転職回数の多い美容師は不利?上手に面接でアピールするには?

転職回数の多い美容師は不利?

美容師というのは特殊な技術職です。

ロンの雰囲気もそれぞれ違いますよね。

必ずしも初めて就職したサロンがあなたに合っているとは限りません。

しかし、自分に合ったサロンを探し求めているといつの間にか転職回数が増えてしまっていた。なんてことがあります。

美容師の転職回数が多いことは不利なのでしょうか?

また、面接で転職回数をうまくアピールする方法あるのでしょうか?

転職回数が増えてきたけど、納得できるサロンに出会えないあなた。アピール次第ではプラスにすることも可能です。

プラスに持っていける方法をひとつひとつ見ていきましょう。

美容師が転職回数が多い理由

転職回数が多くて悩んでいるあなた。

実は美容師業界は離職率転職率が多いです。

あなただけではないので、まずは安心してください。

では、なぜ美容業界は転職率が高いのでしょか?

サロンカラーがそれぞれ違うから

色々なサロンで働いてみるとわかると思うのですがサロンひとつひとつ。

同じ系列のサロンであってもサロンの雰囲気は全然違います。

お客様でも、様々なサロンに行ってみて自分に合うサロンを探すように働く側にも、自分にあうサロン合わないサロンがあるのです。

自分には合わないと感じながら無理をして働くよりも、色々なサロンを経験してあなたに合うサロンを見つけることがとても大切になり成長できる場となるのです。

美容業界は上下関係が厳しいから

美容業界はとても上下関係が厳しいです。

1年違うだけでも、その先輩はびっくりするくらい先輩感を出してきます。

また年齢は関係なく長年勤めている年下の美容師でさえも、後に入ってきた年上美容師に大きな顔をすることは少なくありません。

そのような状況に耐えられず、サロンを辞めていく方も少なくありません。

お店によって条件がまるで異なるから

サロンは立地などの条件で、給料や福利厚生など様々な条件が異なります。

働いてみないとわからないことも数多くあり、先輩の指導が行き届いていない後輩を育てようとする気持ちが感じられないサロンもたまに存在するのです。

また給料と業務の内容が見合わないといって、辞めていく方も多いのが現状です。

美容師は基本的にプライドが高い人が多いから

美容師に限らず技術職の方は、今まで自分が学んできたこと経験してきたことに自信をもっている方が多いです。

あるていど美容師の経験が長くなってくると技術でも自分に自信を持つようになっていきます。

そうなることによって、サロンによっては後輩がいつまでも先輩の域に達することが出来ずになかなかスタイリストに昇格出来ない。

それによって、やる気が失われてしまい退職、転職を考えてしまうケースも多いです。

転職回数が多い美容師は本当に不利なの?

上記でお話しした通り、美容師の業界は転職率が高いことをおわかり頂けたかと思います。

決してあなただけが、転職回数が多いわけではありません。

サロン側も良い意味で「転職が多い職業」ということを自覚しています。

転職回数に負い目を感じることはやめていきましょう。

むしろ転職回数を武器にしてサロン側に好印象を与えていくように徹してみてはいかがでしょうか?

転職回数が多くても面接で好印象を与える方法

では、転職回数が多いことを面接で武器にするとは具体的にはどういった方法なのでしょうか?

色々なサロンを経験して得たものが多いとプラス思考でアピールする

転職回数が多ければ多いほど様々なサロンを見てきたということになります。

サロンひとつひとつ掃除からお客様の対応まで様々な方法があります。

そんな沢山の経験をしてきたあなたは面接で、「今までいろいろなサロンで学んできたことを活かして働いていきたい」とプラスの方向でサロンにお話ししていきましょう。

またサロンによってお客様の年齢層も違っていきます。

なので良い印象を与えるには、「様々な年齢層のお客様と接してきたので抵抗なくどの年齢層の方でも会話することが出来ます」とアピールするのもいいですね。

お客様とのコミュニケーションを取れる方はサロン側からも重宝されます。

次のステップに進むための転職だとアピールする

転職回数が多いとサロンによっては「トラブルメーカーなのかな?」と少し不安になる場合もあります。

トラブルメーカーかもしれないという先入観をなくしてもらうためには、「この転職は美容師として次のステップにいくためだ」ということをアピールしましょう。

「色々なサロンを見て色々な技術をみてみたいと思っています」と言うと好印象。

「沢山のサロンを見てみたい」と言ってしまうと長期的じゃなさそうと思われて落とされてしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、そんなことはありません。

「この人は、サロンを良い雰囲気にしてくれそうだ」という事をまず前面にアピールしていきましょう。

以前のサロンは円満に退職したとアピールする

面接にて「何故前の職場を辞めたのですか?」という質問は大体聞かれることは間違いありません。

そこで「なんだか自分に合わなくて」なんてマイナスな事は一切言わないようにしましょう。

少し誤魔化しても大丈夫ですので「私が次のステップに進みたい気持ちを考慮してくれて職場の方々も応援して見送ってくれたので本当にありがたいです」ととにかくプラスプラスの方向にもっていくように心がけていきましょう。

面接するサロンもわざわざ、前の職場に連絡して事情聴取をすることはありませんので安心してアピールしていきましょう。

以前のサロンの悪口は一切言わない

転職の面接で絶対に言ってはいけないことは「前の職場の悪口です」。

「なかなか給料を上げてくれない」「先輩が厳しい」「仕事をふってくれない」など、実際にあったことだとしても悪口をいってしまっては採用が厳しくなっていきます。

「この人は、私たちのサロンに来ても不満ばかり言いそうだな」と思われてしまうのです。

面接ではとにかくポジティブに!プラス思考で挑んでいきましょう!

転職回数が多くても採用する理由

では実際に転職が多い美容師を採用するサロン側の決め手はどういったことなのでしょうか?

当サロンは、お店を暗くしそうな方はとりたくありません。
前の職場の悪口を言う人はててもじゃないけど、取りたくありませんね。確かに転職回数が多いと「あれ?」となってしまうことは確かにありますが、その転職がプラスのものなのかマイナスのものなのかは面接をすればすぐ見えてきます。
よく笑う方や、何を話しても楽しそうな方、美容師の仕事が大好きな方は転職回数が多くても積極的に採用しています。

私たちのサロンは向上心のある方を積極的に採用しています。
それは転職回数に限らず「少しお給料が安いけどこのサロンで技術を学びたい」と言ってくれる方は、どんどん成長して一人前のスタイリストになっています。
美容師のお仕事が兎に角好き、成長したい!という方であれば転職回数は考えずに採用しています。

転職を繰り返して良いサロンと出会えた先輩の声

実際に転職回数が多くてもサロンに採用される方の声を聴いてみたいとおもいます。

私は、サロンを転々として3回ほど転職をしました。
2回目までは、まだそこまで気にはならなかったのですが3回目になると「転職回数で不採用になるんじゃないか」と不安になっていました。
ですが美容師のお仕事は大好きで成長したい!という気持ちがあったので、その気持ちを素直に面接でぶつけました。すると転職回数が多い私でも無事採用してもらえることになりました。
今までのサロンは雰囲気がなんとなく自分に合わなくて困っていたのですが現在働いているサロンは雰囲気もよく働きやすい環境で転職は考えていません。
色々なサロンの雰囲気を経験したからこそ、今の職場に巡り会えたのだと思います。辛い思い納得できない思いを抱えたまま働くよりも自分に合ったサロンを見つけていくことが大切なんだなと今は思います。(美容師歴4年/27歳)

私は最終的に、自分のサロンを立ち上げたいという夢があったのでひとつのサロンにこだわらず色々な方の技術やサロン運営を見ていきたい。と思っていました。
そうすると必然的に転職回数は増えていくのですが自分の強い意志と夢をお話しするとサロン側に受け入れてもらえると感じています。
実際にこのサロンで働いてみていと思っているサロンでの面接は採用して頂いています。
転職回数はそこまで関係なく、自分の意思をどれだけアピールできるかが採用されるコツなのかな。と思いますね。(美容師歴6年/29歳)

美容師の転職におすすめの求人サイトは?

そんな転職回数が多くなってきたあなたでもきっと働きたいサロンが見つかる美容専門求人サイトをご紹介します。

リジョブ

リジョブ

求人サイト「リジョブ」は数ある求人サイトの中でも美容系を専門に扱っているサイトです。

「リジョブ」をおすすめする理由はサイトの見やすさと操作性がわかりやすいところです。

また求人広告も多いのが特徴です。

東京の美容師で検索すれば、2110件もの求人が出てきました。

また細かく条件も設定できるので、あなたの希望に近いサロンを見つけやすいですよ♪登録も無料ですので一度試してみてくださいね。

リジョブの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

美プロ

美プロ

「美プロ」も同じく美容専門の求人サイトになっています。

美容業界では有名な求人サイト。いつみても求人広告が4000件以上掲載されています。

また求人一覧もとても見やすく、条件に当てはまる求人が見つけやすいですよ♪

トップページからすぐに検索できるので一度検索してみてくださいね。「美プロ」も登録料無料です♪

美プロの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

転職回数の多い美容師は面接で不利になるのか?ということを一緒に見ていきました。

先輩方のお話を聞く限り、あなたの美容師への愛と強い意志があれば転職は十分可能でありサロン側にも好印象を与えることが出来ます。

マイナスな発言は心にしまって、面接の時はとにかくプラスの発言で面接するサロンに好印象を与えていきましょう!