大学病院の看護師へ転職するには?転職理由・志望動機の書き方

看護師の転職の場合、ひとくくりに病院といっても様々な病院があるので、転職先選びに迷う人も多いでしょう。

大学病院、国公立病院、民間病院…などなど、それぞれどんな特徴があるのか、意外と知らない人も多いのでは?

今回は、大学病院に転職する場合について、詳しくご紹介します。

大学病院へ転職したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

大学病院への転職は難しい?

大学病院は大きな総合病院のように、新卒採用主義の病院が多い傾向にあります。

そのため新卒の看護師だけでも十分な人数を採用することができるので、中途採用があまり積極的に行われていないケースも多いです。

また大学病院というとブランド的な印象があり、入るのが難しそうなイメージがありますよね。

しかし、大学病院への転職がかなりの難関かというと、案外そうでもありません。

希望する診療科によるところもありますが、経験やスキルがあれば転職はそう難しくはありません。

総合病院勤務などの経験があれば、より転職しやすいでしょう。

大学病院の仕事内容

大学病院では看護師は勤務している科に特化した働き方をし、細分化された業務を行うことになります。

例えば、大学病院で看護技術や処置を行うのは看護師ではなく、研修医または医師が主になります。

多くの民間病院では看護師が行っている採血やルート確保、点滴といった看護技術や処置は研修医が行います。

そのため看護師は点滴の管理、バイタル測定、調剤薬のチェック、といった個人に応じた細やかな看護が主な役割になってきます。

医師と看護師の役割分担が明確な点や、細かい業務も分業化されている点が、民間病院との大きな違いといえます。

大学病院の特徴

大学病院には、「診療」「研究」「教育・研修」という、大きくわけて3つの役割があります。

診療

大学病院は先端医療の推進が大きな目的ではありますが、病院としての診療機能をもっています。

地域医療の中心として診療に携わり、再生と活性化に貢献しています。

研究

研究の場である大学病院は、新たな診療法を開発するという使命を持っています。

最新医療が整っていることから、大学病院でしかできない治療や症例の検査を行います。

大学病院の研究が発展することにより、私たちが受けるこれからの医療技術は躍進していくのです。

また医療の進歩に伴い、看護ケアも質の向上が求められるので、看護師としてより高度な知識と技術を学びたいと考えている人にとっては、求める環境が揃っている職場です。

教育・研修

大学病院は、本来の設置目的である教育施設としての機能を果たさなければいけません。

医師だけに限らず全ての医療従事者を教育し、将来を見据えた人材の育成と確保が求められます。

こういったことから、他の病院や施設に比べて研修会や勉強会の機会が多い職場です。

大学病院にはこのような特徴があり、やはり最新の専門知識や技術を学べる環境が整っているという点が、転職先として選ぶ上でのポイントになってくるでしょう。

他にも、国公立・私立によって異なるものの勤務条件や福利厚生が整っており、お給料は平均以上になることが多いという特徴が挙げられます。

民間病院との違いは?

大学病院は一般的な民間病院にくらべると、重症患者さんや緊急入院、珍しい症例の患者さんが多くなります。

そのため、難しい病気や状態の患者さんと接する機会が多いです。

また病院の規模が大きく、研究機関・教育機関を兼ねているので、医療設備が充実しています。

専門分野に関する勉強会も豊富なので、もっと知識を深めたい、スペシャリストになりたいと思えばいくらでも知識を身に着けることができます。

さらに、大学病院には多くの診療科があるので、自分の興味のある診療科に異動することもできます。

大学病院で働くメリット・デメリット

一般の病院と比べて、大学病院にはどんなメリットがあるのでしょうか?

また同時に、どんなことがデメリットになるのか、転職する前にチェックしておきましょう。

メリット

  • 最先端の医療を学べる
  • スキルアップできる環境
  • 教育制度が整っている
  • 一般病院にくらべると待遇が良い

医療器具が充実していて、先端医療を間近で経験することができるので、看護師としてスキルアップをしたい人や、個別性の高い看護を学びたい人にとってはピッタリの職場といえます。

デメリット

  • 身につけた看護技術を使う機会が減る
  • 勉強会が多い
  • 残業が増える可能性がある

大学病院では研修医や医師が採血や点滴といった処置を行うので、看護師として今まで身に着けた技術を使う機会が減ります。

そのため、今まで身に着けた技術や能力が衰えてしまうという可能性があります。

また勤務時間外の研修や勉強会なども多いので、時間の使い方が今までと変わるということは理解しておく必要がありそうです。

大学病院へ転職するにはどんな転職理由・志望動機を書いたらいいの?

転職活動の中で最もつまづくポイントといえるのがこの2つでしょう。

転職理由と志望動機は、面接で必ず聞かれる項目です。

特に志望動機は書類を作成する上でも必要な上に、採用側からすれば職歴以外で最も重要な判断材料になるといえます。

どんな理由で転職をしたいと考えたのか、しっかり整理しておきましょう。

転職理由のポイントと例文

転職理由を書くうえで大切なのは、「なぜ転職するのか」を「転職することで、~が叶えられるから」という視点で考えることです。

例えば、今よりさらに知識や技術を深めたいと思っている人なら、

「今の職場で経験を積んだ上で、○○についてもっと知識を深めたいと思うようになりました。大学病院なら最先端の技術や医療を現場で学ぶことができ、研修など学びの機会も多いので、より多くのことを身に着け実践できると思い転職することを決意しました。」

という風に書くことができます。

転職したいということは、何かしらの不満・不安を解消したい場合がほとんどです。

上記の場合は現在の職場では今以上の知識や技術を得ることが難しい、というのが不満にあたります。

転職することで、自分はどんなことを解消したいのか?どんなことを叶えたいのか?ぜひこのポイントについて考えてみてください。

転職理由例文

「以前の職場では○○科で働いていました。やりがいも感じており、たくさんのことを
学ばせて頂いたのですが、今後の自分の働き方や進みたい方向を見つめなおす機会があり、もっと専門的な知識や経験を得たいと考えるようになり転職を決意致しました。」

 「今の職場で働く中で、周囲と協力し合いながら、お互いを高め合える環境で働きたい
と考えるようになり、転職を決意しました。基本的な看護技術を身に着け、一通りの処置が行えるようになり、チームワークの重要性をとても感じるようになりました。医療業界ではこれからますますチームでの連携や、他の職種との連携が重要になってくると感じています。私自身、周囲の方と連携し学び合いながら、さらに一回りも二回りも成長していきたいと思っております。」

大学病院へ転職する際の志望動機のポイントと例文

看護師であっても、一般企業であっても、実は志望動機を書く上で重要なポイントは同じです。

採用する側が知りたいのは、

  1. 長く働いてくれるかどうか(すぐに辞めないか)
  2. 即戦力
  3. 組織に適応する柔軟性

ということです。

採用する立場からすると、志望動機はとても重要な判断材料になるので、これらの項目にいかに答えられるかがポイントです。

①は、仕事への熱意や姿勢、どんなビジョンを持っていて、どんな風に働きたいか?

②は、今までの経験やスキル、どんな風に貢献できるのか?

③は、どうしてこの病院なのか?

という風に置き換えてみると、考えやすいですよ。

志望動機例文

「私は、○○に以前から関心があり、ゆくゆくは経験したいと考えていました。しかし、
前職の病院では症例の患者さんが少なく、幅広い症例を経験することはできたものの特定の分野について経験を積む機会を得ることと、深く学ぶことが難しいと感じていました。
貴院は○○の専門性が高く、最先端の医療と●●という治療法を実践していると伺っており、○○について勉強し、経験を積むことができると考えております。
専門知識を身に着けながら看護師としてスキルアップすることができ、自身のキャリアアップにもなると思い、志望致しました。」

大学病院への転職におすすめの転職サイト

看護師の転職においても、転職サイトの利用はおすすめです。

転職サイトを利用することで、求人を紹介してもらえるだけでなく、転職理由・志望動機といった1人ではなかなかスムーズにいかない書類作成もサポートしてもらえます。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

看護師専門の転職支援サービスを行っているのが、ナース人材バンクです。

いわゆる転職エージェントで、利用者の希望条件に合った求人を紹介してくれます。

年間利用者は10万人以上、利用者満足度は97%と、確かな実績のある転職エージェントなので安心して利用することができます。

また国内最大級の転職支援サービスでもあるので、豊富な求人が揃っており、サポート体制もばっちりです。特に転職が初めてという人におすすめです。

ナース人材バンクの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

看護roo

看護roo

看護rooは、看護師専用の求人サイトです。

サイトに掲載されている求人は、登録しなくても自由に検索・閲覧ができるので、転職に迷っている人は、サイトを覗いてみるだけでもおすすめです。

どんな求人があるのか、ひとまず検索してみてから転職するかどうかを決めるのもありですよね。

また、登録は無料でできて、さらに転職サポートサービスに登録すれば求人を探すだけでなく、転職活動をする上でのサポートもしてもらえます。

サポートの内容としては、実際に入職した人の話が聞けたり、応募手続きの代行、求人紹介などがあります。

看護roo!(看護ルー)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件