管理職の転職理由は何と答えるべき?好印象を与える転職理由とは?

管理職の転職理由は何と答えるべき?好印象を与える転職理由とは?

管理職として働いている多くの方が転職未経験者だと思います。

転職では「転職理由」を聞かれることが多いのですが、未経験だと「なんて答えれば良いのだろう?」と悩まれることが多いのではないでしょうか?

この記事では管理職の転職理由についてご紹介します。

好印象を与える転職理由やポイントをご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

管理職の転職では理由を聞かれることが多い

管理職の転職では「転職理由」を聞かれることが多いです。

転職する業界・職種によっては聞かれないこともあるのですが、管理職の場合は高確率で聞かれます。

その理由によっては不採用になることもあり、管理職の転職活動において転職理由はとても肝心です。

好印象を与えることできると希望通りに転職できる可能性が高まります。

転職理由を聞かれる理由

管理職で転職理由を聞かれることが多い理由は、管理職という立場が関係しています。

管理職とは、組織の各部署が業務を進めるための「決裁権」を持つ役職のことを指します。

そのため企業側としては、管理職から転職する理由が分からないのです。

「決裁権を持つ管理職で、なぜ転職するの?」という疑問から聞かれることが多いです。

そして転職理由を聞くことによって、企業にマッチしている人材なのか、採用してすぐに辞められないかを判断しています。

転職理由は判断材料の1つとして聞かれていることを認識しておくことが大切です。

転職理由で好印象を与える5つのポイント

管理職の転職では、転職理由が肝心になることは理解していただけたと思います。

そこで転職理由で好印象を与える5つのポイントをご紹介します。

好印象を与えることができれば管理職の転職は成功する可能性が高まるため、ぜひ参考にしてみてください。

嘘をつかずに簡潔に答える

1つ目が「嘘をつかずに簡潔に答える」ということです。

管理職の転職理由は人それぞれだと思うのですが、答えにくい場合があると思います。

例えば「部下との関係が悪くなった」という理由だと答えにくいと思うのですが、嘘をつくことは悪印象を与えてしまいます。

「少しの嘘ならバレないだろう」と思われるかもしれませんが、人事の方は新卒も含めて多くの方を面接しているため、嘘を見抜くスキルは長けています。

そしてダラダラと答えることもよくありません。

そのためどんな転職理由でも素直に簡潔に答えることが大切です。

言わないことを決めておく

2つ目が「言わないことを決めておく」ということです。

転職理由で嘘をつくことは悪印象を与えてしまうのですが、全てを赤裸々に答える必要はありません。

そのため人事に悪印象を与える可能性のあることは、事前に「言わない」と決めておくことが大切です。

言わないと決める条件としては、転職先の企業でも想定される状況や漠然と感じていただけの不満などが挙げられます。

上記でもお伝えしたように転職理由ですぐに辞めないかを判断しているため、転職先の企業でも想定できる状況を答えてしまうと採用される可能性は低くなってしまいます。

転職理由を考えたときに「悪印象を与える可能性がある」と感じたことは、事前に言わないと決めておくようにしましょう。

ポジティブな転職理由を答える

3つ目が「ポジティブな転職理由を答える」ということです。

好印象を与えるポイントとして大切なのが、ポジティブな転職理由を答えることです。

ポジティブな転職理由を答えることで、前向きな姿勢や管理職に対する熱意を伝えることができて、採用してもらえる可能性が高まります。

しかし素直に答えると、ネガティブな内容になることはあると思います。その場合は答え方を工夫してみてください。

答え方を変えるだけで、ネガティブな転職理由でもポジティブに伝わります。

企業に対する想いを転職理由に組み込む

4つ目が「企業に対する想いを転職理由に組み込む」ということです。

転職理由と聞くと「転職者の気持ちを答える」と思われる方が多いです。

転職者の気持ちを答えるということは間違っていないのですが、好印象を与えるためには企業に対する想いを組み込むことが大切です。

例えば「管理職として新しい業界にチャレンジしたい」ということが転職理由だったとします。

その場合に「今までと異なる業界で仕事をしたいと思い、転職を希望しました」と答えるよりも、「貴社がサービスを提供している背景を知ったときに『働きたい』と思いました。

異なる業界になりますが、チャレンジしてみたいと思い転職を希望しました」と企業に対する想いを組み込むことで、印象は変わると思います。

他の理由でも企業に対する想いを組み込むことを意識してみてください。

転職エージェントを活用する

5つ目が「転職エージェントを活用する」ということです。

「転職エージェントを活用することが好印象を与えるポイント?」と疑問に感じると思いますが、転職エージェントではキャリアアドバイザー(転職のプロ)が転職理由に対するサポートをしてくれます。

キャリアアドバイザーは第三者としてのアドバイスをくれるため、好印象を与えられる可能性が高まります。

また面接練習もしてくれるため、事前に転職理由を答える準備ができます。

そして転職エージェントのサービスは全て「無料」で利用できるので、活用することをおすすめします。

管理職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

好印象を与える転職理由

好印象を与える転職理由は、前向きな姿勢や管理職に対する熱意が伝わるものです。

例えば「管理職としての経験値をあげたいと思い、転職を希望しました」と答えると、「この人は仕事に対して前向きで熱意がある」という印象を与えられると思います。

このような転職理由を答えると、好印象を与えられます。

しかし、管理職から転職する全員が上記のような転職理由ではないと思います。

その場合は嘘をつくことなく、素直に答えるようにしてください。

上記でもお伝えしましたが嘘をつくことは悪印象を与えてしまう可能性が高いです。

もし好印象を与えることができない内容の場合はお伝えした5つのポイントをおさえて、答えるようにしてください。

5つのポイントをおさえるだけで少なからず印象は良くなります。

管理職で転職理由を答えるときの注意点

好印象を与えられるポイントをお伝えしましたが、いくつか注意すべき点があります。

下記でお伝えする注意点をおさえて転職理由を考えて答えると、悪印象を与える可能性は低くなります。

管理職で転職理由を答えるときの注意点を2つご紹介します。

前職の愚痴や不満は口にしない

転職理由ではどのような内容を答えても間違いではないのですが、人事の方は前職の愚痴や不満を聞きたいわけではありません。

転職するということは、少なからず前職に対する愚痴や不満はあると思いますが、転職理由を答える際には口にしないように注意してください。

少しでも口にしてしまうと「転職しても愚痴や不満を言う」と判断されてしまいます。

特に管理職という立場で愚痴や不満を口にしてしまうと、より悪印象を与えてしまいます。

愚痴や不満を答えたくなる気持ちはわかりますが、注意する必要があります。

1人で考えない

転職理由は「1人で考えるもの」という認識をされている方が多いと思いますが、1人で考える必要はありません。

第三者からの意見も大切で自分だけで考えると好印象を与えられない可能性が高いです。

そのため上記でもお伝えしたように転職エージェントを活用することが大切です。

第三者の意見を受け入れるか受け入れないかは転職者が判断できるため、まずは1人で考えないことをおすすめします。

管理職からの転職は有利になる?アピールすべきポイントと注意点

管理職の転職におすすめの転職エージェント

少しでも好印象を与えるためには、転職エージェントを活用することが大切とお伝えしました。

しかし転職エージェントはさまざまな種類があるため、「どのサービスが良いのだろう?」と悩まれることが多いと思います。

そこで管理職の転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

doda

doda

dodaは業界最大級の総合転職支援サイトで、転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaは手厚いサポートが好評です。

転職理由に関するサポートはもちろん、転職に関することは幅広くサポートしてくれます。

さらに業界トップクラスの支援実績を誇るため、好印象を与える「コツ」を把握しています。

そのコツを踏まえてアドバイスしてくれるため、好印象を与えられる可能性は高いです。

転職サイト・doda(デューダ)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、「株式会社 ジェイエイシーリクルートメント」が運営している管理職の転職に特化した転職エージェントです。

年間で約6万7,000人が登録している大手転職エージェントになります。

そんなJACリクルートメントは在籍しているキャリアアドバイザーが優秀です。

キャリアアドバイザーは管理職の転職を専門としているため、管理職の転職理由は山のように見てきています。

さらに転職が成功した転職理由と失敗した転職理由を把握しているため、アドバイスの質が高いです。

そして特化していることで他社では取り扱っていない「独占求人」も多いため、希望に近い求人を探しやすいと思います。

JACリクルートメントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

好印象を与える転職理由を伝えて管理職の転職を成功させよう

この記事では管理職の転職理由についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

管理職で働いている多くの方が転職未経験者になると思うので、転職理由に対する不安は大きいと思います。

ただ、上記でお伝えした5つのポイントをおさえることで、好印象を与えられる可能性は高まります。

管理職の転職において転職理由は重要視されるため、好印象を与えて希望通りの転職を目指してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件