仕事が速い人に共通する特徴と仕事の遅い人が実践すべき習慣を解説!

仕事が速い人に共通する特徴と 仕事の遅い人が実践すべき習慣を解説!

会社では常に業績を上げるために、自分のコミットすべき仕事に対して真剣に取り組んで成果を出すことが求められます。

しかし働いていると、「周りの同僚は自分よりも多い仕事をこなしているのに自分よりも仕事が速い」とギャップに苦しんでしまうこともあるかもしれません。

仕事が速い人ははたから見てもかっこいいですし、今後上司から評価される機会も上がる可能性があるため、出来るだけ自分も取り入れて評価される人間を目指したいですよね。

しかし仕事が速い人になろうとしても、ただ表面的にやっていることを真似するだけでは意味がありません。

仕事の速い人になるためには、仕事の速い人が習慣的に行っていることを取り入れて、自分も習慣化することが大切です。

そこで今回は仕事の速い人に共通する特徴から、仕事が遅いと感じられる人が習慣化すべきぽいんとまで、徹底的に解説していきます。

そもそも仕事が遅いってどういうこと?

毎日仕事に取り組んでいるものの、他の同僚よりもどうしても仕事が遅いと感じる方も居ることでしょう。

そもそも仕事が遅い人には、下記の5つの特徴があります。

  • 単純にスピードが遅い
  • 高利付手に仕事を進められない
  • 力の入れどころが分かっていない
  • 残業の割に作業が進んでいない
  • やるべきことの優先順位の付け方がヘタ

以下で詳しく解説していきます。

単純にスピードが遅い

単純に事務処理などPCを操作するスピードが遅いことが原因として挙げられます。

最近では仕事をするうえで欠かせないパソコンの操作、実は意外とうまく活用できていない方も多いんです。

ショートカットキーの津階下であったり、効率化するための最短の操作方法についての知識がなく、上手くPCを使いこなせない結果、仕事が上手くはかどらずに時間に対する作業量が落ち込んでしまうのです。

効率的に仕事を進められない

与えられた仕事の段階を考えて効率的に仕事を進められないことも、仕事が遅い人に共通する特徴です。

仕事は限られた時間内で出来るだけ多くをこなし、成果を出すことが求められます。

しかし中には成果地点までのゴールが複雑になっているものがあり、k値陰と道筋を立って効率的に考える習慣がないと、非効率な手段を取ってしまうことにもなりかねません。

力の入れどころが分かっていない

仕事が遅い人に共通する特徴として、仕事に対する力の入れどころが分かっていないことが挙げられます。

本来仕事は常に全力でやるべきではありますが、効率よく進めていくためにはどの業務に力を入れるべきかをきちんと判断してやる気を使い分けることが、重要になるシーンも多数あるのです。

常に全力で取り組んでしまったり、本腰を入れるべきタイミングで力を入れられなかったりと、仕事における力の入れどころを理解していないことで、無駄に空回りしてしまうことにもつながるのです。

残業の割に作業が進んでいない

普段から残業をしていると仕事が速く進んでいるように思いますが、残業時間の割に作業が進んでいない場合、仕事が遅いといえます。

確かに残業して仕事を終わらせようという意識は、非常に仕事熱心ではあるのですが、時間ばかり過ぎていって規定の作業量をこなせていないこともあります。

作業と時間が伴っていないと、1仕事当たりに対してかかる時間的コストが高いといえますから、仕事が遅いと判断されてしまうのです。

仕事で評価されない人の10の特徴!会社の評価基準と評価される5つの習慣!

やるべきことの優先順位の付け方がヘタ

仕事の遅い人は、やるべきことの優先順位の付け方がヘタであるケースも多いです。

仕事に着手するときは何が一番期日に近いのか、何が最速で終わらせられるのかを考えたうえで進めていく必要があります。

やるべきことの優先順位がしっかりついていないことで、無駄な工程をいくつも挟んでしまうのです。

仕事の速い人に共通する特徴10選

実際に会社で活躍している仕事の速い人に共通する特徴は、以下の10個です。

  1. 朝のうちにその日やるべき仕事の調整を行う
  2. 仕事の速い先輩の挙動をまねている
  3. 進捗確認をこまめに行う
  4. 来た連絡に対ししてはすぐに連絡を返す
  5. 仕事に常に優先順位をつける
  6. 業務にかかる時間を把握している
  7. PCスキルが高い
  8. 常に一歩先のことを想像する
  9. 迷ったらすぐに相談する
  10. ミスをしたときはすぐに対処する

以下で詳しく解説していきます。

①朝のうちにその日やるべき仕事の調整を行う

仕事ができる人は行き当たりばったりで仕事をこなしていくのではなく、朝のうちに祖日やるべき仕事の調整を行うことを心がけています。

1日のスケジュールをよくチェックしたうえで、どの作業を何時に行うかまできちんと計画を立ててから作業に取り組みます。

万が一取り組んでいる仕事が数日間など日をまたいで行うべきである場合には、仕事の期日から逆算して1日にどの程度進めればいいかを計算しています。

仕事を完遂するために自分のキャパシティと相談しながら計画を立てているので、仕事を効率的に進められるのです。

②仕事の速い先輩の挙動をまねている

仕事の速い人間は、元から仕事が速かったわけではありません。

元から全てなんでも完璧にできる人間はいませんから、仕事の速い先輩の挙動をまねて経験値を積んできているのです。

色んな人をベンチマークするのではなく、特定の人を目標にして仕事の姿勢から働き方のスタイルを真似している方も多いのです。

③進捗確認をこまめに行う

仕事の速い人間は進捗確認をこまめに行い、スピードの調整を行っています。

自分で当初決めた予定でも、作業中に他の業務が入り込んできたり思うように仕事が進まないこともあります。

途中で予定していた作業予定よりも進みが遅い場合には、他の仕事量を調整して期限内に終わらせられるようにしているのです。

④来た連絡に対してはすぐに連絡を返す

社内で飛んできた連絡に対しては、すぐに連絡を返すことを心がけているのも、仕事の速い人に共通する特徴です。

最近では企業内でもチャットを活用して社員間でやり取りを行うことも多いです。

チャットを利用するときには、仕事に関する連絡であることが多数ですから、きちんとすぐにレスポンスを返すことが重要になるのです。

すぐに返信を送信することで、きちんと内容を把握していることが相手に伝わりますから、報連相が徹底していると評価を得やすくなるのです。

⑤仕事に常に優先順位をつける

仕事の速い人は常に仕事に優先順位をつけることで、何を今取り組むべきかを絞って行動しています。

無駄な行動をしないで効率的に動くために、仕事の内容を把握したうえできちんと作業に取り組んでいるのです。

もしも優先順位で迷ったときには依頼してきた人に確認して、時系列順にそろえて取り掛かる姿勢も持っていることが多いです。

仕事の優先順位を決める方法とは?仕事に優先順位を決めるメリットはある?

⑥業務にかかる時間を把握している

仕事が速い人は一つ一つの業務にかかる時間を適切に把握しているため、スケジュール調整で迷うことが少ないです。

そのため無駄に行動することが少なく、業務をこなすスピードもおのずと上がっていくのです。

⑦PCスキルが高い

仕事が速い人は単にPCのスキルが高いことが挙げられます。

仕事で活用するMicrosoftOfficeの利用方法をきちんと把握したり、作業を効率化するのに必要なコマンドを理解しているので、手が止まることなく仕事を進められるのです。

またタイピングが速いのも仕事が速い人に共通する特徴です。

ブラインドタッチでミスなく入力することで、入力業務にかかる時間を短縮できますから、その分仕事を早く進めることが可能なのです。

⑧常に一歩先のことを想像する

仕事が速い人は目の前のことだけではなく、常に一歩先のことを想像して仕事をこなしています。

この作業を行ったら次に何があるのかを考えておくことで、トラブルがあっても最小限の作業コストで抑えられることになります。

今の行動をやった次に何が起きるのかを常に予測しながら行動することで、周囲に気を配ることもできますので、自分の仕事をこなしながら他の人の手助けも段々と出来るようになっていくのです。

⑨迷ったらすぐに相談する

仕事の速い人は何かしら判断に迷うことがあった場合、すぐにわかる人に相談することができます。

自分ひとりで判断のつかないことをいつまでも考えている時間が無駄だと判断して、自分よりも経験のある人にすぐに相談できるのです。

迷ってからの判断が速いことで、残りの時間を別の作業に費やすこともできるので、仕事を効率的に進めることができるのです。

⑩ミスをしたときはすぐに対処する

仕事が速い人はミスした時はすぐ対処して、先延ばしにしない習慣を持っています。

一度発生したミスは先延ばしにしてしまうと、段々と問題が大きくなってしまい、対処に時間がかかってしまうこともあります。

すぐに取り掛かることで後に降りかかる手間を省くことも、仕事が速い人に共通する特徴なのです。

仕事ができない人の16個の特徴とデキる人になる改善法を解説

仕事が遅い人向け!今日から実践すべき4つの習慣

自分自身仕事が遅いと痛感している方は、今日から下記の4つの習慣を取り入れていきましょう。

  • 常に周囲に気を配って行動する
  • その日一日の行動を振り返る習慣をつける
  • 社内チャットには1分以内に返信する
  • 日ごろから周囲とコミュニケーションを取っておく

以下で詳しく解説していきます。

常に周囲に気を配って行動する

まずは常に周囲に気を配って行動することで、周りの仕事の出来る人が普段からやっている習慣をつかみやすくなることもあります。

いつもは気にならなかったところを気づけて自分の仕事に取り入れることもできるでしょうし、仕事の幅もどんどん広がっていくので、仕事のスピードを上げられるようになるかもしれません。

とにかくできる人の観察をすることを習慣化できるようにしておきましょう。

その日1日の行動を振り返る習慣をつける

その日1日の行動を振り返る習慣をつけることも取り入れるようにしましょう。

ただ仕事を早くするための取り組みを増やしていても、実にならないことをただ続けてしまったり、全然成長につながらないこともあるのです。

1日の仕事の終わりに朝にたてた作業目標を達成できているかを確認して、自分の行動のどこに問題があるのかを確認しておいて、きちんと記録に残しておきましょう。

問題点を改善するために一体何が必要なのかを確認して、次の作業に生かせるように考えておくことで、段々とスピードが改善されていきます。

社内チャットには1分以内に返信する

報連相のスピードを上げるためにも、社内チャットには1分以内に変身することを心がけることをおすすめします。

内容の返信に戸惑っている場合でも、返答だけでもしておくことで、ちゃんとチャットを確認していることを伝えられます。

またすぐに反応することで、スピード感を常に意識できるようになるので、段々と効率的に動きたい意識が芽生えてきます。

日ごろから周囲とコミュニケーションを取っておく

仕事を早くすすめるためには、実際に仕事の出来ている人からアドバイスをもらうのが一番ですが、きちんと日ごろからコミュニケーションを取っておかないとうまく引き出せないこともあります。

常日ごろから周囲とコミュニケーションを取っておくことで、自分にも有利に働きますし今後ミスが起きても周りが助言してくれる可能性もあるのです。

きちん日ごろから挨拶を徹底するように心がけておくことをおすすめします。

日常の習慣を変えて仕事の遅い人から速い人になれるように努力しよう

いかがでしたか?

仕事の速い人間になるためには、日ごろからきちんと反省をして効率的に動くための思考を身に着けておく必要があります。

しかし一瞬で身に着けられるものではありませんので、日常の習慣を変えて地道に努力していく必要もありまっす。

努力が仕事を早くする鍵になりますので、生活に取り入れてみる事をおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件