SPIの結果がボロボロ…転職活動はあきらめるべき?起死回生の手段はある?

SPIの結果がボロボロ…転職活動はあきらめるべき?起死回生の手段はある?

転職活動真っ最中の人にとって、採用を掴み取るためにはSPI対策も万全に行いたいものです。

SPIの結果が思うように出ないと、今後の転職活動に不安を感じてしまいます。

SPIの結果がボロボロの場合、転職活動はあきらめた方が良いのでしょうか…?起死回生の手段はあるのでしょうか…?

この記事では、SPI試験で思うような結果が出ないと不安な方に向けて、転職活動を成功させるための工夫を解説していきます。

SPI試験の結果だけに囚われるのではなく、企業がSPI試験を行っている目的も理解しながら、今後の転職活動でどのような工夫が必要なのかを考えていきましょう!

なんで中途採用でもSPI試験を受けるの?

そもそも、なぜ企業は中途採用にもSPI試験を設けているのでしょうか?

企業側の意図を知ることで、どのような対策が必要なのかも見えてきます。

まずは、企業がSPI試験で転職者の何を知ろうとしているのかについて解説していきます。

履歴書で判断できない能力を図るため

転職活動で企業に提出する書類の代表的なものに、履歴書や職務経歴書が挙げられます。

これらの書類は、転職者の経歴や職務経歴・スキル・経験などを知る材料になりますが、転職者の能力や性格、適性まで判断することはできません。

SPI試験は、主に能力検査と性格検査の二つに分けることができます。

能力検査は社会で働くうえで必要な基礎知識を測ることができ、性格検査では性格傾向や行動傾向を、先入観を除いた状態で数値化することができます。

採用不採用の合否を判断するためには、転職者についての様々な情報が必要になります。

履歴書などの書類だけでは見えない部分を補うためには、SPI試験などの数値化されたデータが参考になるのです。

性格検査でその人の本音を引き出すため

SPI試験の性格検査では、本人もあまり自覚していないような性格傾向を数字として表すことができます。

面接などでは、採用されたいという思いから本音を隠して話す人もいます。

面接での印象も大切ですが、企業としては偽りのないその人の性格や考え方などを知りたいのです。

これから一緒に働く人を決めるわけですから、目の前にいる人の本音を聞きたいと思うことは自然な考えです。

転職活動も企業との相性が大切なので、選ばれなかったからといって自分の性格に問題があるのではないかと落ち込む必要はありません。

今後長く働ける場所を探すためには、自分の性格や考え方に合った企業を見つけることが大切です。

部署に必要なスキルがあるかを見極めるため

部署によって必要なスキルは異なります。SPI試験は、どの部署なら転職者のスキルを最大限に活かすことができるのかを判断する際にも役立ちます。

その人の持っている能力を知るためには、面接や書類だけでは不十分な場合があります。

実際に入社してから、転職者が「スキルを発揮できない…」と感じることもあります。

入社する時点で、ある程度部署と転職者のスキルのすり合わせを行うことは、企業にとっても転職者にとっても大切なことです。

スキルがあるかどうかが重要なのではなく、転職者が持っているスキルをどの部署で最大限に活かすのかということを判断するための試験なのです。

SPIの結果がボロボロ…転職活動はあきらめるべき?

SPI試験の結果がボロボロで、今後の転職活動に不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

試験の結果がすべてではありませんが、試験というだけあってあまりにも結果が良くないと不安になってしまうと思います。

SPI試験が上手くいかない場合、今後の転職活動ではどのような工夫が考えられるのでしょうか。視野を広げて考えてみることも大切です。

一般企業だと採用される可能性は低い

大手企業や一部中小企業などでは、SPI試験を導入している企業が多く見られます。

求人情報を調べる際には、SPI試験の有無を確認しましょう。例年の傾向を確認することも大切です。

SPI試験を必ず設けている企業や応募者が多い企業の場合、SPI試験の結果で効率的に候補者を絞り込んでいることが考えられます。

試験の結果で面接者を絞っているため、採用の可能性は低いと考えられます。

性格検査が良ければ受かるところもある

人柄を重視している企業の場合、性格検査の結果で採用がもらえることもあります。

どんなに基礎能力が高くても、その企業との性格や考え方がマッチしなければ採用が見送られることもあります。

これから長く一緒に働ける人を決める時には、企業も性格などの相性が良い人を選びたいと考えます。

人柄重視の企業を狙って応募するのであれば、転職活動や企業の情報に詳しい転職エージェントのアドバイスも参考になります。

実績やスキルあれば内定をもらえるかも

これまでの実績やスキルを持っている場合は、そこで評価を得て採用されることもあります。

実績やスキルは、今後の活躍を具体的に想像する大きな判断材料になります。

SPI試験の結果も判断材料にはなりますが、実際にやってきたことはより具体的に入社後のイメージを膨らませることができるため採用につながる可能性も高くなります。

実績やスキルに自信があるという人は、それらを重視している企業にチャレンジしてみることもひとつです。

SPIの結果が悪くても転職に成功する手段はある?

SPIの結果が良くなければ、転職することも難しくなってしまうのでしょうか…?

転職を成功させるためにできることを考えていきましょう!

SPIを重視しない企業に応募してみる

すべての企業がSPIを重視しているわけではありません。

企業によって採用不採用の判断基準は異なります。

自分の強みを活かせる企業に絞って応募先を選択することで、採用の可能性も高くなります。

採用試験がどのように進んでいくのかは企業によって異なります。

応募する企業の傾向も把握することが大切です。

面接前にSPIを受験させられる企業

面接の前にSPIを受験する企業の場合、SPIの結果と面接時のやり取りを総合的に見て判断している可能性が考えられます。

SPIは能力や性格の傾向を先入観なく把握できる材料にはなりますが、それだけでその人のすべてが分かるというものではありません。

あくまでも傾向が数値化されたものであって、実際に仕事をするうえでは実際に会話をした時の感覚も大切です。

SPIの結果だけで判断されるとは考えにくいため、苦手分野の対策はもちろんですが、自分の強みが伝わるような工夫を考えることも重要なポイントです。

性格検査のみを行う企業

企業によっては、能力検査は行わず性格検査のみを行っている企業もあります。

性格検査はその人の人柄を知ることが目的なので、基礎能力に不安がある人も少し肩の力を抜いて受験できるのではないでしょうか。

性格検査を受ける際に注意しておきたいポイントは、ありのままの自分で答えるということです。

採用試験で嘘をついても、後々苦しくなるのは自分なのだということを頭に入れて試験を受けましょう。

面接のみで選考が進んでいく企業

もともとSPIを導入していない企業もあります。

面接のみで選考が進んでいくことになるため、SPIの結果を心配することなく面接に臨むことができます。

SPIがない分、面接や必要書類の対策は十分に行う必要があります。

自分の経歴やスキルをアピールできるチャンスなので、限られた時間の中でどのように伝えれば相手に届くのかということを考えながら対策をしていきましょう。

SPIがない分、面接や書類だけで判断されることになります。

SPIがないからといって油断は禁物です。

一つ一つの対策を丁寧に行うことが大切です。

現職での実績やスキルをアピールする

現職での実績やスキルは、転職先の企業にとっても入社後のイメージがつきやすく、今後どのような活躍が期待できるのかを具体的に考えるうえでも役立ちます。

ブランク期間が無いことも、企業にとっては安心できるポイントです。

現職の延長線上で活かせるスキルがあることは、自分自身にとっても大きな自信となります。

これまでの実績や身に付けてきたスキルを活かすことで、転職が成功する可能性も高くなります。

性格検査で嘘をつかない

性格検査に限ったことではありませんが、転職活動で嘘をついても良いことはひとつもありません。

大切なことは、今の自分を見てもらうということです。

自分の経歴に自信が持てなかったり、SPIで思うような結果が出なかったりすると、自分をよく見せようと必要以上に背伸びをしてしまうこともあります。

検査という名前から身構えてしまう人もいるかもしれませんが、点数を競うものではないということは頭に入れておく必要があります。

企業の採用担当者には、転職者が嘘をついていることや、虚勢を張っていることは見抜かれていると思っていた方が良いでしょう。

何よりも、嘘をついて困るのは自分自身です。

良く見せようと思えば思うほど、それが裏目に出てしまうものです。

嘘はつかずに、素直な気持ちで性格検査に臨みましょう。

転職エージェントを活用する

転職活動は思い通りに進まないことがほとんどです。

何度も不採用通知が届けば、気持ちも落ち込みますし、気力もなくなってしまいます。

一人で悩みを抱えてしまう人も多いです。

転職を成功させるには工夫が必要です。企業が何を求めているのかということや、自分のアピールポイントの伝え方など、丁寧に対策を練る必要があります。

その際には転職の専門家のアドバイスが支えとなることもあります。

転職エージェントは、これまで何件もの事例を扱ってきた転職のプロです。

これまでの経験を活かした、一人一人に合った対策を一緒に考えてくれます。

他者からの意見やアドバイスは、狭くなっている視野を広げることにもつながります。

一人で何とかしようとし過ぎないことも転職成功への近道です。

SPIの結果がボロボロな人におすすめ転職エージェント

SPIの結果で今後の転職活動に不安を感じている人には、転職エージェントがおすすめです。

様々な特徴をもった転職エージェントがあるため、いくつか試してみて自分に合ったものを選択するのがおすすめです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴は、人柄重視の企業が多く集まっているという点です。

これから伸びていく企業や安定した大手企業・中小企業など、様々な業界・業種に対応していることもおすすめする理由のひとつです。

専門家と相談しながら企業選びや面接対策を行えるため、ひとりでは気がつかなかった自分の考え方の癖や傾向に気がつくことができます。

採用後のアフターフォローもしっかりと受けられることも安心できるポイントです。

利用者の年齢層も10代~30代以上と幅広いため、転職活動にひとりで悩んでいる方はぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

ハタラクティブ詳細ページ

JACリクルートメント

JACリクルートメント

管理職や技術・専門職の転職にも強いのがJACリクルートメントの特徴です。

これまでのスキルや経験を活かして、ステップアップのための転職を考えている方にもおすすめの転職エージェントです。

支援実績は約43万人(1988年からの累計実績)にものぼり、実績を活かしたサポートを受けることができます。

非公開求人を中心に扱っているため、一般では後悔していない企業へ応募できるチャンスでもあります。

JACが転職者との間に入ってくれるため、企業の詳しい情報が聞けることもポイントです。

適職診断も受けることができるので、自分の経験やスキル、特徴にあった転職先を見つけることができます。

JACリクルートメント詳細ページ

結果を引きずらずに魅力をアピールして転職活動をすすめよう!

転職活動をしていると、どうしても結果に引きずられて前に進めなくなってしまうことがあります。

そんな時は、一旦立ち止まって自分を振り返る時間を作ることも大切です。

転職の方法はひとつではありません。

SPIの結果だけがすべてではないということも頭に入れておく必要があります。

転職活動は、相性の良い相手を見つける作業でもあります。

無理に相性を合わせようとするのではなく、今の自分を評価してもらえる企業を見つけることが大切です。

それには、ある程度時間がかかるということも覚悟しておきましょう。相性の良い企業はきっと見つかります。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件