管理職の転職で失敗する人の特徴!どんな管理職は転職で成功する?

管理職の転職で失敗する人の特徴!どんな管理職は転職で成功する?

管理職からの転職は難しいと言われることが多いため、「管理職の転職は失敗するのかな?」と悩まれる方が多いのではないでしょうか?

この記事では管理職の転職で失敗する人の特徴を解説します。

転職を成功させる人の特徴やおすすめの転職エージェントについてもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

管理職の転職で失敗する人の特徴6選

管理職の転職では約40%の人が「失敗した」と感じていると言われています。

40%という数字だけを聞くと「転職しない方が良いかな?」と不安になると思いますが、失敗したと感じている人には特徴があります。

反対に60%の人は「成功した」と感じているため、管理職の転職でも成功させることは可能です。

管理職の転職で失敗する人の特徴を6つご紹介するので、参考にしてみてください。

管理職としての実績や経験を具体的にアピールできていない

1つ目の特徴が「実績や経験を具体的にアピールできていない」ということです。

管理職の転職に関わらず面接では今までの実績や経験をアピールするのですが、具体的にアピールできていない人は失敗したと感じやすいです。

例えば、実績から育成能力が高いことをアピールしたとしましょう。

しかし具体的にアピールできていなかったため、企業側は組織をまとめる役割として採用したとします。このすれ違いで転職者は失敗したと感じます。

簡単にお伝えすると具体的にアピールできていないため、伝えたいことが伝わっていないということです。

そしていざ転職すると、「思っていた役割ではなかった」と感じます。

管理職は実績や経験をアピールすることが難しいと言われているため、より具体的に伝えることが大切です。

管理職からの転職は有利になる?アピールすべきポイントと注意点

多くの選択肢から選べていない

2つ目の特徴が「多くの選択肢から選べていない」ということです。

転職を成功させるためには、1つでも多くの求人を選択肢に入れることが大切です。

例えば、100件の求人から転職先を選んだ人と1万件の求人から転職先を選んだ人、どちらが成功したと感じていそうですか?

おそらく、1万件の求人から選んだ人の方が成功したと感じる可能性が高いと思います。

選択肢が少なくなればなるほど消去法になってしまい、失敗したと感じやすいです。

反対に選択肢が多くなればなるほど自分に合った転職先を見つけ出せて、成功したと感じやすくなるでしょう。

仕事を辞めてから転職活動をしている

3つ目の特徴が「仕事を辞めて転職活動をしている」ということです。

転職活動は働きながら進める人と仕事を辞めてから進める人がいるのですが、仕事を辞めてから進める人は失敗したと感じやすいです。

その理由は簡単で、転職することを焦るからです。

仕事を辞めているということは「無職」の期間が続いていることになり、「1日でも早く転職先を決めないと…」と焦りが出てきます。

焦りが出ることによって、自分に合った企業へ転職することはできずに失敗したと感じます。

管理職からの転職は難しいと言われているため、時間がかかることが多いです。

そのため働きながら転職することをおすすめします。

転職理由がネガティブ

4つ目の特徴が「転職理由がネガティブ」ということです。

転職理由がネガティブな方は、転職することに対しても前向きでないことが多いです。

前向きな気持ちで転職活動を進めていないと、転職しても前向きな気持ちで仕事に取り組めません。

そして結果的に失敗したと感じることになります。さらにネガティブな転職理由は人事に好まれません。

「部下へ不満があり転職を希望しました」「成果を上げられずに職場環境を変えたくて、転職を希望しました」などの転職理由では転職すること自体難しいでしょう。

転職を成功させるためには、ポジティブな転職理由で前向きな姿勢が肝心です。

管理職の転職理由は何と答えるべき?好印象を与える転職理由とは?

転職することが目的になっている

5つ目の特徴が「転職することが目的になっている」ということです。

管理職から転職する際は「キャリアアップしたい」「新しい環境でチャレンジしたい」など人それぞれ転職する目的があると思います。

しかし転職活動を進めていくうちに転職することが目的になってしまう人が多く、本来の目的を見失う人は失敗したと感じやすいです。

転職活動がスムーズに進まなかったりすると、本来の目的を見失ってしまうかもしれませんが、本来の目的を達成することで転職は成功したと感じます。

転職先の情報収集を怠る

6つ目の特徴が「転職先の情報収集を怠る」ということです。

「どこでもいいから早く転職を決めたい」という気持ちがある人は、しっかり情報収集をしないまま転職先を決めてしまう傾向があります。

それでは失敗したと感じる可能性が高いです。

転職を失敗したと感じる大きな原因が「思っていた仕事・職場ではなかった」ということです。

反対に「思っていた仕事・職場」であると、転職は成功したと感じます。

情報収集を面倒くさがったり、給与面や残業のことなどを重要視しすぎて判断材料が偏ってしまったりすると、失敗したと感じる可能性は高まるので注意してください。

転職を成功させる管理職とは?

転職を失敗している人に特徴があったように、成功させている人にも特徴があります。

管理職の転職を成功させている60%になるためには、成功させている人の特徴を把握することが大切です。

管理職の転職を成功させている人の特徴を3つご紹介します。

転職活動に時間を割いている

1つ目の特徴が「転職活動に時間を割いている」ということです。

管理職は仕事が忙しいので転職活動に多くの時間は割けないと思いますが、1分でも多くの時間を割くことが成功への近道です。

特に求人検索と求人先の情報収集には時間を割いてください。

転職自体に失敗したと感じている人は少なく、転職先に対して失敗したと感じている方が多いです。

そのため求人検索や求人先の情報収集を入念にすることで、成功させる可能性を高められます。

新しい環境に馴染みやすい

2つ目の特徴が「新しい環境に馴染みやすい」ということです。

管理職へ転職すると転職先の部下にあたる社員達は「知らない人がいきなり上司になるの?」という感覚になります。

この感覚を払拭できないまま管理職としての仕事を続けてしまうと、コミュニケーションをうまく取れず成果を上げられないです。

その結果、転職を失敗したと感じます。

反対に新しい環境に馴染みやすいと、上記でお伝えした感覚をすぐに払拭できて良い関係性で仕事を続けていけます。

管理職の転職を成功させるためにも、転職して1カ月程度は新しい職場に「馴染む」ということを意識してみてください。

転職エージェントを活用している

3つ目の特徴が「転職エージェントを活用している」ということです。

管理職の転職は難しいと言われている中で成功させている人は、転職エージェントを活用しています。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサポート内容は求人紹介・面接対策・条件交渉・書類添削などで、転職エージェントによっては面接に同行してくれます。

そして何より「ミスマッチ」しにくいです。

ミスマッチとは「思っていた仕事・職場ではなかった」となることです。

転職者から丁寧にヒアリングして内容に沿った求人を紹介してくれるため、ミスマッチの可能性は低くなります。

また働きながら転職活動を進められるようになるため、管理職から転職する際は活用することをおすすめします。

管理職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

管理職の転職におすすめの転職エージェント

管理職の転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切なのですが、国内には数多くの種類があるため「どのサービスが良いんだろう?」と悩まれると思います。

そこで管理職の転職におすすめの転職エージェントを3社ご紹介します。

併用して活用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

doda

doda

dodaは業界最大級の転職支援サイトで転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっています。

両方のサービスを受けられることもあり、登録者は550万人を超えています。

そんなdodaは約70,000件の求人を取り扱っていて、管理職の求人は約9,000件取り扱っています。

そしてdodaに在籍しているキャリアアドバイザー(転職のプロ)は各業界に精通しているため、業界ならではのサポートを受けられます。

転職に関するサポートも充実しているため、管理職として働きながらでも転職活動を進められます。

doda詳細ページ

doda公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは「株式会社ビズリーチ」が運営しているハイクラスの転職に特化した転職エージェントです。

取り扱っている30%以上の求人が年収1,000万円を超えていて、管理職や経営幹部の求人を中心に取り扱っています。

そんなビズリーチには「スカウトサービス」があります。

スカウトサービスとは登録している情報を大手企業や一流ヘッドハンターが確認して直接オファーしてくれるサービスで、実際に登録している80%の人がスカウトで転職を成功させています。

キャリアアップを目的に管理職から転職される方は、ビズリーチがおすすめです。

ビズリーチ詳細ページ

ビズリーチ公式サイト

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは「株式会社 ジェイエイシーリクルートメント」が運営しているハイクラスと専門職に特化した転職エージェントです。

1988年よりサービスを開始していて、今までに約43万人もの転職を支援している実績があります。

そんなJACリクルートメントは「30代〜50代で後悔しない転職を」をモットーにサービスを提供しているため、管理職にはぴったりな転職エージェントだと思います。

そして日本だけではなくシンガポール・マレーシア・インド・韓国・イギリスなど世界11カ国で転職支援サービスを提供しているため、国内ではなく海外へ転職することも可能です。

JACリクルートメント詳細ページ

JACリクルートメント公式サイト

転職で失敗する人の特徴を把握して転職を成功させよう

この記事では管理職の転職で失敗する人の特徴をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

管理職は「失敗した」と感じられる方が多い役職になっています。

そんな中でも転職を成功させるためには、転職で失敗する人の特徴を把握することが大切です。

さらに転職を成功させている人の特徴も把握することで、成功させられる可能性はグンと高まります。

上記でお伝えした転職エージェントを活用して、管理職の転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件