カゴメに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

カゴメ

トマトを中心とした事業で有名な大手企業であるカゴメは転職先として高い魅力があります。

食品や飲料の業界で独自のシェアを作り上げている点でも特色がある企業です。

年収や待遇についてはどのような状況になっているのでしょうか。

転職をする上で難しいのかどうか、転職したらどんな環境で働くことになるのかをよく理解した上で志望しましょう。

一目で分かるカゴメの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

カゴメはどんな会社?

会社名 カゴメ株式会社
設立 1949年
資本金 19,985,000,000円
従業員数 2,456人(2017年12月時点)
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦3丁目14番15号
代表者 寺田 直行
事業内容 調味食品、保存食品、飲料などの食品全般に関わる製造・営業・販売、種苗や青果物の仕入れ・生産・販売

事業方針・経営理念

  • 企業理念:感謝、自然、開かれた企業
  • ブランドステートメント:自然を、おいしく、楽しく
  • 社会課題の解決に積極的に取り組み、持続的に成長できる強い企業

カゴメでは大前提となる企業理念を基盤とし、ブランドステートメントによってカゴメブランドのあるべき姿を明確にし、10年後のカゴメ像を目指して事業を展開していくという方針を取っています。

そして、中期経営方針を立て、それに基づく個々のレベルでの行動規範を定めるという体系を整えているのが特徴です。

企業理念はいつの時代も変わらない信念として継承されていくものと定められています。

自然の恵みや人々に対して感謝し、自然に基いて深みのある価値を創り続けることを求め、公正で透明性のある事業を展開することを目指しているのがカゴメです。

そして、おいしさや楽しさを追求しつつ、地球環境や体内環境のことも考慮して健康を促せるようにしていくというブランドステートメントを作り上げています。

このような食品や飲料に関わる力を最大限に発揮し、社会課題の解決を持続的に行い、社会も自社も成長していくことを将来像として掲げているのが特色です。

事業内容

カゴメではトマトや健康を基軸として多様な事業を展開しています。

食品事業

創業120年以上もの歴史を持つカゴメはトマトを使った食品事業が中心になっています。

トマトケチャップやウスターソースは110年もの歴史を持っているのが特徴です。

この他にもパスタソースやおかず調味料、レンジ調理食品などの様々な食品を開発して販売を行っています。

販売においては業務用事業や通販事業も展開していて、多くのニーズに応えられるように対応しているのが特色です。

飲料事業

トマトジュースを中心とする飲料事業もカゴメが大きなシェアを獲得している部分です。

トマトジュースは85年もの歴史があり、国内シェアの54.6%を占めています。

野菜ミックスジュースや野菜果実ミックスジュースもそれぞれ国内シェアの45%、52.7%を占めているのが特徴です。

この他にも乳酸菌を利用した飲料の開発なども手がけて事業を拡大しています。

農事業

カゴメでは農事業も展開し、トマトの生産と加工を行っています。

イノベーション本部ではトマトの遺伝情報に関するデータベースを作成し、加工用と生鮮用の品種開発をしてきました。

登録済み品種だけでも70種ほどあり、開発してきた品種は7,500にも及んでいます。

また、家庭用園芸商品の開発も実施し、トマトの生産に関して広くサポートを行っているのが特色です。

売上

カゴメ株式会社の売上は2017年12月期では2142億円でした。

2018年ではやや増加の2150億円を予想していて、持続的に売上を伸ばしてきているのが特徴です。

営業利益にすると119億円、経常利益では126億円、純利益では101億円というのが2017年におけるデータになっています。

着実に利益を高めてきているので今後の状況もさらに良くなっていくと期待できるでしょう。

利益が上がればそれだけ待遇も高くなると期待でき、開発系の職種で働く場合には十分な資金を使って大きなプロジェクトを動かせる可能性も高まります。

従業員数

カゴメで働いている従業員数は平成29年12月期では2,456人でした。

食品や飲料に関する事業に特化している企業の中では比較的多い方です。

カゴメでは商品の企画から開発、製造から販売に至る基本的なフローだけでなく、トマトの生産などの農事業やそれに関わる研究開発まで幅広く事業を行っています。

そのため、多様な職種の人材が必要になり、研究開発などの専門職では多様な能力を持っている人が求められているのです。

総合職の中途採用も積極的に行っていて伸び盛りの企業なので、従業員数も増えている状況があります。

カゴメの転職難易度

カゴメの転職難易度は決して低いわけではありませんが、大手の中では比較的受け入れてもらいやすくなっています。

総合職コースでの中途採用を頻繁に行っていて、特に研究職の場合には募集が多いので転職をする上で目指しやすい企業です。

しかし、大手で待遇も優れていることから競争になりやすいので、能力的には十分なものがなければなりません。

カゴメの待遇

  • 残業や休日出勤の少ない労働環境
  • 多様な研修制度
  • 充実している休暇制度

カゴメでは社員を大切にするための待遇を整えていることで定評があります。

ワークライフバランスを保てるようにしつつ、個人の能力や興味関心に合わせたキャリアアップを行える研修制度があるのが魅力です。

現在募集している職種

研究技術系総合職(研究開発)

勤務時間 事業所により異なる
職務内容 工場での生産工程の設計、品質管理、生産、ライン管理
給与 能力・経験により決定
応募資格 4年制の国内外の大学又は大学院を卒業した方で4月に入社可能な方
3月時点で在職中ではない方
学歴 大卒以上
給与 初任給:院卒総合職:220,000円大卒総合職:207,500円
賞与 年2回(6月、12月)、標準年間 5.8ヶ月(業績連動方式)

研究技術系総合職(工場)

勤務時間 本社・支店:9:00~17:30工場:8:00~16:45
職務内容 適性に応じて商品開発、生産調達の他、宣伝、広報、人事などの多様な業務
給与 初任給:院卒総合職:220,000円大卒総合職:207,500円
応募資格 4年制の国内外の大学又は大学院を卒業した方で4月に入社可能な方
3月時点で在職中ではない方
学歴 大卒以上
給与 初任給:院卒総合職:220,000円大卒総合職:207,500円
賞与 年2回(6月、12月)、標準年間 5.8ヶ月(業績連動方式)

事務系総合職

勤務時間 本社・支店:9:00~17:30工場:8:00~16:45
職務内容 適性に応じて商品開発、生産調達の他、宣伝、広報、人事などの多様な業務
給与 初任給:院卒総合職:220,000円大卒総合職:207,500円
応募資格 スーパーマーケットなどの小売店やレストランなどの外食産業への営業担当
その後、適性に応じてマーケティング、商品企画などの他、人事、財務・経理などの業務
応募資格 4年制の国内外の大学又は大学院を卒業した方で4月に入社可能な方
3月時点で在職中ではない方
学歴 大卒以上
給与 初任給:院卒総合職:220,000円大卒総合職:207,500円
賞与 年2回(6月、12月)、標準年間 5.8ヶ月(業績連動方式)

カゴメの年収は平均どれくらい?

カゴメで働いている従業員の平均年収は2017年度では727万円でした。

この数年間では700万円前後を推移していて比較的高い給料で働くことができると考えられます。

同じ食品や飲料のメーカーでの待遇と比較すると平均的であり、より手広く事業を展開している大手企業にはやや劣るものの、特化型の大手企業の中では優秀な部類に入っているのがカゴメです。

転職後の昇給はしやすい?

カゴメで転職後に昇給しやすいかどうかはケースバイケースです。

適性に応じて職種が決定されるため、配属先の部署で成果を評価してもらいやすいかどうかが勝負どころになります。

ただし、年1回の昇給は認められているので着実に年収は上がっていくでしょう。

ボーナス・賞与は貰える?

カゴメでは年2回のボーナスが支給されます。

支給する月は6月と12月で業績連動方式を導入しているのが特徴です。

実績に基づく標準年間賞与は5.8ヶ月になっているので、かなり金額的にも多いと期待できます。

カゴメの福利厚生・待遇は充実している?

食品及び飲料業界における大手企業の一つとして模範的な待遇を社員に与えているのはカゴメの特徴です。

福利厚生も独自のものを次々に導入してきているため、魅力的な形で働けるようになるでしょう。

残業時間

転職する上で残業時間がどの程度あるのかはよく問題にされます。

カゴメはその点で優秀な環境が整っていて、全社員の平均残業時間は17.2時間程度です。

長いときでも40時間程度で済むのは他の企業ではあまり見られないような良好な職場状況があることを示しています。

休日出勤についてもほとんど必要とされることはありません。

また、残業などが必要になった場合には正しく時間外業務手当が支給されていて、サービス残業などに追われる心配がないのも魅力です。

部署によっては残業時間がほぼゼロという場合もありますが、配属される部署次第なので気をつけておきましょう。

休日・休暇

休日や休暇についてもカゴメでは魅力的な状況が整っています。

制度として週休二日制を導入していて、年間休日数は121日です。

本社や支店と工場とではスケジュールに違いがあるため、転属すると少し違うリズムで働かなければならなくなるので気をつけなければなりません。

産前産後休暇や育児休暇などの法定休暇についても取得できます。

年次有給休暇も半日取得が可能なので柔軟に活用できるのが魅力です。

また、メモリアル休暇やリフレッシュ休暇、慶弔休暇も申請できるのでプライベートを大切にしたい人に向いています。

福利厚生

  • 各種社会保険制度完備
  • 福利厚生倶楽部
  • 共済会
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄制度
  • キャリアプラン研修
  • ライフプラン研修
  • カフェテリア型教育・研修
  • 部門別研修
  • 選抜型ビジネススキル研修
  • キャリアコンサルティング制度
  • 社内検定制度

このようにカゴメでは多様な福利厚生を用意しています。

福利厚生倶楽部があるのでプライベートで役に立つ様々なサポートを受けやすくなっていますが、共済会や財形貯蓄制度などもあるので保険や資産形成におけるサポートも万全です。

特にカゴメが力を注いでいるのが研修であり、多種多様な研修を自由に利用できるシステムを作り上げています。

特徴的なものとしてカフェテリア型教育・研修があり、自己啓発を行うための費用を補助してもらえるようになっているのが特徴です。

また、外部講師を積極的に呼んで論理的思考、マーケティング、リーダーシップなどの様々なビジネススキルを学ぶ機会が得られます。

この他にもキャリアコンサルティングなども受けられるため、将来に対する不安をなくしていける状況があるのが魅力です。

カゴメへ転職するまでの流れ

  1. エントリー
  2. エントリーシートの提出
  3. 筆記テスト
  4. 企業セミナー・個人面談
  5. グループワーク・適性検査
  6. 人事部長面談
  7. 最終面談

カゴメの中途採用枠に応募するときの基本的なフローは上記の通りです。

エントリーをするにはオフィシャルサイトから行う方法と、転職サイトから応募する方法があります。

オフィシャルサイトから行う場合には会員登録をしてオリジナルのアカウントを作成するか、マイナビの会員IDとパスワードを使うかを選択可能です。

エントリーを終えたらレジュメなどを含むエントリーシートを提出した後、筆記テストを受けます。

そして、筆記に合格したら企業セミナーに参加し、その場で個人面談を受けるのが基本です。

そして、さらにグループでの面接と適性検査が別日程で行われ、それに合格できると人事部長との面談に呼ばれます。

ここで優秀な人材と認められるとさらに最終面談を実施し、採用の内定に至るというのが流れです。

カゴメへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 40歳
性別 男性
前職 食品産業、営業職
転職理由 大手でワークライフバランスを整えたい
私はカゴメに比べたらずっと小さな中堅企業で主に飲食店をクライアントにする営業を行ってきました。転職をしたきっかけはワークライフバランスを整えたかったからです。ノルマが多くて仕事を持ち帰ることも多く、労働時間に見合った給料をもらえていないという実感がありました。食品産業でずっと働いていたので業界については詳しいという自負があり、大手のカゴメでも受け入れてもらえるだろうと考えたのです。転職に成功してからは再び営業職として抜擢されましたが、勤務二年ですぐに管理職に上がり、十分にワークライフバランスを保ちながら稼げるようになっています。
年齢 31歳
性別 男性
前職 飲料産業、マーケティング
転職理由 給与をもう少し上げたい
コメント飲料関係のメーカーでデジタルマーケティングを主に行ってきましたが、企業としての先行きが不安になりました。ボーナスも出ないという状況が続いていたので、もっと給与を増やせるようにしつつ、不安なく働きたいと考えて大手のカゴメを選びました。転職で年収も50万円近く増えて、キャリアも生かせるマーケティング分析を担当させてもらえていて満足しています。

カゴメへの転職におすすめ転職サイト

カゴメへの転職を考えるときに重要なのが転職サイトを活用することです。

オフィシャルサイトから応募して全て自分の力で転職を達成しようと考えるのも悪くはありません。

カゴメでは比較的頻繁に中途採用を募集しているのでチャンスはあります。

しかし、グループワークが採用フローに含まれているほどに競争になることは必至です。

そのため、いかにして採用してもらいやすいように対策したかで合否が左右されてしまいます。

転職のプロである転職サイトのコンサルタントに相談して対策を立てると有利になることが可能です。

カゴメでは通常は総合職コースでの中途採用を行っていますが、募集をかけるからには特定の部署で即戦力となってポテンシャルもある人材を獲得するのを目指しています。

その詳細を知らずに自己アピールをしても、カゴメ側にとってはあまり魅力のない人材と捉えられてしまいがちです。

カゴメとのコネクションをしっかりと持っていて、どんな人材を欲しているかを理解している転職サイトのコンサルタントに相談すれば、そのニーズに合った人材としてアピールするためのノウハウを伝授してもらえます。

さらにエントリーシートの作成なども細かく手伝ってもらえるので手際良く採用試験を受けられるでしょう。

DODA

DODA

DODAは転職業界でも最大手の一つとして大手企業とのつながりをしっかりと持っています。

カゴメもその一つであり、転職のサポートとするのにうってつけです。

また、キャリアアドバイザーによるサポートが行き届いていることで定評がある点でもカゴメに転職するときに利用する価値があります。

特に転職した経験がない人の場合には細かなところまで配慮してくれるので、失敗するリスクが大幅に低減されるでしょう。

もしカゴメに採用されなかったときにも、どのようなキャリアを考えられるかを親身になって話をしてくれます。

転職活動をする上で強力なサポートを受けられるのはDODAを利用する魅力です。

DODAの詳細はこちら