20代のエステティシャンが転職で気をつけることは?どんなサロンを選ぶべき?

憧れのエステティシャンになれたのは良いけど、はじめて務めたサロンが自分とは合わない・・・っていう場合ありませんか?

サロンがどうしても合わないという方は少なくありません。

せっかく掴んだエステティシャンの道。

あなたに合わないサロンにそのまま勤めていても成長できるのでしょうか?

最初から自分に合ったサロンに勤められることは、めったにありません。

今回は、20代のエステティシャンが新たなサロンに転職するために気を付けること。

また20代にはどんなサロンがおすすめなのか。をご紹介していきたいと思います。

エステティシャンの20代で経験が浅くても転職できるの?

まだまだ、エステティシャンとして「ひよっこ」の20代。

そんな状態で転職しても大丈夫なのだろうか?マイナスなイメージが付いて雇ってくれるサロンがないんじゃないか?と不安になっていると思います。

でも、安心してください。エステ業界はどうしてもサロンごとに色や雰囲気が違います。

そうすると合うスタッフ合わないスタッフが必ず出て来てしまうのです。20代前半でも違うサロンに転職するということはよくある話です。

サロン側も、この傾向には理解もあり、よくあることなので20代にすぐ違うサロンに転職してきたからと言う理由だけで雇わないということはありません。

安心して、自分に合うサロンを探していきましょう♪

エステサロンが20代のエステティシャンを好む理由

サロン側としては20代のスタッフが増えることを喜ぶサロンが多いのです。

では一体サロン側は20代のエステティシャンを好むのでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう。

伸びシロがある

ひとつめは、何といっても伸びシロがあることです。

まだ知識や経験もない分、教えると飲み込みが早いのが若さの特徴です。

また若い分覚えも早いのでお店側としては大変助かる存在なのです。

素直に指示に応えてくれる

ふたつ目は、素直に先輩の指示に応えれるのも、若さがあるからこそです。

30代くらいになってくると、自我や自分の人生経験にプライドが出てきてしまうので、そうしても素直に先輩の言うことが聞けない場合があります。

また、サロンは20代で店長をしている方もいらっしゃるので20代だと先輩も指示を出しやすいのです。

お店が明るくなる

三つ目は、若い子が入るとそれだけでお店の雰囲気が明るくなります。

また初々しさが、サロンに来るお客様にうけることもあるんですよ。

こうして可愛がっていただけるのも20代までです。

20代のうちに自分に合うサロンを見つけて地盤を固めることが今後のエステティシャン人生を左右するといっても過言じゃありません。

20代エステティシャンが転職で気を付けることは?

次こそは、自分に合うサロンを見つけたい!と思っているなら、サロン選びがとても重要になっていきます。

エステシャンが転職をする時にどういうことに気を付ければいいのかをみていきましょう。

面接を行く前に下調べをする

まず、次のサロンでは失敗したくない!と思うなら必ず面接を受けるサロンに足を運んでみることです。

一度お客さんとして訪れてみるとサロンの中の雰囲気やスタッフの態度などもわかります。

また、まだ下っ端の子への先輩方の態度も要チェックしましょう。

求人広告に載っていることだけではわからないことは沢山あります。是非、求人広告を見て働いてみたいなと思ったお店を見つけたら実際に行ってみましょう。

給料だけで決めない

あなたは求人広告でサロンを探すときに給料が高いところばかり見ていませんか?

確かに、お給料は大切な事ですが給料が高い分、拘束時間が長い。業務内容が過酷といった場合があります。

お店に入らなくても外から、そのサロンをのぞいてみるのもいいかもしれません。

また面接に行く際にお店を見せてもらうことも大切です。

ひとつのサロンだけに絞らない

最初からひとつのサロンに絞って面接に行くことはありません。

沢山のサロンを見てみることも転職を成功させるポイントです。

何個もサロンの面接に行ってしまうと評価が下がってしまうのではないか?と心配になってしまいますが、そんなことはありません。

また、他のサロンの面接が残っているのに採用の連絡が来た場合は正直に「他のサロンでも面接をする予定なので少し待っていただけませんか?」と伝えましょう。

これを言ったからと言って、採用を取り消すなんてことはありません。

20代におすすめのサロンはどんなところ?

では次に20代のエステティシャンにとってのおすすめサロンはどんなところなのでしょうか?

これは人それぞれ、感覚が違うと思うので参考程度に見てくださいね。

自分のカラーと合っているサロン

とにかく、一番大切なのは、あなたの雰囲気とお店の雰囲気があっているかどうかです。

また、サロンに来る客層もちゃんと把握しておきましょう。

若い方と話す方が盛り上がれる。というのであれば、若めの客層が多いサロンを選びましょう。

反対に、年上の方から可愛がられやすい。年上の方とお話しする方が落ち着く。というのであれば、年齢層が高いサロンに努めてみましょう。

良いサロン、あなたに合ったサロンを見つける為には、自分の長所を見つけて、その長所に合うお店を見つけれるかどうかがカギとなっていきます。

せっかくエステティシャンになれたのだから、楽しく働ける環境がいいですよね。

清潔感があるサロン

お店に清潔感があるかどうかも大切です。

カルテの棚がぐしゃぐしゃになっていたり、何用のタオルかわからなくなっているサロンも少なからずあります。

そういうサロンには、そのサロンに合ったお客様しか来ません。

またきちっと整理整頓されているサロンに努めると、今後のあなたの人生においても役に立つことを教わることが出来ます。

教育がしっかりしているサロン

最後は、教育がしっかりしているサロンに努めることも大切です。

働き始めたはいいけど、なかなか教えてくれない。聞く雰囲気を出してくれない。

そんなお店に努めていてもあなたが成長できません。

しっかりと先輩が教えてくれる。

ステップアップできるサロンを選びたいですよね。

20代でエステサロンを転職した先輩の声

私は専門学校を出てすぐに最初に面接をしたサロンに勤務し始めましたが、先輩方がとにかく怖く、なかなか聞きたいことも聞けずに悩んでいました。
私より3つ上の先輩もまだ、施術を任せてもらえない状況をみて、ここでは私自身成長できないかもしれない。と思い転職を決意しました。
まだサロンに勤務して半年も経っていない状態での転職。次のサロンからすれば印象が悪いだろうな。と思っていましたが3つのサロンの面接を受けて感じたのは、前のサロンの勤務期間はそこまで重要視していませんでした。3つ面接を受けて店長さんの雰囲気が良いと思ったサロンに転職することになりました。
やっぱり店長さんがしっかりしているからか、お店の雰囲気も良く、先輩方との交流も深く毎日楽しくお仕事が出来るようになりました。無理をして合わないサロンにいるより自分に合うサロンを探す為に一歩踏み出してよかったなと思っています。
(サロン勤務3年/26歳)

私は、どうしてもお店のお客様の客層が自分に合わないことが悩みでした。
サロンのスタッフは、悪い方はいなかったのですが客層が高い分、なかなかお話しを盛り上げれない自分が嫌で毎日悩んでいました。
そこで先輩が「もうすこし客層が若めのお店に行ってみるのもありかもしれないよ」と言ってくれて求人サイトでサロンを探し、面接に行きました。
無事に採用頂き転職することに。そのサロンはお客様が自分と近い客層だったので話の話題も尽きずにお話しをすることが出来ています。
自分に合った客層のサロンを選ぶことも大切なんだなと痛感しました。思い切って転職をしてみて良かったです。(サロン勤務5年/28歳)

エステティシャンにおすすめな転職サイトってあるの?

エステティシャンにおすすめの転職サイトは、なんといっても美容業界に特化した転職サイトがおすすめです♪

その中でも求人数が多く人気度の高い求人サイトをご紹介していきたいと思います。

リジョブ

リジョブ

リジョブは、アプリも出ている美容業界の転職サイトです。

もちろん無料で提供しています♪リジョブは兎に角サイト内がとても見やすいことが特徴です。

トップページから希望の勤務地と職種を選択するだけで求人の一覧が出てきます。希望条件なども詳しく記載されているのでわかりやすいですよ♪

美容に特化しているので、全く関係のない職種の求人は一切ひっかからずノンストレスで仕事探しが出来ます。

リジョブの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

美プロ

美プロ

美プロは、美容業界の求人サイトでも掲載数がとても多いサイトです。

常に4000件以上もの求人を掲載しているので、時期など関係なくいつでも求人を探すことができます。

美プロもトップページから、すぐに勤務地と職種を選んでワンタッチで一覧が表示されます。

さらに、細かい希望条件での絞り込みができるので、例えば希望のお給料があれば、その金額に合った求人を絞り込めるので、とても簡単に希望通りの求人を探せることができます。美プロももちろん登録無料です♪

転職をしたいな~と思ったら美プロで一度、転職先を探してみてください。

美プロの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

まとめ

20代でのエステティシャンの転職で気をつけるべきことや、サロン選びのポイントを見ていきました。

20代のエステティシャンが転職することは珍しいものではありません。

みなさん、それぞれ、色々なお店をみて自分に合ったサロンを見つけています。

あなたが辛いのに、無理に続ける必要はないのです。

無理に続けても、あなたがエステティシャンのお仕事を嫌いになってしまう可能性があります。

せっかくエステティシャンという素敵な仕事を見つけたのに、嫌いになってしまってはもったいないです。

新しいエステサロンを見つけてあなたの働きやすい、やりがいを感じる職場を探していきましょう。

またエステサロン以外での転職を考えている方は、こちらの記事でエステティシャンにおすすめの転職先を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

辛い営業ノルマはもう嫌だ!エステティシャンから異業界に転職できるの?おすすめの転職先は?