新人で仕事に行きたくないのはアリ?原因と対策を知って解決しよう

新人で仕事に行きたくないのはアリ?原因と対策を知って解決しよう

入社して間もない新人だけど、早くも「行きたくない」と思ってしまうことあるのではないでしょうか。

新人の頃に行きたくないと感じるのは、仕事に慣れないことやイメージしていたのと違ったなどの原因があるようです。

そこで今回は、新人が行きたくないと感じる原因と対策を知って解決する方法についてお話します。

入社した新人はストレスにさらされやすい

入社して間もない新人は、環境の変化や人間関係の構築、慣れない仕事など多くのストレスにさらされやすいです。

そのため新人の頃は「行きたくないな」と思ってしまいやすいかもしれません。

色々なストレスの原因があるとは思いますが、行きたくないと一度思ってしまうとなかなか気持ちを回復するのに時間がかかてしまいます。

そうならないために対策を紹介していきます。

新人が仕事に行きたくないと感じる原因

そもそも新人が行きたくないと感じる原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

人によって原因は様々だとは思いますが、慣れない仕事や対人関係、プレッシャー、イメージと違ったなどが上げられるのではないでしょうか。

行きたくないと思ってしまうことは仕方ないのかもしれませんが、原因を知ることが予防することの第一歩になるかもしれません。

ここからは原因を詳しく見ていきましょう。

慣れない仕事でわからないことに埋もれている

入社して間もない新人は、仕事でわからないことだらけでストレスを感じやすい人が多いのではないでしょうか。

また業務に慣れるのにも時間がかかり、毎日気疲れしまいますよね。

新人の頃は仕事になれるまでに時間がかかるは当たり前なので、少しでもストレスを軽減できるように、わからないことを上司や先輩に聞くようにして、解決していきましょう。

仕事がわからないことだらけでつらい!自分を変える手段を徹底解説します

人間関係をゼロから作る対人ストレス

入社してすぐの時に仕事以外で悩みがちなのが、人間関係に関することなのではないでしょうか。

新しい環境での対人ストレスは、誰しもが抱きやすい悩みと言えるでしょう。

ゼロからの人間関係の構築は、ストレスを多く感じてしまいがちですが、焦らないことが大切です。

また、新たな人間関係を作れることを前向きに捉え、積極的にコミュニケーションをとるようにしてみてはいかがでしょうか。

仕事の為に人間関係は割り切ろう!メリットと割り切るための考え方を解説

成果を早く上げなければいけないという重圧

仕事内容や職種によっては、成果や成績が重要になってくる場合もあります。

「新人だから・・・」と余裕を持って接してくれる会社もありますが、そうでない場合プレッシャーを感じてしまい「行きたくない」と思ってしまう可能性もあります。

新人がいきなり成果を上げるのは、難しい場合が多いでしょう。

ですので、過度なプレッシャーを感じる必要はありません。しかし新人だからという気持ちを持ち過ぎるのも注意が必要です。

入社前に予想していたイメージとかけ離れていた

入社前に、過度な期待やイメージを持ちすぎている場合、思っていたとの違うことで「行きたくない」となってしまうこともあるようです。

入社する会社には、ワクワクした気持ちから過度なイメージを抱いてしまいがちです。

しかし実際に入社して業務につくと「意外と地味」「ルーティンばかり」など想像とかけ離れた業務ばかりなんてこともあるかもしれません。

地味な仕事もだいじなことかもしれないと割り切って、コツコツと仕事を覚えることに集中しましょう。

仕事がつまらないと感じる理由と手遅れになる前に取るべき解決方法

希望した部署に配属されなかった

「自分は入社したらこの部署でこんな仕事をしたい!」という志を持っている人もいるでしょう。

そのために必要な資格や知識をつけるために努力をしたという人もいるでしょう。

しかし実際に配属された部署は全く関係のないところの場合に、がっかりしてしまい「行きたくない」となってしまう人もいるようです。

希望の部署に配属されなかったことで、やる気をなくしてしまうかもしれませんが、新たな知識をつける良い機会として、前向きに業務に取り組めると良いでしょう。

仕事の覚えが悪く上司に嫌な顔をされている

仕事を覚えるスピードは人によって違います。

しかしあまりにも同じことを何回も聞くなど、覚えが悪いなと思われてしまうと、上司が嫌な顔していると感じて仕事に行くことが嫌になってしまうこともあります。

覚えることが苦手な人にとって、緊張しているなかで仕事を覚えることがとても大変ではありますが、言われたことをきちんとメモする、同じことを質問しないようにするなど、できる対策をきちんととるようにしましょう。

しかしわからないけど嫌な顔されるからと言って、聞かないで業務を進めることはミスに繋がる可能性もあるので、きちんと質問するように心がけましょう。

社会人基礎力とは?習得するために抑えておくべきポイントを解説

多忙で体調の管理が難しい

新人の頃は、急な生活の変化や多忙により、体調を崩してしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、社会人になると体調管理も仕事のうちと言われる機会も多く、そのことがプレッシャーにもなってしまい無理をしてしまう人もいますよね。

急に多忙になると、身体や心に悪い影響を与えてしまうこともあります。

休日にはしっかりと休息をとったり、リラックスする時間を持ったりして、オンとオフを切り替えられるようにしましょう。

入社前に聞いていた待遇と全然違う

入社前に聞いていた待遇と違った場合に、行きたくなくなってしまいますよね。

例えば残業が聞いてたよりはるかに多かった場合などに「こんなはずはなかった」となってしまいしまうかもしれません。

これは実際に入社してみないとわからないこともありますが、なるべく入社前に実際の環境を調べておくことが大切なのではないでしょうか。

根本的に理由がわからない

ここまで色々な原因についてお話してきましたが、理由がわかっている人はあまり多くないのかもしれません。

さらに理由が一つでもないこともあるでしょう。根本的に理由がわからない人も多くいるのではないでしょうか。

理由はわからないけど、なんとなく仕事行きたくないこともあります。

そんな時は無理せず、自分のペースで進んでください。

色々な原因がありますが、最初はまず仕事に慣れることで精一杯で休みを満喫できないかもしれません。

しかしオンとオフをしっかり切り替えて、ストレスを少しでも軽減していくことで、徐々に仕事に対しても余裕が持てるようになるかもしれません。

休む時はしっかりと休むように心がけましょう。

すぐに仕事を辞めたくなるのを辞めたい!仕事を続けるための改善方法を紹介

仕事が長続きしない原因は?仕事が続かない人の特徴や続けるコツを解説

新人が仕事に行きたくないときに取るべき対策法

新人が仕事に行きたくないときの原因については、先ほどお話しました。

仕事に行きたくない原因についてはわかりましたが、果たしてどのような対策をとる必要があるのでしょうか。

対策として考えられるのは、目標設定をすること、やりがいを見つけること、悩みを相談すること、カウンセリングに行ってみることあどがあるのではないでしょうか。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

細かなことから目標設定を行う

仕事をこなしていく際に、目標を設定するという人もいます。

大きな目標を設定することも、もちろんモチベーションを維持するうえでは大切だと思います。

しかしあまりにおおきな目標では現実感を感じにくくなってしまう可能性があるので、まずは現実的な、日ごと・月ごとなど細かな目標設定をしてみてはいかがでしょうか。

目標があることで、仕事に対して高いモチベーションを持つことにもなるので、目標は積極的に設定しましょう。

仕事に対してやりがいを見つけてみる

仕事に対してやりがいを見つけることで、仕事に行きたくないという気持ちを予防することもできるかもしれません。

新人の頃は仕事を覚えるのに必死で、やりがいは二の次になってしまいがちですが、やりがいを感じることで、仕事のモチベーションに繋がることもあります。

焦りは禁物ですが、自分のペースで仕事にやりがいを見つけていきたいですね。

仕事の息抜きを徹底して行う

仕事に一生懸命になりすぎると、ついつい休むことを忘れてしまう人もいるかもしれません。

しかし行きたくないという気持ちにならないためにも、きちんと休息をとることは大切です。

オンとオフをしっかりと切り替えられることが、社会人として必要な能力であり、ストレスを軽減する方法でもあります。

最初は難しいので、意識して休息をとるようにしましょう。

先輩や同僚に相談して悩みを解消してみる

悩みがある場合には、信頼できる先輩や同僚に相談することも有効でしょう。

最初は相談できる人を見つけることも大変ですが、相談できるような先輩を見つけられるだけでも、行きたくない気持ちを軽減できるかもしれません。

仕事の悩みを聞いてくれる人がいると思うだけで、心が軽くなりませんか?

相談をするのも勇気がいりますが、普段から積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

カウンセリングに通ってみる

どうしても行きたくない。辛いという気持ちがぬぐえない場合には、カウンセリングに通って見てはいかがでしょうか。

なかなか職場に相談できる人がいない場合や、相談しにくい時などに、第三者なら話せることもあるかもしれません。

会社には産業カウンセラーが配置されていることもあるので、話を聞いてもらい、もう一度頑張ろうと思えることもあるので、どうしても辛い時などに利用を検討してみてはどうでしょうか。

このように様々な対策を取れます。

まずはしっかりと休むこと、人に相談することなどから実践して、少しでも心が軽くなると良いですね。

新人で仕事に行きたくなくて体調を崩すなら転職も検討してみる

仕事が行きたくないと思いすぎると、体調を崩してしまう可能性があります。

体調を崩してしまうと働くこと自体が難しくなってしまうこともあり、最悪休職や退職に追い込まれてしまうことにもなりかねません。

そこで体調を崩してしまうぐらいなら、転職を検討することも大切なのではないでしょうか。

「そのくらいで転職?」と思われてしまうかもしれませんが、辛い気持ちは自分にしかわからないものです。体調を最優先して考えましょう。

体調を崩したままだと仕事にならないから

体調を崩していると、仕事にも支障をきたしてしまいます。

仕事に支障をきたしていると、会社からの評価にも影響があるなど、良いことはないのではないでしょうか。

転職して心機一転、新たな気持ちで頑張ることも必要な決断と考えましょう。

若ければ若いほど求人も多いから

一般的に年齢が高くなると、転職は難しくなります。年齢で引っかかってしまい、採用試験を受けることもできないこともあります。

ですから、転職も若いうちにしておくほうが良いこともあります。

転職が早すぎると思って踏みとどまってしまいがちですが、もし会社に行きたくないと思っているのであれば、若いうちに転職してより自分に合う企業を見つけるほうが、将来的にも良いかもしれません。

若い時にしかできない転職もあることを知っておきましょう。

新人が利用するなら転職エージェントに登録しよう

新人が転職活動するときに、どのように進めてよいかわからないこともあるかもしれません。

そんな時に利用したいのが、転職エージェントです。

転職エージェントを利用するメリットは、自分の条件にあった求人を紹介してもらえることや、働きながらでも無理なく転職活動が出来ること、手厚いサポートがあること等です。

それぞれを詳しくお話していきます。

自分の条件に合った求人を紹介してもらえる

転職エージェントには、キャリアアドバイザーがいて、面談の中で条件や希望などを詳しくヒアリングしてくれます。

ヒアリングから得た情報をもとに、転職エージェントが抱える多くの企業求人の中から、希望に合う企業を紹介してもらえます。

自分ではなかなか条件に合う企業を見つけることも難しいですが、転職エージェントはたくさんの求人を保有しているので、紹介できるのです。

働きながら次の転職先を探せる

働きながらの転職活動は、企業探しや履歴書の記入、面接の日程調整などやることが多く大変なことが多いです。

しかし転職エージェントを利用して転職活動を行うと、企業探しや面接の日程調整などを行ってくれるので、スムーズに無理なく転職活動を進めることができます。

面接や書類選考対策を無料で受けられる

面接の練習・アドバイスなどの手厚いサポートも転職エージェントの魅力の一つです。

なかなか書類選考が通らない・面接で落とされるなど、採用されるまでには色々な壁にぶつかります。

そんな時に適格なアドバイスをしてくれるので、自信を持って転職活動を進めることができるはずです。

新人が利用すべき転職エージェント

「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、転職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、事務職採用実績がある企業を紹介してくれるかもしれません。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際に転職エージェントについて書いていくので参考にしてみてください!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代専門の就職支援サービスです。

第二新卒はもちろん、正社員の経験がない派遣やフリーターの就職の支援もしています。

支援内容は、専任のアドバイザーがマンツーマンで就活の基本や履歴書・職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

さらに、書類の提出や面接の日程の調整などの工数がかかることも行ってくれるので、面接に集中することができる環境を作ってくれる心強い就職支援サポートです。

ハタラクティブ詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナは国内の転職エージェントの中でも、トップクラスの求人数と実績を誇っています。

パソナには非公開求人も多く、求人の質が良いことも特徴のひとつです。

さらに、転職サイトと転職エージェント両方を満たしているので、求人の比較・検討から面接準備までトータル的にサポートしてくれるのが嬉しいですね。

多くの求人の中から自分に合う企業を見つけてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、初めての転職という人も安心のサポート体制が魅力です。

パソナキャリア詳細ページ

仕事に行きたくない理由を確認して対策を取ろう

多くの新人が「仕事に行きたくない」と感じることがあるでしょう。しかしそうなる理由は色々あります。

その理由は人により違うとは思いますが、まずはしっかりと行きたくない理由を明確にしましょう。

理由がわからないと、とるべき対策を考えることができません。

新人の頃は仕事に対して余裕もなく毎日いっぱいいっぱいになりがちですが、まずはきちんと休息をとり、仕事以外の時にリフレッシュすることを心がけましょう。

そして何よりも体調を大きく崩さないように、焦らず前向きに頑張って行きましょうね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件