管理職の転職面接での注意点と絶対抑えておくべきアピール方法

管理職の転職面接での注意点と絶対抑えておくべきアピール方法

管理職の転職は難しいと言われることが多いため、不安になっている方は多いと思います。

特に「面接」に対して頭を抱えている方は多いのではないでしょうか?

この記事では管理職の転職面接での注意点と抑えておきたいアピール方法について解説します。

難しいと言われている管理職の転職を成功させるポイントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

管理職の転職面接での注意点

管理職の転職面接は合否を左右するとても大切なものです。

企業側の方は面接でしか転職者を判断できないため、「面接で採用か決める」と決めている企業は多いです。

さらに管理職は組織の重要な役職になるため、面接は重要視されています。

そこで管理職の転職面接での注意点をいくつかご紹介します。管理職の転職を成功させるためにも、参考にしてみてください。

一般職の転職面接とは違う

管理職の転職面接は、一般職の転職面接と大きく違います。

一般職の転職面接では自己紹介・転職理由・志望動機・自己PRなど形式に沿った基本的な質問が多いのですが、管理職では形式的な質問はあまりされません。

実際の業務を想定したスキルや具体的な質問を多く受ける傾向があり、思考の深さを確認するような質問をされることもあります。

そのため「志望動機と自己PRを考えていれば問題ない」という考え方には注意が必要です。

管理職は組織の重要な役職になるため、一般職とは大きく異なる面接内容になります。

抽象的な話をしない

管理職は組織をまとめる役職になるため、明確な成果や実績をアピールしにくいです。

そのため抽象的な話は絶対にしないようにしましょう。

明確な成果や実績をアピールしにくいうえに抽象的な話をしてしまうと、魅力的な人材だと伝えることはできません。

管理職の転職面接では数字や想いを交えた話をすることが大切です。

そして具体的にアピールできる話は1つではなく、3つほど用意していると安心です。

ネガティブな転職理由を伝えない

管理職の転職面接では「転職理由」を聞かれることが多いのですが、ネガティブな転職理由には注意が必要です。

管理職の転職に関わらずネガティブな転職理由は人事に好まれませんし、プラスなイメージを与えることは難しいです。

ただし、転職理由を偽ることにはおすすめしません。

転職理由がネガティブな内容だった場合は、ポジティブな表現に変換して伝えるようにしてください。

伝え方を工夫するだけで、人事に与える印象は大きく変わります。

「転職者」ということを忘れない

管理職として働いていると部下に指示する機会が多くなるため、口調が偉そうになっている場合があります。

そのため転職面接では口調を意識するようにしてください。

偉そうな口調は無意識になっていることが多いため、第三者の意見を取り入れることが大切です。

そして「転職者」ということを頭の片隅に置いて転職面接に挑むと、口調も偉そうにならないと思います。

人事に「偉そうな口調だな」と思われてしまうと、採用される可能性は一気に下がるので注意してください。

管理職が抑えておくべきアピール方法

管理職の転職を成功させるためには注意点だけではなく、アピール方法も抑えておく必要があります。

そこで管理職の転職面接で絶対に抑えておきたいアピール方法をいくつかご紹介します。

エピソードを踏まえてアピールする

魅力的なアピールをするためには、概要だけではなくエピソードを踏まえて話すことが大切です。

概要だけを話してしまうと、どこを工夫してどう成果を上げたのかがうまく伝わりません。

そのためエピソードを踏まえて「PDCA」が見える話を展開するようにすると、魅力的なアピールができます。

大切なことは自分をアピールすることなので、「具体的」ということを意識するようにしてください。

ポジティブな転職理由をアピールする

上記でもお伝えしたようにネガティブな転職理由は良い印象を与えません。

そのためポジティブな転職理由をアピールすることが大切です。

「キャリアアップしたくて転職を希望しました」「今までの経験を活かしチャレンジがしたくて、転職を希望しました」などとポジティブな転職理由を伝えると、前向きな姿勢もアピールできます。

そしてよりポジティブな転職理由と伝わるように、明るく元気にアピールすることをおすすめします。

いくらポジティブな転職理由でも暗くアピールすると良い印象は与えられません。

管理職の転職理由は何と答えるべき?好印象を与える転職理由とは?

企業に対する想いを中心にアピールする

管理職の転職面接では企業に対する想いを中心にアピールすることが大切です。

転職したいという気持ちが強くなると、管理職という役職に対する想いをアピールしてしまう方が多いのですが、それでは「別の企業でも良い」と人事の方に判断されてしまいます。

管理職に対する思いをアピールすることも大切ですが、企業に対する思いを中心にアピールすることが転職を成功させる近道になります。

そして企業理念や事業内容に対することを交えると、より好印象を与えられます。

管理職の転職を成功させる3つのポイント

管理職の転職を成功させるためには、転職面接に関すること以外にも抑えておきたいポイントがあります。

転職のミスマッチを避けるためにも、下記の3つのポイントを参考に管理職の転職活動を進めてみてください。

今までの経験や実績の棚卸しをする

1つ目が「今までの経験や実績の棚卸しをする」ということです。

管理職として働いていると、一般職として働いている方よりも経験していることや実績が多いと思います。

そのため転職活動をスタートさせる前に、今までの経験や実績の棚卸しをすることが大切です。

棚卸しをせずに転職活動をスタートさせてしまうと、自分の強みやアピールポイントが分からずに希望通りに転職できないため注意が必要です。

管理職だと社会経験が豊富になるため、転職活動を始める1カ月ほど前から棚卸しをしておきましょう。

時間をかけて転職活動を進める

2つ目が「時間をかけて転職活動を進める」ということです。

「1日でも早く転職したい」という気持ちが強くなると、焦って転職先を決めてしまいます。

それでは転職後に後悔してしまう可能性が高まります。

そのため焦る気持ちを抑えて、じっくり時間をかけて転職活動を進めることが大切です。

特に求人検索と転職先の企業については時間をかけて調べることをおすすめします。

そして仕事を辞めてから転職活動を始めると「早く転職しないと…」と焦ってしまうので、働きながら転職活動を進めることが大切です。

転職エージェントを活用する

3つ目が「転職エージェントを活用する」ということです。

転職エージェントとは無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスで、「転職サイト」とは異なるサービスを提供しています。

具体的には求人紹介から条件交渉までサポートしてくれるため、業務が忙しい管理職にはぴったりなサービスだと思います。

また転職エージェントを活用することで、管理職でも働きながら転職活動を進めることができます。

そして転職面接に関するアドバイスや対策を行ってくれるため、転職面接に対する不安も軽減できると思います。

管理職の転職を成功させるためにも、転職エージェントを活用することをおすすめします。

管理職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

管理職の転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントは総合型のものから若者に特化しているものまで、さまざまな種類があるため、「どのサービスを利用すれば良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこで管理職の転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

転職エージェントは併用して活用しても問題ないため、下記の2社以外にも気になるものがあれば登録してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営している、管理職や経営幹部などハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

取り扱っている求人の30%が年収1,000万円以上で、管理職の求人は約4,000件取り扱っています。

そんなビズリーチには「ヘッドハンターサービス」があります。

ヘッドハンターサービスとは優良企業や一流のヘッドハンターから直接アプローチしてくれるサービスで、直接メッセージのやり取りができます。

実際にビズリーチを利用した8割以上の方が、ヘッドハンターサービスで転職を成功させています。

ハイクラスの求人を希望される方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

ビズリーチ公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは「株式会社 ジェイエイシーリクルートメント」が運営しているハイクラスと専門職に特化した転職エージェントです。

1988年よりサービスを開始していて、今までに約43万人もの転職を支援しています。

そんなJACリクルートメントでは「30代〜50代で後悔しない転職を」をモットーにサービスを提供しているため、管理職にはピッタリな転職エージェントだと思います。

そして日本だけではなくシンガポール・マレーシア・インド・韓国・イギリスなど世界11カ国で転職支援サービスを提供しているため、国内ではなく海外へ転職することも可能です。

海外への転職を考えている方には、JACリクルートメントがおすすめです。

JACリクルートメント詳細ページ

JACリクルートメント公式サイト

面接で好印象を与えて転職を成功させよう

この記事では管理職の転職面接についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

管理職の転職では面接が重要視されることが多いため、好印象を与えることができれば転職が成功する可能性はグンと高まります。

好印象を与えるためには上記でお伝えした「注意点」と「アピール方法」を参考にしてみてください。

そして働きながら転職活動を進められるように、転職エージェントを活用して管理職の転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件