仕事がめんどくさいと感じたらやるべき10個の対策法!やる気を出すためのポイントを解説

仕事がめんどくさいと感じたらやるべき10個の対策法!やる気を出すためのポイントを解説

「明日の仕事マジだるい」「明日の仕事が面倒くさい」、社会人なら誰しも一度は感じたことがあるでしょう。

生活していく上で仕事は欠かせないものではありますが、やはり気分が載らないこともありますよね。

しかし中には一時的ではなく、長い間仕事が面倒くさく感じて出勤前に落ち込んでいる人もいることでしょう。

実は仕事が面倒くさいと感じている場合には、原因を一度振り返って考えることで、気分を変えて仕事に心機一転取り組むこと出来るようになることもあります。

そこで今回は社会人が仕事が面倒くさく感じてしまう理由から、対処法まで徹底的に解説していきます。

社会人あるある!面倒くさい仕事3選

社会人は業種・職種によって様々な仕事を担当することになりますが、やはり共通して面倒くさいと感じてしまう業務内容は共通しています。

社会人がよく「面倒くさい」と感じやすい仕事は、主に以下の3つです。

全体でのプレゼン・司会

会社での立ち位置や職務内容によっては、会社全体に対してプレゼンや、行事の司会を行うこともあるでしょう。

プレゼンの場合はその場の空気に合わせて話し方を変えていく必要もありますし、資料の用意や提案が通る様に場のデザインをする必要もあります。

また行事の司会の場合は運営も兼ねることが多く、仕事と並行しながら企画を立てる必要もありますし、参加者の希望を取る必要も出てきます。

立ち回りが要求されることもあり、いちいち気を使うことに対して面倒くさいと感じる社会人は多いです。

長期的なプロジェクト

仕事によっては年単位の長期的なプロジェクトに参画することもあるでしょう。

完成までのゴールが長すぎて、仕事をしている実感が得られずに毎日の業務に対して、満足感を失ってしまうことが多いです。

外部と連携している仕事

外部の企業と連携して進める仕事の場合、相手の意思決定がないと話を進められないこともあります。

また相手の要望を聞く必要も出てくるので、いちいち交渉しなければなりません。

相手の担当者の対応が悪いと、話をするのも嫌になってしまいますし、メールの文章を打つのも億劫になってしまいます。

仕事がめんどくさいと感じるのは頑張りすぎが原因

毎日面倒くさい仕事をこなしている社会人、ではなぜ仕事が面倒くさいと感じるのか気になりますよね。

実は仕事が面倒くさいと感じるのは、頑張りすぎが原因であることが多いのです。

主に以下の3つのパターンに当てはまる人は、要注意です。

  • 毎日残業をしていてオーバーワーク気味
  • 仕事の内容に魅力がないのに頑張っている
  • 毎日長時間の通勤時間を我慢している

長期間我慢の状態が続いてしまうと、段々と仕事に対するやる気が出なくなってしまいますから、働き方の改善が必要になります。

仕事ができない人の16個の特徴とデキる人になる改善法を解説

仕事がめんどくさいと感じた時に取るべき対処法

社会人のみなさんが仕事が面倒くさいと感じた時に取るべき対処法は、以下の通りです。

  • 毎日の生活習慣を振り返ってみる
  • 仕事の合間に小休憩の時間を設ける
  • 仕事をタスク化して細分化する
  • 仕事に行くことをゲーム感覚にする
  • 仕事を頑張ったご褒美を用意する
  • リラックスして働ける環境を作る
  • 休日の楽しみを作る
  • ひとつずつタスクをこなすことを心がける
  • 効率的に進める方法を考えてから取りかかる
  • 何も考えない時間を作ってみる

以下で詳しく解説していきます。

毎日の生活習慣を振り返ってみる

仕事が面倒くさいと感じ始める背景には、毎日の生活習慣が乱れている可能性があります。

人間、健康的な生活が遅れていないと身体的にも精神的にも疲弊し始めることが多いです。

特に朝日を浴びていなかったり、食生活が乱れている場合には、メンタルにも影響を及ぼすことがあります。

特に朝食を食べない生活を送っている場合には、きちんと栄養を摂取して1日のスタートを切れる状態にしておきましょう。

仕事の合間に小休憩の時間を設ける

仕事の合間に小休憩の時間を設けることも重要です。

働いている間には集中の切れるタイミングがいくつか存在します。

集中の切れるタイミングを見計らって、小休憩の時間を設けておくことで、気分転換になります。

特に眠くなる時間帯を狙って利用することで、仕事の効率化にもつながります。

仕事をタスク化して細分化する

仕事が面倒くさくなる原因には、ゴールが見えないことが多いですから、できるだけタスクを細分化しておくことをおすすめします。

与えられているタスクを細かくすることで、自分が今何をすべきか、段階を踏んで仕事ができるように自分で調整していきましょう。

細かく調整しておくことでミスを減らすこともできますから、 仕事を効率的に進めたい!という方にもおすすめの方法です。

仕事に行くことをゲーム感覚にする

仕事にいくことをゲーム感覚にすることも、めんどうくささを解消できる一つの方法です。

スマホゲームをやっている方は、仕事に行くこと自体をデイリータスクに設定して、仕事に行くことを楽しいと認識できるようにしておくといいかもしれません。

ゲーム感覚であれば達成感を得ることも可能ですし、毎日仕事に来ることを面白く感じられるかもでしれません。

仕事を頑張ったご褒美を用意する

毎週末に仕事を頑張ったご褒美を用意することも大切です。

人間何らかの娯楽がないと仕事に打ち込むことは難しいですから、仕事を頑張ったご褒美として自分の好きなものを購入したり、おいしいご飯を食べに行くなどしてみてください。

ご褒美のために毎日の仕事を頑張る動機ができますから、定期的にプチイベントを用意してみる事をおすすめします。

リラックスして働ける環境を作る

職場で常に堅く仕事をこなしている場合には、リラックスして働ける環境を作ることもおすすめします。

職場ではリラックスしないと本来の実力が発揮できないこともありますから、楽な服装などを選んでみましょう。

リラックスして働ける環境を作っておくことで、体の緊張もほどけます。

面倒くさい仕事をテキパキ進める環境を整えておくことで、気分を上げられるのでおすすめです。

休日の楽しみを作る

休日に何か楽しみを作っておくことも、仕事を面倒くさく感じなくなるためには重要なポイントです。

皆さんは休日をただ寝て過ごしてはいませんか?

休日に好きな場所に行ったり、友人と過ごす時間を作ることで、仕事とプライベートのオンオフを付けることもできます。

リフレッシュできる時間を設けておくことで、働くことに対する倦怠感を緩和することができるかもしれません。

ひとつずつタスクをこなすことを心がける

仕事が面倒に感じている方の中には、与えられたタスクを一気にこなそうとして脳みそがパンクしていることも多いです。

やるべきタスクの優先度を自分で分けて、一つずつタスクをこなすことを心がけるようにしましょう。

特に第三者が絡むタスクに関しては早めに取り掛かることで、面倒くさいことを最初に片づけることが可能です。

優先度の付け方がよくわからない!という方は、上司や先輩に聞いてみる事をおすすめします。

効率的に進める方法を考えてから取りかかる

仕事が面倒くさい場合は、取り掛かる前にその仕事を効率的に進める方法を考えてから取り掛かることをおすすめします。

仕事を進めていく上でどんな障壁が待っているのか、仕事をやるうえで面倒な確認事項はあるかなど、効率的に仕事を終えるために何が足りないのかを、一度リスト化してみましょう。

仕事を進めるべき道筋がきちんと整っていると、一つずつこなしていけばいいだけなので、面倒くさいと感じることもないでしょう。

何も考えない時間を作ってみる

仕事の合間に何も考えない時間を作ってみる事も重要です。

仕事をしている間は常に何らかのことを考えている状態ですから、脳がだんだんと疲弊していきます。

一度仕事のことを忘れて何も考えない時間を作っておくことで、頭のオンオフのスイッチを切り替えやすくなります。

カラダだけでなく脳も仕事では疲弊していきますし、疲弊した状態だと何もする気がなくなってしまいますので、何も考えない時間を数分でも作ることをおすすめします。

飽き性向け!飽きない仕事16選と続ける極意を徹底解説

注意!日常生活に影響が出ているなら仕事を休もう

仕事を面倒くさいと感じるのは人間だれしもよくあることですが、万が一下記のように日常生活に支障が出ている場合には、一定期間仕事を休むことも検討してみてください。

日常生活に支障が出ている状態で仕事を続けていると、精神的な病気になってしまうこともありますので、注意が必要です。

仕事のことを考えると体調が悪くなる

仕事のことを考えると頭痛がしたり体調が悪くなる場合には、仕事を休むことを検討しましょう。

頭では仕事に行かなければとわかっていても、体が拒否している可能性があるためです。

毎回同じタイミングで体不良を引き起こしている場合には、一度休暇を取って職場からはなれてみることをおすすめします。

万が一仕事から一時的に離れても症状が改善されない場合には、一度病院に行ってみることをおすすめします。

職場の居心地が悪い

職場の居心地が悪い場合も、一時的に職場から距離を置いて休むことが大切です。

人間過ごしやすい職場でないと本来の力が発揮できないことも多いです。

人間関係が悪く、仕事に支障が出ている場合や、働きづらいと感じている場合には、一時的に仕事の環境を見直して、本当にこのまま働き続けられるのかを再検討してみるのもいいかもしれません。

仕事にやりがいを見いだせないなら転職も一つの選択肢

現在仕事にやりがいを見いだせずに、つまらないと感じている場合には、転職も一つの選択肢です。

面倒くさいと感じている仕事を続けていても、自分のスキルアップにはつながりませんし、生産性も上がりません。

若いうちであれば転職先も見つけやすくなりますし、自分に合った働き方の出来る転職先が見つかる可能性が高くなります。

転職エージェントを活用すれば、希望条件に合わせて転職先を紹介してもらうことができるので、ぜひ利用を検討してみてください。

仕事を面倒くさいと感じている原因を調べて楽しく仕事ができるようにしよう

いかがでしたか?

仕事を面倒くさいと感じている場合には、原因を追究することで状況を改善する糸口を見つけられるようになります。

自分の普段の仕事のやり方を見直すことで、対処できる場合もありますから、楽しく仕事ができるように自分で普段を振り返ってみるkとをおすすめします。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件