在職中の転職活動は違法になる可能性が!リスク回避のための注意点を解説します

在職中の転職活動は違法になる可能性が!リスク回避のための注意点を解説します

「在職中に転職活動したら違法になる?」と思っている方は、この記事を読んで転職活動に関する知識を身につけましょう。

転職は今の会社や仲間に対する裏切り行為のような気持ちになるので、「きちんと退職してからの方がいいのかな?」と不安になりますね。

そこで今回は、

  • 在職中の転職活動は違法になるのか?
  • 違法にならないためにはどうしたらいいのか?

この2点について説明したいと思います。

在職中の転職活動が違法になるのは同業界への転職

日本の憲法では、どんな人にも「職業選択の自由」が定められています。

会社にどれだけお世話になっていたとしても、「転職は裏切り行為だ!」「違法だ!」などと訴えられることはありませんので安心して下さい。

仮にそんなことを言われたとしても、裁判を起こせば100%負けることはないので相手にする必要はありません。

しかし会社によっては、職業選択の自由が認められないケースがあります。それが「同業界への転職」です。

会社の就業規則によって異なる

「就業避止義務」という言葉をご存知でしょうか?就業避止義務とは、現職の企業の不利益になるような競業行為を禁止するもので、自社のノウハウや機密情報を守るために定められています。

会社によっても異なりますが、入社時や退職時に「○年間は同業他社への転職は禁ずる」といった誓約書へサインを求められることがあります。

企業の重要な機密を扱っている役員や部長クラスの役職者に課せられることが多いのですが、まれに従業員にも該当するケースがあるので注意しましょう。

就業規則違反になると転職前に懲戒免職になることも

ここまで読まれた方は、「同業に転職するつもりだったのに!どうしよう!」と戸惑っている方も多いでしょう。

入社時にサインをした記憶がない人は、退職するときサインをしなくてはならないのか戸惑ってしまいますよね。

しかしサインをしたからといって、同業界への転職ができないわけではないんです。

「就業避止義務」が定められていても、企業の不利益になるような行為をしなければ問題にはなりません。

競業他社へ会社の重要な情報を漏らすなんてこと、常識のある人ならしませんよね。

しかし本人はそのつもりがなくても、公開していないプロジェクトに携わっていることを面接で話したり職歴に書いたりして、知らないうちに機密が漏れていたということも実際に起こっています。

この場合、就業規則違反になり、退職金の支給制限や損賠賠償の請求、最悪は懲戒免職になるケースもあるので十分に注意しましょう。

就業規則になければ職業選択の自由で好きに転職可能

在職中の転職活動においては、就業規則に禁止事項がなければ自由に活動ができます。

また「在職中の転職活動を禁止する」とあっても、就業規則よりも憲法が圧倒的な力を持っていますので、転職は可能です。

ただし、会社のパソコンや電話を使って転職活動を行うのはルール違反になります。

転職活動だけではなく、会社の貸与品を私的に利用すると懲戒免職になることがあるので気をつけて下さい。

  1. 会社のパソコンなどを使用しない
  2. 就業時間中に転職活動をしない
  3. 機密情報を漏らさない
  4. 仕事の手を抜かない

この4つを守れば、在職中でも転職活動は自由にできます。

在職中の転職活動で違法リスクを避けるための注意点

いくら憲法で守られているからといって、「これから転職活動をします!」と自分から告白する人はいませんよね。

違法ではないにしても、今の会社を辞めるということは仲間や上司にいい気持ちを持たれません。

転職先が見つからなかった場合、今の仕事を続けていくことになるので、自分が不利になるような行動は避ける必要があります。

基本的に転職活動は秘密裏に行う

転職を考えていること、転職活動を始めたことは、上司はもちろん仲のいい同僚にも話さないようにしましょう。

残された人たちは、「あなたが辞めたいと思った会社」で働き続けなくてはならないのです。

誰だっていい気持ちはしないですよね。

「仲間には最初に話したい」と思っている人は、転職先が決まってから伝えましょう。

そうすれば、転職先が決まらずに今の会社に残ることになった場合でも今まで通り働けます。

職場での転職活動を匂わせる行為は避ける

普段はカジュアルな格好で出社するのにスーツだったり、仕事中に頻繁に席を外したりして転職活動がバレるケースがあります。

求人のチェックは通勤中、応募先とのやりとりはトイレや昼休みを利用して行いましょう。

「最近忙しそうだけど、もしかして転職活動してる?」なんて言われたとき、嘘をつかなくてはなりません。

転職で有給を活用するなら取得理由は別のものを使う

内勤や私服での出社が認められている人が面接に行く場合、有給を取るのが一番です。

有給は従業員の権利ですので、何のための有給かを話す必要はありません。

しかし社内で有給の理由を伝えるのがルール化されている人は、「私用のため」「家族の都合」などにしておくのが無難です。

転職に関することは一切話さないようにしましょう。

会社の就業規則をよく読みこんでおく

入社してから就業規則をきちんと読んだ人はあまりいないかもしれません。

しかし退職や転職には何らかの規則が設けられていますので、就業規則を引っ張り出して読み込んでおきましょう。

企業の退職規定をしっかり把握しておく

退職の申し出は、最短で2週間前と法律で定められています。

しかし何年も勤めた会社を2週間で辞めるのはイレギュラーです。

引き継ぎもありますし、業務をスムーズに移行させるためには最低でも1ヶ月はみていた方がいいでしょう。

2週間で退職するのは、「パワハラを受けている」「違法な労働条件で働いている」といったケースが該当すると覚えておいて下さい。

注意!転職活動中のインスタ・Twitter投稿に注意する

転職活動中のことをSNSでつぶやく人がいますが、転職をスムーズに行いたいのであれば注意しなければならないポイントがあります。

同僚や先輩に転職活動がばれる可能性がある

今は年代問わず、多くの人がSNSを利用しています。

転職活動をしていることや採用結果をつぶやいてしまうと、それを見た会社の人が社内にウワサを広めてしまうかもしれません。

誰が見ている変わらないSNS、転職に関するワードや写真は一切残さないにようにしましょう。

転職先の企業に見られている可能性もある

在職中の会社だけでなく、応募先からもチェックされる可能性があることを忘れてはいけません。

面接では普段と違う姿をみせていることが多いため、本当の姿をSNSで判断する企業もあるのです。

仮に面接に行った企業の悪口などを書いていた場合、採用される訳がありません。

また面接時と普段の様子のギャップが凄すぎる場合も、いい印象を持たれないことが多いでしょう。

転職活動が会社にバレる原因とは?内緒で転職活動を進める秘訣

転職活動が会社にバレてクビ?在籍中の転職で注意すべきポイント5つを徹底解説

在職中の転職活動の負担を軽減するなら転職エージェントを!

在職中に転職活動をするリスクが理解できたでしょうか?

転職活動は水面下で社内の誰にもバレないように行う必要があります。

しかし「仕事は忙しい時間はないし」で、思うように転職活動が進まない人も多いのではないでしょうか?

そんな人は、転職エージェントを利用して活動すると負担が軽減されます。

面倒な日程調整を肩代わりしてくれる

書類選考を通過したら、次は一次面接に進むことになります。

企業によっては三次面接まで行っており、面接に通過するたびに日程調整しなくてはなりません。

仕事中に電話を受けていたら周りからも怪しまれますし、隠し通すのも大変です。

そんなとき転職エージェントを利用すると、担当のアドバイザーがあなたに変わって全ての日程調整を行ってくれます。

就業時間のあいだはメールでのやりとりのみとお願いしておくことで、周りにバレる心配もありません。

転職に必要な情報を提供してくれる

キャリアアドバイザーは企業の人事や採用担当者と長年の付き合いがあり、求人情報には掲載されていない内部の情報にも精通しています。

会社の雰囲気、働くメンバー、社内の様子を知っている人でしか持っていない生の情報を得ることが可能です。

またアドバイザーは業界や企業ごとに担当を持っているので、今後の成長が期待できる業界か、会社の業績はどういった具合かなど最新の情報が入手できます。

面接や書類選考のサポートが受けられる

キャリアアドバイザーは、これまでに何人もの転職者を企業に紹介しています。

面接官の人柄、重視するポイントなども熟知しているでしょう。

採用されるためのノウハウを持ったアドバイザーが、あなたの書類作成や模擬面接のお手伝いをしてくれるので、採用させる確率が格段にアップします。

在職中の転職活動のサポートが充実している転職エージェント3選

在職中の転職はスピーディかつ、何社も受けるより的を絞った集中型の活動が望ましいです。

徹底したサポートで早期に内定をもらえる確率が高い、オススメの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

数ある転職エージェントの中でも最大手で、業界ナンバーワンの実績を誇るのがリクルートエージェントです。

20万件ほどの求人案件を抱えており、その90%が非公開求人となっています。

対象になる年代は20代〜30代がメインで、経験者、未経験者を問わず幅広い人材が利用可能です。

実際にリクルートエージェントを利用した方からは、

  • 面接での質問事例や雰囲気を教えてもらったおかげで対策を練ることができた
  • 模擬面接で「何を伝えるか」「企業側はどんな考えか」を学べて面接で役立った
  • 各企業に精通したアドバイザーに職務経歴書の添削をしてもらった

という声が上がっています。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

2万件近い求人数を抱え、約6万人が登録しているマイナビグループの転職エージェント。

キャリアアドバイザーの質が高いと評判で、面接の選考突破率が高いのも特徴です。

IT業界や医療業界に強く、営業職やITエンジニア、求人数が少ないクリエイティブ関連の案件も豊富に抱えています。

実際にマイナビエージェントを利用した方からは、

  • 担当者の対応が素晴らしく、話をしっかり聞いた上で提案をしてくれた
  • 選考書類を送ると「ここをこうすれば良くなりますよ」と的確にアドバイスしてくれる
  • 3つの転職エージェントを利用したが、一番自分にあった求人を紹介してくれた

と喜びの声が寄せられています。

マイナビエージェント詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

転職支援実績が25万人、取引実績のある企業が1.6万社にも及ぶのは、株式会社パソナが運営するパソナキャリアです。

パソナというと人材派遣業のイメージが強いですが、「2019・2020年オリコン顧客満足度調査転職エージェント 第1位」に輝いた実績も持っています。

面接対策や応募書類の添削に力を入れており、レンスポンスも早く短期での転職が可能です。

実際にパソナキャリアを利用した人からは、

  • 超がつくほど丁寧な対応で、アドバイスも的確です
  • 求人の質が高く、大手や年収が優れている会社が多かった
  • メールのレスポンスが非常に早くて丁寧

などの声が上がっています。

パソナキャリア詳細ページ

在職中の転職活動が違法にならないように就業規則は要チェック!

在職中に転職活動をしても違法になることはありません。

しかし会社のパソコンや電話を転職活動に利用したり、仕事をサボって面接に行ったりということがバレると、転職する前に懲戒解雇になってしまうことがあります。

そうならないためにも、会社の就業規則をしっかりとチェックして、円満退社ができるように準備を整えることが大切です。

働きながらの転職活動は長期化しやすいので、転職エージェントを利用してスピーディーに転職先が決めていきましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件