辛い営業ノルマはもう嫌だ!エステティシャンから異業界に転職できるの?おすすめの転職先は?

エステティシャンのおすすめの転職先とは?

華やかな雰囲気と美容への憧れからエステサロンに就職したけど、現実とのギャップにもうエステティシャンをやめたいと思っていませんか?

「接客自体は嫌いではないけれど、エステサロンは施術以外にこんなに営業ノルマがあるなんて知らなかった・・」

上司からは毎日のように化粧品を売れ売れって言われて、売れなかったら少ない給料の中から自腹で購入するなんて嫌ですよね。

「新卒一年目で入社して転職なんて、就職先見つかるのかな・・」と思っている方も大丈夫です。

実はエステティシャンから異業界を目指すには早ければ早いほどいいんです

エステティシャンの悩み

華やかなイメージのあるエステ業界ですが、職場によってはかなりブラックな労働環境を強いられていることも多く、転職を考えるエステティシャンは多くいます。

エステティシャの主な悩みは以下の通りです。

  • 肉体労働がきつい
  • ノルマがきつい
  • 人間関係が悪い
  • 給料が安い
  • 休みが取れない

肉体労働がきつい

エステ業界は意外にも肉体労働です。

お客さんの施術が主な仕事なので、施術をしている間はずっと立ちっぱなしです。

労働環境にもよりますが、職場によっては12時間立ちっぱなしのことも・・。

立ちっぱなしで働くことが長く続くと、足も腰を痛いですよね。

特に女性はむくみやすいので、足に疲れがきやすいです。

人気サロンで人員が少ないことろだと、常に予約がいっぱいでお昼休憩も取れない、20時半ごろにやっとお昼ご飯(!)が食べられる・・。なんてこともあるようです。

私はアパレル業界で働いたことがあるのですが、立ちっぱなしの状態は休憩ありでも10時間を超えると次の日は足がパンパンでした。

それが12時間立ちっぱなしで、休憩も取れないなんて・・。考えただけで辛いです。

ノルマがきつい

エステティシャンは接客業と営業の両方の側面があります。

毎月ノルマが課せられ、ノルマが達成できなかったら給料も上がらないといった話はよく聞く話です。

サロンによっては毎朝出勤時に「今日はいくら売ります!」という風に1人ずつ目標金額を言うサロンもあるようです。

施術のノルマはもちろんですが、化粧品を売ることもエステティシャンには求められます。

売り上げを上げることがシビアに求められる業界なんですね。

さらに恐ろしいのが、ノルマが達成できないと自腹で商品を購入しないといけない場合もあるということ。

ノルマが達成できないと、少ない手取りの中から自腹で毎月化粧品を購入・・。恐ろしいです。

経営者には化粧品を売れと言われるし、でも信頼関係を築いているお客さんに毎回化粧品を勧めるのは心苦しい・・。

サロン側とお客さんの間で板挟み状態になり、結局自腹で購入する。そんなエステティシャンも少なくないのではないのでしょうか。

人間関係が悪い

美容業界は女性だらけの環境です。

職場にも大きく左右されますが、人間関係が悪い職場にあたってしまうと大変です。

サロンは限られたスペースですし、人員も多くないので逃げ場がありません。

人間関係で悩んでしまうと、我慢するか転職するかの選択肢しかありません。

給料が安い

エステサロンにもよりますが、関東でも基本給18万のサロンはザラにあります。

初任給や使用期間中だと仕方ないのかもしれませんが、昇給もあまりない美容業界で働き続けることは、将来的に不安・・。という方も多いのではないでしょうか。

ひどいところだと、自分の売り上げが給料に反映されないばかりでなく、ボーナスもつかないところもあるようです。

休みが取れない

エステサロンは店舗数が増えて、近年注目されているのにそれに対して人員が足りていないという現状があります。

有給が取れないサロンも多いようで、そもそもおやすみが少ないサロンが沢山あります。

シフト制なので労働時間が不規則になりがちです。

また、妊娠したら産休もとれなく、退職せざるを得ないケースもあります。

エステティシャンは美容に関われて自分も綺麗になれるし、お客さんも綺麗にできるやりがいのある仕事です。

しかし、サロンによっては実働時間が長く、休日は少ないのに給料は安いという現状があるとこも事実です。

職場によっては離職率が30%を超えているサロンもあります。

こんなにきついなら他のサロン・・と思ってもエステサロンは店舗運営であり、人手不足で困るのは社員です。また仕事内容もそれほど多く変わるわけではありません。

「もうきつい限界だ」と感じたら異業界への転職も視野に入れてみましょう。

異業界の転職は早く決断しよう!

「エステティシャンから今さら他の業界に転職できるの・・・?」と不安ですよね。

一般企業ではとりあえず3年と言われているので、1年目ならなおさら不安だと思います。

しかし、エステティシャンから異業界への転職は早ければ早いほどいいです!

エステティシャンからの転職を考えている人は、早く転職に踏み切りましょう。

エステティシャンに限らず異業界・異業種への転職は「若さ」が一番の武器になります。

企業側は未経験の人は1から育てるため時間がかかるためなるべく若い人を採りたいのが本音です。

エステティシャンから、他の店舗に転職を考えている場合は今の店舗で実績を積んだ方がよいですが、業界の転職なら、早めの行動を心がけましょう。

美容業界以外に人気の転職先は事務職!

エステティシャンからの異業界の転職は美容系でなくてもたくさんあります。

エステティシャンとして働いていた景観を生かして、他業界の残業代も福利厚生も整っている企業で年収アップも目指せるでしょう。

エステティシャンの転職先として多いのは一般事務職です。

エステティシャンで働いている人は、お店のノルマや営業で疲れて転職を考える人が多いため、販売・営業よりも誰かを支える仕事に就きたいと考える人は多いです。

事務職は労働時間も決まっており、残業も少ないためエステティシャンに人気です。

また、接客は好きだったけど、営業ノルマが嫌で辞めてしまった方には、受付の仕事やアパレル業界、旅行代理店のカウンターなどがおすすめです。

接客も営業も苦ではなかったけど、人間関係が原因で転職を考えている方は、一般企業の営業に転職すると、成果も得られ、給与にも反映されるので働き甲斐を感じるでしょう。

女性が事務職へ転職するコツなどは、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

事務職への転職は女性に有利?面接でアピールすべきポイント!

異業界でエステティシャンの経験は活かせる?

エステティシャンだった経験は異業界でも活かすことができます。

エステティシャンには、

  • 営業のスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 受付業務のスキル

などのアピールポイントがあります。

営業のスキル

施術内容や料金プランをお客さんに説明する営業能力がエステティシャンにはあります。

サロンの料金は分かりにくく、お客さんも若い方が多いので、説明する技術や契約までもっていく営業力があることをアピールできるでしょう。

コミュニケーションスキル

エステティシャンにはお客さんとかかわるコミュニケーションスキルがあります。

施術中の会話など、コミュニケーションスキルがないと接客できませんよね。

未経験者を募集している企業は、経験よりも「周りの人とやっていけるかどうか」も重視している場合もあります。

コミュニケーションスキルはあって困ることはありません!

受付業務のスキル

エステティシャンは施術だけではなく、受付対応もします。

電話でお客さんの受付をする、スケージュールを管理する能力も異業界に活かせるスキルです。

また転職時の面接では、顧客満足度を上げることや売り上げを上げる力もアピールできるでしょう。

異業界の転職を考えたら転職エージェントに相談しよう

転職を考えている方、悩んでいる方は1人で抱え込まず、転職エージェントに相談しましょう!

プロに聞けば、求人票のっていない企業の情報も知ることができるほか、異業界への転職でつまずきやすいポイントや面接対策をしてくれます。

転職エージェントは多くありますが、私のおすすめは、

リクルートエージェント・DODA・マイナビエージェントです。

リクルートエージェントは異業界への転職サポート実績が高く、給料・条件が交渉しやすいです。転職や面接をせかされないので、焦って失敗する心配もいりません。

リクルートエージェントの詳細ページ

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントで、非公開求人を最も多く持っています。

DODAの詳細ページ

こちらも転職をせかされないため、コンサルタントと一緒に転職先について考えることができます。

リクナビエージェントやDODAは公開求人・非公開求人数を合わせて約10万件以上と求人の数が豊富です。

迷ったらこの2つに登録しておけば間違いないでしょう。

マイナビエージェントは求人数は3万件とリクナビエージェントやDODAには劣りますが、利用者満足度NO.1で第二新卒の転職に強いという特徴があります。

マイナビエージェントの詳細ページ

新卒採用で有名なマイナビエージェントは20代の転職にも強く、親身に相談にも乗ってくれます。

若くしてエステティシャンから異業界への転職を目指す方は利用を検討してみてはいかかでしょうか。

まとめ

仕事が辛いエステティシャンの皆さん。きついと感じたら我慢しないで転職を検討したり、周りに相談してください。我慢すると、身体的にも精神的にもよくありません。

特に異業界への転職は、早めの行動がカギです。決断したら、早めの行動を心がけましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件