リクルートエージェントの電話はしつこいって本当?

リクルートエージェントの電話はしつこいって本当?

リクルートエージェントは大手人材会社のリクルートグループが運営している転職エージェントで、豊富な転職支援実績を誇ります。

知名度も高く人気ある転職エージェントです。

しかし「転職エージェントって電話での連絡がしつこい」という言われることが多く、「リクルートエージェントも電話連絡がしつこいのかな?」と不安になっている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではリクルートエージェントからの電話連絡はしつこいのか、しつこいと感じた場合の対処法などを解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

リクルートエージェントは電話連絡がしつこい?

リクルートエージェントのような転職エージェントは電話での連絡がしつこいと言われることが多いです。

では、リクルートエージェントはどうなのでしょうか?

結論からお伝えすると、電話連絡はしつこいです。

「しつこいなら登録するのやめようかな…」という方が多いと思いますが、意味もなくしつこく電話してくるわけではありません。

転職者に伝えたいこと・アドバイスしたいことがあるときに、電話がかかってきます。

そのため「しつこい」と感じるかもしれませんが、それはサポートが手厚い証拠です。

実際に利用した方の口コミを調査していると「サポートが手厚かった」「親身になってサポートしてくれた」とサポート力が評判でした。

人によってはしつこいと感じるかもしれませんが、転職者にとってマイナスなことは少ないと思います。

電話連絡があるタイミング

リクルートエージェントから電話がかかってくるタイミングがあります。

そのタイミングを把握できていると電話での連絡がしつこいと感じることはなくなるでしょう。

電話がかかってくるタイミングは下記の通りです。

  • 登録してから1週間以内
  • 担当者との面談
  • 求人紹介
  • 面接対策
  • 応募に関する合否
  • 必要書類の伝達
  • 選考過程でのトラブル など

リクルートエージェントに登録して1週間以内に必ずメールもしくは電話で連絡があり、その連絡で担当者との面談日を決定します。

担当者との面談は電話ではなく対面も希望できるため、対面を希望すると電話がかかってくることはありません。

同様に面接対策などのサポートを受ける場合も、対面を希望される場合は、電話がかかってくることはないでしょう。

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リクルートエージェントの電話連絡がしつこい理由

リクルートエージェントの電話連絡はしつこいのですが、全員に同じ頻度で電話をかけているわけではありません。

電話連絡が頻繁にある方にはいくつかの理由があり、その理由を把握することでしつこいと感じることは少なくなると思います。

電話での連絡がしつこい理由をいくつかご紹介します。

転職者が優秀な人材

リクルートエージェントのような転職エージェントには「非公開求人」があります。

非公開求人とはベンチャー企業など即戦力になる人材を求めている企業が、あらかじめ高いスキルを持った転職者を採用するために利用しているシステムで、キャリアアドバイザーが企業の求める人材にのみ非公開求人を紹介します。

そのため優秀な人材であればあるほど、企業の求めている人材に当てはまり多くの非公開求人を紹介されます。

非公開求人の紹介が増えるということは、結果的に電話での連絡が多くなるということになります。

電話での連絡が多いと「しつこいな」と感じると思いますが、それは担当者から高い評価を得ている証拠になります。

求人紹介の電話が多い場合は、マイナスではなくプラスに捉えるようにしましょう。

担当者に転職者の気持ちが伝わっていない

電話での連絡が多い理由として「担当者と転職者の気持ちにズレがある」と考えられます。

例えば、転職者はじっくり時間をかけて転職したいと思っていたとしましょう。

しかし担当者がそのことを理解していないと、積極的に求人を紹介してくれて、必然的に電話での連絡も増えると思います。

そして転職者は「しつこい」を感じることになります。

もし、転職者が1カ月以内に転職したいと思っているにも関わらず、全く求人紹介がなければ「担当者のサポートがない」と感じるでしょう。

簡単にお伝えすると、転職者と担当者の気持ちを統一することが大切になります。

少しでも気持ちにズレが生じていると、しつこいと感じることになるでしょう。

そのため登録後の面談でしっかり気持ちを伝えることが必要があります。

サポートできる期限が決まっている

電話での連絡が多い理由として「サポート期限が決まっている」ということが挙げられます。

実はリクルートエージェントではサポートしてくれる期限が「3カ月」と決まっていて、3カ月を過ぎると自動的に求人紹介やサポートはなくなります。

そのため担当者は「3カ月以内に転職を決めてほしい」と思い、電話での連絡が多くなります。

サポート期限が決められているということは、登録する際の規約に記載されているため多くの方が気付いていないです。

サポート期限が決められているため電話での連絡がしつこくなることは把握しておきましょう。

リクルートエージェントからの電話連絡は必ず対応しよう

リクルートエージェントからの電話での連絡が「しつこい」と感じても、必ず対応するようにしましょう。

その理由は対応しないとさまざまなデメリットが生じるからです。

上記でもお伝えしたように電話での連絡があるということは、何か転職者に伝えたいときになります。

その伝えたいことを無視してしまうと、スムーズに転職活動は進まないでしょう。

そしてリクルートエージェントからの電話を無視する最大のデメリットが、非公開求人の紹介を受けられないことです。

非公開求人はサイトに公開されていないのですが、その理由の1つとして応募が殺到して人材獲得までに時間がかかるからと言われています。
それほど高待遇な求人が多いです。

応募が殺到するほどの求人の紹介を受けられないことは大きなデメリットになると思います。

そして非公開求人は応募期間が決められておらず、条件に当てはまる人材が決まれば応募が締め切りになります。

そのため非公開求人は時間との勝負にもなります。

少しでも転職活動をスムーズに進めるためにも、電話連絡には必ず対応するようにしましょう。

電話連絡がしつこい場合の対処法

電話連絡が多い理由を把握した上でも「しつこい」と感じることはあると思います。

そのような気持ちを我慢して転職活動をしても成功にはつながらないので、電話での連絡がしつこいと感じた場合の対処法をご紹介します。

正直に担当者に伝える

1つ目の方法が「担当者に伝える」ということです。

上記でもお伝えしたように電話連絡が多い理由として気持ちのズレが考えられます。

担当者も悪気があってしつこく電話をしているわけではないので、正直に伝えることで電話での連絡は少なくなるでしょう。

また、「求人紹介だけ電話でしてほしい」「緊急の連絡だけ電話でしてほしい」と連絡手段を細かく希望することも可能です。

少しでもしつこいと感じた場合は、担当者に伝えるようにしましょう。

担当者を変更する

2つ目方法が「担当者を変更する」ということです。

担当者に伝えることで電話の回数は少なくなると思いますが、「直接伝えるのが苦手」「伝えた後が気まずくなる」という方は担当者を変更してもらいましょう。

担当者を変更してもらうことで1からコミュニケーションを築くことができて、担当者と転職者の気持ちのズレは解消できます。

そして担当者を変更した場合は、初めの面談で連絡手段の希望を伝えるようにしましょう。

しっかり気持ちを伝えなければ、担当者を変更した意味がなくなります。

担当者はリクルートエージェントに問い合わせることで、変更できます。

リクルートエージェントを退会する方法と退会する際の注意点

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件