仕事が暇すぎて辞めたい方向けの転職ポイントと注意点を解説

仕事が暇すぎて辞めたい方向けの転職ポイントと注意点を解説

社内ニートと呼ばれる、仕事で何をしてよいかわからない、何もしていないと感じている人が増えているようです。

仕事をしている実感がないと「辞めたい」と思ってしまう人もいますよね。

そのような社内ニートと感じている人が、脱社内ニートのために会社で出来ること、転職する際に気を付けたい点とはどのようなことなのかお話しようと思います。

目次

社内ニートで仕事が暇に感じる人は増加している

社内ニートという言葉をご存じでしょうか。社内ニートとは職場にいても仕事がなく、時間を持て余してしまう人のことを指します。

今この社内ニートと感じている人が増加傾向になるようです。

忙しすぎるのも問題ですが、仕事がなく時間が長く感じてしまったり、仕事に対してやりがいを見つけることができないことで、辞めたいと思ってしまうこともあるようです。

実際に社内ニートと感じている人の多くが、何もせず時間が過ぎていくと感じています。

仕事をしているふりを続けるのが辛いなど、時間を持て余しており、ネットサーフィンをしてやり過ごしている人が多いようです。

始業から終業まで特に何もせずに時間が過ぎていく

始業してから終業まで、特に仕事がなく8時間の仕事の時間が長いと感じてしまうことがあるようです。

「忙しいよりいいじゃん」と思う人もいるかもしれませんが、毎日その状況で過ごすのは、精神的にも辛いのではないでしょうか。

仕事がないのに毎日職場に行かなくてはならない、その状況が辛くて転職を考える人もいるようです。

仕事をしているふりをし続けるのが辛い

ただ時間が過ぎるのを、ぼーっと待っているのでは周りからの印象も悪くなってしまいます。

しかし特にすることがない。一応仕事をしているふりをしているけど、ふりを続けるのも大変なことです。

仕事をしていない負い目を感じながら、周りを気にしてパソコンを叩いてみる。

それにも限界を感じる時がきますよね。仕事をしているふりは、精神的にも辛いものがあります。

ネットサーフィンをして時間が過ぎていく

仕事しているふりをするために、取り合えずネットサーフィンで時間をつぶしているなんていう人もいるのではないでしょうか。

ネットサーフィンをしながら、ただ終業時間を迎えるのを待つだけの毎日を過ごしている人もいるようです。

しかしいつパソコン画面を周りの人に見られるかわからない緊張もあり、精神的にも疲労が溜まります。

このように社内ニートと感じている人は、楽をしているように思われがちですが、仕事がないことでの苦労を毎日感じながら、仕事に行く気苦労を感じているようです。

仕事がつまらないと感じる理由と手遅れになる前に取るべき解決方法

仕事が暇すぎて辞めたい人が仕事中にやっておくべきこと

仕事がなさ過ぎてどうしてよいかわからないことで「辞めたい」という気持ちになってしまう人も少なくありません。

そんな社内ニートと呼ばれる、仕事が暇すぎて辞めたいと思っている人が、転職やスキルアップのために、仕事中にやるべきこととはどのようなことがあるのでしょうか。

時間つぶしをやめて時間を有意義に使えるようにする

まず仕事がなく暇だと感じている時間を、ただなんとなくネットサーフィンなどに費やすのではなく、有意義に使えるようにしてみてはいかがでしょうか。

あくまで仕事の範囲で業界について研究する、PCスキルを上げる努力をするなど、自分にとってスキルや知識を上げる時間に使うことが重要です。

身についたスキルを持って、仕事をもらえるように打診したり、転職活動をしてみても良いでしょう。

何もしないで時間が過ぎるのを待っていては、現況を打開することはできません。

自分のために時間を使うことが、のちに仕事にも役に立つことになるかもしれません。

資格取得の勉強をする

仕事がないと「暇だ」と後ろ向きな気持ちになってしまいがちですが、仕事がもらえるように資格を取得するための勉強の時間にすることで、少しでも前向きな気持ちになれるかもしれません。

資格を取得することによって、仕事の幅が広がり仕事をもらえることにもなるかもしれません。

また転職の際にも役に立つこともあります。余っている時間で資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。

転職先を検索してみる

資格取得の勉強と並行しながら、転職先を探したり気になる会社の企業研究をするなど、転職活動をしても良いかもしれません。

仕事がなく辞めたいのならば、新たな仕事探さなければなりません。

その時に、余っている時間を使って企業研究を行うことで、同じことの繰り返しを避けましょう。

PCスキルの向上を狙ってみる

PCスキルの向上を狙ってみても良いかもしれません。PCスキルは持っていて損することはありません。

またMOSと呼ばれるPCスキルを証明する資格もあるので、取得することで一定のスキルを証明することにもなります。

またネットにタイピングテストなどもあるのでチャレンジしてみるの良いかもしれません。

上司に仕事をもらえるように打診してみる

仕事があまりにもらえない場合、仕事をもらえないかを上司に打診してみてはどうでしょうか。

部署に仕事がない場合もありますが、意外と仕事があるのに割りふりがうまくできていないこともあります。

自分は手が空いていることを上司に相談し、仕事をもらえるように頼んでみることが大切です。

その際に、出来ること持っている資格などがあれば上司に伝えると、割り振りやすくなるでしょう。

仕事が暇すぎるなら早期に転職活動を進めよう

仕事が暇すぎる、上司に相談もしたけどそもそも仕事がない時は、転職活動を早めに開始しましょう。

出来ることはやっても仕事がない場合もあります。

その場合、無駄に会社に在職して時間を使ってしまうより、あなたを必要としている会社に転職することで、自分のやりがいにも繋がることになります。

転職は時間との勝負です。早めに見切りをつけて転職活動を開始しましょう。

転職は時間との闘い

先ほどもお話しましたが、転職は時間との勝負でもあります。

若いうちのほうが、より条件の良い会社にいける可能性もありますし、そもそも若いほうが求人数も多いです。

ただただ暇な時間を過ごして歳を重ねてしまい、大したスキルも身につかない状態での転職活動は難しくなってしまいます。

若いうちの転職なら、将来性を見込んでの採用もあるので早めに転職活動をスタートさせるほうが良いでしょう。

だらだら時間を過ごしても成長しない

だらだらとすることがない会社での時間を過ごしていても、自分にとって成長できることはないでしょう。

成長しないまま歳を重ねての転職は非常に厳しいことは上でもお話しました。

自分が成長できる環境で働けるように、転職をすることも大切なことと言えます。

仕事を辞めたいけど言えない…そんな悩みの解決法と上手な伝え方

仕事が暇な人が転職するときのポイント

仕事が暇で退職を考えている人が、転職する際にしておくと良いポイントは、2つあります。

一つは「自分の興味のある業界の情報をきちんと調べること」、二つ目は「面接でアピールできる資格の取得」です。

それぞれを詳しくお話していきますので、転職を考えている人は参考にしてみてください。

自分の興味のある業界の情報をよく調べる

そもそも転職活動を進めるうえで、必須条件を何にするかは人によって違うと思います。

給与や休み、福利厚生などを基本にしている人も多いのではないでしょうか。

しかしそればかりに気を取られて、興味のない業界や職種に転職してしまい、失敗する人も少なくありません。

そうならないためにも、自分はどのような業界に興味があるのか、その業界はどのような業界なのかなどをきちんと調べておく必要があります。

仕事に多くの時間を費やすため、少しでもやりたい仕事興味のある仕事に就くことで、仕事のモチベーションにつながり「やることなくて暇」ということを、避けることにも繋がるかもしれません。

面接でアピールできるような資格を取得する

転職活動を進めるうえで採用に繋がりやすいように、面接でアピールしやすい資格をしとくしておきましょう。

興味のある業界を調べるときに、その業界で必要な資格・持ってると有利な資格を調べ取得しておくと、採用に繋がりやすくなるでしょう。

勉強する時間を作って、転職活動する際に並行して取得しておきましょう。

このように転職活動をスムーズに進めるためにも、やるべきことはたくさんあります。

「仕事がなくて暇」と感じているのなら、思い切って転職活動に時間を費やしてみてはいかがでしょうか。

仕事が暇すぎて辞めたい人が転職活動で注意すべきポイント

仕事が暇すぎて辞めたい人が転職活動をするときに、注意しなければならないポイントとはどのようなものがあるか考えてみましょう。

「転職活動に気づかれないようにする」「待遇だけで転職先を決めない」「妥協しない」などの3つがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

転職先が決まるまで職場に感づかれないようにする

転職活動を、在職中の職場の人に気づかれないようにしたほうが良いでしょう。

暇だからと言って、職務中に転職活動をしていて良い顔はされません。

また転職活動をしていることを知って、急に仕事を増やしてくることもあるかもしれません。

転職先がきまり、退職の意思表示をするまでは、職場の人に感づかれないように心がけましょう。

給料など待遇面だけで職場を決定しない

給与や休みなど待遇面だけを見て、転職先を見つけることも危険です。

給与が高くても、全く興味のない分野や職種についてしまうと、どうしてもやる気が出ない状況になりがちです。

上司からやる気のない人とと見なされてしまうことで、また仕事をふってもらえないなんてことにもなる可能性があります。

自分から仕事を見つける姿勢など、やる気が出るような興味のある業界・職種に転職しましょう。

妥協するとまた暇に感じて転職を繰り返す

転職活動がなかなかうまく行かないと「ここでいいや」と妥協してしまいたくなりますが、それはおすすめしません。

妥協して転職してしまうと、また同じ状況にもなりやすく転職を繰り返してしまう可能性があるからです。

妥協せず「ここがいい!」と思える職場を探しましょう。

転職の際に気を付けたい注意点についてお話してきました。

どの注意点もまた同じことの繰り返しにならないために必要なものです。

なぜこうなってしまったのかをじっくりと考えて、転職活動を進めるようにしましょう。

楽しい職場を見つけたいなら転職エージェントを利用しよう

次の職場は、やりがいを感じる楽しい職場を探したいですよね。

そんな時に利用したいのが転職エージェントです。

転職エージェントは豊富な求人の中から、ヒアリングを通して得た情報をもとに、条件にあう企業を紹介してくれるので、在職中の転職活動もスムーズに行えます。

ヒアリングをもとに自分に合った求人を徹底的に紹介してくれる

転職エージェントには、キャリアアドバイザーがいて、面談の中で条件や希望などを詳しくヒアリングしてくれます。

ヒアリングから得た情報をもとに、転職エージェントが抱える多くの企業求人の中から、希望に合う企業を紹介してもらえます。

自分ではなかなか条件に合う企業を見つけることも難しいですが、転職エージェントはたくさんの求人を保有しているので紹介できるのです。

求人を厳選してくれるので早く職場を離れられる

転職エージェントは豊富な求人を持っており、ブラック企業を省いているのでより条件の良い求人を紹介してくれます。

自分で調べる時間を少しでも短くできるので、すぐにでも転職したい人にとっては利用したいサービスです。

転職活動のサポートが受けられる

面接の練習・アドバイスなどの手厚いサポートも転職エージェントの魅力の一つです。

なかなか書類選考が通らない・面接で落とされるなど、採用されるまでには色々な壁にぶつかります。

そんな時に適格なアドバイスをしてくれるので、自信を持って転職活動を進めることができるはずです。

サポートが充実している転職エージェント3選

ここからは、実際にサポートが充実している転職エージェントを3社紹介します。

これから転職エージェントを利用したい人は参考にしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナは国内の転職エージェントの中でも、トップクラスの求人数と実績を誇っています。

パソナには非公開求人も多く、求人の質が良いことも特徴のひとつです。

さらに、転職サイトと転職エージェント両方を満たしているので、求人の比較・検討から面接準備までトータル的にサポートしてくれるのが嬉しいですね。

多くの求人の中から自分に合う企業を見つけてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、初めての転職という人も安心のサポート体制が魅力です。

パソナキャリア詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、残業の少ない事務職に転職したい人にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

仕事が暇な状態を活用して早く職場から離れられるように行動しよう

仕事が暇すぎる社内ニートと感じている人は、少なくないようです。

社内ニートは時間を持て余しており、精神的にも辛いことも多くあるでしょう。

もし暇すぎて辞めたい、仕事を振ってもらえないなどの悩みが解消しない場合、早めに割り切って転職活動が有利になるように動いていきましょう。

仕事をすることで自分の成長にもなるので、ただ無駄な時間を過ごさないよう、早めに行動を起こすことが大切です。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件