サントリーに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

サントリー

サントリーといえば、清涼飲料水やアルコールなどの製造販売を手掛ける会社として有名です。

株式の一部上場も果たすなど、社会的信用度も大きく、転職してみたいという人も多いのではないでしょうか。

そんなサントリーに転職を目指す人にとっての気になる情報といえば、年収や待遇、転職のしやすさなどの点かもしれません。その詳細を見てみましょう。

一目で分かるサントリーの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

サントリーの評判をわかりやすくまとめてみました。

転職希望者によっても、重要視する点はそれぞれ異なるかもしれませんが、参考になるのではないでしょうか。

その内容を見てみると、残業時間が少ないや福利厚生面などの点が充実していることが特徴といえます。

やはり、日本を代表する企業の一つということもあり、従業員の働きやすさという点では申し分ないといえるでしょう。

年収の高さという点についても、転職したばかりでは、多少の物足りなさを感じることになるかもしれませんが、勤続年数が長くなることで、徐々にアップしていくことになります。

会社の規模からしても、倒産や廃業のリスクは極めて限定的です。

中途入社のしやすさについても、決して悪くはありません。

本人のやる気次第では中途採用でも管理職などの要職に就くことが可能です。

サントリーはどんな会社?

会社名 サントリーホールディングス株式会社
創業 2009年2月16日
設立 1972年3月
資本金 7000億円(2017年2月20日現在)
従業員数 38013人
本社所在地 大阪市北区堂島浜2-1-40
代表者 佐治信忠
事業内容 グループ全体の経営戦略の策定・推進、およびコーポレート機能

サントリーの概要を簡単にまとめてみました。設立は2009年となりますが、元々の創業は1899年ということで、かなり昔までさかのぼることになります。

創業者の鳥井信治郎が、大阪でぶどう酒を主に取り扱う「鳥井商店」という店舗を始めたのがきっかけとされています。

資本金も700億円ということで、その大きさが目立ちます。従業員数は38000人を超えており、その活躍の舞台は日本国内のみにとどまりません。

グループ会社も含めると320社を超える企業が世界各地で営業を続けています。

主なエリアとしては、アメリカやヨーロッパ、アジアなどが挙げられますが、その規模も徐々に拡大傾向にありグローバル展開を加速しているのです。

事業方針・経営理念

「水と生きるSUNTORY」というメッセージを大々的に掲げての企業戦略を進めています。

このメッセージの中には、ウイスキーやビール、清涼飲料水などの製造を手掛ける企業としての思いが込められているといえるでしょう。

水と自然の恵みを商品に取り入れ、顧客に提供するということを事業方針として掲げています。

サントリーでは、「人と自然と響きあう」や「Growing for Good」、「やってみなはれ」、「利益三分主義」を理念体系として取り組みます。

とりわけ注力しているのが、人と自然に響きあうというテーマです。

清涼飲料水や酒類などと自然の恵みである水を使っての商品の製造販売を手掛ける企業として、自然への感謝の気持ちを忘れることなく日々の営業活動に取り組まなければならないという考え方を持ちます。

加えて、コーポレートマークの「SUNTORY」は、みずみずしい色合いのウオーターブルーで表示されます。

このコーポレートマークには、水のようにしなやかな企業でありたいというメッセージが込められているのです。

事業内容

サントリーの事業内容といえば、主にジュースやコーヒー飲料などの清涼飲料水、ウイスキーやビールなどの酒類、サプリメントなどの健康食品の製造開発及び販売が挙げられます。

清涼飲料水

コーヒーやミネラルウォーター、炭酸飲料などの製造開発では、日本でもトップメーカーとしての地位を確立してきました。

コーヒー飲料の「ボスシリーズ」に代表されるような大ヒット商品を次から次へと世に送り出していることでも知られます。

その活躍の舞台は日本にとどまることなく、アメリカやオセアニア、ヨーロッパなどの世界各地に広がりを見せています。

酒類

ウイスキーやビール、ワインなどのアルコール類の製造開発もサントリーの屋台骨を支える事業といえるでしょう。

「ジムビーム」「メーカーズマーク」はもとより、「山崎」や「響」、「角瓶」などはいずれも世界中にファンを持つブランドといっても過言ではありません。

ビールでも「ザ・プレミアム・モルツ」のような、大ヒット商品を送り出すなどの輝かしい実績を誇ります。

健康食品

健康社会を支えるための製品づくりに注力。

サプリメントなどの製造開発も進めています。「セサミン」などの主力商品は、中高年やシニア世代を中心に大きな支持を集めています。

売上

サントリーの売上は、2016年度の実績を見ると2兆6514億円を超えており、国内の同業他社と比較した場合トップレベルといえるでしょう。

営業利益についても、1979億円を超え2000億円に迫る勢いで推移するなど、業績は順調そのものといえるのではないでしょうか。

サントリーでは、日本のみならず、アメリカやヨーロッパ、アジアなどの世界にも進出していることもあり、日本での営業成績が落ち込んでしまった場合でも、他の国々からの売上でカバーできるという強みを持っています。

進出する国の中には、経済発展が著しい国も含まれており、成長性も見込めます。

売上アップに向けての期待感も膨らむことになります。

売上をセグメント別に見た場合、酒類よりもコーヒー飲料やミネラルウォーターなどの清涼飲料水事業の占める割合が大きいこともわかります。

従業員数

サントリーの従業員数は、38,013人と上場企業の中でもトップレベルの多さです。

この従業員数についても、徐々に増える傾向にあります。

日本国内の好調ぶりもさることながら、グローバル戦略を進めることに伴い、主にアジアやオセアニアの地域への投資を積極的に行っています。

今後に向けても積極的に人材を採用する意欲を示していることから、ますます従業員数は増えることが予測されます。

サントリーの転職難易度

サントリーに転職を希望する場合には、その難易度を予め把握しておくことも大切かもしれません。

サントリーに転職するには、一定以上の職務経験や資格などを所持していることが必要になります。

むろん、部署ごとに細かく採用基準などが分かれていますので、転職活動を開始する前に事前にチェックしておくと良いでしょう。

サントリーの場合にも、募集中の職種以外は基本的には採用しませんので、その点にも注意が必要です。

必ずしも自分が目指す職種が採用活動をしているかどうかはわかりません。

仮に自らの希望する職種が採用活動をしている時にも、応募する前に良く募集要項を確認することが重要です。

大卒以上などの学歴やこれまでの職務経験の有無、英検やTOEICの点数などの条件がつけられているケースもあります。

サントリーの待遇

多くの転職希望者が気になる点といえば、待遇面ではないでしょうか。

一言でいえば、サントリーの待遇は極めて良いといえます。やはり、日本を代表するほどの大企業ということもあり、従業員の働きやすさにも注力している姿勢が垣間見えます。

残業

残業時間については、部署ごとに異なりますが、平均で月に15時間前後となります。

心配なサービス残業は一切ありませんので、従業員にとっては、理想的な環境といえるでしょう。

むろん、繫忙期と閑散期などによっても残業時間は違ってきますので、予めチェックしておきたいところです。

休日数

サントリーでも完全週休二日制を導入しています。プライベートを充実させたいという人にとってもピッタリです。

また、夏季休暇や年末年始休暇はもとより、育児休暇なども取得しやすい環境となっていますので、ライフステージに合わせての働き方ができます。

福利厚生

社員寮や社宅などの住まいに関する取り組みをはじめ、カフェテリアプランやプロスポーツ支援などと幅広い分野で恩恵を受けることができます。

従業員にとっては、支給される給料以外にもさまざまな形でサポートされているのです。財形貯蓄や社内貸付などとあわせて利用することも可能です。

現在募集している職種

サントリーでは、現在二つの職種を募集中です。いずれも経験者を対象にしています。

生産研究部門

勤務時間 9:00~17:30
職務内容 化粧品・医薬部外品の生産管理及び品質保証業務
応募資格 3年以上の職務経験がある方、化粧品・医薬部外品メーカーの生産部門又は工場での生産管理・品質保証業務の経験者
大卒以上(化学、生化学、生理学、薬学、農学等のいずれかを学んだ方)
歓迎事項社内外との人との円滑なコミュニケーションが取れる方
給与 経験・能力を考慮による

ビジネス部門

勤務時間 10:00~18:30
職務内容 業態開発、メニュー提案、飲食店の問題解決
飲み方開発などによる新製品のプランニング
応募資格 飲食店等での5年以上の現場経験
マネージャーやリーダーの経験があれば尚可
学歴不問
給与 月収26万~経験・能力を考慮による

サントリーの年収は平均どれくらい?

サントリーの年収については、平均で1015万円程度となっています。

転職者に対しても既存の社員と同様に扱われるため、特段の心配は要りません。

全国的な平均が628万円ほどですから、かなりの厚遇といえるのではないでしょうか。

転職後の昇給はしやすい?

サントリーでは、転職社員にも既存社員と同様に昇給や昇格の機会を与えてくれます。

転職した人のモチベーション向上を狙っての取り組みといえるのではないでしょうか。

現に転職でサントリーに入社した人の中にはリーダーやマネージャーなどの要職に早めに昇格を果たした人も多くいます。

新しい人も積極的に取り入れ、思う存分に活躍してもらいたいという考え方に立っての取り組みといえるでしょう。

ボーナス・賞与は貰える?

“転職活動者にとっての一番の関心事ともいえるのが、ボーナスや賞与ではないでしょうか。

その点についても、心配無用です。転職者にもしっかりとボーナスが支給されることになります。

ボーナスについても各部署によって異なりますので、一概にいうことはできませんが、夏と冬で合わせて基本給の4~5倍程度が支給されることになります。

具体的には、100万円~150万程度が期待できます。むろん、毎月の給料とは別に支給されることになります。

サントリーの福利厚生・待遇は充実している?

サントリーの福利厚生・待遇は極めて充実しているといえるのではないでしょうか。

社宅や社員寮などの従業員の住まいに関するサポート体制も手厚くなっていることもさることながら、保養所やリゾート施設なども使用可能です。

従業員本人はもとより、家族がいる従業員にとってもありがたい環境といえるでしょう。

カフェテリアプランも導入しています。

自らの福利厚生を選択することができるという仕組みであり、従業員の意思を最大限に取り込んでくれるという画期的な取り組みです。

こちらについても、転職者にも適用されることになります。

残業時間

残業時間については、1カ月の平均で15時間程度となっており、上場企業の中でも少ない時間数といえるでしょう。

ワークライフバランスという観点からも望ましいといえます。むろん、サービス残業を強いられることは一切ありません。

部署によっては、繫忙期に残業が増えることになりますので、気になる方は事前にチェックしておくことが必要です。

休日・休暇

“サントリーでは、休日数も多くなっています。完全週休二日制が基本になっており、従業員の生活に配慮がなされています。

年末年始や夏季休暇などもあり、旅行などの計画も立てやすいといえるのではないでしょうか。

その他にも、育児休暇や介護休暇などの従業員やその家族のライフステージに合わせての休暇も取得しやすい環境が整います。

有給休暇の取得しやすさについても心配無用です。

「有給休暇が取りにくい」などの雰囲気はなく、気兼ねなく取得することができます。

福利厚生

福利厚生面の充実ぶりには定評があります。

全国各地にあるスポーツ施設では、サントリーの社員であることにより、無料もしくは、割引価格で利用することができます。

テニスやサッカー、野球などのスポーツで汗を流すことの大切さにも重点を置いていることがわかります。

従業員本人はもとより、家族や仲間も利用することができるというのが嬉しいポイントといえるのではないでしょうか。

サントリーでは、従業員の自己啓発やスキルアップへの挑戦も積極的にサポートしています。

資格取得などの費用を一部負担するなどの取り組みがあります。

サントリーへ転職するまでの流れ

サントリーに転職するまでの流れをまとめます。

  1. 公式サイトや転職サイトからのエントリー
  2. 書類選考
  3. WEB試験
  4. 一次試験
  5. 二次試験
公式サイトや転職サイトからのエントリーで転職活動がスタートすることになりますが、転職希望者の中には、「公式サイトからでなくて大丈夫?」と心配する人もいるかもしれません。

その答えについては、全く心配する必要はないといえるでしょう。

転職のプロのアドバイスがもらえる転職サイトからのエントリーでも十分にチャンスがあります。

サントリーへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 34歳
性別 男性
前職 大手ファストフード店勤務
転職理由 とにかく勤務時間が長く、サービス残業の毎日から逃げ出したかった
誰もが聞いたことがあるような大手のファストフード店の店長を任されていました。とにかく店長の仕事は激務であり、生活自体に余裕は全くないような状態でした。サントリーに転職できたことで、生活は一変することになりました。基本的に残業は一切なしで、上席からも無理難題を要求されることはありません。プライベートの時間も十分に確保することができますので、毎日の生活にも張り合いを感じています。

サントリーへの転職におすすめ転職サイト

転職サイトを使うメリットとしては、自らにマッチした転職先を見つけることができる可能性が高まる点が挙げられます。

数多くの転職サポートを手がけた経験を持つキャリアアドバイザーの助言やアドバイスがもらえることも大きなポイントといえるでしょう。

サントリーは、「知らない人はいない」といっても過言ではないほどの知名度も高い上場企業ですので、転職を目指す人が大勢いることも事実です。

ライバルたちに負けないためにも、できる限りの努力をすることが必要です。

転職サイトを使うのもサントリーへの転職を成功するための努力の一つといえます。

マイナビ転職

マイナビ転職も数多くある転職サイトの中でもおすすめのサイトといえます。

マイナビ転職の良さは、転職希望者にとって助言やアドバイスを丁寧にしてくれる点にあります。

「転職MYコーチ」と称する専任のアドバイザーが、転職にまつわるさまざまなことをサポートしてくれます。

履歴書や職務経歴書の書き方はもとより、面接に臨む際の心構えなどについて、事細かくアドバイスをしてくれます。

もちろん、サントリーへの転職を目指す人にとっても的確なアプローチの仕方を教えてくれます。

マイナビ転職の詳細はこちら