職場で泣いてしまったときの対処法と解決策を徹底解説!

職場で泣いてしまったときの対処法と解決策を徹底解説!

仕事で大きなミスをしてしまったときや、職場での人間関係が良くないときに、職場で泣いてしまった経験のある方は多いでしょう。

職場で泣いてしまったときには、「どうすれば良いのだろう?」と悩まれることが多いと思うので、この記事では職場で泣いてしまったときの対処法と解決策について解説します。

職場で泣いてしまったことを大きなトラブルに発展させないためにも、最後までご覧ください。

職場で泣いてしまう主な原因

職場で泣いてしまうことには、必ず原因があります。

考えられる原因はさまざまあり、対処法を考える前に「なぜ、泣いてしまったのか」ということを知ることが大切です。

職場で泣いてしまう原因として考えられるものをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事が上手くいかない

大人になると「悔し涙」を流すことが多くなるため、「仕事が上手くいかない」ということが原因として考えられます。

「努力しているのに、成果が出ない」「使えない部下として扱われる」などということが、職場で泣いてしまうことにつながります。

特に、数字(成果)を重要視する傾向のある職種の場合は、仕事が上手くいかないということが原因になる可能性が高いです。

悔しいという思いから泣いてしまうことは、仕事に本気で向き合っている証拠になるため、あまり悩む必要はありません。

上司からのパワハラ・セクハラ

職場で泣いてしまう原因の1つとして、「上司からのパワハラ・セクハラ」ということが挙げられます。

特に、女性で考えられる原因で、精神的な辛さから泣いてしまいます。

上司は仕事の中で関わることの多い存在になるので、上司が原因になっている方は多いです。

また、パワハラ・セクハラに該当しない場合でも、「上司に怒られた」ということで泣いてしまうケースも考えられます。

上司からのパワハラ・セクハラが原因の場合は、すぐに解決策を考えることをおすすめします。

職場での人間関係が悪い

職場の方とは、1週間のうち5日〜6日は顔を合わせることになるため、「職場での人間関係が悪い」ということが原因で泣いてしまうことがあります。

例えば、職場の中で1人だけ浮いている存在になってしまうと、仕事の相談をできる人が居らず、ランチも1人で食べることになり、精神的なダメージが大きくなります。

また、職場の中でかなり人間関係が悪いと「いじめ」にまで発展することが考えられます。

大人のいじめは陰湿なことが多く、職場で泣いてしまうことにつながります。

職場で泣いてしまうほど人間関係が悪い場合は、解決策を考えるべきです。

実際に職場で泣いてしまった人のエピソード

職場で泣いてしまうのは、男性よりも女性の方が多いと言われています。

実際に職場で泣いてしまった女性のエピソードをいくつかご紹介します。

20代 女性 事務職

入社してから電話が辛くて、相手に怒鳴られたりすることもあり、精神的につらくなっていました。他の部署と自分の部署が仲が悪く、会社内の雰囲気も悪くて、かなり居心地が悪かったです。自分のせい、自分が弱いせいだと思って我慢し続けていたんですが、ある時フっと仕事中に涙が止まらなくなってしまい、周りに心配をかけてしまいました。今もその職場で働いているものの、やっぱり時々涙が止まらなくなってしまうので辛いです。肌荒れもひどいので、今後どうしよう…。

20代 女性 看護師

入職した診療科が脳外科とかなりハズれを引いたんですが、先輩が自分のミスを私に擦り付けたり、勝手に婦長に交渉してシフトを変えられたりとやりたい放題。私が悪くないのに患者さんにはトロくさいとか言い始めて、印象も最悪に仕立て上げられていたのがきつかったです。そんな時に一人で検温や採血を担当していた患者さんから「あなたが頑張っているのみてるよ」といわれたとき、職場でしたけど大泣きした記憶があります。今はその病院はやめていますが、本当に最悪だったなと思います。

職場で泣いてしまうことは悪いこと?

何かしらの原因で泣いてしまうことは、決して悪いことではありません。

しかし、「職場」で泣いてしまうことは良いイメージを与えないです。

「自分の感情をコントールできない人」「メンタルの弱い人」「泣けば許してもらえると思っている」などと悪いイメージを与えるケースが多いです。

また、職場で泣いてしまうと、優位な立場で交渉しづらくなります。

例えば、後輩に対して指導するときに、「以前、泣いていましたよね」という感情を抱かれてしまい、先輩として指導できない状態になってしまいます。

男性でも女性でも、可能な限り職場では泣かないようにすることが大切です。

職場で泣いてしまったときの対処法

上記でお伝えした通り、職場で泣いてしまうことに対して良いイメージを抱く方は少ないです。

少しでもイメージを悪くしないために、泣いてしまったときの対処法をいくつかご紹介します。

「仕事が辛い」「人間関係が良くない」など、精神的に大きなダメージを負っている方は、事前に対処法を把握しておくことをおすすめします。

人目のつかない場所に移動する

職場で泣いてしまったときは、すぐに人目のつかない場所に移動することが大切です。

泣いていることがバレなければ、悪いイメージを抱かれることはありません。

ただし、いきなり立ち上がり人目のつかない場所に移動すると、「〇〇さん、どうしたの?」と疑問を思われることがあるので、「お手洗いに行ってきます」「クライアントと電話してきます」などと、一声かけることをおすすめします。

すでに泣いてしまっている場合は、声をかけずに移動するようにしてください。

同じ職場の人への配慮を示す

人目のつかない場所に移動しても、泣いたことに気付いている方はいます。

その方が「〇〇さん、泣いてたよ」などと噂を広めることになる可能性が考えられるので、泣いたことに気付いている方には、配慮を示すことが大切です。

落ち着いて戻ってから「すいませんでした」「失礼しました」などと配慮を示す発言をすることで、泣いてしまったことを理解してもらいやすくなります。

「恥ずかしい」などという感情を抱くかもしれませんが、配慮を示す発言は心がけるようにしてください。

泣いてしまったことを引きずらない

職場で泣いてしまったときには、周りからの視線や印象を気にすると思いますが、引きずらないことが大切です。

泣いてしまった自分が引きずってしまうと、周りの方が職場で泣いたことを忘れにくくなります。

上記では「悪いイメージを与える」とお伝えしましたが、人は数週間で周りの出来事を忘れる傾向があるので、引きずらずに切り替えることをおすすめします。

「周りはあまり気にしていない」と意識することが大切です。

仕事が辛いのは甘えじゃない!ストレスとの上手な向き合い方

職場で泣かないようにする解決策

何度もお伝えしている通り、職場では泣かないようにすべきです。

悪いイメージを抱く方が大半を占めるので、泣かないようにする解決策をいくつかご紹介します。

職場で泣いてしまった方は、下記の解決策を参考にしてみてください。

泣いた理由を考える

職場で泣いてしまったときは、まず「泣いた理由」を考えることが大切です。

「なぜ、泣いてしまったのか」ということを理解できていなければ、何度も何度も泣いてしまう可能性が考えられます。

回数が増えれば増えるほど、周りからのイメージは悪くなるので、理由を考えないことはおすすめしません。

引きずらないことが大切ですが、泣いた理由は考えるようにしてください。

先輩や同僚に相談する

職場で泣いてしまった理由や、解決策が自分で分からないときは、先輩や同僚に相談してみることをおすすめします。

「周りに相談するのは、恥ずかしい」と思われるかもしれませんが、親しい関係の先輩や同僚であれば、親身になって相談に乗ってくれます。

また、第三者に相談することで、自分では分からなかった解決策が見つかるかもしれません。

第三者に相談するときは、「親しい関係にある人」ということを大切にしてください。

他の企業へ転職する

職場で泣いてしまった原因が、上司や職場での人間関係にある場合は、他の企業へ転職することが最適な解決策です。

他の企業へ転職することで、泣く原因である上司や職場の人と関わることはなくなり、泣いてしまったことを知っている人も居なくなります。

職場で泣いてしまうということは、心身ともに大きなダメージを負っている可能性が高いので、我慢することはなく、思い切って転職することをおすすめします。

「簡単に転職できるのかな?」と不安に感じられる方が多いかもしれませんが、しっかりと準備をすれば、スムーズに転職できる可能性が高いです。

また、同じ業界・職種を希望すると、「経験者」として扱われて、希望している通りに転職しやすくなります。

転職するときは「転職エージェント」を利用すべき

他の企業へ転職するときは、「転職エージェント」の利用をおすすめします。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスです。

実際に受けられるサポート内容は下記の通りです。

  • 希望に沿った求人の紹介
  • 企業を想定した面接対策
  • 必要書類の作成や添削
  • 応募した企業とのスケジュール調整
  • 給料や待遇などの条件交渉 など

また、転職エージェントでは、転職者に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、働きながらでも転職活動を進められます。

転職経験のない方や、転職に対する不安が大きい方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

女性におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング【2022年版】

職場で泣いたときはその後の対応が大切

この記事では、職場で泣いてしまったときの対処法と解決策をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

職場で泣いてしまうことに対して良いイメージを抱く方は少ないので、泣いた後の対応が肝心です。

職場で泣いてしまったことを引きずってしまうと、周りからのイメージは悪いままになるので、泣いた自分自身が切り替えることが大切になります。

また、泣いてしまったときは、「なぜ、泣いたのか」ということを考えるようにしてください。

泣いた理由を考えなければ、職場で何度も何度も泣いてしまうことになります。

この記事でお伝えした内容を参考にして、職場で泣いてしまったときの対処法と解決策を考えるようにしてみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件