リクルートエージェントの面談に断られたときの対処法

リクルートエージェントの面談で断られた場合

数ある転職エージェントの中でも、業界屈指の知名度を誇るリクルートエージェント。

リクルート系列だけあって、利用者数も多いと言われています。

しかしその反面、登録した人の一部は面談を断られているのをご存知でしょうか?

意を決し登録してみたものの、リクルートエージェントの面談を断られたらものすごいショックですよね。

そこで今回は、リクルートエージェントで面談を断られてしまった方へ、なぜ断られてしまったのか?どういった対処法を取れば良いのか、わかりやすくご紹介します。

リクルートエージェントの面談を断られる理由

転職活動をサポートしてくれるリクルートエージェントから「紹介できる求人がありません」と面談を断られてしまうのは一体なぜなのでしょうか?

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが専属で付くサービスには、そもそもサービス期間というものが存在しています。

そのサービス期間は3ヶ月ほどで、企業側からの要望に就職者をこぎつけて初めて報酬を貰える成果報酬型の仕様も相まって「転職がうまくいかなそうな人は金にならない」から断られてしまうのです。

それを踏まえた上で、面談を断られる理由を見ていきましょう。

要求する理想が高い

やはりなんと言っても求職者の理想が高すぎた場合、それに見合った求人情報が無いこともあります。

自身のスキルやキャリアに見合った求人情報を選ぶのも重要ですが、高すぎる要求を満たせる求人情報もなかなかありませんので、程度を見極めるのも必要だと言えるでしょう。

年齢が比較的高い

必ずという訳ではありませんが、転職エージェントを利用しようとした50代前半の人は年齢が理由で断られるケースもあると言われています。

職務経歴が特殊

長い間女優や俳優のような職業をしていた場合、年齢や経歴も相まって一般企業へ紹介しにくいケースもあります。

他にも数ヶ月ほどの短いスパンで何度も転職を繰り返しているような人は、成果報酬に見合う期間まで就業してくれないとの観点から断られる可能性が高いです。

登録者数が限界に近かった

登録タイミング次第で、定員オーバーという事を理由に求人情報を紹介できないとして断るエージェントも存在します。
登録基準についてはそれぞれのエージェントにより判断されていると言っても良いでしょう。

結局その時その時で変わる

最終的に求人情報を紹介するのはリクルートエージェントの中のキャリアアドバイザーです。

担当してくれた方の得意分野と登録者のキャリアが異なり、実力を上手く把握してくれていない場合は、断られてしまうことも。

他のエージェントサービスを利用する事で正当にスキルが評価され、求人情報が紹介されるケースも存在します。気落ちせずに他のエージェントサービスを利用してみましょう。

リクルートエージェントは断られやすいのか

実際の所転職エージェントを利用する上で英語力(TOEICの点数)や転職前の年収など、様々な観点から登録を断られてしまう事があります。

しかしリクルートエージェントは他のエージェントサービスに比べ最大手という事もあり、その業界屈指の求人数から断られる可能性は限りなく低いと言われています。

登録されている求人数は約20万件、これほどの求人情報があればきっと登録者に合った求人が見つかりますよね。

しかし、求人情報が多数あるという事は良い点でもあり悪い点でもあります。

望んでいる職種ではないものを紹介される事も

リクルートエージェントの口コミを見ていると、IT系スキルを持ちIT企業に入りたいという意思を見せたのに、「エージェントから飲食業の紹介をされた」というケースがあるようです。

多数ある求人情報は魅力的ではあるものの、自身にミスマッチな案件も紹介されてしまうのは事実です。望んだ職種では無い求人情報を紹介されるのは、ある意味リクルートエージェントに断られたようなものですから注意が必要です。

他のエージェントなら求人を紹介してもらえる?

リクルートエージェントは業界No.1とも言われている転職エージェントですが、場合によっては他のエージェントサービスの方が理解されやすいとも言われています。

例えばベンチャー企業や若手IT企業が多いDODAでは若者のITエンジニア募集が多く、外資系の企業に入る上で必要な英語力やキャリアが備わっているのであれば、外資系の転職エージェントであるJACリクルートメントなどもオススメです。

JACリクルートメントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

自身のキャリアなどを冷静に省みて、どういった転職エージェントが向いているのか?客観的に判断することも重要です。

自身の持っているスキルを正当に評価してくれるエージェントに出会うことが、キャリアアドバイザーを通して転職活動を成功に収めるための秘訣でしょう。

  • 女性が登録すべきおすすめ転職サイトランキング!【口コミで比較】
  • 20代におすすめする転職サイト・エージェントランキング!【2018年版】
  • 30代におすすめ転職サイト・エージェント比較ランキング!【2018年版】
  • 40代におすすめの転職サイト比較ランキング【2018年版】
  • 50代におすすめ転職サイト比較ランキング【2018年版】

リクルートエージェントからの面談を断られたときの対処法

リクルートと言えば業界大手なのもあり、リクルートエージェントに面談を断られてしまうと中々ショックですよね。
そんな場合、一体どうしたら良いのでしょうか。

現職を続けキャリアを形成する

断られた理由が登録者のキャリアに問題があるという事であれば、まずは自身のキャリアを形成しなければなりません。

クレジットカードの利用でクレジットヒストリーが形成されるように、仕事を続けることで少しずつキャリアが形成されていきます。

キャリアが出来れば出来るほど後の転職活動を優位に進めることが出来るので、仕事をしつつ資格の取得を心掛け自身のスキルアップに努める事が重要です。

しかし転職したいと思っている職場で仕事を続けるのは中々厳しいものですよね。

そういった場合は他のエージェントサービスを利用してみては如何でしょうか?

他の転職エージェントを利用する

断られない転職エージェントとしても有名なリクルートエージェントに断られてしまった場合、もう他の転職エージェントを利用しても無駄と思う方もいらっしゃるかもしれません。

外資系企業の多いJACリクルートメントや、スキルの高いハイクラス層にも対応しているビズリーチなどを利用することで、自身の望む年収や職種に就けるかもしれません。

期間をおいて再登録してみる

何よりも重要なのは求人数ではなく、利用者のスキルを正確に把握してくれるエージェントの存在です。

求人情報が多数あるとは言え、自身のスキルが正当に評価してもらえなければ意味がないのは言うまでもありません。

確かにスキルに合った非公開求人の紹介と、履歴書の添削指示や面談日時の調整、登録者の転職活動を手助けしてくれるエージェントサービスはとても魅力的なものです。

しかしエージェントサービスを一度利用すれば、転職の成功に至るまで極力連絡を取り合おうとしてきます。

もしこの過程で貴方のスキルをうまく把握されていなかったら?

的はずれな指摘や希望とは違った求人情報を何度も紹介されてしまったら?

取り合った連絡の分だけ無駄に時間が過ぎてしまうのは間違いないでしょう。

転職エージェントにおいて一番重要なのは「求人数」を見ることではありません。貴方と密な連絡を取り合い、転職活動を直接サポートしてくれる「キャリアアドバイザー」の存在が重要なのです。

一度貴方のことを理解してくれなかったキャリアアドバイザーに出会ったからと言って、その次もそうだとは限りません。少し期間をおいてもう一度再登録してみると、今度は手厚いサポートを受けられるかもしれませんね。