アサヒビールに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

アサヒビール

ビールの販売で知名度が高いアサヒビールは、アサヒビールホールディングスの中でビール類の製造と販売を行っている企業です。

酒類の販売業界においては大企業の一つなので人気も高くなっていますが、転職して働きたいときにはどのようにして求人を探して応募したら良いのでしょうか。

アサヒビールの特徴を理解しながら転職方法も合わせて理解しておきましょう。

一目で分かるアサヒビールの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

アサヒビールはどんな会社?

会社名 アサヒビール株式会社
設立 1949年9月1日
資本金 20億円
従業員数 3,179人
本社所在地 東京都墨田区吾妻橋1-23-1
代表者 平野 伸一
事業内容 ビール類を中心とする酒類の開発、製造及び販売事業

事業方針・経営理念

  • アサヒグループは、最高の品質と心のこもった行動を通じて、お客様の満足を追求し、世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献します。
  • イノベーションの推進による新たな価値創出でNo.1戦略の深化を目指す!
  • 酒類市場における新たな需要の創造を目指す

アサヒビールはアサヒグループホールディングスの中核を成す事業を行う会社として、アサヒグループホールディングスの経営理念を踏襲して事業を展開しています。

世界で認められるビール類を開発して製造販売することを目標として掲げ、カスタマー視点での商品開発を行っているのが特徴です。

その心として顧客の声を重視して行くことを掲げ、ただビールや発泡酒の販売を行うだけでなく、環境事業を代表とする社会貢献にも積極的に取り組んでいます。

安定した実績を上げているからこそできる事業であり、安心して働ける基盤ができていることがわかる企業です。

また、事業方針としてアサヒビールではイノベーションを重視し、常にマーケティング分析を経て新たなニーズを見出すことを重視しています。

斬新な新製品の開発に努め、ビールだけでなく第三のビールにも力を注いでいるのが特徴です。

事業内容

ビール類事業

アサヒビールの主力となっているのがビール類事業です。

アサヒスーパードライを中心とするビールの開発と生産、品質管理と流通を主に行っています。

独自の品質保証システムを導入することで高い鮮度を保てるようにしていて、さらにできたて品質を保持するための物流機構の構築することで良質なビールを消費者に届けられるようにしているのが特色です。

発泡酒や新ジャンルとも呼ばれる第三のビールも次々に開発を進めていて、発泡酒では年間販売数を1,000万箱以上という実績を2008年から2017年に渡って継続してきています。

新製品の販促だけでなく、既存のビールの流通のための営業活動も積極的に行い、キャンペーンの実施による顧客の獲得を頻繁に行っているのが特徴です。

ビール類以外の酒類事業

アサヒビールホールディングスではビール以外の酒類についても販売を行っています。

ニッカウヰスキーによるウイスキーの製造販売を代表とし、ワインやRTD、焼酎やアルコールテイスト清涼飲料などを手がけている事業です。

ノンアルコールビールテイスト飲料の売上も上々であり、アサヒドライゼロを中心とした販売展開を行っています。

研究開発事業

アサヒビールでは研究開発事業にも力を入れています。

製品づくりのための基礎研究から応用研究まで広く手がけていることに加え、自然環境や健康を考えた製品を生み出すための研究も行っているのが特徴です。

うまいとは何かを科学的に解き明かすための努力を続けているのはアサヒビールの研究開発事業の特色と言えます。

売上

アサヒビールの売上収益は2017年12月期では2,084,877百万円でした。

酒類以外にも飲料や食品なども含めた売上ですが、酒類だけでも968,858百万円にも上っています。どのセグメントでも売上高は伸びている状況があり、事業利益にしても196,368百万円という高い水準を保っています。

利益率も9.4%という高水準になっていて、常に成長を続けられる程度の収益を得ているのがアサヒビールの魅力です。

その成果はボーナスなどに反映され、社員のモチベーションを上げるのにつながっています。

従業員数

大きな売上を上げているアサヒビールですが、従業員数は3,179人で突出して多いわけではありません。

効率的な生産と利益が上がる形での大量販売を行っていることにより大きな収益を得られる仕組みを作り上げているのがアサヒビールの特徴です。

しかし、実際には現場で働いている従業員の職種は広く、一般事務やマーケティング、営業や企画、開発などのスタッフに加えて、研究や生産、管理や品質検査に関わる専門のスタッフも抱えています。

営業拠点や工場も全国各地にあり、海外事業も行っていて中国、ヨーロッパ、アメリカにも会社があるのが現状です。

必然的に応募されている職種も勤務地も広く、様々な状況の人が応募できる可能性がある企業になっています。

アサヒビールの転職難易度

アサヒビールに転職するのは大手という点で競争率が高いことから転職は比較的難易度が高くなっています。

しかし、事務系や営業系、企画系や販売系などのオフィスワークを中心とする職種だけでなく、化学や生物、分析に関わる研究職や技術職も豊富にあり、官能検査などを行う特殊なスタッフの募集もあるのがアサヒビールの特色です。

今までのキャリアを十分に生かせる職種の求人が見つかれば転職できる可能性は十分にあります。

アサヒビールの待遇

  • 高い給与水準
  • フレックスタイム制の導入
  • 多岐にわたるキャリアアップ支援

アサヒビールでは全業界を含めて考えても高水準の待遇が揃っています。

キャリアアップをしていきたい人も、ワークライフバランスを充実させたい人も適した支援を受けられる体制が整っているのが特徴です。

アサヒビールの年収は平均どれくらい?

アサヒビールで働いている従業員の平均年収は食品業界や酒類業界の中でもかなり高い水準にあります。

平成28年度では996.0万円でしたが、その前年度では1,025.0万円にも上っていました。

過去の推移を見ても基本的には1,000万円前後になっていて、常に高い水準で給与を受けられる魅力があります。

転職後の昇給はしやすい?

アサヒビールでは毎年4月に昇給する制度を取り入れているため、着実に働いていれば年収は伸びていきます。

大企業で様々な部署に細分化を行っていることに加え、人事を積極的に動かしていることから同世代に負けずにしっかりと目立った成果を上げれば昇進による大幅な昇給も期待することが可能です。

できるだけ稼げるようになりたいと考えたら開発職や営業職などのように成果をはっきりと形にしやすい業種を目指すのが効果的でしょう。

若手の昇進も比較的よく見かけられるので、若くて体力や気力が充実しているときに精一杯仕事をするのが大切です。

ボーナス・賞与は貰える?

売上が上々で着実に伸びていることから、アサヒビールでは比較的良くボーナスが支給されています。

社内制度として6月と12月の二回、営業成績に応じて基本給をベースに支給する仕組みになっていますが、およそ3ヶ月分から4ヶ月分の支給は毎年あるので魅力的です。

社員のモチベーションを上げるのに十分な形が整っています。

アサヒビールの福利厚生・待遇は充実している?

アサヒビールでは大手企業として十分な資金力を駆使した福利厚生を提供し、社員が安心して働ける環境を整えています。

転職に際して気になりやすい点と、アサヒビールで特色のある支援制度について確認しておきましょう。

残業時間

アサヒビールでは上司の指導によって基本的には必要以上に残業を行わない現場を作り上げるように心がけられています。

実際には仕事に慣れるまでは残業に追われることがよくあるものの、その全てを申請するように強く指導を受けるため、確実に残業手当は支給してもらうことが可能です。

2016年度の実績では21.6時間が平均の残業時間ですが、職種によって残業の有無にも大差があり、時期的な影響も受けるので一概にどの程度の残業時間が毎月あるかは働いてみないとわかりません。

規定の時間外労働時間がオーバーしそうなときには上司にも勧告が入るシステムになっているので過重労働に苛まれる心配はないでしょう。

また、フレックスタイム制を敷いているので残業が続いて疲れたときに朝は遅めに出勤したり、残業が想定されるから早めに働き始めたりといった形で柔軟な働き方が可能です。

休日・休暇

休日についてはアサヒビールでは完全週休二日制を取り入れています。

土曜日と日曜日はいつも休みになり、2016年度の場合には年間休日数が123日もありました。この他にも年次有給休暇が14日から20日与えられています。

有給休暇の平均取得日数は2016年度の実績では12.4日であり、かなりよく取得されている企業です。

この他にもリフレッシュ休暇やメモリアル休暇、慶弔休暇などがあり、ワークライフバランスを考えながら休みをうまく活用するのに適している現場になっています。

また、アサヒナイスライフ休暇というボランティア休暇もあり、アサヒビールホールディングスの社会貢献をする姿勢に共感を持っている人には特に有効活用できるでしょう。

福利厚生

  • 各種社会保険完備
  • 家族手当や通勤手当などの手当の支給
  • 自己研鑽補助などの各種研修制度
  • 自己啓発支援
  • キャリアアドバイザー面談
  • キャリア開発セミナー
  • 資格取得支援制度
  • 厚生行事

アサヒビールではここに挙げたような多様な福利厚生が用意されています。

手当や保険、厚生行事などによるバックアップ体制も整っていますが、アサヒビールに特徴的なのはキャリアアップやスキルアップのための支援制度が多いことです。

研修は階層別、職能別に行われるものが多数用意されていて、様々な資格の取得や語学の習得のサポートを受けたり、海外留学の機会を提供してもらったりすることが可能です。

キャリアコンサルティングも世代別に実施するなど、徹底したキャリアサポートが行われています。

これから業界で突出した能力を持つ人材として成長していきたい人にとって魅力的なサポートがあるのがアサヒビールの魅力です。

アサヒビールへ転職するまでの流れ

  1. オフィシャルサイトや転職サイトなどからエントリー
  2. 会社説明会
  3. 一次選考会
  4. 二次面接

アサヒビールへ転職する際には上記のような流れで手続きを進めていくことになります。

オフィシャルサイトや転職サイトなどで求人を見つけて応募するのが最初に必要なことであり、それによって採用予定エリアでの会社説明会と一次選考会に同時に参加できる仕組みになっているのが特徴です。

一次選考会では面接と筆記試験、適性試験を行い、さらにグループディスカッションやロールプレイングなどが実施されます。

そして、後日にアサヒビールの担当者と二次面接が行われて内定を受けるというのが基本的な流れです。

アサヒビールへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 31歳
性別 男性
前職 製品開発の企画担当
転職理由 年収を上げたい
コメント私は中小の食品メーカーで製品開発の企画職として働いてきましたが、残業が多いのに払いが悪いのがずっと気にかかっていました。キャリアを積んだので大手に転職したいと考え、エージェントを利用して紹介してもらえたのがアサヒビールの企画開発職です。コンサルタントによるサポートのお陰で速やかに転職に成功し、年収も100万円ほど上がって満足しています。
年齢 36歳
性別 男性
前職 研究開発職
転職理由 キャリアを生かして社会貢献をしたい
コメント私は化学メーカーで研究開発職に携わってきましたが、あまり社会に大きな貢献ができていないのがいつも悩みでした。研究を通して世の中の人に喜んでもらいたいと思い、アサヒビールへの転職を決意しました。研究成果が上がれば多くの人に喜んでもらえるのが明確なプロジェクトばかりでとても仕事にやりがいを感じられるようになりました。海外でのポスドク経験を持っていたのを高く評価してもらえたのが成功のポイントだったと思います。

アサヒビールへの転職におすすめ転職サイト

アサヒビールへの転職をするときには転職サイトのサポートが重要です。大手だからこそ新卒を育て上げる方針を取っていて、中途採用の求人はあまり多くはありません。

採用するときにもキャリア重視の求人が多いので、転職サイトの非公開求人になっていることも珍しくありません。

希少な求人だからこそ大手でアサヒビールとつながりがある転職サイトを使うのが転職を有利にする秘訣です。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは転職業界でも最大級と言える転職サイトの一つであり、アサヒビールへの転職を考える上では適しています。

大手企業とのつながりが強く、コンサルタントに相談するとマッチングを行ってくれるため、能力に応じて適切な求人があれば非公開のものも含めて紹介を検討してくれるのが特徴です。

運良く自分の適性がマッチしている人材の紹介をアサヒビールが求めているときなら転職に成功できる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です