1月に転職活動を始めるための転職対策やスケジュールを徹底解説!

転職活動は1年を通して行われるのが一般的。

そのため、転職活動を始めよう!と思っても、どの時期が転職活動に最適な時期かわからないですよね。

そこでこの記事では時期を絞って、1月に転職活動を始めたい人向けに

  • 1月に転職を始めるメリット
  • 1月に転職活動を始める人向けの転職対策
  • 1月に転職を始める際のスケジュール例

の3つを紹介します。

5分程度で読み終わる内容でまとめてありますので、気軽に読んでみてください!

1月に転職を開始する3つのメリット

転職が活発になる時期は年に数回ありますが、1月はその中でも特に活発化する時期の直前にあたります。

この時期に転職を開始するメリットは以下の3つです。

  • 転職が活発化する前だから転職サポートを手厚く受けられる
  • 冬のボーナス需給後だから金銭面で余裕がある
  • 求人掲載が急増するから選択肢が増える

以下で詳しく紹介します。

転職が活発化する前だから転職サポートを手厚く受けられる

転職活動が活発化する前の1月は、転職サイト・エージェントのサポートを手厚く受けられる可能性が、非常に高いです。

実は、転職活動を行う際にほとんどの人が利用する、転職サイトや転職エージェントは、転職活動の活発な時期には非常に混雑します。

1つの求人に応募が殺到したり、1人の転職専門コンサルタントが複数名の転職者のサポートを請け負ったりと、転職業界も繁忙期に入ります。

その時期に転職サイト・エージェントを利用するとなると、満足したサポートが受けられない可能性があるんです。

満足したサポートが受けられないとなると、転職活動に関する負担が大きくなったり、自分の希望した企業への応募ができなくなったりと不都合が生じやすいです。

一方で1月の転職サイト・エージェントは、繁忙期に比べて手厚くサポートを受けることが出来ますので、満足度の高い転職を実現できる可能性が高いのです。

転職サイト・エージェントは利用者全員が無料で利用できますから、できるだけ最大限に有効活用できる時期に利用する方がメリットが大きいんです。

冬のボーナス受給後だから金銭面で余裕がある

転職活動はかなりお金がかかります。

面接や転職サイト・エージェントを受ける企業まで行く交通費、転職活動に使用する衣料品や化粧品、面接の時間まで時間をつぶすカフェなどの飲食代など、こまごまとした出費が激しいんです。

ですが1月に転職するとなると、冬のボーナスを受給した状態にあたりますので、お財布が潤った状態で活動することができます。

金銭面での不安やストレスは、転職活動の妨げになりますから、金銭面での負担が少ない1月はベストタイミングと言えるでしょう。

また、1月は就活にむけたサービスが増加する時期でもありますから、スーツやネクタイ、靴などが比較的安価に手に入りやすいのもメリットです。

求人掲載が急増するから選択肢が増える

1月は中途採用の求人掲載が活発化し、企業の採用意欲が高まる時期にもあたります。

実は、1月は企業の人員不足が加速する時期に入るのです。

12月で企業を退職してしまう人や、3月で定年退職をしてしまう人が続出するなど、年明け企業では人員不足が問題化する傾向にあります。

中には、新卒の内定辞退が続出し、新年度からの人員が急に不足する企業もあります。

その人員を補充する目的で、1月は企業が4月の新年度開始までに求人を募集しようとするため、求人が豊富になるのです。

求人が豊富になると、その分だけ選択肢が増えますから、転職の際に大切にしたい労働条件を比較することができます。

また、この時期は他の転職者が転職活動を本格化させていない時期にあたりますから、同じ求人に応募するライバルが少ないというのも魅力の一つです。

1月に転職活動を始める人向けの転職対策

転職の活発化する前の1月に、転職活動を始める人がやっておくべき転職対策は以下の3つです。

  • 事前にスキルや経験の棚卸しをしておく
  • 転職サイト・エージェントに積極的に登録する
  • 転職活動のスケジュールを事前に立てておく

以下で詳しく解説します。

事前にスキルや経験の棚卸しをしておく

事前に社会人生活で得た「スキル」や「経験」を何らかの形で棚卸しをしておきましょう。

実は、どの時期に転職活動を始めても転職に失敗してしまう人には共通して「スキルや経験を文章化できていない」という特徴があります。

スキルや経験を文章化できていない状態だと、自分の強みを企業にアピールできず、面接はおろか書類選考にも通過できない可能性があるのです。

その為にも、自分の持っているスキルや経験をノートやスマホを利用して文章化し、棚卸しをしておくことが必要になります。

「簡単でしょ!」と思っていても、意外と自分のことを自分で理解するのは難しいので、軽視しすぎないようにしましょう。

もしも、スキルがなくて不安な方は以下の記事を参考にしてみてください。

転職したいけどスキルがない…そんな方で転職できるコツを教えます

転職サイト・エージェントに積極的に登録する

転職活動を始める前には積極的に転職サイト・エージェントに登録するようにしましょう。

上の項目でも紹介したとおり、1月は比較的転職サイト・エージェントが混雑しておらず、相談のしやすい状態です。

そのため、混雑する前に自分の目的に合った転職サイト・エージェントに登録しておくことをおすすめします。

特に、転職エージェントは早い段階で登録しておきましょう。

転職活動が活発化してくると、コンサルタントも複数の転職者を担当するため、サポートを受け辛くなってしまい可能性もあります。

転職エージェントでは、無料で書類選考や面接対策を無料で行ってくれます。

他の転職者が活動を始め、混雑するより先に面談や書類選考や面接対策を行っておくことが重要です。

また、転職エージェントは求人を紹介してもらう前に、拠点や電話でのヒアリングが必要になりますから、早い段階で済ませておきましょう。

ちなみに、転職サイト・エージェントに登録する数は

  • 転職サイト:3~4個
  • 転職エージェント:2~3個

が目安です。

あまりにも登録しすぎてしまうと、求人紹介メールが大量に届いてしまう、連絡が取りづらいなど不都合が生じてしまいますので気を付けましょう。

転職活動のスケジュールを事前に立てておく

転職活動は平均で2~3ヶ月かかるのが一般的です。

そのため、2月、3月を見据えた転職活動のスケジュールを事前に立てておきましょう。

転職活動のスケジュールを立てることで退職の時期を見極め、現職場での手続きをスムーズに進めることにも繋がりますよ。

また、転職活動では平日に採用活動に参加しなければならないこともありますから、仕事の都合をつけておく、有給の申請の準備をしておくことも重要になります。

ちなみに、1月に転職活動を始めた人の一般的な入社時期は「3月」ですので、入社時期を目安にスケジュールを立てていきましょう。

1月から転職を始める人向け!活動スケジュール例

ここで、1月から転職活動を始める人向けの活動スケジュールの例を紹介します。

完璧にこの通りにする必要はありませんが、目安として参考にしてください。

11月~12月前半:スキルや経験の棚卸し

11月~12月前半にはスキルや経験の棚卸しを済ませておきましょう。

特に、11月中に終わらせておくのがベストです。

12月は年末の繁忙期に入る企業がほとんどですので、精神的肉体的に余裕がある時期に済ませておくことで、正確なスキルや経験の棚卸しができます。

またスキルや経験の棚卸しは、転職サイト・エージェントに登録する前に行っておくことで、求人紹介や書類添削をスムーズに進めることにもつながります。

12月後半~1月前半:転職サイト・エージェントに登録して求人募集開始に備える

12月後半~1月前半には転職サイト・エージェントに登録しておきましょう。

年末年始に登録しておくことで、1月の本格的な転職活動開始に向けての準備ができます。

また、年末年始の休みを利用して、口コミや評判から自分にあった転職サイト・エージェントを探すこともできます。

転職サイト・エージェントは基本的に登録に1,2分程度で済みますので気軽に登録できますよ。

1月中旬~1月後半:求人に応募し、書類選考対策

年が明け、仕事始めの1月中旬に求人に応募する段階に入ります。

転職エージェントを利用する場合はこの時期に、ヒアリング面談ができるように時間を空けておきましょう。

応募する求人が決まったら、応募に必要な書類の作成に移りましょう。

書類作成で分からないことがあれば、転職サイト・エージェントを利用してプロのアドバイスをもらうようにしましょう!

1月後半~2月前半:面接

書類選考に通過したらいよいよ面接です。

面接の日程に合わせて、現職場の休みを取得する必要があるので、自分のスケジュール管理を徹底しておきましょう。

転職サイト・エージェントの中には、面接の実戦練習を行ってくれるところや企業の特色に合わせた面接対策を行ってくれるところもありますので、積極的に利用するようにしましょう。

2月前半~2月後半:内定&退職手続き

面接が終わり、2~3週間ほどで採用・不採用の連絡が届きます。

採用が決まったら内定です。

内定決定後は、現職場に退職する旨を伝えて引継ぎを済ませましょう。

3月以降は新生活に向けた準備期間や入社の準備期間に当てましょう。

注意!退職の報告は最低でも1ヶ月前にするのがマナー

転職活動で一番面倒といわれているのが、「現職場での退職手続き」です。

法律上では「退職の2週間前までに」企業側に退職の予定を伝えればOKと言われています。

しかし、仕事の引継ぎや職場への負担を考慮して「1か月前」に退職の報告をするのが一般的なマナーとされています。

急に「即日辞めます」ということはできませんので注意が必要です。

退職手続きに不安がある人はコンサルタントに任せるのもあり

「職場に退職の報告をするのは緊張してできない…」
「退職までの人間関係に影響が出たらどうしよう…」

という方も多いことでしょう。

実は、転職エージェントの中には、退職に関する手続きをコンサルタントが代行するサービスを提供しているところもあります。

もしも退職手続きに不安があるのであれば、登録している転職エージェントのコンサルタントに相談してみるのも一つの手段ですよ!

1月に入社したいなら「10月」に転職活動を始めよう!

1月に転職したいという人の中には「1月に入社したい」という人もいるのではないでしょうか?

1月の入社を目指すなら、「10月」には本格的に転職活動を進める必要があります。

1月に入社したい場合でも、この記事で紹介した転職対策やスケジュール管理を徹底するようにしましょう。

1月からの転職に最適な転職サイト・エージェントを紹介!

1月からの転職に最適な転職サイト・エージェントは「掲載求人数の多さ」で判断しましょう。

以下では求人数の多い転職サイト・エージェントを紹介していますので、是非登録してみてください!

求人数業界TOP!リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職業界最大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

求人数の多さは業界トップで、コンサルタントからの条件に合った求人紹介の他に、自分で求人を検索できるサービスも提供しています。

また、コンサルタントもこれまでの転職実績から得たノウハウをもとに教育されていますので、質が高いと高い評判を得ています。

定期的に転職者向けのイベントも開催していますので、近くに開催場所があれば足を運んでみるのも良いでしょう。

登録・利用料は無料ですので登録しておいて損はないでしょう。

詳細はこちら

早い時期に動き始めて早々に内定をゲットしよう

いかがでしたか?

1月は転職活動が活発化する前のスタートダッシュ期間ですので、転職活動を始めるには最適の時期であると言えます。

しかし、転職に最適な時期だからといって必ず全員が内定をもらえるわけではありません。

この記事で紹介したような転職対策を徹底して、周りとの差別化を図っていきましょう。

もしも現職が忙しいのであれば、転職エージェントにサポートを依頼することも可能ですので積極的に利用するようにしましょう。

また、転職のスケジュールを立てて、管理していく事も重要です。

1月の時期を活かして、しっかりと準備をした上で早々に内定を獲得できるように動いていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件