旭化成ホームズに転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

旭化成ホームズに転職するなら?年収・転職難易度・評判徹底解説!おすすめ転職サイト・エージェント

大手の旭化成グループの傘下にある旭化成ホームズは新卒の人だけでなく転職したいという人からも人気があります。

旭化成ホームズへの転職は難易度が高いのでしょうか。給料や福利厚生などの実態も把握した上で検討するようにしましょう。

実際に旭化成ホームズで働いている人からの評判や、転職に役立つサービスも紹介します。

一目で分かる旭化成ホームズの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生はどのくらい充実している?
スキルアップやレベルアップに繋がる?
職場の雰囲気は良い?
中途入社はしやすい?

旭化成ホームズはどんな会社?

会社名 旭化成ホームズ株式会社
設立 1972年11月
資本金 32.5億万円
従業員数 7,005人(連結)
本社所在地 東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビルディング
代表者 川畑文俊
事業内容 新築請負事業、不動産関連事業、リフォーム事業

事業方針・経営理念

  • Creating for Tomorrow
  • 昨日まで世界になかったものを

旭化成ホームズは旭化成グループの一員としてグループが持っている企業理念に従った事業を展開しています。

いつの時代でも人々が豊かな暮らしをしていくことができるように最大限の貢献をしていくことを目指しています。

そのためにはこれまで存在しなかったサービスを創造していくことが必要だと考えているのが特徴です。

  • 住まいを通じて”安心で豊かな暮らし”を実現します

旭化成ホームズは行動湿疹として安心で豊かな暮らしを作り上げられるようにニーズに合ったサービスを提供することを掲げています。健康で快適な暮らしを送れるようにするだけでなく、環境との共生も考慮した価値を生み出すことに注力している企業です。

事業内容

  • 新築請負事業
  • 不動産関連事業
  • リフォーム事業

旭化成ホームズがメインで取り組んでいるのが新築請け負う事業で、戸建て住宅のヘーベルハウスと集合住宅のへーベルメゾンという二つのブランドがあります。

ロングライフ住宅を作り上げ、いつまでも安心して住みやすい環境を提供することを目指しています。

また、旭化成グループの傘下にある旭化成リフォームとの協力体制を整え、住まいを快適に長く使えるようにするために欠かせないリフォーム事業も展開しているのが特徴です。

それに加え、旭化成不動産レジデンスとの連携によりマンション開発や宅地開発なども手がけ、都市と住まいとの関連性を考えながら不動産全般に関するソリューションを提供しています。

売上

旭化成ホームズの売上高は平成30年3月期では5883億円になっています。

これは関連企業の売上も含めた連結の売り上げです。

マイホームブームが続いていて、生涯暮らせる家をデザインして建てたいという人や、新築の建売住宅を買いたいという人も大勢います。

また、リフォームによってより住みやすい住宅にしたいという人も増えていることから、旭化成ホームズに相談するケースが多くなっているのが高い売上を達成している理由でしょう。

大手企業としての信用も高く、ヘーベルハウスやへーベルメゾンといったブランドネームもよく知られているため、新築住宅が欲しいと考えた人が旭化成ホームズを検討するようになっているのも売上の高さに影響しています。

従業員数

旭化成ホームズの関連会社も含めた連結の従業員数は、平成30年3月末の時点で7,005人でした。

その後も新卒の採用を進め、中途採用も盛んに集めているので従業員数は増える傾向にあります。

ブランドバリューがよく知られるようになった影響で営業活動を活発に行っているのが特徴で、営業職の人材を増やす方向で募集がかけられています。

また、旭化成ホームズの関連会社には設計はファイナンス、保険などを専門とする会社もあるため、その現場で適切な提案ができるプロフェッショナルも求められています。

多方面の人材獲得をしていかなければ行き届いたサービスを提供できないことから、多くの従業員を抱えている大企業となっているのが実態です。

旭化成ホームズの転職難易度

旭化成ホームズは住宅業界の大手企業として人気が高く、多くの人が希望する企業となっています。

そのため、求人が出ていてもかなり高い競争率になっていて採用してもらうのは容易ではありません。

旭化成ホームズ側としても優秀で即戦力になる人材を手に入れたいという希望が大きく、オフィシャルサイトで求人を出しているものの、すぐに募集が打ち切られるということはほとんどないのです。

キャリア採用を狙うならこれまでの経歴をしっかりとアピールできるようにして、旭化成ホームズが目指している目標を達成する上で自分が貢献できることを明確に示すことが欠かせません。転職で採用してもらうためには十分なキャリア構築が必要なのです。

旭化成ホームズの年収は平均656万円程度

旭化成ホームズで働いている従業員には様々な職種の人がいますが、平均的に見ると年収は656万円です。

年次昇給によって年齢が上がるほど年収は高くなる傾向もあるものの、営業職を代表として成果報酬型の取り決めをしているケースもあることから、必ずしも年齢と年収が比例関係にあるわけではありません。

特に若い世代が努力をして評価を受けて収入を上げるケースが多くなっています。30代の後半にはこの平均年収に到達しているのが典型的で、専門職の人の場合にはもっと早く年収が上がっていることもあるというのが実情です。

部門の細分化が行われているので役職を手に入れられる可能性も高く、若くても平均年収を超えるようになっている人も少なくありません。

転職後の昇給はしやすい?

転職で旭化成ホームズで働き始めた人は昇級の機械がどれだけあるのかが気になるでしょう。

旭化成ホームズでは基本的に年1回の昇級の機会があり、年次昇給によって毎年少しずつ年収が上がってきます。

営業職のように数字ではっきりと評価が可能な人の場合には飛躍的に年収が上がる可能性がありますが、事務職や技術職の場合には明確な基準を設けるのが難しいので年次昇給による給料アップは難しいのが実態です。

また、歴史のある企業という影響もあって在籍年数に関するこだわりがある部署もあり、転職で入った場合には不利になるケースもないわけではありません。

ただ、事業への貢献度に応じた評価は行われているので、はっきりとした形で企業の成長に貢献できれば大きな昇給も期待できるでしょう。

ボーナス・賞与は貰える?

旭化成ホームズでは年に2回の賞与を出しています。2018年には6ヶ月分以上もの賞与を2回に分けて出していたという実績があり、十分に魅力的な金額のボーナスを手に入れられるでしょう。

毎年しっかりとした売上が出ていて利益を得るのに成功しているのがこのような多額の賞与をもらえる理由です。

その事業に大きな貢献をすることができれば昇級の機会が得られるだけでなく、賞与もたくさんもらえる可能性が切り開かれるでしょう。

毎月給与が支払われるだけでは満足できず、大きなボーナスをもらっていきたいという人にとって旭化成ホームズは魅力的な職場なのです。

旭化成ホームズの福利厚生は充実している?

職場選びをするときには給与の高さだけでなく福利厚生が充実しているかを検討することはよくあります。

旭化成ホームズでは旭化成グループが大手として充実させてきた福利厚生を、ほとんどそのままの形で提供する形を取っているのが魅力です。

寮や社宅を利用でき、マイホームを建てたいときにも支援を受けられます。

自己啓発のために研修を受けたり、海外で研鑽を積んだりしたいと思ったときにもサポートしてもらうことが可能です。

育児中の短時間勤務制度も運用されているので女性も安心して子育てと仕事を両立させられます。また、スポーツクラブや旅館などの提携先の施設を割引利用できるなどのサービスも整えられているのが特徴です。

旭化成ホームズの休日・休暇制度は整っている?

旭化成ホームズでは年間120日前後の休日を整えていて、原則として週休二日制を敷いています。

祝日や年末年始も休みになっているので一般的な企業と同程度の水準で休むことが可能です。

また、年次有給休暇も提供されていて消化率も決して低くはありません。一方、旭化成ホームズでは安心して暮らせるように様々な休暇制度を整えていて、申請すれば柔軟に休みを取れます。

産前産後休暇や育児休暇が取得できるのは旭化成ホームズでも当然となっていますが、それだけではなく色々な場面で休暇を申請できます。

忌引きや結婚などによる特別休暇や病気の家族を手当てするための看護休暇が代表的なもので、現場でしっかりと運用されているので安心です。

旭化成ホームズの残業時間は多い?

転職先を探すときには残業時間がどのくらいあるかを気にかける人も多いですが、旭化成ホームズでは実態はどうなっているのでしょうか。

平均的には1ヶ月あたりの残業時間は50時間くらいになっています。全職種について平均した場合の値なので、職種によって違いは大きいということは念頭に置いておきましょう。

ほとんど残業がないというケースもあれば、業務の忙しさによって左右される営業職や技術職などの場合には120時間くらいの残業になってしまうこともあります。

ただ、大抵の職種では定時通りに帰るということはなく、ほぼ毎日1時間から2時間程度の残業をして帰るのが慣習になっています。

旭化成ホームズへ転職するまでの流れ

  1. オフィシャルサイトや転職エージェントを使ってエントリー
  2. 書類選考
  3. 面接

旭化成ホームズへの転職を目指す場合にはまず求人に応募する必要があります。

オフィシャルサイトではキャリア採用の特設ページで募集がかけられているので、その案内に従って履歴書や職務経歴書を提出することでエントリー可能です。

また、転職サイトにも同様の求人があり、転職エージェントも求人を持っていて紹介してくれることがあります。

エントリーすると書類選考が行われ、経歴から判断して魅力的な人材と見てもらえると面接に呼ばれます。

面接の回数は職種によって異なりますが、二回か三回の面接を経て内定の可否が決定されるのが通例です。

旭化成ホームズへ転職した人たちの口コミ・評判

私が旭化成ホームズに転職しようと思ったのは、今までずっとベンチャー企業で働いていて将来的な不安を抱えていたからでした。結婚してから妻にもそのことを指摘されていて、安定して働ける職場を見つけたいと思って選んだ候補の一つが旭化成ホームズだったのです。もともと営業職で働いていたのでノウハウを持っていることが高く評価してもらえました。転職してからも良い上司に恵まれて前向きに仕事に取り組むことができ、とても良い職場を選んだと思っています。
33歳 男性 営業職
建築関係の技術研究職として働いていましたが、あまり大きな成果が上がらないのが気にかかっていました。持っている知識と技術を生かしてもっとキャリアアップしていける職場で働きたいという気持ちから転職先を探し、採用してもらえたのが旭化成ホームズでした。大手ということもあって前の職場に比べると研究開発を進めていく上での自由が少ないのはやや不満に思っています。しかし、仕事が着実に形になっていくので日々のやりがいはとても大きく、転職して良かったというのが正直な感想です。
32歳 男性 研究職

旭化成ホームズへの転職におすすめ転職サイト

旭化成ホームズへ転職したいというときにはオフィシャルサイトから応募することもできますが、転職サイトを使った方がスムーズに転職できるでしょう。

どのような転職サイトが旭化成ホームズに転職するときには適しているのでしょうか。

エン転職

エン転職

転職業界でも大手の一つとしてよく知られているのがエン転職で、旭化成ホームズからの求人もよく掲載されています。

エン転職では未経験でも転職できる求人をたくさん抱えているのが特徴です。旭化成ホームズでも営業職を代表として経験の有無を問わずに募集しているケースがあり、エン転職を使うとスムーズに求人が見つかるでしょう。

応募しやすいシステムが作り上げられているだけでなく、担当者とのやり取りもオンラインでできるようになっているため、エン転職を使うとスムーズに転職手続きを進めることが可能です。

エン転職詳細ページ

doda

doda

dodaは転職業界の最大手の一つとして知られていて、多くの大手企業が求人を出しています。

旭化成ホームズの求人もよく見かけられることに加え、dodaのエージェントサービスを使うと専門職も見つけられる可能性があるのが魅力です。

サポート体制が整っているのがdodaの特徴で、初めての転職であっても様々な角度からアドバイスを受けられます。

未経験の職種にチャレンジしたい人も、今までのキャリアを生かして転職したい人も、キャリアアドバイザーとの対話を経てどんなことをアピールしたら良いかを明確にできるでしょう。

doda詳細ページ

不動産業界の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件