エステティシャンの転職は志望動機が決め手!面接で使える志望動機の実例

エステティシャンの志望動機

女性は一度はエステティシャンになってみたいなと思うことがありますよね。

でも、私は未経験だし、面接で何を言っていいかわからないし…と挑戦する前に諦めていませんか?

実は未経験の方でも多くの方がエステティシャンに転職しているんですよ。

またエステティシャンのお仕事はお客様の美を自分の手で手助けすることが出来き、とてもやりがいのあるお仕事です。

しかしエステティシャンとは、事務経験がある、簿記の資格がある、など、今までの仕事をアピールしても面接官の心には響きません。

営業や事務のお仕事とはまた違った面接のポイントがあるので、今回はエステティシャンの面接で使える志望動機の実例や、サロン側に好印象を持ってもらえる方法などをご紹介していきます。

これを読んで面接に行けば、怖いものなしですよ♪

エステティシャン面接前に準備しておきたいこと

まず、エステティシャンになりたい!と言って、とりあえず面接受けに行こう!と一歩前進したあなた。

実はエステティシャンの面接は今までの、一般企業の面接とは少し違ったものになっていきます。

資格などがある場合などは、アピールポイントがあるのでいいのですが。

資格がなくエステティシャンのまったくの未経験の場合は、面接での志望動機がどういったものなのかが重要視されるのです。

サロン側は「なぜ、エステティシャンになりたいと思ったのか?」「なぜ、私たちのこのお店がいいと思ってくれたのか?」を必ず聞いてきます。

そこで、あなたの回答が薄いとサロン側の印象はよくありません。

最低でも、

  • なぜ、自分がエステティシャンに転職したいと思ったのか
  • なぜ、このお店に応募しようと思ったのか

をしっかり事前に自分の言葉で、サロン側に伝えられるように準備しておきましょう。

準備をしないまま面接に行くと失敗してしまう可能性もあります。

エステティシャンの面接で使える志望動機の実例

では実際に面接で好印象を持たれる志望動機の実例をご紹介していきましょう。

Yさん(エステティシャン歴1年)

私は、1年前まで普通のアパレル業界にいました。ずっと前からエステティシャンに憧れていて思い切って応募して見事一発でサロンに採用されました。
面接では、「何故いきなりアパレルからエステティシャンになろうと思ったんですか?」と聞かれました。
なので私は、これはアピールしないと採用されない!と思って自分の気持ちを素直に言葉にして言いました。
「アパレル業界も、エステティシャンに似ているところがあると思っています。
私がアパレルでお客様と接して思ったことは、女性は誰かの為にオシャレをしたい、綺麗になりたいんだなということがわかっていきました。
私がお客様に似合う洋服を提案してお客様が後日また来店してくださった時に「彼に褒められたよ、ありがとう」って言われたことが嬉しかったんです。
お客様を満足させれた喜びと達成感は何にも帰れないくらい嬉しかったんです。
そこは美容業界も同じだと私は思っていて、お洋服だけでなく自分の技術でお客様を喜ばせたいと思いエステティシャンを目指すようになりました。」
とサロン側に伝えると、そこのサロンの店長がそんな私の志望動機を喜んでくれて、その場で採用してもらえました。

Mさん(エステティシャン歴3年)

私はまったくもってエステティシャンには無縁の人生を歩んできました。
私自身エステに足を運ぶこともなかったし、違う世界の話だと思っていたんです。
でも丁度20代半ばで結婚して結婚式を挙げる前にブライダルエステを受けることになったんです。正直エステなんて行ったこともなかったし行きたくないなって思っていました。
彼が「せっかくなんで行ってきなよ」と言っていたので渋々エステに行ったんですけど
そこのエステの雰囲気がとってもよくって、初めてで緊張していた私に優しく接してくれてリラックスさせてくれました。
また実際に施術を受けると、今まで感じたことのないくらいすごい気持ちよくて、寝てしまうくらいでした。そんなリラックスしきっている自分にもびっくりしましたし。
エステを嫌がっていた私をここまでリラックスさせてくれたエステティシャンの技術、人柄にすごく好感が持てたんです。
私も、私の様にエステを拒んでいる方の偏見をなくしてあげたい!という気持ちが産まれてエステティシャンになりたい!と思うようになりました。
そして思い切ってブライダルエステを受けたサロンに面接に伺い、素直に私の感じたことをお話しして「このお店でエステティシャンとしてお仕事がしたいんです!」と伝えました。
見事に採用して頂き。もう3年目になります。
お店を選んだ理由を聞かれることが多いので実際に面接に行くお店で事前に施術を受けると、回答が濃くなりサロン側からも印象がいいのかなと思います。

Oさん(エステティシャン歴1年)

私は、エステティシャンになる前は、中小企業の営業をしていました。
エステサロンとはかけ離れたお仕事だったのですが、給料日後に行くエステが贅沢のひと時で、私もエステティシャンになりたかったな~と漠然と思っていました。
営業って結構時間の拘束があって残業なんて普通でした。
やりがいもあったのですが「このままで自分は将来どうなるの?」と疑問に思い、手に職を付けたいと決めました。そして以前から漠然と思っていたエステティシャンに挑戦することになりました。
面接で志望動機を聞かれたのですが素直に
「子供を産んでも社会復帰に困らないように今から手に職を付けたいからです」とお伝えしました。
あと面接中に「あなたのアピールポイントを教えてください」と言われたので
・今まで営業でお客様とお話ししてきたので対話力がついたこと
・朝から晩まで仕事漬けでしんどかったけど、やりがいを感じてお仕事を楽しんでいたこと
・体力には自信があること
をアピールしました。面接が終わってから後日無事に採用のご連絡を頂くことが出来ました。後で面接をしてくれた方に話を聞くと「素直そうなところとお仕事を楽しんでくれそうな雰囲気があったから採用したのよ」と言って頂きました。
飾らず、自分をありのまま出すことも大切なんだなと思いましたね。

エステサロン側からみた好印象の志望者とは?

では、エステサロン側から見て面接のときに好印象の志望者、採用したい志望者とはどういった人なのでしょうか?

自分の意思を持っている

エステサロンは女性の職場なので、芯の強い女性、自分の意思を持っている女性でないとすぐに退職してしまうケースが多いのです。

なので面接の時に、あいまいな受け答えではなく「自分はこう思うんです」というはっきり発言できる女性が好まれる傾向があります。

エステティシャンになりたいのであれば、強い心を持って面接に挑みましょう。

明るく話が弾む

面接で重視されるのは明るさもひとつの要因です。エステティシャンは担当するお客様のカウンセリングをしなくてはいけません。

施術の技術よりも、トークでどれだけお客様の心をつかむかがカギになっていきます。

その第一条件は、明るく話が途切れない方なのです。

面接で、世間話が出来た人が採用されるというのはよくある話です。

面接管の心を開かせたからこそなんですよね。

一度お店で施術を受けてくれた人

サロン側は「数あるエステサロンで何故当サロンを選んできてくれたのか?」がとても気になるのです。

そこで、ありきたりな言葉を並べてくる方より、実際にサロンで施術を受けた上で面接に来てくれた人の印象は雲泥の差があります。

志望動機もさらに濃いものになり採用されやすいです。是非、このサロンで働きたいな!と思ったら一度お客さんとして施術を受けてみてはいかがでしょうか?

器用そうな人

サロンで働くと、じっくりと先輩から施術を教わる時間はほぼありません。教わると言っても閉店後の少しの時間だけです。

その限られた時間で、どれだけ短時間で吸収出来て自分のものに出来るかが大切になっていきます。

サロン側も、出来れば早く仕事を覚えて独り立ちしてほしいので、仕事覚えが早くて器用そうな方を採用しています。

面接で、覚えがいいなどのアピールをすると結構高ポイントなんですよ♪

面接の準備が出来たら転職先のエステサロンを見つけよう

面接でどういった志望動機が好まれるかわかったところで次は、面接をするエステサロンを探しましょう!

おすすめ転職サイト:美プロ

こちらの求人サイトは、美容専門になっています。毎日平均4000件の求人が掲載されているので、あなたの家の近くできっとエステサロンが見つかります♪

出勤前や出勤後にお買い物をしたい!というのであれば、ショッピングモールがある最寄り駅で調べると一発で出てくるんです。

自分の働くスタイル好む場所でサロンが探せるのでオススメです!登録は無料なので、一度登録してみるのもいいかもしれませんね。

おすすめ転職サイト:リジョブ

リジョブも美容関係の求人専門サイトです。

リジョブのいいところは、何といってもサイトが見やすいところなんです。トップページに行けば、あなたがしたい職種と場所を選んでワンクリックで求人が出てきます。

サイトは全体的に薄いピンクと白を基調としているので、とても見やすいんですよ♪

また東京で調べると平均200件の求人が出てくるのであなたの理想のサロンが出てきますよ♪こちらも無料で登録すれば簡単に応募が出来るのでオススメです。

まとめ

面接で使える志望動機の実例やサロン側がどういった人物を採用したいかなどを細かくみていきました。

面接は緊張して準備していても実際に実力が発揮出来るわけでは、ありません。

念には念を。絶対に働きたいと思っているサロンならば尚更事前の準備や面接の練習をしていきましょう!

あなたのエステティシャンへの熱い気持ちをぶつけるつもりで頑張っていきましょう!
応援しています♪