・ログイン情報を入力してログイン
・メニュー→「お支払い」を選択
・最新の週の明細が表示される
・「お支払期間」の日付欄を選択
・確認したい期間を入力
・更新すると表示される

また、ダウンロード方法は以下の4ステップです。

  • レストランマネージャーで明細を表示する
  • 緑色の「CSVをダウンロード」をクリック
  • 「お支払い明細」を選択し、ダウンロード
  • CSVファイルを開き、明細の詳細を表示

基本的にパソコンでの操作をオススメしているので、確認もダウンロードもパソコンを用いた方がやりやすいでしょう。

給料振込先の口座登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の給料振込先の口座指定方法は、以下の6ステップです。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)サイトにアクセス
  • メールアドレス・電話番号・パスワードでサインイン
  • 画面上部の「銀行口座情報」を選択
  • 画面下部の「追加」を選択
  • 口座の入力フォームが表示される
  • 入力項目を埋めて「送信」を選択

以上のステップで口座登録を行えるので、比較的簡単ですが、入力項目を間違えないことと、入力フォームで長時間放置しないことには注意が必要。

登録情報が間違っていると思わぬトラブルが起こることもありますし、入力フォームで長時間放置するとセキュリティ上よくないです。

ひとつひとつの手順を正確におこなってくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐ5つの方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐ5つのコツは、以下の5つです。

  • 土日祝日やランチ・ディナータイムを狙う
  • 配達の多い繁華街・駅周辺を狙う
  • 配達スピードを上げる
  • 雨の日は稼ぎ時!
  • 他の配達アプリと併用する

それぞれの方法について、詳しく解説します。

土日祝日やランチ・ディナータイムを狙う

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐなら、土日祝日やランチ・ディナータイムの配達が欠かせません

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はやればやるだけ報酬が貰えるので、忙しい時間帯にたくさん配達をするのがカギ。

土日祝日の注文は平日に比べて80%程増すというデータもあり、忙しくなるのが当然です。

特に日曜日のランチタイムは配達員のスマホが鳴りっぱなしになるので、インセンティブを狙って多くの配達をこなしましょう。

配達の多い繁華街・駅周辺を狙う

Uber Eats(ウーバーイーツ)で効率よく稼ぐなら、配達の多くなる繁華街・駅周辺を拠点にしましょう。

例えば、インセンティブで回数をこなしたいなら、マクドナルド周辺がオススメ。

店が多いため配達が短距離になりますし、人気店なので注文も殺到します。

それ以外にも、人気レストラン付近で待機していれば、時間を無駄にすること無く多くの報酬を獲得できるでしょう。

また、エリアを定めるなら、道周辺の地図を頭に入れておくのも必須ですね。

エリアによっては収入保障があることも

Uber Eats(ウーバーイーツ)では地域によって、収入保障インセンティブを実施しているところもあります。

収入保障インセンティブとは、簡単に言えば収入がアップするシステムで、「オンライン時間インセンティブ」と「配達回数保証インセンティブ」の2つに分類。

具体的な詳細は以下のようになります。

オンライン時間インセンティブ 勤務時間中に注文が来なくて、基準補修に達さなかった。
配達回数保証インセンティブ 一定回数の配達をすれば、追加報酬確定

この2つはエリアごとに稀に発生しますが、常に実施されているわけではないので、あったらラッキーぐらいの感覚が良いですね。

配達スピードを上げる

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達するほど稼げるので、配達スピードを上げれば多くの報酬を得られます

配達スピードを上げるためには、以下のような工夫点があります。

  • 速い乗り物に乗る
  • 筋トレして体力向上
  • 抜け道を覚える

特に注目するのは「抜け道を覚える」で、どれだけ道を熟知しているかで配達スピードはかなり変わります

Uber Eats(ウーバーイーツ)上級者は、通常20分かかるところを半分の10分で終わらせることもあり、単純計算で報酬は倍なんてことも。

配達員として慣れていない段階なら、道をよく知っている地元地域で配達するのがオススメですね。

乗り物はクロスバイクがオススメ

配達するエリアにもよりますが、配達車はクロスバイクがオススメ

クロスバイクならスピードも車に劣らないですし、抜け道も使いやすく時間を短縮できます。

バイクは信号で長く待たされますし、通常の自転車は単純にスピードが遅いですよね。

多方面から見て、クロスバイクはスピード配達に適した乗り物と言えるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に長く勤務する方は、報酬を貯めて購入するのも一つの方法ですね。

雨の日は稼ぎ時!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は雨の日に報酬がアップする傾向があり、1回あたりの報酬が300円アップすることもあります。

一回の配達がだいたい500円弱なので、300円アップとなると報酬は1.5倍。

つまり、雨の日に配達をし続けると、日給10000円のところを15000円貰えるわけです。

これは極端な例ですが、どちらにしても雨の日の報酬はとてもおいしいので、事前に雨の日を狙って働くのもオススメですね。

他の配達アプリと併用する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で効率よく稼ぐなら、他の配達アプリと併用するのもオススメです。

配達員バイトにありがちなのが、配達の途中で注文が滞ることで「せっかく勤務しているのに報酬がない」というケース。

こんなとき配達アプリを併用していれば、注文の滞りを避けられます。時間帯・エリアによりますが。

勤務時間を全てお金に変えるためにも、無駄な時間を過ごさない工夫をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)給料システムの3つの注意点

type転職を退会する方法と退会する際の注意点

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)給料システムにはいくつか注意点があり、以下の3つです。

  • 確定申告をする
  • ガソリンなどの必要経費を把握する
  • 報酬を大きくするための遠回りはNG

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

確定申告をする

Uber Eats(ウーバーイーツ)は個人事業主という形態のため、自分で確定申告をする必要があります

確定申告は年間でどれだけ収入を得たのかを税務署に届けることで、翌年の税金を定めるのに必要です。

確定申告をしなければならない人には条件があり、以下のような条件です。

Uber Eatsが本業の方 38万円を超えた方
Uber Eatsが副業の方 20万円を超えた方
バイト掛け持ちの方 合算して38万円を超えた方

※「収入」=「年間配達収入」-「必要経費」

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員を、本業にしているのか・副業にしているのか・掛け持ちしているのか、で変わるので注意が必要。

また、「確定申告しなくてもバレなくね?」なんて発想は絶対にやめてください。国をなめてはいけません。

税金に関してはかなり目を光らしているので、どんなに小さな脱税も見逃すことはないでしょう。

無駄に大きなリスクを背負わないよう、必ず確定申告を行ってくださいね。

ガソリンなどの必要経費を把握する

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は、ガソリン・スマホ通信費・整備費・手袋など、必要経費を把握しなければなりません

経費は前述した確定申告でも必要になりますし、実際の収入がいくらだったのかを把握するツールでもあります。

ただし、経費の用途がプライベートと混ざっていると、全額経費は認められないので、経費の計算方法は知っておきましょう。以下に示します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達とプライベートの半々で利用している自転車の整備費は、半分は自費、半分は経費扱いになります。

割合によって変わるので、注意してくださいね。

報酬を大きくするための遠回りはNG

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達では、配達距離に応じて報酬が増えますが、報酬アップのための遠回りは絶対NG

バレれば報酬減額、あるいは契約打ち切りも考えられるので、リスクの高い遠回りはやめておきましょう。

ただし、道に迷って遠回りした場合は、その旨を伝えれば適切な対処をしてくれるので、「正直な配達」をするのが良いですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は効率よく報酬を稼ぐ

業種と職種の違いとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬は、様々な工夫によって上げられます!

注文が殺到する地域・時間帯を狙ったり、雨の日を狙ったり、クロスバイクで配達時間を短くしたり、方法は様々です。

自分にできる工夫をして、Uber Eats(ウーバーイーツ)報酬で通常のバイトより多く稼ぐようにしましょう。

ただし、稼ぐためといっても時間だけにとらわれず、交通ルールを守った安全運転を心がけてくださいね。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件