PDCAとは?効果的に活用するポイントとメリットを解説

PDCAとは?効果的に活用するポイントとメリットを解説

ビジネスの世界では「PDCA」という言葉を聞く機会が多々あると思います。

しかし、「PDCAって何だろう?」「どのようなメリットがあるのだろう?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事ではPDCAについて解説します。

PDCAとはという基礎的なことから、効率的に活用するポイントなどをご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

PDCAとは?

PDCAとは、「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」4つの単語の頭文字がとられている言葉で、ビジネスの世界では使われることが多いです。

PDCAサイクルと言われることもあり、P→Aまで順番に進めていくことで作業効率や、仕事の中での改善点などを把握できるようになります。

特定の職種で使われる言葉ではなく、全ての仕事で使われている言葉です。

頭文字になっている4つの単語について詳しくご紹介します。

Plan:計画

Planでは、組織・個人で達成したい目標を決めて計画を立てます。

Planの段階でより具体的な目標や計画を立てることによって、PDCAの効果が変わります。

より具体的な計画を立てるためには、「5W2H」を用いることが大切です。

そしてPDCAは1週間程度の計画を立てるのではなく、数カ月先の計画まで立てるようにしてください。

Do:実行

Doでは、決めた計画に沿って仕事を進めていきます。

もし具体的な計画が立てられていない場合は、Doの段階でPDCAは崩壊してしまいます。

そして必ず計画通りに仕事を進めるようにしてください。

計画にないことをすると、Planの意味がなくなります。

また何度も同じミスをしないように立てた計画が良かったのか、悪かったのか、記録しておくことをおすすめします。

Check:評価

Checkでは、計画通りに仕事を進められたのか、決めた目標は達成できているのか、を評価します。

このCheckを行うときは、客観的に評価することが大切です。

主観的にCheckをしてしまうと、何度も同じミスを繰り返してしまう可能性があります。

またPDCAを行っている意味がなくなるため、注意してください。

Action:改善

Actionでは、評価した内容を確認しながら改善を行います。

悪かったことを改善するため、良かったことは継続して行うようにしましょう。

そしてActionの後は、もう一度Planに戻ります。

もし目標を変更する場合や計画を中止する場合は、Actionの段階で判断するようにしましょう。

そしてもう一度Planに戻った場合は、Actionまでやり遂げることが大切です。

PDCAを活用するメリット

「PDCAとは?」ということは理解していただけたと思います。

PDCAをより効果的なものにするためには、活用するメリットを把握することが大切です。

メリットを把握することで、PDCAを行う意味を理解して行動できます。

やるべきことが明確になる

PDCAを活用すると、やるべきことが明確になります。

上記でもお伝えしたように具体的に計画・目標を決めているので、個人としても組織としてもやるべきことは明確になり、事前準備などを行えます。

個人でも組織でも目標を決めて、それを達成するまでのプロセスを明確にすることで、目標達成率は向上すると思います。

それはビジネス以外のことでも共通していることです。

作業効率が向上する

PDCAを活用することでやるべきことが明確になり、作業効率が向上します。

やるべきことを理解できている状態とできていない状態では、作業効率が大きく変わると思います。

また「何をしなければいけないのだろう?」と考える時間も必要としないため、決められた仕事に集中できます。

そして作業効率が向上することで、残業時間なども少なくなると考えられます。

課題を見つけられる

PDCAでは必ず「Check」を行うため、個人・組織の課題を見つけられます。

決めた目標を100%達成できた場合は課題が見つからないことがあるかもしれませんが、100%達成できることは考えにくいと思います。

そして具体的な計画と実行を行っているため、的確な課題を見つけることができるでしょう。

個人・組織の課題を見つけるために、活用している企業も多くあります。

仕事ができないから転職したい! 転職先の見つけ方と成功するための方法

効果的に活用するポイント

PDCAは効果的に活用するためには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

より効果的なものにするためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

PDCAを意識しすぎない

効果的に活用するためには、意識しすぎないことが大切です。

「意識しないの?」と疑問に感じられたかもしれませんが、PDCAが失敗する多くの原因は意識のしすぎです。

「意識しすぎて、本当の事業の意義を見失いそうになる」「PDCAが仕事になってしまった」など意識しすぎることは逆効果です。

PDCA通りに進めることが大切になるのですが、意識はしすぎない「バランス」が大切です。

長期間にしない

PDCAを長期間で回すことには、注意が必要です。

上記でもお伝えしたようにメリットの1つは個人・組織の課題を見つけることです。

そのため長期間で回してしまうと、一向に課題が見つかりません。

もし数年かけて達成する目標を決めた場合は、細分化することが大切です。

そして1週間・1カ月など定期的に進歩状況を確認するようにしてください。

仕事で評価されない人の10の特徴!会社の評価基準と評価される5つの習慣!

PDCAを活用することで転職の成功率を高める

PDCAは個人でも組織でも活用できるのですが、「仕事に対して活用するもの」という認識が強いと思います。

しかし、仕事以外のことでも活用できます。

社会人になると、キャリアアップや会社に対する不満から「転職」を考えることがあると思いますし、実際に「転職したいな」と感じている方も多いでしょう。

そのような場合にPDCAを活用すると、転職が成功率する可能性が高まります。

いつまでの転職するのか決めて、求人の応募や面接を受けて、自分の行動を評価して、次なる求人で採用してもらえるように改善を行います。

もし1つの企業に応募して採用してもらった場合は、Actionを行う必要はないですが、やるべきことや自分の課題は見つかると思います。

転職を考えている方は、転職活動でも活用することが大切です。

転職で「DCPA」を活用することは危険

ビジネスの世界では「DCAP」という言葉が使われることがあります。

使われている単語は同じなのですが、順番が異なります。

DCAPでは目標を決めたり、予定を立てる前に行動します。

それは転職においてはとても危険な進め方です。

何も計画せずに転職活動を行ってしまうと、転職先が一向に見つからない可能性も考えられます。

少しでも早く希望している企業から内容してもらうためには、PDCAを活用することが大切です。

転職においてPDCA以外で大切になること

転職を成功させるためには、PDCA以外にも大切なことさまざまがあります。

「転職先が見つからない」「転職したことを後悔している」という状況に陥らないためには、下記のポイントを意識することが大切です。

働きながら転職活動を行う

転職活動は、働きながら行うことが大切です。

「退職した方が多くの時間を割ける」と考えて退職される方が多いのですが、その考え方には注意が必要です。

退職することで転職先が決まるまで「無職」の状態が続きます。

無職の状態が続くことで、金銭面からの焦りが出てきて「どの企業でも良いから早く転職先を決めよう」と投げやりになってしまうことが考えられます。

投げやりになってしまうと、転職後に後悔する可能性が高いです。

焦る気持ちを抑制するためにも、働きながら転職活動を行うようにしてください。

情報収集を怠らない

転職を成功させるためには、情報収集することが大切です。

業界・職種・企業に関する情報収集を怠らずに行うことで、企業が求めている人物像を見えてきます。

求めている人物像を理解することができれば、採用率はグンと高まります。

また情報収集を行うことで、転職後に後悔する可能性を下げることができます。

「思っていた仕事ではなかった」とならないように、情報収集は大切です。

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することをサポートしてくれるサービスです。

転職支援サービスとも言われていて、転職サイトとは異なるサービスを提供しています。

具体的に受けられるサポートは「求人紹介・日程調整・面接対策・自己分析・キャリアプランの形成」などで、転職に関することは幅広く対応してくれます。

しかし転職エージェントは数多くあるため、「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

悩まれた場合は下記の転職エージェントを参考にしてみてください。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してサポートを受けてみてください。

PDCAはさまざまな場面で活用できる

この記事ではPDCAについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

ビジネスの世界では多用される言葉で、さまざまな場面で活用できます。

PDCAを活用することで作業効率が向上して、個人・組織としての課題を見つけられます。

また目標達成率も高めることができます。

そしてPDCAは転職においても活用できるため、転職を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

仕事ができない人7つの特徴と明日からできる改善方法

仕事を効率化できる無料アプリ8選!導入するメリットとポイントを解説

KPIとは?具体的な設定方法・運用方法とメリット・デメリット

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件