どこから管理職になる?管理職に求められるスキルと昇進する方法

どこから管理職になる?管理職に求められるスキルと昇進する方法

会社に勤めている方ですと、一般社員ではなく管理職への昇進を目指していると思います。

しかし「どこからが管理職になるの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか?

この記事ではどこからが管理職になるのか、管理職に昇進する方法について解説します。

管理職に求められるスキルもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも管理職とは?

そもそも管理職とは「仕事の管理や指示、部下の教育や育成を行う役職」を指します。

自分の成績だけではなく、会社の利益や部下の成績を残させることが管理職の役割です。

また一般社員との違いは、経営者側に立った役職であるということです。

原則として管理職になると労働組合には加入できずに、法定労働時間や休日規定などは適応されません。

管理職だと法律違反になることなく、時間外労働や休日出勤をさせることが可能です。

そして「厚生労働省通達」による定義では「経営者と一体的な立場」「出退勤の自由」などの条件が満たせれていると、管理職に該当すると言われています。

ただし国家公務員の場合は、「国家公務員法第108条」により細かい定めがあり、上記の定義とは異なります。

どこから管理職になる?

どこから管理職かお伝えしますと、一般的には「課長職」以上を指すことが多いです。

係長や主任は管理職には該当しないと言われることが多いのですが、業界や企業によって管理職の条件は異なります。

そのため「どこから管理職になるのだろう?」と悩んでいる方は、勤めている会社の上司などに確認してみてください。

そしてもし自分が管理職なのか悩んでいる場合は、「出社・退社や勤務時間について制限を受けていない」「その地位にふさわしい待遇がなされている」などの条件を確認すると判断できます。

管理職で求められるスキル

「どこから管理職になるのだろう?」と疑問に感じている方の多くは管理職への昇進を目指していると思います。

そこで管理職で求められるスキルをいくつかご紹介します。

どこから管理職なのかを理解してもスキルがないと昇進することはできないため、ぜひ参考にしてみてください。

高いコミュニケーションスキル

1つ目が「高いコミュニケーションスキル」です。

一般社員と管理職では、圧倒的に関わる人数が変わります。

管理職になることで会社の上層部と関わることもありますし、何より部下とのコミュニケションが増えます。

その際に伝えたいことを伝えられるコミュニケーションスキルが備わっていないと、管理職として成績を残すことは難しいと思います。

そして部下の成績を残させるためには、積極的なコミュニケーションで信頼関係を築く必要があり、信頼関係があるからこそ良い組織を形成できるようになります。

管理職にとってコミュニケーションスキルは欠かせないです。

決断力

2つ目が「決断力」です。

上記でもお伝えしたように管理職とは、経営者側に立った役職になります。

そのため会社の経営が黒字になるように組織を形成する必要があり、会社の方向性に沿った適切な判断を行う必要があります。

またライバル会社に勝たなければならない営業に関わる部分では、スピーディーな判断が求められます。

そして仕事を部下に振り分ける判断力も求められて、管理職の判断によって組織としての成績が変わります。

部下から嫌われることができるメンタル

3つ目が「部下から嫌われることができるメンタル」です。

管理職は部下を教育・育成する立場になるため、時には厳しい言葉をかける必要があります。

そのため部下には嫌われる可能性があり、嫌われることに恐れていては管理職は務まりません。

「部下から嫌われても成績を残させてあげる」という気持ちが大切です。

わざわざ部下に嫌われる必要はないですが、嫌われることを恐れないメンタルが求められます。

仕事ができる

4つ目が「仕事ができる」ということです。

そもそも管理職として仕事ができなければ、信頼関係や説得力は出ないと思います。

もし部下との信頼関係や管理職としての説得力がなければ、組織は崩壊することになるでしょう。

そのため管理職として、仕事ができる必要があります。

「仕事ができる」ということは不明確なことではありますが、管理職として恥じないようにすることが大切です。

平等に接することができる

5つ目が「平等に接することができる」ということです。

管理職として最もやってはいけない行動が、部下を差別することです。

「〇〇君は好きだけど、〇〇君は嫌いだから育成しない」という考え方では、管理職は務まりません。

管理職は全ての部下と平等に接することが大切です。

部下との信頼関係を築くためにも、平等に接することは欠かせません。

管理職に向いてない人の特徴とは?今後のキャリアはどうすればいい?

管理職に昇進する方法

管理職は各事業部で決められていて、具体的には事業部を率いる役員と事業部長クラスが決めています。

そのため勤続年数が多いだけでは、管理職に昇進できません。

そこで一般社員から管理職に昇進する方法をいくつかご紹介します。

一般社員で好成績を残す

管理職に昇進するためには、一般社員として好成績を残す必要があります。

上記でもお伝えしたように管理職には仕事ができることが求められるため、一般社員で成績を残せない方が昇進することは考えにくいです。

もし昇進することがあっても、管理職の役割は務まらないと思います。

さらに管理職になると今まで同僚が部下になるため、同僚が納得するほどの成績を残していなければ組織は崩壊します。

このことに役員や部長は気付いているため、一般社員として好成績を残せている方を昇進させます。

上司に好かれる

管理職に昇進するためには、成績だけではなく「人望」も大切です。

特に上司からの人望が大切で、好かれている方は管理職に昇進しやすくなります。

その理由は上司が役員や部長に昇進を打診するからです。

「上司に好かれている方ばかりが管理職に昇進している」と感じたことがある方は多いと思います。

ただし無理をして上司に好かれる必要はありません。

同僚からの人望でも管理職へ昇進できることがあります。

管理職へ転職する

昇進する方法とは異なるのですが、管理職の求人に転職することで管理職として働けます。

「一般社員から管理職への転職は難しい」と思われることが多いのですが、アピールできる経験と実績があれば転職を成功させることは可能です。

ただし管理職の求人は一般社員の求人よりも圧倒的に少ないため、転職難易度は高いです。

そのため一般社員から管理職への転職を目指す場合は、転職エージェントを活用するようにしてください。

転職エージェントを活用することで、管理職への転職を成功させられる可能性が高まります。

会社での昇進だけではなく、転職して管理職を目指す方法も1つの選択肢として考えておきましょう。

管理職への転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントでは、求人紹介から面接対策まで転職に関することは幅広くサポートしてくれます。

さらに受けられるサービスは全て「無料」です。

転職先が決まっても料金は発生しません。

ただし転職エージェントの種類は多く、「どのサービスを利用すれば良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこで管理職への転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

併用して問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

管理職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaは総合型の転職支援サイトになるのですが、管理職の求人は約9,000件取り扱っています。

またサイトに公開されていない非公開求人を含めると、1万5,000件以上は取り扱っていると思います。

そしてdodaに在籍しているキャリアアドバイザー(転職のプロ)は各業界に精通しているため、業界ならではのサポートを受けられます。

転職に関するサポートが充実しているため、働きながらでも管理職への転職を成功させられます。

doda詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営しているハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

取り扱っている30%以上の求人が年収1,000万円を超えていて、管理職や経営幹部の求人を中心に取り扱っています。

そんなビズリーチでは「スカウトサービス」を主流としてサービスを展開しています。

スカウトサービスとは、登録している情報を大手企業や、一流ヘッドハンターが確認して直接オファーしてくれるサービスで、実際に登録している80%の人がスカウトで転職を成功させています。

「仕事が忙しくて転職活動に時間が割けない」という方には、ビズリーチのスカウトサービスがピッタリだと思います。

ビズリーチ詳細ページ

一般的に「課長職」から管理職になる

この記事ではどこから管理職になるかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

一般的に管理職は「課長職」以上を指すことが多いです。ただし業界や企業によって管理職の条件は異なるため、役職だけで管理職を判断することは難しいです。

「どこから管理職?」と気になっている方は、一度上司に確認してみることをおすすめします。

そして管理職の昇進を目指している方は、一般社員として好成績を残すことを意識してみてください。

また転職して管理職を目指すことも可能なため、上記でお伝えした転職エージェントを参考に活用してみてください。

管理職からの転職は有利になる?アピールすべきポイントと注意点

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件