緩和ケアの看護師へ転職するには?年収事情や仕事内容を解説

患者さんにもっと何かしてあげたい、という純粋な気持ちで緩和ケアを目指したいと思っているものの、「本当に自分にできるのか」「どんな気持ちで向き合っていけばいいんだろ」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

患者さんの人生の最期にもっと深く関わりたい、そんな思いを抱きはじめ、緩和ケア看護師への転職を考えている人に向けて、転職事情をご紹介します。

緩和ケアの仕事内容や、やりがいについてもご紹介するので、参考にしてみてください。

緩和ケアへの転職は難しい?

緩和ケアを行う病院は全国各地に民間・公共問わず点在し、中には宗教法人が運営している病院もあります。

給与面などの待遇は一般病棟とほぼ変わらず、比較的に忙しさも軽減される傾向があります。

ただ、採用の窓口は狭く、求人数はあまり多くはありません。

そのため緩和ケアの看護師へ転職するためには、まずは求人を見つけ出す必要があります。

看護師専門の転職サイトを利用すると効率的に求人を探すことができるでしょう。

緩和ケアの仕事内容

緩和ケアの仕事は、名前のとおり「緩和」を目的としたケアになります。

体の症状はもちろん、精神的な不安や孤独感といった部分のケアも行います。

  • 身体的・精神的な痛みの緩和
  • 死への恐怖の緩和
  • 外来や在宅での緩和ケア

病棟では薬剤や検査などの医学的なアプローチだけでなく、精神的なケアを行うため、一人一人に合わせ幅広い看護を行います。

治癒の見込みが難しいと判断された患者さんたちとそのご家族が、残された時間を自分らしく過ごせるよう、サポートを行うことが一番の仕事ともいえるでしょう。

病院によっては、面会時間が無制限、家族が泊まれる設備、簡単なキッチンなどもあり、患者さんの要望に応えられるよう柔軟な対応がとられています。

また病棟だけでなく、外来や住宅で緩和ケアを提供しているところもあります。

できる限り自宅での暮らしを継続したいという患者さんや、退院した患者さんが、その後も病気と向き合いながら日常生活を心地よく送るために、外来や訪問看護でサポートを行います。

緩和ケアのやりがい

  • チーム医療を実践えきる
  • 人として成長できる

緩和ケア病棟では、患者さんやご家族の苦痛・症状の緩和をするために、看護師だけでなく医師や多職種の専門家などとチームでサポートを行います。

チームの一員として、メンバーと連携して働くことの大切さを学ぶことができるでしょう。

また、緩和ケアという仕事柄、患者さんや家族の思想や、死生観に向き合っていく必要があります。

一人一人と真剣に向き合い、寄り添う看護を行うことで、人としての成長を感じられるでしょう。

緩和ケアで働く看護師に求められるもの

患者とその家族に寄り添う力

病気の完治が目的ではない緩和ケアでは、看護技術はもちろんですが、患者さんが抱える恐怖などをケアすることが大切です。

そして患者さんのご家族も同様に支援することが必要です。

そのため、緩和ケアで働く看護師には患者さん自身と向き合い、それぞれの価値観や生き方に寄り添う看護が求められます。

常に死と向き合う心の強さ

緩和ケアを行う看護師は、ほとんどの患者さんの最期のときを見守ることになります。

心から向き合い、一生懸命看護をしても、残念ながら治癒や回復という形を迎えることはほとんどありません。

看護師はそういったことと日常的に向き合わなければいけないので、精神的な強さも必要になります。

  • どんな人が向いている?
  • 医療チームとのコミュニケーションがうまくとれる
  • 患者さんやご家族との関係を構築できる
  • 患者さんの言いづらい本音や要望をくみ取りサポートする
  • メンタルケアに興味や、やりがいを持てる
  • 緩和ケアでしかできない経験から学びを見いだせる
  • 辛い事や悩みを1人で抱え込まない

緩和ケア病棟で働く看護師には、患者さんと真剣かつ誠実に向き合う姿勢が求められます。

患者さんが残りの時間をどう過ごしたいのか、その人の価値観を理解して一緒に考えていくのです。

家族にさえなかなか言えないことを話してくれたり、相談をしてくれる患者さんも中にはいます。

そうした患者さんと真剣に向き合うことができる人が緩和ケアの看護師として求められます。

しかし、残念ながら緩和ケア病棟で最後を迎える患者さんも少なくなく、自分が精一杯向き合ってきた患者さんを看取ることも必ずあります。

とても悲しい事ですし、乗り越えられないかもしれない、と思うこともあるでしょう。

この現実をしっかり受け止められる人はいいのですが、どうしても引きずってしまう、気持ちを切り替えるのに時間がかかるという人は、緩和ケアで働き続けるのは厳しいかもしれません。

緩和ケア看護師の年収事情について

緩和ケアの看護師の給料は、病棟看護師の給料形態に近く、同じくらいの水準になります。

基本給は20万前半~、それに各種手当や賞与がつきます。

緩和ケアの看護師は、高いスキルを求められるため、認定看護師や専門看護師の資格を持っている場合、資格手当てがつくことが多いようです。

夜勤もありますが、患者さんの急変などがない限り残業もそこまでは多くないため、比較的にプライベートの時間も確保しやすいでしょう。

収入的には病棟看護師とそこまでの差がないので、収入が減るかもしれない、という心配は必要なさそうです。

緩和ケア看護師で働くメリット・デメリット

メリット

緩和ケアで働くメリットとして大きいのは、やはり専門知識や技術が身に就くことでしょう。

特殊な病棟になるため、キャリアの面で優位性があるといえます。

また、緩和ケアという仕事柄、患者さんに寄り添う本質的な看護を学ぶことができるでしょう。

デメリット

患者さんの急変対応があるので、その日の業務スケジュールが崩れることも少なくないです。

また患者さんのケアだけを行っていればいいわけではなく、ご家族の精神的なケアも必要になるので、一筋縄ではいかないこともあるでしょう。

緩和ケアへの転職に好ましい志望動機

志望動機の書き方は、基本的には一般企業の場合と同じです。

下記のポイントに注意しながら書いてみてください。

仕事の特徴を理解していることを伝える

緩和ケアの仕事は、一般の病棟に比べて一人一人の患者に寄り添ったケアを行うのが特徴です。

残りの時間をどう過ごすか、それぞれの生き方を一緒に考え、医療スタッフと連携してケアをしていく必要があります。

そういった特徴を理解し、どんな風に患者さんと接していきたいか、自分が大切だと思うことを志望動機に入れるといいでしょう。

経験を活かせることをアピールする

これはどの職場においてもですが、今までの自分の経験の中でどんなことが活かせるかを志望動機に盛り込むのは、効果的なアピールになります。

たとえ専門分野の経験がなかったとしても、今までの看護経験の中で緩和ケアにつながるきっかけや経験が必ずあるはずです。

どんなことが活かせるか知るためにも、これまでの経験の棚卸をしておきましょう。

どのように働きたいか

緩和ケアを目的とする緩和ケア病棟でどのように働きたいのか、どんな看護を理想としているのか、自分の意見を示すことは重要なポイントです。

これは、なぜその病院で働きたいのか、という部分にもつながります。

「こういう働き方がしたい」だからこの病院で働きたい、という風にストーリーをつなげることができます。

そうすることで志望動機が具体的なものになります。

<志望動機の例文>

 

「私はこれまで5年間、様々な診療科を経験してきました。

看取りを行う機会も多く、なかでも癌患者さんのケアがとても印象に残っており、終末期医療についてもっと深く学びたいと考えるようになりました。

貴院は患者さん一人一人とじっくり関わりながら、最良の最期を迎えられるよう、チームで連携をしながらサポートしている病院であり、私も貴院で働くことで患者さんに真摯に向き合う看護をしたいと考え、志望致しました。

また貴院は看護師の教育に力を入れていると伺っており、私は今後緩和ケアの認定看護師の資格を取得したいと考えているので、貴院で緩和ケアについてしっかりと経験と知識を身に着けたいと思っております。そして患者さんの心の支えとなれるよう、貴院に欠かせない看護師となれるよう成長したいと思っております。」

 

緩和ケアへの転職におすすめの転職サイト

緩和ケアの求人は、一般病棟の看護師求人に比べると求人数が少ないので、転職サイトの利用がおすすめです。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは全国の求人を豊富に扱っており、利用者は年間10万人を超えるという、信頼のおける転職サイトです。

非公開求人も非常に多く、地域特有の求人情報も揃っています。看護師の転職サイトとしては定番といってもいいかもしれません。

キャリアコンサルタントの親身なサポートも受けることができるので、どのサイトを利用するか迷ったら、まずはナース人材バンクを利用してみるといいでしょう。

ナース人材バンクの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

看護roo

看護roo

看護rooは、病院の詳しい内部情報を事前に調査した上で求人を紹介してくれるのが特徴です。

残業の状況や手当、病院施設の雰囲気や様子など、自分ではなかなか聞きづらい内容も教えてくれます。

また看護rooのサポートは評判が高く、転職相談や応募する病院に合わせた履歴書の書き方や面接の動向などもしてくれます。

転職に不安を感じている人におすすめです。

看護roo!(看護ルー)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

緩和ケアの看護師は、日常のなかに「看取り」があるという、看護師の中でも特殊な分野になります。

そのため、緩和ケアで働くにはそれなりの精神力が求められるといえます。

患者さんの死と向き合うのは大変な仕事ですが、人の人生の最期に関わることは深いやりがいを感じられる仕事でもあります。

緩和ケアに挑戦したいと考えている人は、ぜひ自分が目指す理想の緩和ケアを行っている職場を見つけてチャレンジしてみてください。