エステティシャンの転職を成功に導く履歴書・職務経歴書の書き方

エステティシャンの履歴書の書き方

エステティシャンの転職を考えているあなた。

どうすれば、エステティシャンへの転職を成功させることが出来るんだろう。と考えてしまいますよね。

エステティシャンは一般企業とは違った特殊な職業です。

一般企業と同じようなアピールをしてもサロン側の心をつかむことはできません。

今回は、エステティシャンの転職を成功させる履歴書の書き方。

職務経歴書の書き方を先輩方のアドバイスをもとにひとつひとつ見ていきましょう。

履歴書をうまく書くことができれば、あなたのエステティシャンへの道はすぐそばまで来ていますよ♪

エステティシャンになるには履歴書が大切!!

冒頭でもお話しした通り、エステティシャンは技術を要する特殊な職業ですよね。

あなたが今まで就職で書いてきた履歴書ではいまひとつサロン側としては物足りない部分が出てきます。

またエステサロンは人材の入れ替わりが激しいのも事実です。その分、面接をする方は色々な人材を見ています。

経験豊富な面接管ですと履歴書を見ただけで「この人がどんな性格でどんな人材なのか」ということがわかるのです。

いわば履歴書はあなたの「顔」そのものになっていきます。

「面接の時に話してアピールすればいいや!」と軽い気持ちで適当に履歴書を書いてしまっては採用されにくくなってしまいます。

是非、履歴書も丁寧に書いてサロン側に提出するようにしましょう。

エステティシャンの転職を成功させる履歴書の書き方

ではエステティシャンになるには、どういった履歴書の書き方が大切になってくるのか、ひとつひとつ見ていきましょう。

字は丁寧に書く

これは、どの職業に転職するにも大切な基本中の基本「字は丁寧に書く」ことです。

これは練習して字を綺麗に書く。ことではなく「どれだけ丁寧に書いているか」がポイントになっていきます。

面接官は履歴書の字をみて「どれだけこの職に本気なのか」を見ています。

適当に流れるような字を書いていては「この人はきっと仕事をしても粗が出てくるんだろうな」と判断されて不採用になってしまう可能性があります。

字を書くことが得意ではなくても「丁寧」を心がけて履歴書を書いていきましょう。

空白を作らずなるべく埋める

履歴書で空白を作らない。というのも基本中の基本ですね。

資格欄は嘘が書けないので、空白でも仕方がありません。

大切なのは自己PR欄と志望動機欄をしっかり書くことが大切です。

「ぎっしり書くとやる気ありすぎて恥ずかしい」なんて思いながら2行くらいで終わらせてしまう方もいます。

しかし、ここはぎっしり書いてサロン側にアピールしていきましょう。

また、記載を忘れがちな希望給与や、交通費などの欄もしっかり書くようにしましょうね。

コミュニケーション能力が高いことをアピール

では自己PR欄で何を書けば採用されやすいのでしょうか?

まず、エステティシャンは技術も大切ですがコミュニケーション能力もとっても大切になってくるんです。

いくら器用で覚えが早く、施術が良くても不愛想や話が続かないなどがあるとお客様はリピーターになりづらいのです。

お客様がエステサロンに来るには、体を綺麗にすることももちろんですが、心も癒されたいと思い来店されます。

いつも笑顔で話が弾む店員さんですと「また来たい」と思いますよね。

ですので、履歴書の自己PR欄には「人と話すことが好き」「年齢問わず話せる」などコミュニケーション能力が高いことをアピールしましょう。

事務方の仕事もアピールできるポイント

エステサロンは思っているより沢山の業務があります。

「これはエステティシャンには関係なさそうだな」と思って書くことをやめずに、事務方の仕事経験もアピールしていきましょう。

写真は清潔感があるもの

履歴書の写真も大切です。

サロン側に好印象を与える履歴書の写真は出来れば顔全体がうつるように髪の毛をアップ。

メイクは濃すぎないように気を付ける。

髪の毛の明るさは暗めが良い。など出来限りナチュラルな写真にしましょう。

エステティシャンはお客様に憧れてもらう職業ですので、あなた自身が魅力的になっていく必要があります。

エステティシャンの転職は職務経歴書も大切

職務経歴書もエステサロン側からすれば大切な判断材料になります。

気を抜かずに記入していきましょう。

エステサロンの業務は施術だけをしていればいい。というわけにはいきません。

お客様のカルテ管理や、パソコンでの事務処理。レジ金の管理。掃除や洗濯など数えきれないほど細かな作業があります。

以前に事務職をした経験があるならば、その経験も活かせます。

また経理のお仕事経験がある場合はサロン側からしても「信頼できそう」という印象を与えることが出来ます。

また営業職をしていたというのであれば、人と話すことになれていると思われ好印象を与えることが出来ます。

あなたの過去の職歴は無駄なものなどひとつもないのです。

エステティシャンの履歴書は本社もチェックしている

あなたの受けたいエステサロンが個人経営ではない場合は、かならず大元となる本社があります。

なのでサロンの面接官や店長だけではなく、本社にいる社長なども目を通してチェックしているのです。

社長などはサロンの店長よりももっと沢山の人材を見ています。店長が「採用しようかな」と思っていた場合でも本社から「ストップ」がかかる場合もあるのです。

直接会っていない人にアピールしなくてはいけないので、やはり履歴書や職務経歴書はエステティシャンに転職するためにはとても大切な判断材料になるのです。

また履歴書に記載する志望動機も、採用では重点的にチェックされるポイントなので、志望動機の書き方もチェックしておくことをおすすめします。

エステティシャンの転職は志望動機が決め手!面接で使える志望動機の実例

エステティシャンへの転職に成功した先輩方のアドバイス

実際に他の職業からエステティシャンに転職を成功させた先輩方からのアドバイスをご紹介していきます。

私はもともと、新卒である企業の営業部で勤めていました。
学生のころから「エステティシャンってかっこいいな」という印象があり、いつかチャレンジしたいなと思っていました。
営業のお仕事にも慣れ充実した日々だったのですが、「このままこの会社にいてこの先結婚したり子供が出来たとき同じように働ける?」という疑問が私の中でうまれていました。
やりがいのあった仕事だったのですが、思い切って転職に踏み切りサロンに応募。
履歴書には、営業職でのクライアント様とのやりとりが充実していたことを記入しましたね。面接では履歴書をみて「人とお話しするのが得意そうだね」と言われました。
そして無事採用して頂き「全く関係ない職種でも過去の経験を活かせてお仕事が出来るんだな」ってわかりました。
今は営業職で培ったコミュニケーション能力でお客様と毎日楽しくお話しして、エステティシャンならではのやりがいを感じている日々です。(エステサロン勤務3年/27歳)

いつか自宅でサロンをしたいと思っていたので、事務職をやめてサロンに努めることにしました。
取り立て、取り柄のなかった私なので履歴書の自己PR欄なにを書こうか悩んでいたのですが最終的に事務職で得た効率の良さや、書類をまとめて整理するのが得意などを書いたと思います。
「こんな自己PRじゃ採用されないよね…」と思いながら履歴書を渡しました。
すると面接をしてくれた店長さんが「サロンって、施術よりも事務処理やカルテの整理のお仕事もたくさんあるから、書類とかまとめるのが得意な人がいると、とっても助かるのよ」と言ってくださり、全くの未経験の私を採用してくれました。
「技術はいやでも身についてくるから大丈夫よ」と言ってくださり、とても良いお店に巡り会えました。
エステサロンに関係なさそうな特技や過去の職歴でもアピールすること。必要とされることがあるんだなと思いましたね。今からサロンに面接行く方には自分の何気ない特技を書いてアピールしてほしいですね。
ちなみに今ではエステティシャンとして後輩も出来て充実した日々を送っています。(サロン勤務歴5年/32歳)

私は子育てを機に、事務方のお仕事をやめてから10年以上のブランクがありました。
子育てがひと段落して「これからの人生をどうしていくか」という課題にぶち当たり「何か手に職をつけたい」と思い以前から興味のあったエステティシャンにチャレンジすることにしました。
前職を辞めてから10年以上も間が空いていたし年齢も年齢なので、なかなか採用してくれるサロンなんてないんだろうなと思っていました。
美容専門求人サイトで最寄りのサロンに応募してみました。5社くらいに応募したと思います。履歴書は、過去の職業での実績など書けることは全て書きました。
結果は5店舗中3店舗が採用してくれました。「〇〇さんは字が丁寧ですね。しっかり仕事してくれそう」と言ってもらえました。
履歴書は適当に書いてしまいがちですが、好印象を与えるには履歴書がとても大切なんだなと実感しました。今ではエステティシャンのお仕事が楽しくて、ブランクや年齢はさほど関係なんだなと思っています。

エステティシャンの転職におすすめな求人サイトは?

履歴書でのアピールポイントがわかったら、さっそく求人サイトで働きたいエステサロンを探しましょう。

美プロ

美プロ

美プロの特徴はなんと、美容求人広告が毎日4000件以上掲載されていることです。

人気のある立地はもちろん、マイナーな場所でも、サロンを見つけることが出来ます。

あなたの働きたい場所や条件できっとサロンが見つかります。登録も無料。アプリも出ているので活用してみてくださいね。

美プロの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

リジョブ

リジョブ

リジョブは美容系の求人サイトです。

特徴はなんといっても見やすさ。条件などがわかりやすく記載されているので一目であなたにあった条件を持つサロンがわかります。

トップページに行ってあなたの希望の職種と勤務地を入力するだけでOK!なかなか良い求人が見つからなくて困っているなら是非リジョブをためしてみてください。

リジョブの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

エステティシャンへの転職するカギは履歴書と言っても過言ではありません。

とても大切な判断材料になることは確実ですので面接まえの履歴書記入は気合を入れて書いていきましょう!

きっとあなたの過去の経験がエステサロンで活かせます!自信を持っていきましょうね♪あなたの転職が成功するように応援しています。